SSブログ

「ワタシが私を見つけるまで」(2016年作品)感想 [映画]

クリスティアン・ディッター監督によるアメリカのコメディ映画。出演はダコタ・ジョンソン、レベル・ウィルソン、レスリー・マン。

<あらすじ>

4年付き合った男と離れて暮らすことに決めたアリスが、美人なのに婚活中のルーシーと知り合った。ルーシーによれば統計学的に恋愛対象者は限られており、多くの出会いが必要だという。ルーシーとともに婚活したところ、彼女が嫌ったトムを紹介されて酔った勢いでキスしてしまった。トムは遊び人で、アリスの姉のメグと肉体関係になったが、メグはトムのやり方にショックを受けてしまった。

メグとトムが肉体関係になったのでいづらくなったアリスは、メグの家を出て独居を始めた。そこに元恋人のジョシュがやってきた。アリスは嬉しくなって部屋に招き入れたが、ジョシュは新しい恋人と生活するために荷物を処分しに来ただけだった。

メグは精子バンクで子供を生み、なぜか色気づいてだれとでも寝るようになった。ルーシーは相変わらずで、アリスは娘がいるものの独身のデヴィッドと付き合い出した。ところが、彼の娘と一緒に歌っていたところ突然デヴィッドが怒り出して家を追い出されてしまった。実は彼女が歌った歌は、彼と元妻の思い出の曲だったのだ。

メグとルーシーは婚約したが、アリスはもう少し独りでいようと考え、念願だったグランドキャニオンに登った。

<雑感>

自己啓発とか自分探しとか、そんなことをやってる女性の話。あまり興味が湧かなかったが、嫁は気に入ったようだ。男性と女性はクッキリと好みが別れる場合がある。特に恋愛映画。個人的に好きだったのは、デブのロビンかな。あとはみんな面倒くさそう。

☆3.8。嫁が気に入ったようなので。ロビンはさっぱりしててよさげだったのに。








mouse パソコン スティックPC MS-NH1-W10 Windows10/2GB/32GB

mouse パソコン スティックPC MS-NH1-W10 Windows10/2GB/32GB

  • 出版社/メーカー: マウスコンピューター
  • 発売日: 2015/08/03
  • メディア: Personal Computers



コメント(0) 

「ファーザー・フィギュア」(2017年作品)感想 [映画]

ローレンス・シャー監督によるアメリカのコメディ映画。出演はオーウェン・ウィルソン、エド・ヘルムズ、グレン・クローズ。

<あらすじ>

ピートと双子の弟カイルが母親の誕生会を開いた。そこで母から死んだとされていた父親が、実は多くの男と寝たために誰が父なのかわからないのだと聞かされた。アメフト選手かもしれないというので兄弟は会ってみることにした。歓迎されたが彼ではなかった。兄弟は母が思い当たった人物を訪ね歩いた。

犯罪者の子かもしれないと彼の家威に行くと、ぼんくら扱いされながらも歓待されたのに、血液型から違うと分かってしまった。次の候補は引退した凄腕麻薬捜査官だった。ところが彼は死んでおり、息子から「父は節操を重んじていたので違う」と諭されて次の候補である獣医のところへ向かった。

獣医はふたりを見て逃げようとしたが、実は双子は別の女性から生まれ、彼らの母親が引き取ったのだと教えてもらった。そしてふたりは母の愛情の大きさを改めて知ったのだった。

<雑感>

バブル世代の無節操な人物だと本人から聞かされていた母が、大恩のある義母だと分かって親子の絆が深まるお話。これもなかなか上手く作られていた。「ファッキン、ユニバース」って何やねんって思ったけどな。そんな運命の呪い方ってあるのかと。

結局ふたりの父と母はすでに死んでおり、母親の誕生日に彼女以外に母はいないのだと気づかされた。回り道をしながらも、母のところに戻ってくるところが素敵な話ではあるが、この母親はあまりに多くの人間と寝すぎていたのは本当のようだ。

