SSブログ

「ガンダム レコンギスタの囹圄」第45話「国際協調主義」前半 [Gのレコンギスタ ファンジン]

「ガンダム レコンギスタの囹圄」


g.jpg


第45話「国際協調主義」前半



1、


エネルギー事情が日々逼迫する中で、アメリア軍最高司令官アイーダ・スルガンは、アメリアが保有する全モビルスーツの運用停止を決めた。バッテリー切れで動かなくなったモビルスーツは廃棄せず、軍の施設に集めた上で将来はキャピタルを習って博物館として運営する予定になっていた。そしてとうとうG-アルケインも格納庫に到着したと聞いて、彼女は立ち会うことにした。

「思えばいろいろ・・・」

眼を閉じたアイーダが回想に耽ろうとしたときだった。軍の広報の女性が慌てふためいて転がり込むように彼女の前に進み出た。

「なんですか、騒々しい」少しむくれた顔でアイーダが尋ねた。

「モビルスーツです! 所属不明のモビルスーツが東海岸の上空を通過して間もなくワシントンに到着します。G系統の大型モビルスーツの可能性があるとのこと!」

「モビルスーツ・・・」

アイーダの顔色が変わった。アメリアは技術の独占を目論んでいるとアジア各国から疑念を持たれており、目下対立関係になるとすればアジアのいずれかの国であるはずだった。アジアの国はクンパ大佐、ジムカーオ大佐の反乱には関わってこなかったが、アジアにヘルメスの薔薇の設計図が流出していない保証はなかったのだ。

しかも、文明の再建が遅れていたアジア地域は、どこの国にどれほどのフォトン・バッテリーが残っているのか把握できていなかった。キャピタル・ガード調査部が機能を停止してからはなおさらアジア、アフリカ地域の実情は闇の中にあった。その中のいずれかの国がアメリアの実効支配を目論んでもおかしくはない。

アイーダはモビルスーツの出撃を命令しようとして、慌ててその言葉を飲み込んだ。命令しようにもモビルスーツを運用するほどのフォトン・バッテリーはアメリアには残っていない。いくら様々な方法で電力を確保しつつあるといっても、それを貯蔵するバッテリー技術がないのだった。

アイーダは、通常兵器で防空体制を取るように命令を出すと、ほんのわずかな時間でもG-アルケインが動かないものだろうかとコクピットに乗り込んで操作パネルを起動させてみた。すると、エネルギーゲージはなぜか満タンを示し、G-アルケインは起動したのだった。

軍の格納庫に運び込まれたばかりのG-アルケインは、他の戦争を生き延びたモビルスーツのように鎖で固定されていなかった。アイーダはコクピットを開けたままモビルスーツを動かした。

「全然動くじゃないの。スミス! アダム・スミスはいますか? フォトン・バッテリーはいつ交換したのですか?」アイーダはコクピットから身を乗り出して声を掛けた。

「交換なんかしてませんよ。なんで動くんです? 予備バッテリーでもあったんですか?」

「予備バッテリー?」だが、計器を確認してもそのような表示はどこにもなかった。「エネルギーが満タンなんです。わたしはこのまま出撃します。ライフルは使えますか?」

アダム・スミスは手でバッテンを作ったが、ライフルを持ち上げてみるとこちらもエネルギーは充填されていた。

「なんで姫さまが出撃するんですか!」格納庫の扉にしがみついたまま、アダム・スミスが叫んだ。

「こうするしかないじゃありませんか」アイーダは誰の制止も受け付けなかった。「敵はわたくしが食い止めてみせます。地上軍の配備を急いでください」

そう叫ぶなり、G-アルケインは格納庫を飛び去った。

レーダーが所属不明の巨大なモビルスーツを捕捉した。サイズ的にモビルアーマーの可能性もあるほど、それは巨大であった。数十秒後、アイーダは所属不明機と接触した。白を基調としたトリコロールカラーの機体で、彼女が冬の宮殿で目撃したガンダムと呼ばれる機体と同系統のものだとわかった。

「前方のモビルスーツに警告します」アイーダは叫んだ。「直ちに停止して投降しなさい。さもなくば、アメリア軍は全力であなた方を排除します」

モニターから聞こえてきたのは、ベルリの声だった。「姉さん?」

「ベルリ?」アイーダは驚いて緊急停止するとホバリングに移行した。「どうしてトワサンガで王子をやっているはずのあなたがここにいるのですか? それにその機体! G-セルフではない。どこからそんなものを? フォトン・バッテリーは? もしや、ビーナス・グロゥブから?」

「いえ、違うんです。ぼくは姉さんに伝えなきゃいけない重要な・・・」

ベルリの言葉を遮るように、晴天の空に閃光のひび割れが入った。眩さの中から出現したのは、赤に金色の縁取りを施しレイハントン家の文様が描かれた大きなモビルスーツと、同型の濃紺の機体2機であった。アイーダは咄嗟にその機体を敵だと認識してライフルを連射した。すると濃紺の2機のうち1機が射撃を返してきた。何かエネルギーを当てられたらしく、G-アルケインは大きなダメージを負って墜落していった。

「姉さん!」

ベルリの声が聞こえて、アイーダは必死に機体を立て直して墜落の衝撃からは免れた。

地上で片膝をついて上空の敵めがけて射撃をするアイーダであったが、敵の動きは速く、まるで的を絞らせない。このままではベルリの機体に誤爆してしまうと、アイーダはいったんライフルを降ろした。

上空では白いモビルスーツと赤いモビルスーツが激しく戦っていた。顔は見ていないが、白いモビルスーツにはベルリが乗っているはずであった。アイーダはライフルの残弾を確認した。すると、かなりの数を撃ったはずなのに、エネルギーは満タンのままだった。機器の故障ではないかと、アイーダは不安になった。

「いったいどうなってしまったんです!」

赤と白のモビルスーツは、蒼穹を切り裂くように激しく交差して火花を散らした。アイーダはG-アルケインのコクピットから集結してきたアメリア軍を指揮して市民の避難を急がせた。敵機は地上を攻撃してくるそぶりは見せず、3機でベルリの機体を追い回していた。

