SSブログ

【トランプ△】オバマの偽物、CNNに登場 [政治]

ちょっと笑えるくらい似ていないオバマの偽物がCNNに出演していると話題になった動画を、コンピューターで解析した人がいたらしい。面白い話なので記事にしておく。

動画付きツイート:https://twitter.com/SyIe49WLbhgXgkP/status/1360832431889076226

まるで似てない。本人の要素がどこにもない。100%偽物。一致率0%。この動画自体が加工されたフェイクかもしれないことを付け加えた上で、笑える話として記憶にとどめておきたい。

ゴムマスクが安価で作られるようになってから世の中本当におかしくなっていて、誰が誰なのかまるで分らないようなことが起こる。それらをひっくるめて陰謀論として片付けるのは乱暴というもので、現象としてなりすましが普通になったら世の中のモラルに大きなダメージを与えると警戒しておくべきだ。














コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【トランプ△】バイデンさっそく戦争開始 [政治]

米軍がシリア東部を空爆、親イラン派組織の関連施設を破壊。

記事:https://jp.sputniknews.com/world/202102268183394/

米軍はシリアにおける親イラン派組織と関連のある施設に空爆を実施した。この攻撃により、イラクとの国境付近にある一部の施設が破壊された。米ポリティコ紙が米国防総省のジョン・キルビー報道官による発表をもとに報じた。

速報:米国のジェット機がイランが支援する民兵に砲撃/シリアでの爆発

記事:http://totalnewsjp.com/2021/02/26/biden-81/

当局者は匿名の条件で話し、シリアでのイランが支援する民兵に対する空爆はジョー・バイデン大統領によって承認されたと述べた。 (ロイター)

3回の空爆が、アルブカマルの国境地帯の税関ビルを襲ったと報告されている。ペンタゴンは、米国がイラクの米国/連合要員に対する最近の攻撃に応えて、「イランが支援する民兵グループ、カタイブ・ヒズボラとカタイブ・サイード・アル・シュハダに関連するシリアの標的に対して、今夜早くに防御的精密攻撃」を行ったことを確認する

米国当局者:アメリカのF15戦闘機が空爆に使用されました。標的はイラクとシリアの国境地帯でした。ロシアはそこでの空域を管理しています。

保守速報:https://hosyusokuhou.jp/archives/48896502.html

<雑感>

中東地域はトランプが口先介入だけで多くの停戦協定を成し遂げ、軍事力が背景にある外交とはいえ、武力行使がなくとも地域の安定が図れると示してきた。

それをさっそくブチ破って戦争を始めている。リベラルがいかに戦争が好きで、軍産複合体と結びついた薄汚い集団かよくわかる。














コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「無実の投獄」(2017年作品)感想 [映画]

マット・ラスキン監督によるアメリカのドラマ映画。出演はキース・スタンフィールド、ナムディ・アサマア、ナタリー・ポール。

<あらすじ>

盗みの前科のある黒人が、警察に捕まった。盗みのことがバレたのかと思っていたらそうではなく、殺人罪だという。人なんか殺していないといくら訴えても、前科持ちの黒人ゆえに話を信じてもらえない。弁護士の追及で、状況証拠すらなく、ましてや医学的な証拠もない裁判であったが、彼が25年の実刑を受ける。

刑務所の中で絶望的な日々を送る彼であったが、友人や恋人は諦めておらず、あらゆる手を尽くして釈放させようとするがどれも虚しく却下。友人は私財をなげうって弁護士を雇ってくれて、収監後20年が経過してようやく彼は監獄から出ることができた。1980年に収監された彼は、ミレニアムを外の世界で味わうことができた。

<雑感>

という内容だったはず。はずというのは、この映画にも字幕がついておらず、英語の科白を嫁と確認しながら視聴したためだ。検察の白人男性がものすごい早口で喋る男で、あそこの部分だけでも字幕が欲しかったわ。

死刑制度が廃止されたアメリカは、死刑がないがゆえに裁判に慎重さが欠け、刑期が長期化する傾向にある。

これが死刑制度のいいところのひとつで、人間の寿命がひとつの物差しとなり、刑期がむやみに長くなるのを防いでくれている。どうしようもない殺人事件を起こした人間は死刑、情状酌量の余地のある凶悪犯は無期、それ以外は最長でも20年の判決になる。20年以上は無期にして、様子を見ながら仮釈放の時期を探る。20年の刑期でも模範囚なら比較的早く仮釈放になる。