☆4.5。例え血は繋がっていなくとも、一緒に過ごした時間こそが絆だもんな。











コメント(0) 

「ディザスター・アーティスト」(2017年作品)感想 [映画]

ジェームズ・フランコ監督によるアメリカのコメディ映画。出演はジェームズ・フランコ、デイヴ・フランコ、セス・ローゲン。

<あらすじ>

演劇クラスのグレッグは舞台でうまく自分を表現できずにミスばかり犯していた。そんな時型破りなトミーを見て彼と何かしたいと思うようになった。トミーは彼に風変わりな練習をさせて自信をつけさせていった。グレッグはトミーを誘ってLAを目指した。しかし夢は早々に破れる。トミーは訛りがあり演技に癖があった。グレッグには華がない。そこでふたりは自主製作映画を思いついた。

トミーの家は金持ちだったために、脚本の完成と同時に撮影に入った。しかしアクが強いトミーはスタッフと揉め事を起こし、グレッグが別の仕事を得ても自分の映画を優先させて仕事をキャンセルさせた。ふたりの間の溝は深まっていった。トミーは自分のことを話さなかった。独善的ですぐにトラブルを起こす。しまいにグレッグも呆れて彼の元を去った。

数か月後、映画が完成した。試写会が行われ、グレッグも参加させられた。トミーはシリアスな作品を撮ったつもりだったが、観客は駄作っぽさの中に笑いどころを見つけて楽しみだした。トミーははじめこそ笑われて怒ったが、グレッグに励まされて舞台へと戻っていった。

<雑感>

この作品は実話を基にして作られていて、劇中に出てくるシチュエーションはどれも本当にあったことらしい。実施に映画も作られていて、タイトルは「The Room」本作の中に出てくるタイトルと同じである。まるっきり素人が作った作品なので全米600館で公開されるほどの大成功を収めている。

トミー役の人物は大男で雰囲気がおかしく、欧州訛りがあってアメリカの映画ではちょっと使えない感じ。グレッグ役の人もまぁ凡庸である。何かつかみどころのない映画にまつわる話があったので、それもついでに映画にしておくかってところだろうか。

☆3.0。アマゾンの評価は高すぎる。「不思議な魅力」とか「カルト的人気」みたいなものは、価値のない絵画に評論家が価値をつけて高値で売り付けるような詐欺である。


mouse パソコン スティックPC MS-NH1-W10 Windows10/2GB/32GB

mouse パソコン スティックPC MS-NH1-W10 Windows10/2GB/32GB

  • 出版社/メーカー: マウスコンピューター
  • 発売日: 2015/08/03
  • メディア: Personal Computers






Diginnos Stick DG-STK3(スティック型パソコン Windows 10)

Diginnos Stick DG-STK3(スティック型パソコン Windows 10)

  • 出版社/メーカー: サードウェーブデジノス
  • メディア: Personal Computers



コメント(0) 

「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」(2013年作品)感想 [映画]

アレクサンダー・ペイン監督によるアメリカのコメディ映画。出演はブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ。

<あらすじ>

当選詐欺のグループがウッドロウを騙そうとしていた。老人であるウッドロウは、息子のデイビッドがいくらそれを詐欺だと教えても理解せず、当選金を受け取るためにリンカーン州へ行こうとする。デイビッドは父を守るために仕事を休んで一緒にリンカーン州へ向かうことにした。

デイビッドはなんとか父を止めようと、ひとまずネブラスカ州の伯父のところへ身を寄せた。ウッドロウは当選金のことを身内に話してしまう。親戚や共同経営者は金のことで色めき立ち、金を返せ、金を貸してくれ、金を分けてくれと金の話ばかり始める。ウンザリしたデイビッドは父を連れてリンカーン州へ向けて旅立った。