その3機の肩にはレイハントン家の紋章が刻まれていた。他にも何かをかたどったシンボルも描かれているが、そちらはアイーダには見覚えがなかった。ベルリがどこで新しい機体を手に入れたのか、なぜ3機のモビルスーツに追われているのか、正体不明機の肩になぜレイハントン家の紋章がついているのか、頭を巡らせてみたが答えらしい答えが見つからなかった。

アイーダは国際協調主義を掲げて世界秩序を取り戻そうと政治活動を行っている最中であった。ベルリはキャピタルを崩壊させたふたりの青年、クリム・ニックとルイン・リーをビーナス・グロゥブに流刑にして、アースノイド全員を宇宙で教育させる新時代の教育制度の概要が書かれた親書をラ・ハイデン総裁に送っていた。ラ・ハイデンがそれを認め、フォトン・バッテリーの再供給に踏み切ってくれるかどうかは未知数であったが、ヘルメスの薔薇の設計図の回収が事実上不可能となったいま、考えられる最高の提案であるとアイーダは思っていた。

ベルリはトワサンガにあって、自分をサポートしてくれているはず。アイーダはずっとそう信じて政務に携わっていた。ところがそのベルリが地球、それもアメリアにいて、所属不明機同士で争っているのだ。なぜそのような事態になっているのか。さらにレイハントン家の紋章。アイーダは敵機に対してオープンチャンネルで停戦を呼び掛けた。

「アメリア軍総監アイーダ・スルガンの名において命じます。頭上で交戦中のモビルスーツは直ちに交戦を中止して投降しなさい。さもなくばアメリアはあなた方を敵機と見做して攻撃いたします」


2,



アイーダの停戦命令が受け入れられたのかそうではないのか、頭上での戦いは互いに距離を取った状態で一旦停止された。赤いモビルスーツは戦闘から離れ、ゆっくりとビルの隙間に降りてきた。G-アルケインの1.5倍ほども大きい、汎用型ヒト型機械だった。

対して、ベルリの白いモビルスーツと濃緑のモビルスーツ2機は互いに距離を取りながらも警戒して降りてこなかった。

「姉さん!」ベルリから通信が入った。「赤いモビルスーツに乗っているのは、カール・レイハントンだ。トワサンガの最初の王さまで、ぼくらの先祖なんだ」

「はい?」アイーダには何のことか理解できなかった。

G-アルケインのモニターに、見慣れない白人男性の顔が映し出された。輝くばかりの金髪を持つ青い瞳の青年で、アイーダといくらも年齢が変わらない。カール・レイハントンはモニター越しにアイーダを観察していた。いくら待っても話しかけてこないので、アイーダの方から話しかけた。

「あなたがトワサンガを作った初代王なのですか?」

「そういうことになっているようだな」男は初めて口を開いた。「君はあまりサラに似たところはないようだ。500年も経過すればそうなるか」

彼は少しがっかりしているようだった。濃緑のモビルスーツはベルリの機体を牽制して降りてこられないようにしていた。アイーダはなおも警戒していたが、男はハッチを開いてその姿を見せた。

アイーダはここで大きな勘違いをした。彼女はトワサンガの初代王がディアナ・ソレルらと同じようにコールドスリープで眠りに就いており、目覚めたのだと解釈したのだ。アイーダはフォトン・バッテリーの供給について、カール・レイハントンに懇願することにした。

「カール・レイハントン、お初にお目にかかります。アメリア軍総監アイーダ・スルガンと申します。率直にお伺いいたしますが、ビーナス・グロゥブからのフォトン・バッテリーの再供給はなされるのでしょうか。それともこのまま地球は独自に発展を目指していいのでしょうか。どうかご意見を窺いたく存じます」

不意を突かれたのか、男は小さく笑ったのちに、アイーダの話に返答した。

「スペースノイドが過酷な宇宙での暮らしを受け入れ、さらに多大な労働の犠牲を払い地球にエネルギーを供給するのは、アースノイドというものに本質的な不信感を持っているからだ」

「姉さん!」ベルリの叫び声が聞こえたが、その通信は妨害を受けて受信できなくなった。

「スペースノイドはアースノイドを信じていない」男は続けた。「アースノイドは生命維持に労力を割かず、常に地球から搾取し続けているからだ。生命維持を環境に依存しているくせに、人間が汚した地球環境の回復は自然に委ねられている。人類が動物に等しい生物であれば破壊より回復の方が大きく問題はないが、人類はその身体能力を科学によって拡大生産していった。人類は数を増やし、その数以上に能力を拡大させて地球環境に行使し、負荷を与えている。破壊が回復を上回ったならば、回復のために労力を割くべきだった。だが彼らはそうしなかった。宇宙から資源を投入し続け、環境破壊をやめなかった。動物であった時代は終わっているのに、動物であったときと同じように振舞う。これがオールドタイプだ。オールドタイプとしての人類の歴史は、地球環境の破壊の歴史であった」

「それがまだ続いているから、スペースノイドは我々アースノイドを信用していないのだと?」

「そうだ。だから開発を禁止して、檻の中に閉じ込めながら餌を与え続けている」

「そんな・・・」アイーダは絶句した。「それじゃまるでわたしたちが動物園の見世物のような」

「そこまで卑下することはない。人類には知能があるし、コントロールされている限り貴重な労働力として地球環境の回復に使役させることも可能だ。ビーナス・グロゥブの方針とはそういうものだ」

「それがビーナス・グロゥブの方針・・・。地球環境を回復させる労働力としてわたしたちを見ているのですか?」

「ビーナス・グロゥブは、という話だ」

「では、トワサンガの王であるあなたは違うのですか?」

「わたしの方針は違う」

「それはどのようなものなのでしょうか?」

「オールドタイプの強制的な進化を促すことだ。人類はその身体能力の拡大によって進化を続けてきたが、宇宙においてそれまで知られていなかった脳の共感現象の研究から魂だけの世界とも呼べる思念が蓄積した世界があることと確認された。ニュータイプは肉体を捨てて思念だけの存在になるまで研究が発展した。これは人類の進化の最終形態である」

「あなたは・・・」

アイーダはようやく目の前の男が冬の宮殿で目撃したコロニー落としの実行犯であることを理解した。名前を数回聞いただけの存在であった自分の祖先が人類最大の悪行を成した人物であることに彼女は恐怖した。

