SSブログ

【RIZIN】朝倉未来vsクレベルコイケ決定 [プロレス・格闘技]

東京ドームで開催される予定のYogibo presents RIZIN.28の追加カードが発表された。

記事:https://efight.jp/news-20210504_531706

朝倉未来vsクレベル・コイケは確かコイケ選手から対戦要望があったはずで、それを朝倉は「もう1戦見たい」とすぐの対戦は固辞していたが、それを受けた形。現在RIZINフェザー級チャンピオンの斎藤を除けば対戦できる相手の中では1番強いのがコイケ。コロナで海外から人が呼べない状況では贅沢は言えないと気持ちを切り替えたのだろう。

実質齋藤へのチャレンジマッチになるはずだ。朝倉はコイケに負けるようでは海外のチャンスはなくなるといっていい。UFCは興味をなくすだろう。逆にコイケは朝倉を踏み台にできる立場。

試合展開は、寝技に一切付き合わないことが重要で、朝倉が倒されず、タックルは切り、力を使わずに立ち続ければそれほど問題なく朝倉未来が勝つだろう。個人的興味は試合が長引けば必ずコイケが脚を絡めてくるはずで、それからいかに逃げて立つか、それだけだろうか。寝技に付き合わされたらまず取られるはずだ。

脚や首に絡んできて撮ろうとする動きには対応できるだろう。朝倉未来が負けてコイケVS斎藤なんて試合になったら地味すぎて男子フェザー級も終わってしまいそうだからここは朝倉に勝ってもらうしかない。柔術家が勝ってもドラマにならないからな。





マルタイ ラーメン「これだ」5食 435g×6個

マルタイ ラーメン「これだ」5食 435g×6個

  • 出版社/メーカー: マルタイ
  • メディア: 食品&飲料



マルタイ 屋台ラーメンとんこつ味5食入 495g×6個

マルタイ 屋台ラーメンとんこつ味5食入 495g×6個

  • 出版社/メーカー: マルタイ
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「ウトヤ島、7月22日」(2019年作品)感想 [映画]

エリック・ポッペ監督による実話を基にしたノルウェーのパニック映画。出演はアンドレア・バーンツェン、エリ・リアノン・ミュラー・オズボーン、ジェニ・スヴェネヴィク。

<あらすじ>

ノルウェーの首都オスロで政府庁舎を狙った爆破テロが起きた2時間後、ウトヤ島でサマーキャンプを張っていた若者の中にテロリストがなだれ込んだ。だが彼は警官の服装をしており、若者らは何が何だかわからない。必死に逃げ惑うものの撃たれて死んでしまう者も続出した。

カヤとマグナスもその中にいた。カヤは将来首相になって国を変えたいと話したが、凶弾に倒れて死んでしまった。ナンパ目的だったマグナスは生き残り、逃げ惑い、救援のヘリが来るのを見上げた。

<雑感>

よく大きな事件が起こると「映画化決定」などという人物がいるが、こんなの洒落にならん。絶望的な状況じゃん。こんなのに巻き込まれた日にゃ「映画化決定」どころじゃない。

モキュメンタリー、ワンカット長回しなど予算を抑える手法が取られているが、この作品の場合はこの方法が迫真性を出すことに大きく寄与している。本当にその場にいるような感覚になる。そしてそれはかなり絶望するような世界なのだ。

ノルウェー連続テロ事件の犯人ブレイビクは、極右思想を持つキリスト教原理主義者で、逮捕後にノルウェーを日本のような自国民明だけの国に白などと供述したために覚えている人もいると思う。彼のためにむしろ移民政策が進んでしまったのは何とも皮肉である。

☆5.0。こんな奴でさえ死刑にできないのだから、死刑廃止なんて絶対にやっちゃダメなんだ。「自分は進歩的な素晴らしい人間である」と思い込みたいバカのために、被害者遺族が泣き寝入りする社会にしてはいけない。バカは折り紙で勲章でも作って首から下げてろ。