途中で父が当選金を知らせる手紙を奪われた。父は必死に探そうとするが、文面を読めば嘘であることは明らかだった。父が侮辱されて怒ったデイビッドは男を殴った。それでもウッドロウはリンカーン州を目指した。彼がろくでもないつまらない人生を送ってきたことはすでに明らかになっていた。だkらこそ彼は当選金で子供たちに何か残してやりたいと願っていたのだ。

ウッドロウは当選金でトラックと農機具を買って子供たちに残してやろうと思っていた。しかし手紙の住所へ行ってみるとやはりその話はウソだった。ガッカリする父に、デイビッドはトラックを買ってあげた。嬉しくなって運転するウッドロウ。新車のトラックに乗る姿を見た親戚たちはみんな驚いた。

<雑感>

よくある当選金詐欺の話で親子の人生を描いた秀作映画だった。息子に何かしてやりたいとの父の気持ちを組んだ息子が親孝行する内容である。この映画の場合は当選したと勝手にウッドロウが思い込むだけなのだが、似たような詐欺はたくさんありそうだ。

こういう形で親子の絆を描く脚本はなかなかないはずだ。良いとか悪いとかの価値観を一切排除して、実は大したことなくても息子を想う父に何か恩返しがしたい息子の気持ちが絶妙のシチュエーションで形にしてあった。

☆4.6。残念なのはそれほど綺麗じゃない白黒映像になっている点。素晴らしい脚本だけにもうちょっと映像に凝って欲しかったかな。











コメント(0) 

「ウィズ」(1978年作品)感想 [映画]

シドニー・ルメット監督によるアメリカのミュージカル映画。出演はダイアナ・ロス、マイケル・ジャクソン、リチャード・プライアー。

<あらすじ>

黒人版「オズの魔法使い」。

<雑感>

舞台をカンザスの田舎からニューヨークに置き換えている。そのせいで原作の魅力を大幅に削いでしまっているところが残念だが、当時はニューヨークじゃなければ黒人を主人公に出来ない時代だった。

のちに大ブレイクするマイケル・ジャクソンがまだソロになったばかりのころ。この作品でクインシー・ジョーンズと出会って数々の名盤をものにしていく。

☆3.0。原作が好きな人はちょっとガッカリする作品なんだよなぁ。当時としては画期的だったはずだが、なんか違うんだよなぁ。


PHILIPS モニターディスプレイ 271E1D/11 (27インチ/IPS Technology/FHD/5年保証/HDMI/D-Sub/DVI-D/フレームレス)

PHILIPS モニターディスプレイ 271E1D/11 (27インチ/IPS Technology/FHD/5年保証/HDMI/D-Sub/DVI-D/フレームレス)

  • 出版社/メーカー: Philips(フィリップス)
  • 発売日: 2019/07/12
  • メディア: Personal Computers






コメント(0) 

「アダムス・ファミリー」(2019年作品)感想 [映画]

グレッグ・ティアナン監督によるアメリカのアニメ映画。

<あらすじ>

幽霊のゴメズとモーティシアが結婚式を挙げた。人間が不気味がったためにふたりは人里離れた丘の上の屋敷に引っ込んだ。子供が生まれ幸せな日々が続いたが、セイバー・マズルカの儀式が近づいてきた。子供がこれに失敗すると一家に食われてしまう非情な儀式だ。パグズリーは必死に剣技を習った。

そのころ丘の下の土地は、住宅開発が進んでいた。普通の人々が住む町というコンセプトで売り出すつもりだった業者は、丘の上に立つ不気味な屋敷を何とかしようと動き出した。アダムス・ファミリー宅にやってきた業者は一筋縄ではいかない一家に手を焼いて逃げ出してしまった。しかしこれがきっかけになって人間との交流が始まった。

この交流によって幽霊一家であることが知られてしまい、街の人々は屋敷の破壊を目論んだ。追い詰められていく一家を助けたのは、セイバー・マズルカを控えていたパグズリーだった。彼は爆弾で屋敷を破壊しながら一家を助けようと奮闘した。しかしあと一歩のところで爆弾が尽きてしまう。それを助けたのは人間の友人だった。