「そんなことはさせません!」アイーダは叫んだ。「わたしは必ず国際協調主義を成功させて、地球連邦を作ってみせます! 地球環境への負荷だって、ベルリがちゃんと考えてくれています! わたしたち新しいアースノイドは、スペースノイドの考え方を身に着けた、新しい人類になるのです!」

アイーダの叫びを聞いても、男は眉ひとつ動かさなかった。

「政治的な確執を乗り越えて作られた地球連邦は、政治対立によって戦争を繰り返してきたアースノイドにとって大きな成功体験となる。成功体験に裏付けられた連邦の傲慢さというものは、地球環境という回復力を持つものへの真摯な態度には繋がらないのだよ。だとすれば、彼らが緩やかに地球を窒息させていくのも、外部からの攻撃によって窒息を早めることも、結局は一緒なのだ」

「同じであるはずがないではありませんか! あれでどれほどの人間が死んだというのですか!」

「地球の暗黒時代は、アースノイドによってもたらされたのだ。アースノイドは地球を完全に破壊して、共食いするまで退化した。あれが早く起きるか、遅く起きるかの違いであった。我々が連邦に敗れ、地球圏から撤退していったとき、地球の暗黒化は定まったといってもいいのだ」

「あなたの話には希望がありません! それならば、わたくしたちはビーナス・グロゥブと直接交渉をして、フォトン・バッテリーの供給とスコード教への帰依、アグテックのタブーを守って生きていきたい。ああ、わかりました! あなたが弟と争っている理由が。弟はビーナス・グロゥブとの中継地であるトワサンガをあなたに渡さないために戦っているのでしょう? わたくしは弟の味方ですよ。たとえあなたがどんな強大な敵であっても、必ず弟と正しい人類の未来を切り拓いてみせます」

「もう遅い」

「遅い?」

「この世界は人間によって観測された情報によって再構築された、死後の世界の入口にある場所だ。この場所のことが掴めず、300年もベルリくんを探しあぐねていたが、ようやく彼がどんな存在となってこの世界にいるのかわかった。人類はとっくに滅亡したのだよ、アイーダ・スルガン」


3,


「人類が滅亡した?」アイーダは男の言葉の意味が分からなかった。「わたしはこうしてここにいるじゃありませんか。この心臓の鼓動が生きている証です!」

「この世界で生を持っている人間は、ガンダムに乗る3人とわたしたちだけだ。もっとも、わたしたちの身体は単なる入れ物に過ぎないがね。しかし、絶望することはない。ニュータイプへの強制的な進化が成されただけだ。君もいずれはその心臓の鼓動なるものが、記憶情報に過ぎないと理解してわたしたちと一緒になる日が来る。死があまりにも突然起こったので、君には死んだという自覚がないのだ」

男はコクピットを閉じ、ゆっくりと上空へ舞い上がっていった。アイーダにはわからないことばかりであったが、彼が赤いモビルスーツに乗って白いモビルスーツと戦っている意味は理解できた。

「妄執に囚われ続けているくせに、わかったようなことを!」

G-アルケインを飛び上がらせようとしたアイーダであったが、胸に被弾してそのまま地面に叩きつけられた。背中を強打したアイーダは顔を歪ませながら、モビルスーツの後を追おうとしたが、すでにガンダムもろとも遠くへ消え去った後だった。

「性能が違いすぎる・・・」

アイーダはG-アルケインのコクピットの中で唇を噛んだ。

そのまま地上軍の配備の指揮を執った彼女は、コクピットの中でカール・レイハントンの言葉を反芻していた。彼女は自分が考えていた国際協調主義が即座に否定されたことを気にしていた。

彼女はこう考えていたのだ。地球にばらまかれたヘルメスの薔薇の設計図がもし回収不能だというのであれば、国際協調主義に基づいて各国間の利害を調整しながら連邦政府を作れば、国家間の戦争はなくなる。それがひいては、ヘルメスの薔薇の設計図の流出を無効化するのではと考えていたのである。

国家間の戦争さえなくなれば、兵器の情報は無意味になる。そのはずだった。だが、カール・レイハントンの話では、連邦政府の樹立そのものがアースノイドの成功体験となって、その興奮がまたしても地球環境への依存という名の甘えに繋がるのだと。ことの本質は、戦争の有無ではなく、人類の進化そのものにある。五体の機能を科学で拡張していくことで人類は飛躍的に発展してきた。発展の代償は、地球そのものが持つ環境再生能力に委ねてきた。このサイクルそのものが悪なのだと。

そして人類は宇宙において、未知の感覚機能を発見するに至った。その研究を推し進めたところ、肉体は不必要となった。カール・レイハントンはそこまで語らなかったが、ジムカーオなる人物がまさにそうだった。それにカール・レイハントンは、自分の身体は入れ物だといった。アイーダはハッパが提出したアンドロイド型エンフォーサーのことを思い出していた。あれと同じものなのだろうか?

もし生体でアンドロイドと同じものが作れるのだとしたら・・・。ラ・グーは身体の欠損を機械で補っていた。あれがもし、生体であったとしたらどうだろう。人間は古くなった臓器を新しいものと取り換え、細胞を若返らせ、永遠に生きようとする。それは人間の意識が脳に宿っているからだ。だが、ジムカーオがそうであったように、意識や思念が肉体を必要とせず、別の場所に保存されているとしたらどうだろうか。肉体は、必要な時に作り、目的を達すれば使い捨てる単なる道具になるはずだ。

「コールドスリープで眠っていたのではなく、思念だけでずっと生きているということ?」

地上軍の配備があらかた終わったころ、今度は秘書のレイビオから連絡が入った。白髪の壮年である彼は、居住まいただしくモニターに映し出されたが、報告された内容は驚くべきことだった。アイーダはレイビオに対して何度も同じ質問を繰り返した。

「ゴンドワン王からの抗議? ゴンドワン王とは誰のことです?」

「ゴンドワンが立憲君主制へ移行したとは既に報告させていただきましたが、彼らが『実在しているが特定ではない存在』としていた王の座に、エルンマンなる少女が就いたというのです。エルンマンは実在する人物で、北方の出身と報告が上がっています。その身長140センチの少女が、『アメリアの技術独占と環境破壊に反対する声明』なるものを突如発表しまして、アジアの数か国が賛同の意思を示していると。そういうわけですから、いますぐそのおもちゃから降りて、執務室に戻ってください」