アメリカの場合、そこに人種問題が絡む。低所得が多く、軽微な犯罪で前科が付きやすい黒人は、冤罪で重い罪を被せられた場合に前科が枷となって罪を被せられやすい。まさにこの作品のように。一方比較的裕福な白人は、どんな凶悪犯罪であっても初犯ゆえに罪が軽減されやすい。黒人は圧倒的に不利なのだ。

加えて、裁判が演出的になりすぎ、担当弁護士の手腕に判決が大きく左右されやすいのもアメリカの欠点である。裁判員裁判であることが、裁判が演出的になる要因になっており、表現力のある弁護士、声に説得力のある弁護士などがあまりに優位になりすぎている。日本は演出を極力排することで、担当弁護士や検事の基礎的能力で判決に幅が出ないように配慮されている。

なんでもアメリカを信奉すればいいってもんじゃないのだ。

昨今、外人無罪にする裁判官が増えているのは非常に危険な兆候で、裁判の公正性を追求してきた日本の裁判制度が、何の義務も果たしていないクソ外人によって破壊されようとしている。アメリカの黒人の問題と日本の外国人の問題はまったく関係ないのに、何せ弁護士というのがバカなので、アメリカの問題を簡単に日本の問題に置き換え、同じことが起きているとウソを吐き、こうした映画で黒人が不利になる状況が日本にもあるように錯覚をさせて、阿呆の裁判官がそれに釣られて外人を無罪にするのである。

裁判官が映画やドラマに影響されてんじゃねーよ。

☆3.2。アマゾンはいわゆる意識高い系に訴える作品ばかり作っているが、意識の高さを求めすぎる心象には、己の醜い承認欲求が背景にあるのだと自覚しないといけない。





5種のミックスナッツロースト / 800g TOMIZ(富澤商店) 素焼き 無塩 無添加

5種のミックスナッツロースト / 800g TOMIZ(富澤商店) 素焼き 無塩 無添加

  • 出版社/メーカー: 株式会社富澤商店
  • メディア: その他



東洋ナッツ ミックスナッツ 500g

東洋ナッツ ミックスナッツ 500g

  • 出版社/メーカー: 東洋ナッツ
  • 発売日: 2016/11/01
  • メディア: 食品&飲料



[Amazon限定ブランド] NUTS TO MEET YOU ミックスナッツ 1kg 植物油不使用

[Amazon限定ブランド] NUTS TO MEET YOU ミックスナッツ 1kg 植物油不使用

  • 出版社/メーカー: ミツヤ
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「悪霊館」(2019年作品)感想 [映画]

ジェイソン・ドゥバン監督によるアメリカのホラー映画。出演はシドニー・スウィーニー、カイラ・ディーヴァー、ジェシカ・バース。

<あらすじ>

ジョーダンとアシュリーは、母が自殺したのちに酒におぼれる父に怯えながら生きていた。叔母のターニャに引き取られ、高校生になって霊の存在を感じるようになったアシュリーは、生まれ故郷の古い友人と再会すると、母に会いたい一心で降霊を行った。すると邪悪な存在が出現してしまった。

邪悪な存在はアシュリーに憑りついた。除霊のために牧師が呼ばれた。除霊するには、悪魔の名を知らねばならない。やってきたのは、マイケル牧師の下でよく働き、悪魔に関心のあるジョン牧師。ジョンはアシュリーに憑りついた霊を払うべくアシュリーを拘束した。

しかし除霊は失敗。ジョン牧師は殺されてしまった。マイケル牧師がアシュリーを連れて行った。叔母のターニャは、姉でアシュリーの母であるサラが、妊娠中に同じような状態になったことを知っていた。そして母は行方不明になっただけで、死が確認されたわけではないことも。

アシュリーの姉のジョーダンに連絡したターニャは、アシュリーが収監された地下牢の奥に、変わり果てた姿のサラがいるのを発見した。

<雑感>

エクソシスト映画で、物語の類型もエクソシストのまんま。オレはそんなに詳しくないけど、嫁の話ではほとんど一緒なんだとか。自分の名前を知られたら除霊されてしまうのに「ふーあーゆー」って尋ねられて「ベリアルです」とか名乗る悪魔っているのかね?

この映画の悪魔ももちろん名乗らず、除霊は失敗。それどころか過去に行った除霊すべてに失敗して、地下の座敷牢に悪魔がうじゃうじゃ閉じ込められているという。これはさすがに無能すぎないか? マイケル牧師は母の除霊を担当して失敗、弟子のジョン牧師は娘のターニャの除霊に失敗。

ちゃんとしたエクソシストを呼んでいれば助かったんじゃ・・・。

☆3.0。オレはこういった作品を見始めたのは2017年からなのでよくわからないのだが、嫁の話では「怖くないけどB級ってわけじゃない」らしいので、評価はこんなものでは?


