SSブログ

「月蝕」(1956年作品)感想 [映画]

井上梅次監督による日本のドラマ映画。出演は月丘夢路、三橋達也、石原裕次郎。

<あらすじ>

夜の街に綾子という名の女性がいた。彼女は華やかで男性遍歴が激しく、何人もの男性と経験があった。しかしその実、彼女は復讐のために身をやつしたのだった。彼女は自分の身体を使って男たちを手玉に取り、金のために自分を捨てた男と寝取った女の会社に復讐した。

綾子に狙われた会社は次第に経営が悪化してきた。復讐を果たすまでいま一歩となったとき、ボクシングの試合で頼みにしていた男を失った。歯車は狂い始め、また綾子を心配する友人の自殺も重なり、彼女の心境に変化が生じた。彼女は大人しく結婚することを決意した。

そこに、かつて利用したフィリピン人のレオが戻ってきた。レオは綾子を殺した。

<雑感>

当時のハリウッド映画をイメージして作ったのだろう、おしゃれな感じの作品だった。石原裕次郎はほんのちょい役で、他の映画のフィルムの使い回しかもしれない。月丘夢路さんがグレタ・ガルボっぽいイメージで悪女を演じている。

☆4.0。古い映画が意図するところを掴むには、それなりに教養がいるというものだ。


エプソン ビジネスプロジェクター 液晶 3700lm WXGA 2.5kg  EB-W06

エプソン ビジネスプロジェクター 液晶 3700lm WXGA 2.5kg  EB-W06

  • 出版社/メーカー: エプソン
  • 発売日: 2017/07/20
  • メディア: エレクトロニクス



EPSON プロジェクター EB-X12 2,800lm XGA 2.3kg

EPSON プロジェクター EB-X12 2,800lm XGA 2.3kg

  • 出版社/メーカー: エプソン
  • 発売日: 2011/09/08
  • メディア: Personal Computers






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「しろばんば」(1962年作品)感想 [映画]

滝沢英輔監督による日本の文芸映画。出演は芦川いづみ、島村徹、北林谷栄。

<あらすじ>

伊上洪作少年は複雑な家庭環境ながら祖母のぬいと土蔵で幸せに暮らしていた。叔母のさき子が担任となってさらに落ち着いてきところ、自分は祖母の孫などではないと知ることになった。複雑な家庭環境のことを意識するようになり、さらに好きなさき子の結婚話が持ち上がった。

彼は初めて自分の世界を憎むようになり、反発した。そんなとき、さき子が死んだ。

<雑感>

少年の揺れ動く複雑な心境を描いた作品。自分が生きる世界は、何も知らないうちはどんな環境でも馴染みあるものだが、大人になり世界を大きく見渡せるようになるにつけて自分と他者との境界線が見え始め、格差に悩むようになる。同時に差別も生まれる。

☆4.5。これも良い映画だった。ちなみにしろばんばというのは夏によく飛んでる白い小さな虫のこと。


ソニー マルチチャンネルインテグレートAVアンプ 7.1ch HDCP2.2/4K HDR Dolby Atmos 対応 STR-DH790 ブラック

ソニー マルチチャンネルインテグレートAVアンプ 7.1ch HDCP2.2/4K HDR Dolby Atmos 対応 STR-DH790 ブラック

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • 発売日: 2018/06/16
  • メディア: エレクトロニクス



ヤマハ AVレシーバー RXV585(B) 7.1ch Dolby Atmos DTS:X Bluetooth Wi-Fi ネットワークオーディオ ハイレゾ対応 ブラック

ヤマハ AVレシーバー RXV585(B) 7.1ch Dolby Atmos DTS:X Bluetooth Wi-Fi ネットワークオーディオ ハイレゾ対応 ブラック

  • 出版社/メーカー: ヤマハ(YAMAHA)
  • 発売日: 2018/05/20
  • メディア: エレクトロニクス



ONKYO AVセンター SA-205HD(S)

ONKYO AVセンター SA-205HD(S)