「カール・レイハントンはこの世界を夢のようなものだと言わんばかりでしたけど、こんなバカバカしい夢ならいっそ消えてなくなって欲しいものです」

執務室に戻ったアイーダは、調査部が送ってきたエルンマンの写真を手に取った。ゴンドワン北方に多い金髪碧眼の少女で、父親に似たのかこまっしゃくれた生意気そうな顔が不敵に笑っていた。

「結局この子は何を言いたいのですか?」アイーダは質問した。

「彼女が訴えているのは、簡潔に申せば脱フォトン・バッテリー、アンチスコードですが、それを『持続可能エネルギーによる地球の独立』という美辞麗句にくるんでおりまして、先ほどアジアの国がと申しましたが、共産主義国ばかりです。どうやらアジアで起こった共産主義運動の余波が、とうとうゴンドワンにまで辿り着いたと考えてよいと思います」

「共産主義というのは東アジアの果てで起こっていたのではないのですか?」

「共産主義というのは、歴史政治学の分野ではどこの国でも研究はされていました。しかし、成功例がないことなどをもって実現不可能とされていましたから、どこの国も採用なしなかった。一方でどこの国にも国内に支持者はいたのでしょう。地政学的にゴンドワンがその西進を食い止める役割を果たしていたのですが、フォトン・バッテリーの供給が止まって、しかもゴンドワンはあのような有様でしたから、急速に影響力が及んだと考えていいかと」

「その勢力が、ゴンドワンの採用した空想的立憲君主制を乗っ取ったと、そういう理解でよろしいかしら?」

「おそらく」

「それでその140センチの少女はアメリアに何をしろと?」

「地球を汚すなと。軍事力とエンジン技術を放棄しろと。そういうことです」

「エンジン技術というのは日本が提案していたエタノールディーゼルエンジンのことですか?」

「おそらく」レイビオは頷いた。「エルンマンは環境活動家の親を持つそうですが、要するに軍事技術とエンジン技術を奪い取って自分たちで独占しながら他国には禁ずるつもりなのでしょう」

「なんでそんな人間がゴンドワンの王になどなるのですか!」アイーダは怒りに任せて机をどんどんと平手で打った。「地球はこんなことをしている場合じゃないかもしれないのですよ。ゴンドワンのような大国がこんなことでは困ります!」

「エルンマンは無視していいかもしれませんが、ゴンドワンは君主制を利用されて一瞬で共産主義勢力に乗っ取られてしまいました。この動きがアメリア国内にないとは言い切れません。アメリア国内のどれほど共産主義勢力のシンパがいるのか調査が必要かと」

「そうかもしれませんね」アイーダは同意した。「この件はレイビオに任せます。しかしあなたも気に留めておいて欲しい。第1に考えねばならないことは、ヘルメスの薔薇の設計図の回収が不可能であるということなのです。この問題を解決しなければ、地球はトワサンガやビーナス・グロゥブと縁が切れてしまう。もしそうなれば、地球より遥かの科学力が進んだ人類が、宇宙から降りてきてしまうのです。レコンギスタはこれからもずっと続く。地球がフォトン・バッテリーの供給を受ける体制がもっとも地球人にとって安全な形なのだということ。それを忘れて、地球人の感性だけで政治をしていてはいけないのです」


4,


アメリア国内でレッド・パージが始まった。赤狩りの嵐は大学や演劇界を一瞬で吹き飛ばすほど激しいものだった。アメリアはゴンドワンとの大陸間戦争で多くの人間が死んでいたことから、ゴンドワンへの反発が強く、彼らが共産主義勢力の手先になったとの政府の宣伝は瞬く間にアメリア国内を席巻したのだ。

予想外の反響に驚いたのはアイーダだった。彼女の脳裏には、夢のように突如現れたカール・レイハントンとの会話が残っており、自分の国際協調主義への自信が揺らいでいることに加え、ゴンドワンと新たな対立関係を生み出してしまったことへの後悔も芽生えていた。

アイーダは急速に世論の支持を失いつつあり、特にリベラル層の相次ぐ離反には頭を悩ませていた。盤石だった政治基盤が、共産主義のちょっとした揺さぶりで危うくなったのだった。自信喪失気味のアイーダに対し、グシオン時代から秘書を務めるレイビオは、叱咤するように励ました。

「いつからか姫さまは、国際協調主義を掲げれば皆が賛同して平和裏にことが収まると安易に考え始めていました。国際協調主義を土台にして地球連邦政府を目指すということは、誰も逆らうことのできない巨大権力を生み出すということなのです。それが武力なしに達成されると、思い込んでおられた」

「地球連邦は民主的組織です」

「違いますな」レイビオは首を横に振った。「皇帝ですよ。誰も逆らえない、絶対的な恐怖です」

「そんなことは・・・」

「姫さまは政治の世界に飛び込んでいらして、利益を分配することの難しさを実感されたはずですよ。狭い地域、小さな団体、そんなものでもトップに立てば大きな利益がある。現在その最大のものは国家です。姫さまが目指している地球連邦政府は、国家の権限の一部をもっと大きな組織に献上してそれを国家の代表で運営しようというのでしょう? 国家を超える巨大組織の運営に利権が発生しないなどと考える方がおかしいのです。そのような巨大な権限を、国際協調などという曖昧なもので束ねるのは不可能なんです。共産主義が復活したのは、極論すれば我がアメリアが国際協調主義を打ち出したからと言っていい。巨大な権益が発生しそうだとの憶測に接したとき、もうひとつの国際協調主義をカウンターで当てられたのですよ。共産主義者は地球連邦を手に入れたい。あなたになど渡したくはないのです。なぜならそれがどんな願いも暴力で叶える装置だと思っているから」

「レイビオはそういいますけど、国家間の争いがなくならねば、ヘルメスの薔薇の設計図が回収できない問題は解決しないのですよ。ゲル法王猊下は宗教が多くの問題を解決すると考えておられるようですが、宗教の教義が、それがどんな素晴らしいものであれ、この世から利害対立を消し去ってしまうわけではないのです。世界の統一と武力の放棄、これを達成せねば人類は・・・」