[Amazon限定ブランド] NUTS TO MEET YOU ミックスナッツ個包装×30袋

[Amazon限定ブランド] NUTS TO MEET YOU ミックスナッツ個包装×30袋

  • 出版社/メーカー: 福岡ミツヤ
  • 発売日: 2019/04/12
  • メディア: 食品&飲料









[Amazon限定ブランド]NUTS TO MEET YOU 有塩ミックスナッツ × 24袋

[Amazon限定ブランド]NUTS TO MEET YOU 有塩ミックスナッツ × 24袋

  • 出版社/メーカー: 福岡ミツヤ
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ザ・ディテクティブ / 殺人レクイエム」(2009年作品)感想 [映画]

チャールズ・エーデルマン監督によるアメリカのサスペンス映画。出演はマーク・トンプソン、テリー・ポロ、ケヴィン・ポラック。

<あらすじ>

母の自殺をトラウマとして抱えながら刑事になったラッセルだったが、恋人アマンダを襲った暴漢に打ちのめされて拳銃を奪われてしまった。そこに怒る連続殺人事件。ジョンの妻も猟奇殺人事件のさなかに行方不明となってラッセルを頼り警察に来た。

身体の一部を剥ぎ取ってます苦にするという犯行は、事故で買いに傷を負いその後自殺したラッセルの母の死と重なるものがあった。マスクを作った人物はカーター。彼の人物像はかなり歪んだものだった。そして、ラッセルの母のマスクを作ったのも彼だった。ラッセルはそのマスクをバカにしたことがあった。カーターは復讐のためにラッセルとアマンダを狙っていたのだ。

捕まえてみるとそれはジョンだった。ジョンはすべてを暴露してアマンダを殺した。ラッセルは母の死の原因が自分にもあったことを知り、アマンダをもそれで失った。

<雑感>

ラッセルが無能すぎる。何も出来なかったじゃん。ジョンはただの不器用。トラウマがどうのこうのよりも、ぶきっちょさんなんだよ。

☆1.0。酷いなぁ。この映画なら「相棒」とかの方が絶対に面白いわ。











東洋ナッツ ミックスナッツ 500g

東洋ナッツ ミックスナッツ 500g

  • 出版社/メーカー: 東洋ナッツ
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ミッドナイト・ドライバー 君に続く道」(2018年作品)感想 [映画]

デビッド・チャイ監督によるアメリカのアクション映画。出演はパトリック・デューク・コンボイ、キャンディス・ツァオ、リッチー・ン。

<雑感>

☆0.0。中国資本の映画だった。こうやって地道にアメリカを侵略するんだね。














コメント(0) 
共通テーマ:映画

「マチェーテ・キルズ」(2013年作品)感想 [映画]

ロバート・ロドリゲス監督によるアメリカのアクション映画。出演はダニー・トレホ、ミシェル・ロドリゲス、ソフィア・ベルガラ、レディー・ガガ。

<あらすじ>

税関職員のマチェーテとサルタナは、武器を麻薬カルテルに横流しする現場を押さえて取り締まろうとした。兵士は反撃したが、謎の武装集団に殲滅させられてしまう。サンタナもまた殺された。武器の中にはロケットがあり、カルテルはそれでホワイトハウスを恫喝していた。

ホワイトハウスはマチェーテを協力させ、カルテル壊滅に動き出した。元カルテルで現在は革命家として活動している男を探るうち、軍需産業の関与が濃厚となった。メキシコ軍はマチェーテに多額の賞金を懸けて殺害を目論んだ。国内から多くの暗殺者が集結してきた。

黒幕の男の計画は壮大だった。彼は麻薬や武器で得た金で宇宙開発を行い、地球に戻って王になることを目論んでいた。彼はマチェーテの遺伝子から兵士軍団を作り出そうと彼女を捕らえた。逃げた彼女は発車されたミサイルにまたがって起爆装置を解除した。そして宇宙に逃げていった黒幕をスペースシャトルで追いかけた。

<雑感>

B級SFアクション映画だった。この続編は「スターウォーズ」のようになるらしい。こういう意識低い系の映画は嫌いじゃないが、その割に出演者が豪華すぎて低予算ならではの工夫というものがない。ギャグのようなマッチョアクションが続いていくだけだ。

☆3.5。この作品自体が何か別の作品の続編で、マチェーテはそこでも大活躍、その関係で大統領の信任を得ているとの設定らしい。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「バーニング・ブラッド」(2015年作品)感想 [映画]