  • 出版社/メーカー: オンキヨー(Onkyo)
  • メディア: エレクトロニクス



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「街に気球があがる時」(1961年作品)感想 [映画]

井田探監督による日本のドラマ映画。出演は長門裕之、武内悦子、吉行和子。

<あらすじ>

大学生の川本保夫は広告代理店でバイトをしながら学校へ通っていた。彼は会社の紅一点丸根敦子と財閥の令嬢で同じ大学に通う泉万里子に好意を持たれた。バイトに明け暮れ授業をサボりがちだった保夫に、万里子はノートを見せてくれたりバイト先を馘首になったときは復職できるよう掛け合ってくれたりした。

しかし身分違いを感じる保夫は、会社の敦子に惹かれた。あるとき広告に使う気球が破裂して子供にけがを負わせる事故が起きた。ふたりは手分けして子供を助け、治療が間に合ったことを喜び合った。気球を空に高く上げ、それを眺めている仕事が保夫には向いていた。

<雑感>

これも面白い映画だったのだが、どちらが吉行和子かわからなくて、そればかり気になってしまった。敦子の方だったのだろうか? 昔は丸顔だったみたいだ。痩せてからのイメージしかないから、泉万里子役かもって画面を凝視してしまった。

吉行和子は日活の女優さんではなく、劇団の女優だったはず。それでごくたまにしか日活に出演していなかったのだが、ハキハキした科白回しがさすがである。やっぱり女優さんは舞台の発声じゃないと。松たか子さんなんかもハキハキしてて科白が小気味よい。ああでなくちゃいかん。

☆5.0。長門裕之も上手い。上手すぎる。美形ではないのに主演を数多くこなせたのは、親の七光りだけじゃない。演技がしっかりしているからだ。


ONKYO TX-NR686 AVレシーバー 7.2ch/Bluetooth/ハイレゾ対応 ブラック TX-NR686(B)

ONKYO TX-NR686 AVレシーバー 7.2ch/Bluetooth/ハイレゾ対応 ブラック TX-NR686(B)

  • 出版社/メーカー: オンキヨー(Onkyo)
  • 発売日: 2018/06/12
  • メディア: エレクトロニクス



マランツ Marantz NR1710 AVレシーバー Dolby Atmos Height Virtualizer/ブラック NR1710/FB

マランツ Marantz NR1710 AVレシーバー Dolby Atmos Height Virtualizer/ブラック NR1710/FB

  • 出版社/メーカー: D&M
  • 発売日: 2019/06/14
  • メディア: エレクトロニクス



ヤマハ AVレシーバー ブラック RX-V385(B)

ヤマハ AVレシーバー ブラック RX-V385(B)

  • 出版社/メーカー: ヤマハ(YAMAHA)
  • 発売日: 2018/04/25
  • メディア: エレクトロニクス



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「祈るひと」(1959年作品)感想 [映画]

滝沢英輔監督による日本のドラマ映画。出演は月丘夢路、芦川いづみ、金子信雄。

<あらすじ>

冷徹で家庭を顧みない父親に育てられた三沢暁子は、結婚を躊躇していた。彼女も見合いをさせられたが相手はすぐに帰宅してしまうなど父のようで、約束は交わしたが行く気にはなれず彼女はすっぽかした。すると男はとても怒って彼女を責めた。

大学教授だった暁子の父は、学校では明るいと評判だった。父の死後、母は家に男を連れ込んでおり、彼が一家の経済的な支援をしていた。もしかしたら、ふたりは父の生前からの付き合いで、父はそれを知って家に寄り付かなかったのではないか、そう暁子は考えるようになった。

見合いの男はすぐに結婚を申し込んできた。考えた挙句、暁子は断った。すると男は激高して、彼女が母の愛人庫木の子で、見合いの相手はそれを知った上で、むしろ利用しようと考えて結婚を申し込んだのだとわかった。なぜ父が自分に冷たく家庭を顧みなかったのか、暁子は事情を知った。