マルタイ 九州 ご当地 棒ラーメン シリーズ 2食 8種 詰め合わせ

マルタイ 九州 ご当地 棒ラーメン シリーズ 2食 8種 詰め合わせ

  • 出版社/メーカー: マルタイ
  • メディア: その他



【セット商品】マルタイ 九州地方ラーメン 4種セット

【セット商品】マルタイ 九州地方ラーメン 4種セット

  • 出版社/メーカー: マルタイ
  • メディア: 食品&飲料






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「吸血鬼カンパニー」(2007年作品)感想 [映画]

ディーン・ロナルズ監督によるアメリカのホラーコメディ映画。出演はスティーヴ・バーンズ、キャシー・ランキン、デイヴ・フォーリー。

<あらすじ>

吸血鬼ばかりの会社に人間が採用されてしまった。うちひとりは女性のパール。彼女にオットーが恋をしてしまった。吸血鬼であることがバレてしまい、人間の男は義務感で社員を殺しまくった。その中にパールもいた。パールを噛んで不死身にするとふたりは結ばれた。

<雑感>

☆1.2。これはまた超低予算映画。なかなかここまで低予算の作品もない。吸血鬼要素はほぼギャグになっているので、怖い要素はどこにもない。オットーさんは108歳との設定だが、長生きギャグはほぼなかった。








電気バーベキュー&自動回転焼き鳥器

電気バーベキュー&自動回転焼き鳥器

  • 出版社/メーカー: ヒロ・コーポレーション
  • メディア: -



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「デッドリー・ブライド 殺人レシピ」(2020年作品)感想 [映画]

フレッド・オーレン・レイ監督によるアメリカのサイコスリラー映画。出演はブリタニー・アンダーウッド、シャーリーン・アモイア、キャスリン・リー・スコット。

<あらすじ>

ヘレナ・クラークは結婚式で夫を殺してヘレナ・リチャードとなってワシントンへ引っ越した。そこでディロン家と知り合った彼女は長男チャーリーをたぶらかして結婚に持ち込んだ。出戻りの姉レベッカはヘレナの前でチャーリーの元カノの悪口をいったところ、ヘレナの顔から笑顔が消えた。

ウェディングケーキをマズレクに頼むと知ったヘレナは怒り出し、彼を追い返してしまった。それもそのはずヘレナは髪の色を変えたもののマズレクと菓子祭で顔を合わせていたからであった。ヘレナはその夜にマズレクの店に押しかけて麺棒で彼を殴り殺した。

レベッカはヘレナの豹変ぶりに弟のチャーリーのことが心配になった。彼女はマズレクの死を知ってさらに不吉になった。ヘレナは結婚式の花をチャーリーが元カノのモニカの店で買うと知ってキャンセルした。モニカは嫉妬したヘレナに殺されてしまった。

レベッカはヘレナの情報を得ようと顔写真付きの結婚報告を自身のサイトにアップした。するとヘレナが殺した男の弟グレンが名乗り出てきた。彼女は関が入ったままだと知らずなおかつ遺産を持ち逃げしているという。ヘレナの家に侵入したレベッカは、マズレクが用意していたウェディングケーキ用の人形を発見した。事実をばらされそうになったヘレナはグレンを襲撃した。

さらにディロン家に毒を盛って事故を装う工作を始めた。レベッカは彼女と対決するがそこで実はレベッカとヘレナは姉妹だと打ち明けられた。だがそんなことはお構いなく襲い掛かってくるヘレナを逆に打ちのめしたレベッカは、警察を呼んで事件は解決した。

<雑感>

テレビ映画なので血まみれだったりレイプされたりそういうシーンがないので安心して視聴できる。別に映画に安心は必要ないかもしれないが、血まみれなだけで意味が分からない作品もあるからなぁ。これはいかにもテレビ映画って感じ。やはりテレビ映画は品質が安定している。

かわい子ぶって男に媚びを売る女がいかにあくどいか描いた作品で、徹底してヘレナをクソ女として演出している。徹底しすぎて「寂しがり屋」なのか「サイコパス」なのか微妙にわからなくなっているところが惜しい。これもしチャーリーが童貞でヘレナも初婚だったら事件は起きなかったのだろうか?

