SSブログ

「魔性の女エリザベス」(2018年作品)感想 [映画]

デイビット・I・シュトラッサー監督によるアメリカのスリラー映画。出演はサニー・メイブリー、リンジー・マクスウェル、ピーター・ベンソン。

<あらすじ>

美容外科医のケイティは同じく医師のクリスとの間にふたりの子供が出来て幸せな家庭を築いていた。そこに大学時代の同級生のエリザベスが患者としてやってきた。学生時代は大人しく地味な風貌だったが、整形して見違えるような美人になっていた。彼女はケイティに憧れているといい更なる整形を希望していた。

おかしいと思っていると、友人のメアリーが死んだ。エリザベスに医療過誤で訴えられ、以降おかしなことが起き続けてついに発作を起こして死んだのだった。ケイティは嫌な予感を感じたが、それはすぐに自分の身に起こった。エリザベスは彼女を医療過誤で訴え、誹謗中傷を撒き散らしたのだった。

訴訟はケイティとクリス夫妻が不利だったが、医師のケイティは事件に絡む不審死にヨードメタンが使われていると見抜いて警察に話した。

エリザベスの目的は復讐だった。彼女も指導医だったクリスを好きだったのに、美しいケイティに奪われた。彼女は人生を奪われたと思い込んでおり、クリスを奪ってケイティに復讐しようとしていたのだ。ところがクリスはなびかず、頭にきた彼女はヨードメタンをクリスに吹きかけた。

美容整形外科医のケイティは、訴訟に備えて往診の様子を隠しカメラで撮影していた。それを警察に提出して、エリザベスの醜さを煽ったところ逆ギレされて揉み合いとなり、彼女の拳銃を取り上げて撃った。幸いクリスは一命をとりとめて。夫婦に平和な日々が戻った。

<雑感>

魔性の女って男をたぶらかせるとかそういう意味のはずだが、エリザベスは全然男をたぶらかせていないのだが。むしろ全部失敗して実力行使で殺しまくっているのに、なんで魔性の女扱いされているのか。またしても邦題がやらかしたってことか?

☆2.6。医者のケイティが警察が気づかないエリザベスのトリックを見破りまくるのに、クリスがまるで役に立ってなくて笑った。クリスも医者のはずだが。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ダブル 別人の夫」(2019年作品)感想 [映画]

ベン・マイヤーソン監督によるアメリカのスリラー映画。出演はシャーロット・グレアム、リック・コズネット、ソフィア・マットソン。

<あらすじ>

デリックとメラニーの夫婦は仲が良いと評判だった。ある日、デリックが誘拐される事件が起きる。目が覚めるとデリックは監禁され、自宅の様子をモニターで見させられていた。そこには自分そっくりの人物が映っている。犯人は双子の兄アレックスだった。家族は気づかずそのまま生活を始めていた。

アレックスの目的は財産。裏で彼をそそのかしているのは、夫妻の家に出入りしていた投資家のレイモンドだった。彼に一目ぼれしていたアレサも事件に巻き込まれる。

顔はそっくりでもサイコパスの兄が気づかれないはずがなく、やがて鈍くさいメラニーも気づいて夫を返せと詰め寄った。夫妻とアレサも含めて捕まったところでメラニーが一芝居打ち、騙されたアレックスが薬物で昏倒したところに警察がやってきて一件落着。

<雑感>

これもテレビ映画。いわゆる2時間ドラマみたいなもの。アメリカでも日本でも2時間ドラマは定番で、どんな作品もそれなりに楽しめる。スポンサーと視聴率当たりいくらで契約しているのでチャンネルを変えられないように工夫がしてある。そのため何となく見てしまう内容が多い。

そしてなぜか登場人物が日本車に乗っている。極端に金持ちや貧乏な人が出てこない。なぜか銃を忌み嫌う人物が主人公になる。人が殺されない。家族愛が強調される。そんな要素が詰まりまくった作品だった。犯人は隠していてもすぐにわかってしまうので、隠すそぶりもなく、黒幕もレイモンドだとあっさり判明。

☆2.6。映画と違って何となく見てしまう。映画はなぜあんなに当たり外れが大きいのか。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「キラー・イン・ファミリー」(2018年作品)感想 [映画]

ダニー・J・ボイル監督によるアメリカのサスペンス映画。出演はケリー・サリヴァン、ナナ・ヴィジター、ブレット・ジマーマン。

<あらすじ>

幸せな一家のところに精神病院から気狂いババアが帰ってきた/(^o^)\

<雑感>

ババア、暴れるだけ暴れてまた精神病院に送り返されてやんの。

☆2.6。気狂いは怖いのぉ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「クリーピー・キラー」(2019年作品)感想 [映画]