「このままいけば、世界には我々アメリア中心の世界政府と、東アジアの砂漠で起こったもうひとつの世界政府が出来るでしょう。世界がひとつになるということは、トップの座もひとつになるということ。そのひとつの椅子を巡ってふたつに分かれた勢力が戦い合うのです。フォトン・バッテリーが枯渇したいま、より多くの動員を達成した陣営が勝利するでしょう。この世界支配をめぐる大戦は、いったいどれほど長引き、どれほど多くの人間を殺すか想像できませんか?」

「国家をなくした後の世界には、分裂したふたつの世界が覇を競い合う、最終戦争の未来しかないというのですか? それが人類というものですか?」

「おそらく。だからグシオンさまは常にアメリアの優位を模索なさって、キャピタルの力を削ぐことを考えていた。軍事的な優位で戦争の規模を小さく抑制して、宇宙からの脅威を訴えて地球を束ねようとしておられた。そういうものが、姫さまの大冒険で壊れてしまったのです」

「そう・・・、そうなのですね」

いっそすべてが夢であってほしい。アイーダはそう思わざるを得なかった。ベルリの声を聞き、カール・レイハントンと相まみえてから早くも1か月が経過していた。

その夜、アイーダはG-アルケインに乗って月夜に舞い上がった。名目は偵察であったが、気がむしゃくしゃして眠れなかったのだ。自動操縦に切り替え、コクピットの中で丸まって毛布にくるまりながら、彼女はずっと月を見上げていた。

自分はあの世界へ赴き、さらには輝く明星の世界へも旅をしたのだ。そこで得た知見は確かに自分を変えてくれた。なぜ人間がフォトン・バッテリーを利用して生活しているのか、その理由を知ることは大きな意義があった。頭に掛かっていた靄が吹き飛んだかのようにスッキリとしたものだった。

そのあと自分は父であるグシオンの遺志を継いで政治に専念した。何があろうともアメリアを離れることはなく、執務室と議会を何度も往復した。しかし、その努力が実ったかと問われれば自信がない。弟であるベルリ・ゼナムとともに、フォトン・バッテリーの再供給を受けるために何をすればいいのか考え続けてきただけなのだ。だがそんな努力さえ現実の前では大した意味をなさなかった。

「なんて情けない」

ベルリは自分に何を伝えようとしたのか。カール・レイハントンが話したことは本当なのか。いくら考えても答えは得られない。ゴンドワンとの新たな確執、国内で始まったレッド・パージ、押し寄せる共産主義、フォトン・バッテリーの代替を模索すべきだとの日本の提案。これらを一体どう処理すれば正解なのか、正解を導き出すことに意味はあるのか。アイーダはレイビオにやり込められて、確信が大きく揺らぎつつあった。そもそも、いまの自分は本当に生きているのか・・・。

静かなコクピットの中に、小さな音で何やらけたたましい会話が雑音のように響いた。いつしかオープンチャンネルになっていて、無線の音を拾っていたのだ。物思いに沈むアイーダは、しばらくその音声を聞き流していた。聞き覚えのある声ばかりで、仲良く罵り合っているような、友人たちの会話のようだった。しばらくしてアイーダは飛び上がらんばかりに驚いた。

「ミック・ジャック!」

「あら、その声は姫さま」ミックは気楽な調子で返答を寄こした。「ああ、こちらからも確認できました。まだG-アルケインに未練があるようで。でもその機体ももうボロボロになってるんじゃ」

死んだはずのミック・ジャックだけではなかった。G-セルフもまたラライヤの操縦でやってきた。見たことのない青い機体から顔を覗かせたのは、ビーナス・グロゥブに流刑になったはずのクリム・ニックと死んだはずのミック・ジャックであった。どちらもこの世界にいるはずのない人間であった。

「いったいどうなっているんですか? 今日はおかしなことばっかり」

機体を地上に降ろした4人は、互いにコクピットを開いて顔を見せ合った。訝しむアイーダを説得するだけの材料は誰も持ち合わせていなかったが、主にラライヤが知っている情報を提供した。

「未来から来た? ああ・・・でもそうですね、カール・レイハントンもそのようなことを仄めかしておりました。でも、その話を聞く限り、クリム、あなたは大気圏突入の際にそのモビルスーツが爆発して死んでいるのではありませんか? もとより、ミック・ジャック、あなただってそうですよ。あなたはとうにこの世から消えて、それでも思念だけとなってエンフォーサーの中に入ると、彷徨えるクリムを導いたと聞いています」

「そうですよ、わたしは死にました」意外にあっけらかんとミックが応えた。「クリムももしかしたら死んだかもしれない。あたしたちは幽霊? そうかもしれませんけど、だから?」

「ずっとこの調子なんです」ラライヤが呆れた調子て割って入った。「人類は滅亡するのですよ。それを食い止めなくちゃいけないのに、このふたりときたら」

「そう言うな」クリムも意外に明るかった。「ミックはオレが死んだことを認めたくないのだ」

「カール・レイハントンがそう言ったというなら、ここは死後の世界なんでしょ。あたしは別にこれで構いませんけどね」

「よくありませんよ!」ラライヤが抗議した。「未来が変えられるからこうして過去に戻れたのではありませんか?」

クリム、ミック、ラライヤの3人は、ずっとこの調子で文句を言い合っていた。その様子を眺めながら、アイーダはようやく落ち着いた気分になってきたのだった。

「まずは話を整理しましょう。話を聞いていますと、わたしはあと2か月くらいで死ぬようですが、ラライヤは地球が滅びた後もずっと生きていたのでしょう? ここにいる中では、あなただけが違う。レイハントンは、ガンダムに乗る3人も生きているようなことを話しておりました。まずはそこの整理を」


次回第45話「国際協調主義」後半は、7月15日投稿予定です。


TVアニメ ガンダム Gのレコンギスタ オリジナルサウンドトラック

TVアニメ ガンダム Gのレコンギスタ オリジナルサウンドトラック

  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2015/04/15
  • メディア: CD



HG 1/144 ガンダム G-セルフ (パーフェクトパック装備型) (ガンダムGのレコンギスタ)