アダムス・ファミリーは屋敷の外へ脱出した。幽霊に驚く住民たちであったが、一家が家族の安否を気遣う姿を見て人間と何ら変わりないと考えを改めた。そこに、住宅が売れれば何でもいいとの発言が広められてしまって業者とマスコミの信用が落ち、一家は住民の助けで屋敷を再建して元通り丘の上で暮らしていけることになった。

<雑感>

実写版のつもりでいたらアニメだった。実写版も面白かったが、アニメ版もなかなかの出来だ。原作はかなり古く、アメリカでは長年親しまれている作品。幽霊にかける優しさをイラン人とパレスチナ人にも与えてやってほしいものだ。

ところで、こうした街並みごとひとつのコンセプトで設計してその中に住宅を建てることで資産価値を高める工夫は日本もやるべきだよな。バカみたいに土地を細切れにして、挙句中国人に売り渡して喜んでいる京都の不動産会社は処刑すべきだわ。

☆4.0。子供向けの作品の面白さとか、テーマ性はアメリカの方がよほど優れていると思う。一方で大人の思想を押し付けることが常態化しているために、日本の少年少女漫画のように本当に子どもが望んでいる作品が生まれなくなっている。どちらもちょっと極端になりすぎている気がするよ。








I-O DATA モニター 27型 ADSパネル 非光沢 HDMI×1 アナログRGB×1 スピーカー付 3年保証 VESA対応 土日サポート EX-LDH271DB

I-O DATA モニター 27型 ADSパネル 非光沢 HDMI×1 アナログRGB×1 スピーカー付 3年保証 VESA対応 土日サポート EX-LDH271DB

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • 発売日: 2019/10/08
  • メディア: Personal Computers



コメント(0) 

「ベイブ 都会へ行く」(1998年作品)感想 [映画]

ジョージ・ミラー監督によるアメリカのヒューマンコメディ映画。出演はマグダ・ズバンスキー、ジェームズ・クロムウェル、ミッキー・ルーニー。

<あらすじ>

牧羊豚として名を馳せたベイブであったが、静かな暮らしを好むアーサーはマスコミの取材を受けなかった。ところがそのアーサーが大怪我を負ってしまい、牧場は経営的に厳しくなった。そこで妻のエズメはベイブのマスコミ取材を解禁して、豚を連れて都会へ赴いた。

ところがベイブはもちろん、エズメも都会は初めて。豚連れでどこに泊まっていいのかもわからず様々トラブルに巻き込まれて疲れ果ててしまった。動物だらけのホテルを何とか確保したエズメだったが、ベイブはマジックショーに出されて驚いて逃げてしまい、探していたエズメは刑務所に入れられてしまった。

街でうろついているうちに犬を助けてボスとなったベイブは、動物だらけのホテルに衛生局が入って動物たちを連れ去ったのを目撃して、農場からベイブを追いかけてやってきたアヒルのフェルディナンドとともに動物たちを助けに行くことになった。ボスとなったベイブは多くの動物の助けを借りて、衛生局に囚われていた動物たちを助けた。

自分が不在のときに動物を連れ出されたホテルのオーナーは激怒した。そこにようやく釈放されたエズメが戻ってきて、都会の恐ろしさを滾々と訴えた。エズメと仲良くなったオーナーは都会暮らしを捨てて田舎へ引っ込む決心をした。ホテルは売却されてその金でアーサーの農場は窮地を脱した。女主人が勝っていた動物たちは、農場に引き取られた。みんなの面倒を見るのはボスベイブだった。