ダニー・ブデイ監督によるアメリカのスリラー映画。出演はクレア・クレイマー、ミア・トパリアン、デヴィッド・フメーロ。

<あらすじ>

シングルマザーのジェシカは美容院を経営していて順風満帆な人生を送っていた。医者と付き合い、娘のテッサは頭もよくボーイフレンドもいる。毎日が楽しくて仕方がなかった。ところが娘のボーイフレンドが心臓発作で死んでしまった。娘はすぐさまジェシカと同じ年のボーイフレンドを作った。そのころからジェシカの周囲でおかしなことが起こり始めた。

この男が怪しく、なぜテッサに近づいたのかわからない。テッサは理由を話さず、心配になったジェシカは男を尾行して呼び出し、娘に近づくなと告げた。テッサはこのことを知って激怒した。

ジェシカはボーイフレンドの医者に相談して、男のことを調べると、話していた経歴はウソと分かり、精神病院からの脱走者と判明した。男はジェシカの共同経営者を襲撃、テッサもこれを知ってようやく目が覚めた。しかし下半身チンパンジーのテッサは男と寝てしまい、そのまま捕まった。

男はジェシカをレイプしようとして警察に捕まり精神病院に閉じ込められた人物だった。ジェシカに強い恨みを持っており、テッサの恋人を殺したのも彼だった。ジェシカは警察に連絡したが、相手がどこにいるのかわからない。男がテッサの携帯を使っていたことから何とかアジトを突き止め、ジェシカは男に発砲、警察が彼を取り押さえた。

<雑感>

テレビ映画なのでジェシカもテッサもジェシカの親友ナンシーも医者の恋人も死なない。でもアメリカなら確実に誰か死んでいるはずだ。そういう国だしな。何度も書いているが、テレビドラマ映画は品質が安定していて時間内は退屈せずに楽しめる。

犯人がジェシカと歳が近い理由は分かったが、チンパンのテッサがナイスガイの恋人を失った後にジジイとファッキンな関係になった理由がいまひとつ理解できなかった。一応復讐のために近づいたってことになっているけれども。母親をレイプしようとして失敗し人生を棒に振ったバカ男なんだから、パカパカ股を開いてくれるチンパン娘をとファックしただけで復讐は果たされていた。

☆2.5。セックスは相手の不在で急に途切れると一瞬だけ依存症のように誰彼構わずやりたくなるところがあるので、そこを見透かされたか。自分の娘がこんなのだったら嫌だろうなぁ。








Dell ノートパソコン Inspiron 15 3501 ブラック Win10/15.6FHD/Core i5-1135G7/8GB/256GB/Webカメラ/無線LAN NI355A-AWLB

Dell ノートパソコン Inspiron 15 3501 ブラック Win10/15.6FHD/Core i5-1135G7/8GB/256GB/Webカメラ/無線LAN NI355A-AWLB

  • 出版社/メーカー: Dell Computers
  • 発売日: 2021/01/15
  • メディア: Personal Computers



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「メイド Made」(2001年作品)感想 [映画]

ジョン・ファヴロー監督によるアメリカのクライムコメディ映画。出演はピーター・フォーク、ヴィンセント・パストーレ、ジョン・ファヴロー。

<あらすじ>

冴えないアマチュアボクサーのボビーは、マフィアに仕事を貰って生計を立てていた。ボスのマックスはボビーにマネーロンダリングの仕事を任せた。ボビーは友人のリッキーを伴いニューヨークに乗り込み、相棒となるルイスと運転手のジミーとともに仕事をこなそうとするが大物になった気分で振舞っていきなりトラブルに巻き込まれる。

そもそもマックスの指示を取引先のウェルシュマンとウェスティは気に入らず、国内で安全にやるより最も受けられると主張する。ボビーはその話には乗りたがらない。リッキーはルイスを信用せず、相手もリッキーを信用しなかった。仕事は別の人間が行うことになった。

すると金と証書を交換する際に裏切り者が出て、どちらも奪われそうになった。リッキーはおもちゃのピストルで脅かそうとしたが見破られ、乱闘になったところボビーとルイスが駆けつけ事なきを得た。