HG 1/144 ガンダム G-セルフ (パーフェクトパック装備型) (ガンダムGのレコンギスタ)

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • 発売日: 2015/08/22
  • メディア: おもちゃ&ホビー



Gの閃光(アニメ「ガンダムGのレコンギスタ」エンディグテーマ)

Gの閃光(アニメ「ガンダムGのレコンギスタ」エンディグテーマ)

  • 出版社/メーカー: SUNRISE MUSIC PUBLISHING
  • 発売日: 2014/09/03
  • メディア: MP3 ダウンロード



ガンダムウェポンズ ガンダム Gのレコンギスタ編 (ホビージャパンMOOK)

ガンダムウェポンズ ガンダム Gのレコンギスタ編 (ホビージャパンMOOK)

  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2019/11/29
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ザッツ北陸本線 上越線越後湯沢~北越急行ほくほく線~北陸本線金沢」(2015年作品)感想 [ドキュメンタリー]

宮地正幸監督による日本のドキュメンタリー映画。

<雑感>

嫁に「こんなの見て何が面白いんだ!」と文句言われながら決してウォッチリストから外さず、いない隙を見計らってちょこまか視聴を続けてようやく完走。


まっぷる 金沢 能登・加賀温泉郷mini'21 (マップルマガジン 北陸 3)

まっぷる 金沢 能登・加賀温泉郷mini'21 (マップルマガジン 北陸 3)

  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2020/02/26
  • メディア: ムック



まっぷる 超詳細! 金沢さんぽ地図 (マップルマガジン 北陸)

まっぷる 超詳細! 金沢さんぽ地図 (マップルマガジン 北陸)

  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2019/09/25
  • メディア: ムック



地図で歩く 金沢 (JTBのMOOK)

地図で歩く 金沢 (JTBのMOOK)

  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2019/03/29
  • メディア: ムック



ことりっぷ 金沢 能登

ことりっぷ 金沢 能登

  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2020/07/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「草を刈る娘」(1961年作品)感想 [映画]

西河克己監督による日本のドラマ映画。出演は吉永小百合、浜田光夫、望月優子。

<あらすじ>

吉永小百合が草刈する話。

<雑感>

☆3.0。何だったんだ。何が起こった? 最後は吉永小百合が地元の時蔵に「おら、あんたさ嫁になる」とよくわからん告白をする。


SAYURI 吉永小百合アルバム

SAYURI 吉永小百合アルバム

  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2004/10/28
  • メディア: 単行本



吉永小百合

吉永小百合

  • 作者: 吉永 小百合
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 1995/11/01
  • メディア: 大型本



夢の続き (集英社文庫)

夢の続き (集英社文庫)

  • 作者: 吉永 小百合
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/10/19
  • メディア: 文庫



私が愛した映画たち (集英社新書)

私が愛した映画たち (集英社新書)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/02/16
  • メディア: 新書



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「二人の世界」(1966年作品)感想 [映画]

松尾昭典監督による日本のドラマ映画。出演は石原裕次郎、浅丘ルリ子、二谷英明。

<あらすじ>

雑誌記者の川瀬は豪華客船の上で少女殺人事件の容疑者で国外逃亡した北条修一に似た男と知り合った。時効4日前、彼は船で知り合った玲子に置手紙をして長崎で降りた。川瀬と玲子は彼を怪しみ、後をつけた。修一はバンドマン仲間を訪ねるが、幸福な家庭を築いていた彼は事件の目撃者朴の居所を教えて修一を追い出した。

孤児だった修一は関根に育てられたが、関根は麻薬売買の発覚を恐れて運び屋の少女を殺し、羞恥に罪を擦り付けたのだった。朴は本当のことを知っていたが、彼は修一が姿を現したと勘づかれるや殺された。事情を知った玲子は、修一にもうやめてくれと頼んだが、彼は時効前にどうしても真犯人を捕まえるつもりだった。そこでもうひとりの目撃者古田を探すと彼女の元を去った。

関根は修一を追いかけ、殺させようとした。そして古田も誘拐した。修一は古田の居所とされた教会を来訪してそこにいた関根を殺した。事情を知った警察は、修一が偽名として使っていたフィリピン人を犯人だとして、修一は見逃した。

<雑感>

なかなかスリリングな映画であった。こういう古い作品の方が面白いってどうなってるんだかな。石原裕次郎と二谷英明が敵対しながらやがて協力し合う展開が熱い。昭和の俳優は貫禄があっていいよな。浅丘ルリ子も申し分のない存在感を出している。

ああ、存在感か。平成令和のイケメン俳優は存在感がないよなぁ。んー。

☆5.0。当時の日活映画なんて乱作状態にあったのに、たまにこういういい映画もできるんだよな。世するにたくさん撮らなきゃいかんというわけか。


石原裕次郎 渡哲也 石原プロ社史

石原裕次郎 渡哲也 石原プロ社史

  • 出版社/メーカー: 青志社
  • 発売日: 2021/01/13
  • メディア: 大型本



石原裕次郎 昭和太陽伝 (叢書・20世紀の芸術と文学)

石原裕次郎 昭和太陽伝 (叢書・20世紀の芸術と文学)

  • 作者: 佐藤利明
  • 出版社/メーカー: アルファベータブックス
  • 発売日: 2019/07/19
  • メディア: 単行本



人生の意味

人生の意味

  • 作者: 石原 裕次郎
  • 出版社/メーカー: 青志社
  • 発売日: 2020/01/22
  • メディア: 単行本



石原裕次郎 日本人が最も愛した男

石原裕次郎 日本人が最も愛した男

  • 作者: 石原プロモーション
  • 出版社/メーカー: 青志社
  • 発売日: 2017/03/04
  • メディア: 大型本



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「赤木圭一郎は生きている 激流に生きる男」(1967年作品)感想 [ドキュメンタリー]

吉田憲二監督による日本のドキュメンタリー映画。出演は赤木圭一郎、芦川いづみ、笹森礼子。

<あらすじ>

事故で亡くなった赤木圭一郎は、「激流に生きる男」のリメイク作品に石原裕次郎の代役で出演する予定だった。クランクインして少しだけ撮影したものの、激務に疲れ果てていた赤木を慮って撮影を休止していたところ、赤木はカートの走行練習中に死亡したのだ。