☆3.5。当たりはずれの振幅が激しい映画には当たりを探す楽しみがある。テレビ映画は外ればっかり引いた日に心の安寧を与えてくれるね。





イワタニ テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

イワタニ テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

  • 出版社/メーカー: 岩谷産業
  • メディア: スポーツ用品






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「サバイバル・トラップ」(2017年作品)感想 [映画]

ジョルジョ・セラフィーニ監督によるアメリカのホラー映画。出演はジェマ・ダーレンダー、ナタリー・バーン、レイチェル・ローゼンスタイン。

<あらすじ>

ベル、ケイ、アンジェラ、ロリは休日を別荘で過ごした。そこに管理人の甥がやってきて何かあれば連絡をといって去っていく。夜、男たちが窓をぶち破って侵入。罠は仕掛けておいたものの役に立たず、子供部屋を抜け出したベルが男たちをトラップにかけていって形勢は逆転した。

ところが、全体状況がひとりの女が仕掛けた罠だった。一連の出来事は小説にまとめられて出版社に売られた。

<雑感>

編集が「これは売れるだろう」なんて言ってるが売れるわけないだろヘッポコ編集者が。こういうオチが一番アカンと何度言えばわかるのか。

☆0.3。0.3って100点満点で3点だからな。いい加減にしろ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「メイヘム 殺人晩餐会」(2017年作品)感想 [映画]

ガブリエラ・アマラウ監督によるブラジルのホラー映画。出演はルシアス・パエス、ムリーロ・ベニシオ、イランヂール・サントス。

<あらすじ>

レストランのオーナーになったルイス・イナシオは、人もうらやむ生活を送っていたが、実際はストレスに悩まされる日々だった。そんな彼の店に強盗が押し入った。ストレスマックスだったルイスは強盗のひとりを殺し、あとは客も強盗も見境なく殺していった。

血まみれでルイスとファックする従業員の女が最後に生き残って素っ裸で包丁を研ぐ。

<雑感>

わからん。さっぱりわからん。不細工な女の血みどろのファックシーンがなんとも不気味。なんであの女は興奮してたのか。公開処刑を見ながらファックしていた先祖の血がたぎったのか?

☆0.6。とにかくさっぱりわからん。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドリラー・キラー マンハッタンの連続猟奇殺人」(1979年作品)感想 [映画]

アベル・フェラーラ監督によるアメリカのスプラッター映画。出演は ジミー・レイン(アベル・フェラーラ)、キャロリン・マーズ、リチャード・ホワース。

<あらすじ>

リノ・ミラーはニューヨークの売れない画家だった。恋人のキャロルはいるが、彼女は別れた元夫からの仕送りに頼っていた。金はなく、昼も夜も騒音に悩まされる。ついにリノは発狂して連続殺人鬼になってしまった。電動ドリルでホームレスを殺しまくるリノ。

キャロルはついに元夫の元へ去っていった。気が狂ったリノは騒音の源であるバンドを襲い、キャロルの元夫を襲い、殺した。そうと知らないキャロルは、SEXしようと元夫の名を呼び続けた。

<雑感>

血まみれじゃないですか。どうやらこの作品はあまりに出血がおびただしいのでずっと上映禁止にされたようで、のちにかなりカットしたものがビデオリリースされ、さらに完全版が公開されたのは2002年だという。たしかに血みどろだもんなぁ。

まぁこんな感じで70年代というのは行き詰まり、発狂寸前の状態にあった。だから保守反動が起きてレーガンが大統領になったのだが、レーガンはハーバード大学にいた元共産主義者から自由主義に転向した人物らを側近にしたために、レーガノミクス、グローバリゼーションなどの共産主義的な政策が採用されてしまうに至った。

まぁそれはともかく、70年代の地獄を知っている身としては、いまの社会の閉塞感など屁とも思わない。この程度の閉塞感はどうとでも解消できる。庶民が傍若無人に振舞うようになって、誰も庶民のために行動を起こさなくなっただけだ。

☆3.2。電動ドリルで頭に穴を空けて殺していくシーンは、なかなか斬新な殺し方で撮影方法などが気になった。押すと引っ込むドリルを作ってもらったのかなぁ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「サンズ・オブ・ザ・デッド」(2015年作品)感想 [映画]

