SSブログ
ドキュメンタリー ブログトップ
前の10件 | -

「ブルーノート・レコード ジャズを超えて」(2019年作品)感想 [ドキュメンタリー]

ソフィー・フーパー監督によるジャズレーベル・ブルーノートに関するドキュメンタリー映画。

<雑感>

亡命ドイツ人ふたりが立ち上げたブルーノートならジャズのことが語られるかと思いきや、やはり黒人の繰り言であった。1966年の買収以前のブルーノートから出たアルバムはどれも名盤で、すべての録音を記憶してレコード屋でまだ購入していないアルバムを探す姿はよく見られた。

ミュージシャンに完全な自由を与えて制作されたアルバムは、大手レーベルが作る商品としてのアルバムとはまるで違う珠玉の作品群だった。ブルーノートレーベルなら外れがないと、とにかく全部買う人が多くいたものだ。ジャズを聞くから、もちろん音響関係にも金を掛けるし、お金を稼ぐためによく働いた時代だった。

映画の内容は黒人の繰り言だったが、ブルーノートに限らずジャズレーベルのレコードという名のアートをより良く再現するために多くのエンジニアリングの工夫があった時代をオレは懐かしんだ。耳元でしか音がならない時代ではなく、空間を音楽で満たしていた時代が好きだ。

でもあれだ、現代社会が嫌になればなるほどこの世に未練がなくなって、死ぬことを躊躇わなくなるからそれはそれでいいのかも。


ブルーノート・ベスト50

ブルーノート・ベスト50

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: Universal Music
  • 発売日: 2009/06/10
  • メディア: CD



レジェンド・オブ・ジャズ~ライヴ・アット・ブルーノート東京 [Blu-ray]

レジェンド・オブ・ジャズ~ライヴ・アット・ブルーノート東京 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ヴィレッジ・レコード
  • 発売日: 2006/11/22
  • メディア: Blu-ray



ブルーノート・リイマジンド(2CD)

ブルーノート・リイマジンド(2CD)

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: Universal Music
  • 発売日: 2020/10/02
  • メディア: CD



BLUE GIANT×BLUE NOTE

BLUE GIANT×BLUE NOTE

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/06/26
  • メディア: CD



ブルーノート・レコード ジャズを超えて [DVD]

ブルーノート・レコード ジャズを超えて [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2019/12/18
  • メディア: DVD



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「I Am The Blues アイ・アム・ザ・ブルース」(2018年作品)感想 [ドキュメンタリー]

ダニエル・クロス監督によるアメリカのブルースミュージシャンの栄枯盛衰を描いたドキュメンタリー映画。

<雑感>

タモリが「ジャズは黒人の繰り言」と言っていたが、ほぼ黒人の繰り言と思い出話。白人客ばかりの舞台で衝立の向こうで演奏させられた、白人はオレたちの音楽は聞きたいが顔は見たくないんだとか、ずっとそんな話。デンバーかどこかで1日で取材して繋げたそんな内容。

☆3.0。そこらのジジイにしか見えないが、ブルースの世界では結構な大物ミュージシャンもいたらしい。ひとりも知らんかったわ。


戦前ブルースのすべて 大全4CD

戦前ブルースのすべて 大全4CD

  • アーティスト: オムニバス
  • 出版社/メーカー: Pヴァイン・レコード
  • 発売日: 2008/05/02
  • メディア: CD



ベスト・オブ・ブルース 101 ( CD4枚組 ) BLS-110

ベスト・オブ・ブルース 101 ( CD4枚組 ) BLS-110

  • アーティスト: オムニバス(コンピレーション)
  • 出版社/メーカー: キープ株式会社
  • 発売日: 2012/05/29
  • メディア: CD



RCAブルースの古典

RCAブルースの古典

  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2004/08/25
  • メディア: CD



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ラッコ親子の別れと再会」(2009年作品)感想 [ドキュメンタリー]

<あらすじ>

ヨットハーバーに住み着いたラッコの親子が人間の近くで子育てして子供を独立させるまでのドキュメンタリー。

この母親はピンクブルーという名の暴力ラッコの子供を生んでしまい、ケルプの森を追い出され、港にやってきたのだ。港はボートが行き来するのでスクリューで大怪我をする可能性がありラッコは近づかないのだが、DVラッコから逃げるためには仕方がなかった。