ボビーはほとほとウンザリしてマックスに足を洗うと告げて、愛人であるストリッパーの家に乗り込んでみると、女は男を連れ込んでコカインを吸っていた。娘は食事も与えられておらず、頭にきたジミーは女から娘を取り上げて自分が育てることにした。

<雑感>

これがまた微妙に面白くなくて、もうあとこんなのしか残っていないんだよ。月末に来月分が追加されるのでそれを待っている状態。いつも20日過ぎにはウォッチリストがすっからかんになる。あと14作品残っているが、どれも微妙なテレビドラマばかりだ。

☆2.0。なんかもっと後継妙じゃないとコメディは面白くならないし、脚本も悪いと思うんだよ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「クリムゾン・ピーク」(2015年作品)感想 [映画]

ギレルモ・デル・トロ監督によるアメリカのゴシックホラー映画。出演はミア・ワシコウスカ、ジェシカ・チャステイン、トム・ヒドルストン。

<あらすじ>

イーディス・カッシングの母はこれらで死んだあと、幽霊になった。母はイーディスに対して「クリムゾン・ピークに気を付けなさい」と警告した。そこに発明家のトーマス・シャープが現れ、イーディスと彼の姉ルシールが近寄ってきた。彼は父カーターに出資を求めていたが、カーターはトーマスを信用できなかった。そんなおり、父カーターが殴られて自宅で死んでいるのが発見された。

イーディスはトーマスと結婚することになった。トーマスの生家のイギリスへ渡ったイーディスは、彼の実家がクリムゾン・ピークと呼ばれていることを知った。彼の実家は不気味で、ルシールは毒入りの紅茶を淹れた。

地下にはルシールが殺したトーマスの前妻の写真と肉声を録音したレコードがあった。姉弟はカーターの遺産が欲しいだけだった。特にルシールは金に執着しており、トーマスの前妻も殺している。イーディスも殺されかけたものの、カーターの親友の医師アランがアメリカから駆けつけ、イーディスを愛し始めていたトーマスとともにルシールの野望を阻止しようとした。

激怒したルシールはトーマスの眼をくりぬいて殺し、イーディスにも襲い掛かった。アランとイーディスは協力してルシールを殺し、アメリカへ帰った。

<雑感>

綺麗な映像だった。どのシーンも確かにアメリカ風のゴシックであった。ヨーロッパのゴシックはこんな感じじゃないのだが、何がどう違うのかよくわからん。絵を見ればわかるが。

物語はごく単純で、ストーリーの複雑さを求める作品ではない。恐怖演出もそれほどではなく、やはり9割方映像の魅力によって成り立っている。

いい映画なんだけど、醒めるのは登場人物が小説家もしくは作家志望という設定。この作品もイーディスが作家志望で、この出来事を基に「クリムゾン・ピーク」という作品が完成しましたというのがオチになっている。なんかこれ醒めるんだよなぁ。作家とか脚本家が出てくるだけで話が胡散臭くなるから、そういうメタ展開はやめてほしいところだ。

☆4.0。メタフィクションを追求するなら、もっと完全なメタを目指してくれないと。作家や脚本家を主人公にすべきじゃないよ。





Dell ノートパソコン Inspiron 15 3583 ブラック Win10/15.6HD/Celeron 4205U/4GB/1TB HDD/Webカメラ/無線LAN NI315HA-BHLFB

Dell ノートパソコン Inspiron 15 3583 ブラック Win10/15.6HD/Celeron 4205U/4GB/1TB HDD/Webカメラ/無線LAN NI315HA-BHLFB

  • 出版社/メーカー: Dell Computers
  • 発売日: 2021/03/13
  • メディア: Personal Computers






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ゾンビの中心で、愛をさけぶ」(2018年作品)感想 [映画]

アントニオ・トゥーブレン監督によるデンマーク、スウェーデンのホラーコメディ映画。出演はゾーイ・タッパー、エド・スペリーアス、アントニア・キャンベル=ヒューズ。

<あらすじ>

ジョンとカレンは倦怠期の夫婦だった。離婚を考えていたところ、外の世界では謎のウイルスが蔓延していた。ジョンは備えをしてなかったため部屋の中にはわずかな食糧しかない。ウイルスは人をゾンビに変える性質を持っていた。溢れかえるゾンビ。ジョンは空き家になっている隣家から食料、テレビ、麻薬などを盗み、夫婦で部屋の中に閉じこもっていることにした。