やがてアーサーの怪我も回復し、農場は元の生活を取り戻していった。

<雑感>

これもWOWOWで観たはずだ。前回よりアクションが派手になっていたが、無口で優しいアーサーに代わり、お喋りのエズメが準主役になっていてほっこりしたものだ。まぁこういう映画で油断させておいて中東を空爆して民間人を殺すんだけどな。

最後に鞘しい心があれば~なんて歌が始まって終わるのだが、その優しさを外国にも少しは向けてくれよって。戦争は仕方なくても、無差別爆撃で民間人を殺すなよって。国際法を犯すなと。

☆4.2。アメリカ人が優しさをことさらに訴えるときは、なんか裏があるよな。





Whole Meat 豚バラ ブロック 豚肉 Pork Belly Block SKU202

Whole Meat 豚バラ ブロック 豚肉 Pork Belly Block SKU202

  • 出版社/メーカー: Whole Meat
  • メディア:



豚肉 もち豚秀麗 ロース 1kg (ブロック)

豚肉 もち豚秀麗 ロース 1kg (ブロック)

  • 出版社/メーカー: 旬の食卓茨城
  • メディア:



黒豚 チャーシュー 用 ( 黒豚肉 肩ロース ブロック ) 2キロ (2000g)

黒豚 チャーシュー 用 ( 黒豚肉 肩ロース ブロック ) 2キロ (2000g)

  • 出版社/メーカー: ミートショップ伊藤
  • メディア:



コメント(0) 

「ベイブ」(1995年作品)感想 [映画]

クリス・ヌーナン監督によるアメリカのコメディ映画。出演はクリスティン・キャバノー、ジェームズ・クロムウェル、ダニー・マン&豚。

<あらすじ>

子豚のベイブは体重当ての景品になり、農場主のアーサー・ホゲットに貰われていった。アーサーの家は昔ながらの農家でベイブは毎日を楽しく過ごした。ベイブは丸焼きにさせられそうになるが、アーサーはベイブを気に入っていて気乗りしない。でもいずれは食べられてしまう。アーサーが悩んでいたとき、ベイブが羊泥棒を偶然追い払う事件が起き、アーサーはベイブを牧羊豚にしようと思い至った。

牧羊豚となったベイブは、犬の真似をしてブヒブヒ怒鳴って羊を追い立てようとするもののまるで相手にされない。落ち込んでいると、優しく頼めばいいとアドバイスされその通りにやってみた。ヒツジは聞き分け良く動くようになり、犬に嫉妬されたほどだった。その姿を見たアーサーは、全国牧羊犬コンテストに豚のベイブを出場させることに決めた。

ベイブはいずれ自分が食べられることを知って家から逃げ出し、雨の中で病気になってしまった。アーサーの献身的な漢語で回復したベイブは、アーサーを信頼することに決めた。

そして出場した大会で、アーサーとベイブは観客に笑われながらも見事に羊の群れを指揮して優勝を果たした。

<雑感>

可愛い。癒される。ベイブ、最後は食われてしまうのか???

この作品はWOWOWか何かで観たはず。地上波だったかもしれないがよく覚えていない。動物と人間の交流の話はどんな映画も心温まり感動するものだが、牧羊豚のアイデアといい、当時は画期的だったCG(おそらく)といい、この作品は群を抜いて思い白かった。

子供と動物は感情移入しやすい。だからこそ左翼は自分たちの政治運動に子供と動物を使うのだ。左翼のように心が腐った人間は、どんなものも政治利用の道具にしてしまう。

☆5.0。この作品は子供向け映画の傑作である。


代々木フードマート 豚肩ロース ブロック チリ産 業務用 2kg超

代々木フードマート 豚肩ロース ブロック チリ産 業務用 2kg超

  • 出版社/メーカー: 代々木フードマート
  • メディア:






平尾)豚ロースブロック 2kg

平尾)豚ロースブロック 2kg

  • 出版社/メーカー: 平尾
  • メディア:






コメント(0) 

本日のツイカス 2021/06/13アイヌは想定通りの展開に [日記]


コメント(0)