このピンクブルーはケルプの森を独り占めしながら、母娘のところにやってきて交尾しようとしたり、母親が取った餌を脅かして盗んだり、完全なDQN。無理矢理交尾しようと鼻を噛まれ母親ヨットの上に逃げ込んだりしている。ラッコ同士より人間の方が優しいなんて酷い話だ。

その際に娘とはぐれてしまった。娘は生きていたが、頑張って餌を採ってもピンクブルーに奪われてしまう。嵐が来て生存が危ぶまれていたが、何とか生き延びていた。これがきっかけになって子供は独立。母親も別の雄と交尾した。

<雑感>

1日中食ってばっかりいるラッコがどうやって子育てしているのか前から不思議だったのだが、子育て中も食ってばっかりだったわ。海の上で寝るときはケルプを身体に巻くのは知っていたが、陸上でも不安らしく、船のロープを必死に身体に巻こうとしていた。驚くべきことに生まれたばかりの赤ちゃんも同じことをやっている。

☆5.0。どこの世界でも暴力的なオスはあかんなと気づかせてくれる作品だった。


彩果の宝石 フルーツゼリーコレクション1箱(15種50個入り)

彩果の宝石 フルーツゼリーコレクション1箱(15種50個入り)

  • 出版社/メーカー: 株式会社トミゼンフーヅ
  • メディア: その他



彩果の宝石 フルーツゼリーコレクション1箱(15種類25個入り)

彩果の宝石 フルーツゼリーコレクション1箱(15種類25個入り)

  • 出版社/メーカー: 株式会社トミゼンフーヅ
  • メディア: その他






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「猫の国」(2020年作品)感想 [ドキュメンタリー]

Tim Delmastro、Cassandra Delmastro共同監督による日本の猫文化を紹介した海外のドキュメンタリー映画。

<雑感>

外人が日本人のことをディスりながら猫カフェや猫島、猫の駅長などに会いに行く。そのほか猫の造形物やキャラクターを見るたびにクレイジークレイジーと喚いて金が貰えるんだから呑気なものだ。

☆3.0。猫は可愛いが外人は可愛くないから猫の生態だけ見せてくれればいいんだぞ。


モロゾフ 凍らせてシャーベット 12個入 MO-1555

モロゾフ 凍らせてシャーベット 12個入 MO-1555

  • 出版社/メーカー: モロゾフ
  • メディア: その他



河内駿河屋 凍るどシャーベット 12個

河内駿河屋 凍るどシャーベット 12個

  • 出版社/メーカー: ユウカ
  • メディア: 食品&飲料






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「UFOTV Presents: Pulp Fiction: The Golden Age of Storytelling」(2010年作品)感想 [ドキュメンタリー]

アメリカのSFパルプフィクションの黄金期を特集したテレビ番組。字幕はないので注意。

<雑感>

1950年代のペーパーバックがいかに魅力的か、おっさんが力説する作品。

ペーパーバックという安く低リスクで出版できる媒体が出来たおかげで多くの才能が世に出るチャンスが生まれた。最初は低俗なものが多かったがやがてあらゆるジャンルにペーパーバックが生まれ、内容と売り上げを競うようになった。そのうちにラジオが普及し、テレビが普及してそのストーリーテリングがアメリカの映像作品のレベルを押し上げることになった。

もしメインカルチャーだけであったなら、スピルバーグもルーカスも登場しなかったであろう。誰もアメリカの想像力を妨げるべきではない。

こんな内容のことが字幕なしで語られている。意外に面白かったが、SF映画の映像がもっと多いかなと期待していたのでそこは残念だった。アメリカのペーパーバックが好きな人は、かなりマニアックな作品の表紙などもあって楽しめたかもしれない。

☆4.5。世界的大ヒットを飛ばした「インディ・ジョーンズ」も「バック・トゥ・ザ・フィーチャー」もペーパーバック作品なんだよな。まさにスピルバーグがペーパーバックのファンだったからなんだけど。CDが開発されてからは、聞くペーパーバックなんてものも発売されたそうだ。


スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 4K UHD コンプリートBOX [4K ULTRA HD+ブルーレイ] [Blu-ray]

スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 4K UHD コンプリートBOX [4K ULTRA HD+ブルーレイ] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2020/04/29
  • メディア: Blu-ray






スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2015/11/13
  • メディア: Blu-ray



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー」(2015年作品)感想 [ドキュメンタリー]

トニ・ベスタルド、マルコス・カボタ共同監督によるスペインのドキュメンタリー映画。

<雑感>

ダース・ベイダー俳優デヴィッド・プラウズのその後の人生に迫った作品。「スター・ウォーズ」は好きだけど、ほぼスーツアクターだからなぁ。「ゴジラ」の中の人中島春雄とか、「ウルトラマン」の中の人古谷敏なら興味あるけど、ダース・ベイダーの中の人となるとなぁ?