この作品は公開されなかった「激流に生きる男」の撮影シーンや、日活映画の宣伝番組に赤木が出演したシーンなどを編集したもの。

<雑感>

映画は「激流に生きる男」(1962年作品)のリメイクなのでおそらく話は一緒。ボクシングで前田の弟を殺してしまい、前田の兄に恨まれるものの過去に囚われているべきではないとその前田が槙竜二郎を助けるのだ。

映画のシーンが結構長くて、なかなか貴重なものを見させていただいた。高橋英樹版の映画も初見だったので、映画ファンの端くれとして大変満足した。この機会にぜひ鑑賞しておいてほしいものである。

☆5.0。背が高い日本人の俳優として貴重で、これからというときに惜しいことをしたものである。カートの事故で亡くなったせいか、和製ジェームス・ディーンなどと呼ばれていたものだ。


ポスター集 赤木圭一郎は生きている

ポスター集 赤木圭一郎は生きている

  • 出版社/メーカー: ワイズ出版
  • 発売日: 2019/07/12
  • メディア: 単行本



電光石火の男―赤木圭一郎と日活アクション映画

電光石火の男―赤木圭一郎と日活アクション映画

  • 作者: 末永 昭二
  • 出版社/メーカー: ごま書房
  • 発売日: 2021/07/13
  • メディア: 単行本



写真集 赤木圭一郎

写真集 赤木圭一郎

  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2021/07/13
  • メディア: 単行本



赤木圭一郎―「光と影」二十一歳のフィナーレ (成星ブックス CINEMA―フィルムライブラリーシリーズ)

赤木圭一郎―「光と影」二十一歳のフィナーレ (成星ブックス CINEMA―フィルムライブラリーシリーズ)

  • 作者: 野沢 一馬
  • 出版社/メーカー: 成星出版
  • 発売日: 2021/07/13
  • メディア: 単行本



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「激流に生きる男」(1962年作品)感想 [映画]

野村孝監督による日本のアクション映画。出演は高橋英樹、吉永小百合、二谷英明。

<あらすじ>

船の出向が10日間延期されることになり、仕事にあぶれてしまった船員の槙竜太郎は、少年を助けた縁でその叔母さかえが経営するクラブのバーテンとして働かせてもらえることになった。店は黒岩興行というヤクザに狙われていたので、竜太郎はさかえを守る決心をした。店の裏切り者は、バーテンダーの佐野だった。

黒岩興行の用心棒は、竜太郎を元ボクサーの黒須だと見抜いた。彼の弟は竜太郎に殺されていたのだ。名は前田。竜太郎は謝罪したが、前田は許さなかった。竜太郎は店の買収に関わっていた東京の業者に掛け合って出港前日に手を引いてもらった。

そこに前田から果し合いの知らせが届いた。竜太郎は馳せ参じたがそれは仕事を奪われた黒岩の罠だった。危ういところを助けたのは前田だった。前田は過去に囚われている自分を反省して、前向きに生きることを決めたのだった。竜太郎もまたさかえへの未練を断ち切って船に乗り込んだ。

<雑感>

こういう深い意味もなく熱いドラマが作れなくなったのはなぜなんだろう。さかえはバーのマダム。彼女は美しいが、美しいだけで竜太郎が入れ込んだわけじゃない。戦後民主主義者のクソどものせいで日本人の心から重要なものが奪われていったのだと思うね。

真善美に大きな価値を置いて、それを汚す人間への憤慨がないと人は熱くなれない。助ける価値のない女、頼る価値のない男、そいつらが何万人群れても何のドラマも生まれないのだろう。

☆3.6。高橋英樹が熱かった。吉永小百合も変に政治的じゃなくてこういう役では顔立ちが綺麗で引き立つな。役柄に合ってるかどうかは微妙だったが。吉永小百合は先生顔なんだよ。女教師が合ってる。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「影なき声」(1958年作品)感想 [映画]

鈴木清順監督による日本のミステリ映画。出演は南田洋子、二谷英明、金子信雄。

<あらすじ>

新聞社の電話交換士だった高橋朝子は、殺人犯の声を偶然聞いてしまって会社を辞めた。3年後、夫の勤める会社の社長に電話を入れたところ、犯人と同じ声を聞いてぞっとした。数日後、夫は血まみれで帰宅した。社長の浜口と喧嘩をしたそうだがその浜口は死んでいた。夫は殺人容疑で捕まった。

新聞社の石川は、かつての同僚朝子を訪ね、夫が気弱なことやアリバイがあることを知って真犯人がいることを確信した。疑われたのは村岡という男だったが、彼が犯行に要せる時間はたった20分。しかも遺留品であるボストンバッグは雨が降っていたのに関わらず濡れていなかった。

犯行現場が遠すぎると見立てた石川は、現場になった石炭置き場で殺したのではなく、別の場所で殺して死体を運んだのだと推理してその通りに村岡は自供した。それは浜口の愛人を巡る争いの中で偶然起こった事件であった。

<雑感>

原作は松本清張の「声」。大昔読んだことがあるはず。ものすごく乱読しているときだからいつだったかはまるで覚えていないが、中学生のころだ。学校の勉強と部活をやりながら月に30冊は読んでいた。高校になるとこの倍は読んでいる。これでもまだ少ない方だったんだ。

この作品は小市民の夫婦が社長の愛人騒動に巻き込まれる話で、小市民であるがゆえにちょっとしたことを怖がる妻が心臓バクバクで怯えている描写が作品の肝である。鈴木清順の演出もいいし、南田洋子の芝居も最高である。小市民夫婦とマスコミで働く石川の大胆さが対比させてあるのだが、いまのマスゴミをこんな描き方はできないから、原作付きでやるには石川役の職業を変えなきゃ成り立たない。

☆4.5。昨今、すべての人間に完璧を求めて他人を否定しまくる人間がいるが、ああいう奴らって小説や映画を読解する能力ってあるのだろうか?