アイザック・フロレンティーン監督によるアメリカのアクション映画。出演はスコット・アドキンス、ニック・チンランド、ケイトリン・キーツ。

<あらすじ>

コルトンが監禁されていた姪をヘイリー救出。ついでに悪い情報が詰まったUSBを手に入れる。マフィアがそれを取り戻そうと必死に追いかけてくる。コルトンは連中と交戦する。彼は悪いことをやっているが、元軍人で正義感が強く、上官の理不尽な命令に背いて除隊させられただけだった。

ヘイリーの父ウォルト・レイノルズは麻薬の売人で、ブツをちょろまかしたために娘が人質に取られていたのだった。母は弟のコルトンに救出を依頼。コルトンもいやいや引き受けた仕事だった。

ウォルトはクズで、妻のことも娘のこともたいして気に留めない。コルトンは戦闘能力は高いが脱獄囚である。彼はマフィアと戦いながら、最後は姉にUBSを託して逃げていった。

<雑感>

UBSの中の情報は一切関係なかった。ただ、姉に娘を助けてクレメンスと頼まれただけだった。たったそれだけのことで暴れすぎだろこの男。

☆1.2。アメリカ人は、パキュンパキュン拳銃が撃てれば、あとのことはどうでもいいらしい。





[神戸レタス] フーディニットトップス [C4713] フリー グレージュ

[神戸レタス] フーディニットトップス [C4713] フリー グレージュ

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: ウェア&シューズ









コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ベアリー・リーサル」(2015年作品)感想 [映画]

カイル・ニューマン監督によるアメリカのアクション映画。出演はヘイリー・スタインフェルド、ジェシカ・アルバ、サミュエル・L・ジャクソン。

<あらすじ>

アメリカの秘密組織で暗殺者訓練を受けていたエージェント83号は、初任務に失敗してしまった。仲間は彼女を見捨てた。しかし83号は生き残り、組織から脱走、メーガンと名を変えて交換留学生として高校生活を始めた。雑誌でしか知らない高校生活に、彼女は浮いた存在だった。

イベントで怪しい男たちをなぎ倒す動画が拡散して人気者になったメーガンだったが、すぐに組織に拉致されてしまった。彼女は普通の生活がしたかっただけだと言い訳をして家族と離れるのを嫌がった。彼女の監視役に84号がつけられた。さらに追っていた人物が1号だと分かりふたりは対決。共感とともに彼女の捕獲に成功した。

<雑感>

「キルミーベイベー」みたいな設定だが、はるかにつまらん。女が全員イモくさい。こんなイモばっかりの作品は初めてだ。ぶっさ。

☆1.2。アクションもダメ。青春ものとしてもダメ。83号がまるで殺し屋として機能していない。演技も下手。とんだB級以下の作品に当たってしまった。














コメント(0) 
共通テーマ:映画

「クーリエ / タイムリミット60HOURS」(2012年作品)感想 [映画]

ハニ・アブ・アサド監督によるアメリカのアクション映画。出演はジェフリー・ディーン・モーガン、ジョシー・ホー、リリー・テイラー。

<あらすじ>

記憶を失ったまま裏社会の仕事人として働いていたクーリエは、60時間以内に居場所のわからないイーヴル・シヴルに10万ドルの現金を渡すように依頼された。イーヴルは殺し屋で誰も姿を見た者はいない。依頼主が誰なのかもわからない仕事であったが、人質を取られていたので仕方なく引き受けた。

わずかな手掛かりから捜索したところ、イーヴルが誰なのかはわからないが、次々に関係者が殺されてイキ、仕事の依頼主がFBIであることがわかった。FBIは長年イーヴルを追いかけていたが正体を突き止めることができず、ロシアのエージェントから奪ったアタッシュケースを使って彼をおびき出そうとしていたのだ。人質は何者かに殺されてしまった。

イーヴルの雇い主はマックスウェルだった。エルヴィス・ライブの文字を鏡で見るとイーヴル・シヴルになると気づいたクーリエは、エルヴィスの仮装をしていた男を追いかけた。するとそれはマックスウェルだった。彼はイーヴルが殺し屋を勝手に引退したことを怒っており、彼を探していたのだ。

クーリエはそんな話に巻き込まれたことに腹を立て、マックスウェルを射殺した。

<雑感>

うーん・・・、アマゾンの評価が高かったから視聴した作品だが、数日経ってすでにほとんど印象にない。似たような髭面の白人がたくさん出演していて見分けがつきにくかったことと、オチがかなりどうでも良かったことと、白人同士が元気にパキュンパキュン撃ち合っているのがバカっぽかったことしか覚えていない。

☆3.0。貧乏で恵まれない白人がイキってパキュンパキュン撃ち合う映画ばかり作って虚しくならないのかな?














コメント(0) 
共通テーマ:映画