そこにレオとエミリーの夫婦が逃げ込んできた。わずかな食糧を分けねばならず、ジョンは迷惑そうにした。カレンは耐えきれずにふたりに麻薬入りのクッキーを食べさせた。すると夫婦は薬物の過剰摂取で死んでしまい、死体はゾンビになった。拳銃で動けなくしたふたりは、遺体を隣家に捨てた。

さらに空き巣が侵入してくるも、絆を取り戻したジョンとカレンは犯人グループを殺害。食料が月てゾンビ群を突破しようと試みるも失敗。カレンは脚を噛まれてしまった。ジョンはカレンを励まし、カレンは殺してくれと懇願する。

救援隊がやってきたとき、夫婦はゾンビになっていた。救援隊は彼らを殺した。

<雑感>

マンションの一室で繰り広げられるワンシチュエーションドラマで、低予算ゾンビ映画。シチュエーションを限定することで狭い撮影場所でどんどん撮っていくことが出来ることから、モキュメンタリーと並んでこうした趣向の作品は多い。この作品はどちらかというとおバカ映画の類だった。

☆2.6。でも「カメラを止めるな」(2018年作品)よりはマシ。あちらは素人映画だからな。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「キングダム 第3シリーズ」(2021年春夏作品)第12話 感想 [アニメ/特撮]

第12話「媧燐軍の突撃」

kd.jpg


<あらすじ>

函谷関は門が岩で塞がれ、それを突破するには内側に侵入して中から岩をどかせるしかなかった。しかし門の左右から軍を展開され後方の守備隊を攻撃されると陥落する可能性があった。函谷関の左砦を守るために王翦軍が配置されていたが、彼らは情勢が不利と分かると後方へ撤退して姿が見えなくなった。

燕軍の総大将オルドはこの機を逃さず険しい山の地形を読み切って函谷関の側方から攻め込むルートを発見した。断崖絶壁の向こうは尾根伝いに函谷関の側面に出る。そこを登り攻略しようとしたとき、彼らは突然背後を突かれた。それはいなくなったはずの王翦軍であった。彼らは逃げたのではなく、最初からこの場所に伏せていたのだった。

山岳民族8000人を失ったオルドは、燕軍を函谷関左の砦に入れてしまった。そのため彼らは動けなくなり、そこで足止めされてしまった。山岳民族を失ったことで彼は最大の攻め手を失ってしまった。

右側の戦場も激しく動いていた。騰軍は媧燐率いる楚第二軍と戦っていたが、大抜擢を受け5000人を預けられた項翼に足止めされて思うように動けなずにいた。媧燐軍はそのまま方陣に穴を空けるべく突撃してきた。それを止める手立てはなく、戦場は楚軍有利の状況で推移した。

<雑感>

今週は結構動いた。山岳民族精鋭部隊を失ったオルドは、逆に砦の弱点を突かれてしまいそうだ。そろそろ楊端和の登場だろうか。

ちゃんと戦場の全体状況がわかるように描いているのは、原作連載時にそれなりに工夫しているからだ。こうした大戦を漫画にするときは作者の創作ノートだけではコントロールできなくなるので編集が補完資料を作りまくったりしていたものだが、「キングダム」の編集はどうだったんだろう?


キングダム コミック 全60冊セット

キングダム コミック 全60冊セット

  • 作者: 原 泰久
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2020/12/18
  • メディア: コミック



BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) フィギュアーツZERO キングダム 信-出陣- 約205mm PVC&ABS製 塗装済み完成品フィギュア

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) フィギュアーツZERO キングダム 信-出陣- 約205mm PVC&ABS製 塗装済み完成品フィギュア

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • 発売日: 2019/04/19
  • メディア: おもちゃ&ホビー



フィギュアーツZERO キングダム 麃公 約230mm ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

フィギュアーツZERO キングダム 麃公 約230mm ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • 発売日: 2020/05/23
  • メディア: おもちゃ&ホビー






TVアニメ「キングダム」 Blu-rayBOX 合従軍編 上巻

TVアニメ「キングダム」 Blu-rayBOX 合従軍編 上巻

  • 出版社/メーカー: エイベックス・ピクチャーズ
  • 発売日: 2021/08/27
  • メディア: Blu-ray



TVアニメ「キングダム」 Blu-rayBOX 合従軍編 下巻

TVアニメ「キングダム」 Blu-rayBOX 合従軍編 下巻

  • 出版社/メーカー: エイベックス・ピクチャーズ
  • 発売日: 2021/11/26
  • メディア: Blu-ray



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

本日のツイカス 2021/06/22京都が侵略されている! [日記]


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感