BoyuuRange MT-34 MKII Hi-Fi EL34 真空管 プリメイン アンプ プッシュプルアンプ

BoyuuRange MT-34 MKII Hi-Fi EL34 真空管 プリメイン アンプ プッシュプルアンプ

  • 出版社/メーカー: Reisong
  • メディア: エレクトロニクス



Nobsound 6P1 真空管アンプ リファイド ステレオ クラスA シングル エンドアンプ

Nobsound 6P1 真空管アンプ リファイド ステレオ クラスA シングル エンドアンプ

  • 出版社/メーカー: Nobsound
  • メディア: エレクトロニクス






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「黒い賭博師 悪魔の左手」(1966年作品)感想 [映画]

中平康監督による日本のアクション映画。出演は小林旭、二谷英明、鈴木やすし。

<あらすじ>

イスラムの国王国王アブダラ三世は、国営ギャンブル乗り気で水爆を購入して世界を支配しようと企んでいた。この計画の邪魔になるのは世界的に活躍する日本のギャンブラー氷室だった。アブダラ三世は彼を殺すために3人のギャンブラーを日本に送り込んだ。国王の王妃チューリップこと春野うららは、計画を断念させるために氷室の警護のため日本に赴いた。

襲い掛かるギャンブラーを次々に倒していく氷室。第3の刺客は老婆であったが、老婆はイスラム教徒が嫌う豚を持ち込まれたことで動揺し、それまでの勝ちをすべて吐き出し、氷室の前に屈した。

だがこれは氷室を騙して殺害するための計画だった。部屋は爆破される寸前になった。そんな彼を王妃が助け、氷室は九死に一生を得た。国王も目覚め、世界征服を断念した。

<雑感>

昔は緩かったんだなぁ。イスラム国家が相手なのに登場する役者全員日本人だし。国王役はお馴染み大泉滉。変な外人役はみんな大泉滉だったよな。変な中国人はケイシー高峰。

この映画の時代の小林旭は朝鮮顔が目立ってあまり良くない。彫が浅くて扁平なんだよね。小林旭が小林旭っぽくなるのは70年前後からじゃないかな。

☆3.0。昔のアクションコメディってこんな感じだったなと懐かしく思い出す作品。といっても生まれる前の作品だけどな。








FX-AUDIO- TUBE-00J 本格真空管ラインアンプ (ブラック)

FX-AUDIO- TUBE-00J 本格真空管ラインアンプ (ブラック)

  • 出版社/メーカー: North Flat Japan
  • メディア: エレクトロニクス



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「メイドインアビス 深き魂の黎明」(2020年作品)感想 [映画]

小島正幸監督による日本のアニメ映画。

Abyss.jpg


<あらすじ>

リコ、レグ、ナナチはアビス第4層不屈の花園に到達した。黎明卿ボンドルドの手下折手と出会った彼らは、「黎明卿は君達の到着を心待ちにしている」との伝言を聞く。第5層から第6層の入口に移動するためボンドルドの前線基地に近づいた彼らはそこで彼の娘プルシュカと出会った。

ボンドルドによれば、第6層に入るには白笛が必要で、白笛は持ち主にしか使えないと聞いた。リコたちが持っているのはリコの母親の白笛だけだった。ガッカリした彼らはボンドルドの基地に泊まったが、そこでロボットのレグが折手に拉致されてしまった。

ナナチとリコに助けられたレグらは罠を張りながら基地を脱出した。追いかけてきたボンドルドはリコらの張った罠にかかって動けなくなった。そこに折手がやってきてボンドルドの仮面を被った。すると彼がボンドルドになった。新しい身体になったボンドルドはいったん基地に引き上げた。

死んだ元ボンドルドだった死体を調べたリコとナナチは、彼を倒す作戦を考えた。ボンドルドの折手とは、上昇負荷を避けるために彼が作り出した生体カートリッジであった。そして娘のプルシュカもまた彼のカートリッジに改造されていたのだった。レグはボンドルドと互角に戦い、最後はリコが切り落とされていたレグの腕を使って攻撃してボンドルドを倒した。

カートリッジに改造されたプルシュカだったものから、白い石が見つかった。これは白笛の原料になる石だった。ついに第6層に至る手段を手に入れた彼らは、その入り口に向かって進む始めた。

<雑感>

この作品はテレビシリーズから大好きだった。原作もテレビシリーズの終わりまで読んでいるので、次は劇場版の終わりのところまで読むつもり。いまいろいろ事情があって映画館へ行けないんだよね。それにアニメの映画は若い子が多いから、スマホの青白い画面がそこかしこで灯っていて、金を払う価値がない環境になってしまっている。何で我慢できないかね。

映画は最高でしたよ。アニメはこんなに面白いのに何で実写はああもくそばっかりかね。なんか、映画評論家(映画会社にしてみると広報の一部)がバカ丸出しの左翼ばかりで、彼らからのプレッシャーでどうにもならんそうだが、それってテレビが怖くて左翼に配慮する自民党と同じじゃんな。

勇気のない業界は寄生虫でしかない左翼に食われて死んでいくんだよ。

ほし5.0。リコ、レグ、ナナチの旅はしばらく続きそうなので、早く続きが観たいものだ。


図説 メイドインアビス 探窟記録

図説 メイドインアビス 探窟記録

  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2020/01/17
  • メディア: 大型本



メイドインアビス公式アンソロジー 度し難き探窟家たち (バンブーコミックス)

メイドインアビス公式アンソロジー 度し難き探窟家たち (バンブーコミックス)

  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2017/07/29
  • メディア: Kindle版






メイドインアビス 1-9巻 新品セット

メイドインアビス 1-9巻 新品セット

  • 作者: つくし あきひと
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • メディア: セット買い



メイドインアビス Tシャツ ミディアムグレー XLサイズ

メイドインアビス Tシャツ ミディアムグレー XLサイズ

  • 出版社/メーカー: コスパ(COSPA)
  • 発売日: 2016/03/26
  • メディア: おもちゃ&ホビー



メイドインアビス ナナチ Tシャツ サンドカーキ Lサイズ

メイドインアビス ナナチ Tシャツ サンドカーキ Lサイズ

  • 出版社/メーカー: コスパ(COSPA)
  • 発売日: 2016/03/26
  • メディア: おもちゃ&ホビー



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

本日のツイカス 2021/07/13税金の還元率はどこも100% [日記]


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感