SSブログ

「ペギー・グッゲンハイム アートに恋した大富豪」(2015年作品)感想 [ドキュメンタリー]

リサ・インモルディーノ・ヴリーランド監督によるアート・コレクターのペギー・グッゲンハイムに関するドキュメンタリー映画。

<雑感>

モダンアートコレクターのペギー・グッゲンハイム当人の貴重なインタビュー音声を中心に、彼女をよく知る人物や美術評論家などのインタビュー、バイオグラフィーの紹介などで構成されている。

彼女はニューヨークの裕福な家庭で生まれ、父がタイタニック号の事故で死去したことから成人を待って莫大な財産を相続してパリに渡る。そこでアートと出会い、多くの画家と交流を持ったことから彼女のコレクター人生が始まり、ごく初期こそ玉石混交で集めていたが次第に審美眼が研ぎ澄まされていき、晩年は彼女が20世紀美術の方向性を決めるまでになっていた。

パリ時代に画家との交流で審美眼を磨いた彼女はロンドンへ渡り、1日1点のペースで収集する。莫大な財産だけでなく、彼女は収集した美術品を転売することで利益も上げていた。しかし拠点としていたロンドンがナチスによって暗い影が落ちてくると美術品を守るためにニューヨークへ戻り、「Art of This Century」と名付けた画廊をオープンさせる。

彼女は多くの画家や芸術家を支援して、アートの中心人物になっていった。

戦後はイタリアのヴェネチアへ移住。大邸宅を購入して自分が収集した美術品とともに暮らし始めた。夏季限定で一般公開が行われ、1979年に彼女が死去したのちは美術館に改装された。

男性遍歴が多いので、収集品より男の数が多いなどと揶揄されたそうだが、収集品の数ほどいるわけもなく、完全なやっかみである。映画の中ではトラブルの多い人生だったと証言されている。

彼女のコレクションは内容も価値もすさまじいのだが、意外に安く購入していることでも有名だ。それは画家が若手のうちに買っているからで、画家が著名になって作品の価値が高騰したものには手を出していない。彼女が見つけた画家がのちに有名になり、有名になった画家の作品が成金によって買われているのだ。そういう類のコレクターではない。

大金持ちが大枚叩いて購入する1枚の絵の金額で、彼女は若手の作品を何枚も購入する。彼女が勝ったとの噂によって、そして彼女の奇抜な展示によって画家は有名になり、作品の価格が上がっていく。後の画風を見てさらに伸びると思えば買い足し、頭打ちだと思えば高いうちに売ってしまう。その決断力の素晴らしさも映画の中では語られている。

こうやって彼女は良いものだけを手元に残し、父親の資産を減らすことなく生涯を閉じる。莫大な財産を相続したといっても、無能であれば数年で使い切ってしまえるほどの金額であり、決して浪費だけで生涯絵画を購入していたわけではない。彼女はアートで稼ぎ、アートコレクションを増やし続け、厳選し続けた。なかなかこれほどの人物は出てこないだろう。

お金は有能な人間が持ってこそ価値がある。バカは存在が無駄なのだからさっさと死ねばいいのだ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「7500」(2019年作品)感想 [映画]

パトリック・ヴォルラス監督によるオーストリア・ドイツ・アメリカのハイジャック映画。出演はジョセフ・ゴードン=レヴィット、オミッド・メマー、カルロ・キッツリンガー。

<あらすじ>

マイケル・ルッツマンと副操縦士のトバイアス・エリスはパリへ向かう飛行機に乗り込んだ。その飛行機がハイジャックされて、機長が殺されてしまった。さらに結婚はしていないものの子供がいる恋人も殺される。犯人グループは次々に乗客を殺し、残りの乗客も人質にする。

トバイアス・エリスは管制塔に7500を通信した。エリスは犯人グループの中に気弱そうな少年を見つけて彼と話をする。彼を説得する形で操縦室へ招き入れ、空港へ着陸。大勢の警察がやってきて、少年はパニックになる。家に帰りたい家に帰りたいと彼は呟いた。

<雑感>

また土人どもの事件か。最近日本などでも、不幸な人間だから悪いことをしても仕方がないなどとBLMを支援する白痴が多いが、なぜ世の中すべての人間が幸福になれると思い込んでいるのか。幸福追求権が個人にある意味を少しは考えたらどうなのか。

まったくバカしかいない。

☆3.6。低予算のシチュエーションドラマであるが、巧みな演出でそこそこ楽しめる。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「メッセージ」(2016年作品)感想 [映画]

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によるアメリカのSF映画。出演はエイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー。

<あらすじ>

世界各国12か所に宇宙船が舞い降りた。言語学者のルイーズは異星人の言語解読のために半ば強引にチームに加えられてしまった。彼女は軍の威圧的な態度に調子を狂わされてしまったが、異星人からメッセージを受け取るとボードに文字を書いてコミュニケーションに成功した。