☆3.0。ジョージ・ルーカスとトラブルになって、のちに疑いを晴らしたとか、ファンには愛されているとか、表彰されたとか、そんな話だった。


THE STAR WARS BOOK はるかなる銀河のサーガ 全記録

THE STAR WARS BOOK はるかなる銀河のサーガ 全記録

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/04/19
  • メディア: 単行本



スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア

スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア

  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2018/04/17
  • メディア: 単行本



スター・ウォーズ ビークルのすべて

スター・ウォーズ ビークルのすべて

  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2019/02/05
  • メディア: 単行本



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「私は男でも女でもありません」(2020年作品)感想 [ドキュメンタリー]

Janine Cohen監督によるオーストラリアのドキュメンタリー番組。

<雑感>

男女を役割として考えた「個」の皆さんが、自分はそんな役割を負うつもりはないと拒否して薬物漬けになっていく様子がとても気持ち悪い。

子供は自我を発見した後にその外側の世界とどう折り合いをつけていくか悩まなければならないが、社会を「個」を抑圧する「全体」だと考えるバカがたくさんいて、世界はこのようになっている。

「個人主義」とは「個人尊重主義」のことであり、「全体主義」とは「全体繁栄主義」のことに過ぎない。「全体繁栄主義」と「個人尊重主義」は相互補完関係にあり、どちらも社会になくてはならない考え方であるはずだった。

「社会に性別を押し付けられるのは嫌だ」そんなことをいうごく少数の人間のことより、会社をリストラされた人々の生活、引きこもりでキャリアを築けないガキを何とかしなければ全体は繁栄しないが、「全体より個だ!」と叫ぶのイジーマイノリティに引きずられて世界から全体繁栄主義が失われつつあるのだ。これは物事を善悪で考える一神教が強く影響していると思われる。

「個人」=「正義」、「全体」=「悪」の簡単な図式から抜けられなかった一神教の皆さんによって、世界はズタボロ。こんなクソガキが生きようが死のうが世界には何の関係もないのに、彼らを理解することが人間の進歩であり発展であるとウソをつかれて世界中は失業者だらけになった。

このドキュメンタリーに出演しているクソガキどもは、自我が肥大化しただけのガキに過ぎず、それを叱る大人がいなくなったことが社会現象であって、彼ら自身は取るに足らない意味のない「個」に過ぎない。彼らの存在に意味はないし、注目する必要もない。家族がいるのに失業してしまったお父さんを助けることの方が重要であり、それをやるのが政治である。

☆0.0。哲学を失った世界の惨状といったところか。








ソニー お手元テレビスピーカー テレビリモコン一体型デザイン 防滴対応 SRS-LSR100

ソニー お手元テレビスピーカー テレビリモコン一体型デザイン 防滴対応 SRS-LSR100

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • 発売日: 2015/09/12
  • メディア: Personal Computers



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「野生ネコ図鑑」(2018年作品)第1話~3話 感想 [ドキュメンタリー]

第1回

ネコ科で唯一群れをつくるアフリカライオン。噛む力が最も強く、森の中の地形を立体的に記憶するネコ科最小サビイロネコ。アムールトラ、ジャガー、マーゲイ、ユキヒョウ、アフリカヒョウ、ピューマ、カナダオオヤマネコ、チーターなどを短く紹介。

第2回

水辺に棲んで魚を捕食するスナドリネコ。世界最古の砂漠で暮らすアフリカライオンは、サバンナのアフリカライオンより2倍の距離を歩く。ボブキャット、オセロット、クロアシネコ、マヌルネコ、ティエルボスカット(サーバル)などを紹介。

第3回

ネコ科動物の研究、保護、撮影をしている人々の紹介。

<雑感>

3回目は人間だったわ。

おそらくBBCのネイチャー・ドキュメンタリーの中で紹介したネコだけを特集した番組で、最新の撮影方法で地球上に存在するネコ科動物40種類のうち野生に近いものを紹介している。