コリン・ミニハン監督によるアメリカのホラー映画。出演はブリタニー・アレン、フアン・リーディンガー、クリストファー・ヒギンズ。

<あらすじ>

ニックは恋人のモリーとゾンビ禍から逃れて砂漠を走っていた。車外へ出たところニックは食われ、モリーは車を捨てて走って逃げた。テッドとジェイソンに助けられた彼女だったが、ふたりは脱獄犯らしく、怖くなって逃げようとしたところふたりにレイプされた。

だがここはゾンビ地帯。テッドはあえなく食われてしまい、ジェイソンはトラックで逃げていった。

メキシコを目指して歩き始めたモリーは、一軒の家を発見した。そこで一眠りすると目の前にゾンビが。ぞれはずっと追いかけてきているゾンビだった。ゾンビは歩くのが遅いので、スモールと名付けて荷物を運ばせた。情が移ってスモールが撃たれた際には解放した。するとスモールはモリーを噛んだ。

モリーは噛まれた指を切断した。歩いていくと友人のジミーを発見。これからセスナでメキシコへ飛ぶという。だがゾンビ化の恐れがあるモリーはそれには乗らなかった。彼女は娘のチェイスと連絡して隠れていろと告げ、急ぎ自宅へ戻った。チェイスは生きていたが、預かっていた夫妻は死んでいた。

その家にゾンビがなだれ込んできた。

<雑感>

カバネリになる前に終わってしまった。モリーが無双するのかと思ったのに。ゾンビをスコップでどつきまわすのはある種定番と化している。

ありがちなゾンビ映画ではあるが、ゆっくりと追いかけてくる特性を上手く使って、スモールを描写していたところは笑えた。こうして考えると「甲鉄城のカバネリ」はよく考えられていたよな。

☆3.0。この作品も映像が綺麗。ほぼ映像だけなのだが、映画なんだからそれは強みだ。なぜ邦画はくすんだ色しか撮れないのか。おかしいよ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「バイバイマン」(2017年作品)感想 [映画]

ステイシー・タイトル監督によるアメリカのホラー映画。出演はダグラス・スミス、ダグ・ジョーンズ、キャリー=アン・モス。

<あらすじ>

エリオットとその恋人サシャ、親友のジョンの3人は、大学へ通うために共同で家を借りた。ところがその家では謎のポルターガイスト現象が相次いだ。部屋の引き出しには「考えるな。言うな」「“バイバイマン”という名前を口にしてはならない」のメッセージが書かれていた。

キムを招いて冗談半分で降霊術をやったところ、キムが「考えるな。言うな」と叫び出した。バイバイマンの名前を出したところ、彼らの身に何かが起こった。以降彼らは幻聴と幻覚に悩まされるようになった。ジョンはサシャと肉体関係になり、3人の関係はどんどんおかしくなっていった。

エリオットが調べたところ、事の起こりは1969年、ラリーという人物が同じようなことを口走って人々を殺したのだという。そうこうするうちにキムが死んだ。彼女のルームメイトも殺された。またキムは3人を殺害するために斧まで用意していたという。3人は震えあがった。

エリオットはラリーの妻のレッドモンと接触。彼女はかろうじて名前を知らなかったために難を逃れたのだという。その名前を知って考えることでバイバイマンは力を得る。ヤバイと感じたエリオットは急遽借家へ急ぐが、途中でバイバイマンの名を知るワトキンスを撥ねて殺した。戻るとサシャとジョンが殺し合っていたのでサシャを撃ち殺した。エリオットも自殺した。

唯一生き残ったジョンは、刑事に何かを呟こうとした。

<雑感>

バイバイキンならぬバイバイマン。アリスという名のエリオットの姪が出てくるのだが、彼女は名前を知らないままこの屋敷から立ち去ることができた。一方でエリオットの無罪を証明した有能なショー刑事は瀕死のジョンが何かを放そうとしているところに聞き耳を立て「これは重要な情報よ。わたしに話してちょうだい」などともったいつけてバイバイマンの名前を聞き出した。