異星人の言語は武器の供与と解釈され、各国は激しく動揺した。中国との開戦が避けられなくなる中、彼女はまたしてもメッセージを受け取り、中国の国家主席に電話をして開戦を思いとどまらせた。

<雑感>

ファーストコンタクトもののSF映画で、長旅をして地球に到着しただけあって、地球人の知的レベルを探るのに数学が使われている。そうした細かい部分がなかなか良い。言語についても詳しくは説明されていないが、漠然と相手の言語について理解が進んでいく様子がいい感じだ。

個人的には死んだ娘のくだりはいらなかった気もするが、そこはドラマを盛り上げるために必要だったのだろう。大きなバックボーンについてはほとんど明らかにならず、コミュニケーションの端緒のところだけが描かれている。もっと言語学的な描写に特化しても面白かったかもしれない。

☆5.0。原作は短編小説である。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ホワイトアウト」(2009年作品)感想 [映画]

ドミニク・セナ監督によるアメリカのサスペンス映画。出演はケイト・ベッキンセール、ガブリエル・マクト、コロンバス・ショート。

<あらすじ>

南極米軍観測基地の保安官キャリーは、任期を終えて帰宅準備をしていた。そこに死体が発見されたとの知らせが届いた。医師らと現場に向かうと、死んでいたのは米国地質学者のワイズだとわかった。基地にムーニーという男から真相を知りたければ来いとの連絡があったので向かうと、ムーニーは殺されていた。そしてキャリーもまた謎の男に襲撃されて指を負傷してしまった。

キャリーは、ワイズ博士が調査していた穴を調べた。そこには50年前に墜落したソビエトの輸送機があったが、積載物はなくなっていた。キャリーは指を切断して、さらに本国へ帰る最終便にも乗れなかった。そこにまたしても謎の男の襲撃があって、極寒の大地でホワイトアウトで上下の感覚がなくなる中、戦い続けてキャリーが何とか生き延びた。

気になって遺体を再び調べると、傷の縫合痕の下からダイヤモンドが見つかった。犯人は医師のフューリーだった。彼はダイヤモンドの密輸に関与していたのだ。真相を告白した彼は、外へ飛び出して雪の中へと消えていった。

<雑感>

ソビエトの輸送機にダイヤモンドが積んであって、欲に目がくらんだ男たちが殺し合いをした挙句、死体にダイヤモンドを埋め込んで密輸する方法を医師が考え出し、ダイヤのことを知っている人間を殺していった。でも縫合方法に癖があって保安官にバレた。そんな話だ。

南極基地という閉鎖空間で誰が犯人なのか見当もつかない状態の中を精神的に追い詰められていく緊迫感が魅力の作品。おそらく「遊星からの物体X」がイメージされるように作ってあって、ソビエトの輸送機の中に何がいたのかと期待させながら話は進んでいく。

☆4.0。いろんな映画を観てきた人間ほど騙されてしまう脚本がなかなか面白い。


エルメス HERMES モザイク ヴァンキャトル マグカップ シングル 300ml 026031P【並行輸入品】

エルメス HERMES モザイク ヴァンキャトル マグカップ シングル 300ml 026031P【並行輸入品】

  • 出版社/メーカー: HERMES(エルメス)
  • メディア: ホーム&キッチン









コメント(0) 
共通テーマ:映画

「エジソンズ・ゲーム」(2017年作品)感想 [映画]

アルフォンソ・ゴメス=レホン監督によるアメリカの伝記映画。出演はベネディクト・カンバーバッチ、マイケル・シャノン、トム・ホランド。

<あらすじ>

発明家のエジソンは電球を光らせることに成功した。彼はアメリカから闇を葬ると宣言しており、多くの投資家が彼の発明に興味を持った。しかし彼が唱える直流方式には疑問点が多く、科学者や同じ発明家のニコラ・テスラは交流式の方が効率がいいと反対していた。

やがてより扱いやすい交流式が勢力を拡げていき、焦ったエジソンは交流式は感電しやすいとのネガティブキャンペーンを開始した。しかし人的被害が出ていない状況では何を言っても無駄だった。やがてエジソンは開発資金が枯渇し始めた。そこで彼は死刑執行に使う電気椅子を発明して開発資金の足しにした。

エジソンの関連会社から独立して交流モーターを勝名したニコラ・テスラは、さらに交流式を盤石にするために万博に出品する計画を立てた。万博でのプレゼンテーションの勝者はテスラだった。これによってエジソンは電流競争から撤退した。

エジソンとテスラはその後も死ぬまで発明を競い合った。

<雑感>

これは有名な話の映画化で目新しいことは何もないのだが、子供たちへの影響という点ではこういう偉人たちの伝記映画は定期的に作られるべきだと思っている。役者もみな素晴らしいし、映像も文句ない。エジソンとテスラの話なのでレイアウトなどが凝ってないところが難点だろうか。