運動能力が哺乳類の中でも桁違いに高いネコ科動物は、地球上のあらゆる地域に進出して生存している。寒冷地、砂漠、草原、山岳地帯、湿地帯、餌のあるところならどこにでもいる。そして人間の愛玩動物になり、都市部にも数多く生息している。都市部の近くで野生として生きている種もある。

ところが人間の生活区域の拡大や環境の変化によって急速に数を減らしている種もあり、保護が必要とのこと。まぁ保護といっても限度があるけれども。

番組中1番可愛かった猫はクロアシネコ。


チャオ (CIAO) 猫用おやつ ちゅ~る まぐろ・かつおバラエティ 14g×40本入

チャオ (CIAO) 猫用おやつ ちゅ~る まぐろ・かつおバラエティ 14g×40本入

  • 出版社/メーカー: いなばペットフード
  • メディア: その他



チャオ (CIAO) 猫用おやつ ちゅ~る グルメ バラエティ 14g×60本入

チャオ (CIAO) 猫用おやつ ちゅ~る グルメ バラエティ 14g×60本入

  • 出版社/メーカー: いなばペットフード
  • メディア: その他



チャオ (CIAO) 猫用おやつ ちゅ~る まぐろバラエティ 14g×20本入

チャオ (CIAO) 猫用おやつ ちゅ~る まぐろバラエティ 14g×20本入

  • 出版社/メーカー: いなばペットフード
  • メディア: その他



コメント(0) 
共通テーマ:学問

「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」(2020年作品)感想 [ドキュメンタリー]

豊島圭介監督による日本のドキュメンタリー映画。出演は三島由紀夫、芥正彦、木村修。

<雑感>

戦前のこと、本土決戦が近いと知った学校や婦人会では、竹槍を用いた戦闘訓練が行われていた。戦後になって戦争を知らない団塊の世代、この映画に登場する東大全共闘の連中は「戦前の日本は竹槍で米軍と戦おうとしていた」と戦前の風潮を笑い者にした。

あいつらはバカなのでいまだにそう思っているだろうからオレが説明してやるが、非戦闘員の軍事教練は、あくまで落ち武者狩りを想定している。

戦争になってたとえ軍が敵の部隊を殲滅しても、敗残兵がウロウロと民家の方へ逃げ込んでくることがある。敵は訓練を受けた兵士だからどんな不測の事態が起こるかわからない。そんなときに、戦闘によって疲弊した米軍兵士を、そっと後ろから近づいて竹槍で殺す訓練をしていたのだ。

日本伝統の落ち武者狩りである。竹槍でB29と戦おうなどと誰も思っていない。

一般人は戦国時代の百姓のように落ち武者狩りに慣れていないし、人殺しの経験もないから、一思いに突き殺して引導を渡す精神的な教練が必要で、戦争では人を殺すこともあると意識を変えることが主な目的であった。それが写真に残っている「戦前の竹槍訓練」である。フル装備の米兵と民間人を戦わせるわけがないだろう。少しは頭を使えよ、知恵遅れ団塊左翼が。

バカなのは、ゲバ棒で機動隊と戦っていた全共闘世代なのだ。

ゲバ棒で戦争ごっこをやっていたのは、全共闘世代の知恵遅れ左翼なのである。

本土決戦を控えた戦前の本気の訓練と、戦争ごっこで憂さを晴らす知恵遅れ左翼を一緒にするなと。真剣さが違うんだよ。

☆2.0。そんな知見が一切ない、白痴のようなドキュメンタリーであったが、動いている三島由紀夫の映像は貴重なので少しだけ点数を入れておいた。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「彼らは生きていた / They Shall Not Grow Old」(2018年作品)感想 [ドキュメンタリー]

ピーター・ジャクソン監督によるニュージーランド・イギリスのドキュメンタリー映画。

<雑感>

帝国戦争博物館が所有する第1次世界大戦の映像を現代の技術でカラー化や24コマ化した貴重な映像集。カラーにすると第1次世界大戦に見えなくなるが、装束や装備などは紛れもなく第1次世界大戦時のものだ。世界大戦2連敗中のドイツがここでも悪者。英国への憎しみが募る映像の数々だった。

☆5.0。BBCも入った中でのフィルム修正で羨ましい限りである。NHKなら捏造映像を作るだろうな。あいつらは日本人じゃないから。











コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - ドキュメンタリー ブログトップ