映像作品としてよく出来てはいるのだが、設定が田舎の子供が小さいころに親から聞かされる会談程度の話だったのでちょっとガッカリ。ポリコレまみれになっていて、エリオットの彼女のサシャは黒人のジョンとファッキンな関係になってしまう。ポリコレになって世の中おかしいよ。

☆3.0。それほど怖くない作品を映像と演出で極限まで怖くした感じ。だってバイバイマンだもんな。怖さを追求するにも限度がある。





キャプテンスタッグ ラフォーレ ベンチインテーブルセット UC-5

キャプテンスタッグ ラフォーレ ベンチインテーブルセット UC-5

  • 出版社/メーカー: キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
  • 発売日: 2014/06/01
  • メディア: スポーツ用品






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「不滅のあなたへ」(2021年春作品)第4話 感想 [アニメ/特撮]

第4話「大きな器」

fumetunoanatahe.jpg


<あらすじ>

オニグマを倒したことでマーチは生贄として必要とされなくなり、フシ、バロナとともにそのままヤノメへ連行された。ヤノメに隷属させられることになった3人は、牢に捕らえられて使役させられた。マーチは瀕死のオニグマの世話をさせられたが、オニグマは死んでしまった。

バロナはマーチを救出して、オニグマが死んだ証拠を持ち帰ってニナンナに戻るつもりであった。

<雑感>

面白く拝見しているけれども、言葉が完全に現代語なので、概念があまり進みすぎていて違和感が大きい。外来語を安易に使いすぎているところにも違和感を持つ。

そうした細部にもっとこだわって創作してもらいたかった。


不滅のあなたへ コミック 1-15巻セット

不滅のあなたへ コミック 1-15巻セット

  • 作者: 大今良時
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/04/15
  • メディア: コミック



不滅のあなたへ コミック 全14冊セット

不滅のあなたへ コミック 全14冊セット

  • 作者: 大今良時
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/12/17
  • メディア: コミック



不滅のあなたへ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

不滅のあなたへ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

  • 作者: 大今良時
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/01/17
  • メディア: Kindle版









コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「キングダム 第3シリーズ」(2021年春夏作品)第5話 感想 [アニメ/特撮]

第5話「若き将の台頭」

kd.jpg


<あらすじ>

魏国の井闌車は函谷関の半分にしか届かなかったが、梯子を伸ばしてついに城壁の最上段へ爪を掛けた。魏の呉鳳明はさらにもう1台の井闌車を戦場に投入した。これに対するのは、桓騎であった。桓騎は咸陽から盗んできた大量の油で井闌車に火を掛けてこれを撃退した。

父との対話で楚軍第1軍の臨武君を討つことが自分に掛けられた期待だと見抜いた蒙恬は突撃を敢行して臨武君に迫るが、王騎軍残党に先を越された。その一騎打ちに弓で援護する者を見つけた蒙恬は、楽華隊を二手に分けてその男の首を狙った。

<雑感>

1年越しでようやく再開。話を忘れているかと心配だったが、まだ序盤でそれほど物語が動く前に中断になっていたようだ。この1年でもっと多くの老人が死んでくれると期待していたのに、逆に死ななくなってやんの。どこまでも迷惑な連中だ。

あらすじを書くのはいいのだが、人命が変換して出てこないから面倒で仕方がない。名前を間違えていることがあったら誰か親切な人は教えてください。すぐに直します。


フィギュアーツZERO キングダム 楊端和 約205mm ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

フィギュアーツZERO キングダム 楊端和 約205mm ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • 発売日: 2019/09/21
  • メディア: おもちゃ&ホビー



BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) フィギュアーツZERO キングダム 信-出陣- 約205mm PVC&ABS製 塗装済み完成品フィギュア

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) フィギュアーツZERO キングダム 信-出陣- 約205mm PVC&ABS製 塗装済み完成品フィギュア

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • 発売日: 2019/04/19
  • メディア: おもちゃ&ホビー



フィギュアーツZERO キングダム 麃公 約230mm ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

フィギュアーツZERO キングダム 麃公 約230mm ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • 発売日: 2020/05/23
  • メディア: おもちゃ&ホビー



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