人間同士の争いの話って必然的にバストショットばかりになってしまう。それでちょっと単調で印象が薄い結果になるのが残念なんだよな。絵として記憶に残らない。

☆4.5。でもこういう映画を自国の子供たちに見せて生まれてきた意義を教えるのは必要。








エルメス HERMES ブルーダイユール マグカップ シングル 240ml 030138P1 30138p1 [並行輸入品]

エルメス HERMES ブルーダイユール マグカップ シングル 240ml 030138P1 30138p1 [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: HERMES(エルメス)
  • メディア: ホーム&キッチン



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ホテル・ムンバイ」(2018年作品)感想 [映画]

アンソニー・マラス監督によるオーストラリア・アメリカ・インドのパニック映画。出演はデヴ・パテル、アーミー・ハマー、ナザニン・ボニアディ。

<あらすじ>

ムンバイのタージマハル・ホテルにイスラム過激派が乱入して爆弾を破裂させ、銃を乱射した。犯人はそのままホテルに立てこもり、宿泊客を無差別に殺していく。ニューデリーからインド軍特殊部隊が派遣されるが、到着まではかなりの時間が掛かりそうだった。宿泊客はパニックに陥った。

ホテルマンたちは絶望的な状況の中で、必死に宿泊客の安全のために働いた。ホテルの内部に精通している彼らはテロリストがいる場所からひとりでも多くの宿泊客を引き離そうとする。ようやく駆けつけたインド軍特殊部隊が犯人たちの掃討を開始。最後のひとりは自爆して果てた。

多大な犠牲者を出したが、ホテルは改修され再オープンにこぎつけた。

<雑感>

2008年に起きたムンバイ同時多発テロを題材にした作品。

まーたイスラムか。あいつらなんであんなに頭が悪いんだろう? オレが読みそうなまとめ記事とかを嫁がツイートして保存してくれているのだが、その中にもイスラム土人が土葬墓地を日本国民の税金で作れとかバカなことを抜かしていた。砂漠に帰れ。

☆4.0。インドにはパキスタンという天敵がいるからな。大変だわ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「FLINT 怒りの脱出 後編」(2013年作品)感想 [映画]

ウラジミール・エピファンチェフ監督によるロシアのアクション映画。出演はウラジミール・エピファンチェフ、アナスタシア・ヴェデンスカヤ、ミハイール・ゴアヴォイ。

<あらすじ>

誰かを守る目的などどこへやら、ひたすら暴れ回り殺しまくる。

<雑感>

☆1.0。ロシア人ってアホやろ。


KSC オート9 ヘビーウェイト モデルガン完成品

KSC オート9 ヘビーウェイト モデルガン完成品

  • 出版社/メーカー: ケイエスシー(KSC)
  • 発売日: 2019/12/21
  • メディア: おもちゃ&ホビー



タナカ SIG P226 マーク25 フレーム ヘビーウェイト エボリューション2 モデルガン完成品

タナカ SIG P226 マーク25 フレーム ヘビーウェイト エボリューション2 モデルガン完成品

  • 出版社/メーカー: タナカ(Tanaka)
  • 発売日: 2020/01/18
  • メディア: おもちゃ&ホビー






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「FLINT 怒りの脱出 前編」(2013年作品)感想 [映画]

ウラジミール・エピファンチェフ監督によるロシアのアクション映画。出演はウラジミール・エピファンチェフ、アナスタシア・ヴェデンスカヤ、ミハイール・ゴアヴォイ。

<あらすじ>

ロシアの元軍人が、かつての仲間たちの失踪事件を聞きつけて失踪場所である山中に潜入する。しかしそこには国家規模の隠蔽が存在していた。

<雑感>

☆2.0。ランボー大好きおじさんたちが暴れるだけの映画。銃撃戦が好きな人向け。


東京マルイ コルトパイソン .357マグナム 6インチ ステンレスモデル 10歳以上エアーHOPリボルバー

東京マルイ コルトパイソン .357マグナム 6インチ ステンレスモデル 10歳以上エアーHOPリボルバー

  • 出版社/メーカー: 東京マルイ(TOKYO MARUI)
  • 発売日: 2017/06/03
  • メディア: おもちゃ&ホビー



タナカ シグ P229 フレーム ヘビーウェイト エボリューション2 モデルガン完成品

タナカ シグ P229 フレーム ヘビーウェイト エボリューション2 モデルガン完成品

  • 出版社/メーカー: タナカ(Tanaka)
  • 発売日: 2021/03/12
  • メディア: おもちゃ&ホビー



タナカ SIG P220 陸上自衛隊 Heavy Weight Evolution Model Gun モデルガン完成品

タナカ SIG P220 陸上自衛隊 Heavy Weight Evolution Model Gun モデルガン完成品

  • 出版社/メーカー: タナカ(Tanaka)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



コメント(0) 
共通テーマ:映画

本日のツイカス 2021/06/20なぜ警察は共産党の選挙違反を逮捕しないの? [日記]


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感