暁子は家を出て独立することにした。

<雑感>

この作品もなかなか面白いドラマであった。不貞の母から離れると同時に、母の幸福を祈る娘の話だ。毒親にとっては都合のいい娘ということになる。父親の悪口ばかり聞かされて育った娘とか、下半身が緩くてセックスのことばかり考えている母親に育てられるとか、地獄で生活するようなものだ。

男も両親がバカだと性格が歪むが、女は共感力が高いのでバカな親、バカな友人、バカそのもののテレビなどの影響をもろに受けて脳に損傷を負う。共感力の高さは諸刃の剣なので、弱点を把握しておいた方がいいよな。

☆5.0。暁子の場合は、結婚したふたりの友人(疎開先で一緒だった)が常識的で一途に人を愛する人だったために、母の悪い影響から早く逃れることができたってことだろうな。


デノン Denon AVR-X2700H 8K Ultra HD HDR10+ eARC 7.2ch AVサラウンドレシーバー/ブラック AVR-X2700HK

デノン Denon AVR-X2700H 8K Ultra HD HDR10+ eARC 7.2ch AVサラウンドレシーバー/ブラック AVR-X2700HK

  • 出版社/メーカー: D&M
  • 発売日: 2020/09/07
  • メディア: エレクトロニクス



マランツ NR1711/FB 8K/60p/MPEG-4/AAC/HDR10+/eARC AVサラウンドレシーバー/ブラック NR1711/FB

マランツ NR1711/FB 8K/60p/MPEG-4/AAC/HDR10+/eARC AVサラウンドレシーバー/ブラック NR1711/FB

  • 出版社/メーカー: D&M
  • 発売日: 2020/09/15
  • メディア: エレクトロニクス






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「学生野郎と娘たち」(1960年作品)感想 [映画]

中平康監督による日本のコメディ映画。出演は長門裕之、芦川いづみ、中原早苗。

<あらすじ>

三流大学の学生たちはみんなバカだった。彼らを通して狂人の定義を探る作品。

<雑感>

変な話だなぁと思ったら原作が曽野綾子だった。なんか納得。

☆5.0。人間の行動は意思によって決められているとの前提で社会は成り立っているが、意志の力や作用はそれほど大きな影響は及ぼしておらず、意志は未来を切り拓いてもくれない。定まった形が前提として存在する社会で、狂っているとはどんなことなのかを問うている。とても面白い作品。





デノン Denon AVR-X1600H AVサラウンドレシーバー 7.2ch Dolby Atmos Height Virtualizer /ブラック AVR-X1600HK

デノン Denon AVR-X1600H AVサラウンドレシーバー 7.2ch Dolby Atmos Height Virtualizer /ブラック AVR-X1600HK

  • 出版社/メーカー: D&M
  • 発売日: 2019/06/14
  • メディア: エレクトロニクス



ソニー マルチチャンネルインテグレートAVアンプ 5.1ch HDCP2.2/4K HDR対応 STR-DH590

ソニー マルチチャンネルインテグレートAVアンプ 5.1ch HDCP2.2/4K HDR対応 STR-DH590

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • 発売日: 2018/04/21
  • メディア: エレクトロニクス



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ひとりぼっちの二人だが」(1962年作品)感想 [映画]

舛田利雄監督による日本のドラマ映画。出演は坂本九、吉永小百合、浜田光夫。

<あらすじ>

社長に強姦されそうになったユキが逃げ出した。ヤクザが追いかけてきたが、学生たちが彼女を庇ってくれた。学生らはヤクザ相手に不利だったが、ボクシング部の英二が助太刀を買って出た。彼はヤクザと渡り合いながら新人戦に出場して勝利した。

試合会場の外ではヤクザたちが待ち構えていた。英二は彼らをコテンパンにした。ヤクザは警察に捕まった。ユキの貞操は守られた。

<雑感>

貞操観念が破壊された現代では珍しいパターンの戦い。いまでも女性のために戦うことをいとわない男性は多いはずだが、貞操観念ゼロの頭の悪そうな女がキャーとかやってても、助ける価値があるのかないのか一瞬迷うし、オレはイケメンじゃないから失礼なこと言われるのも嫌だしやめておこうとする人間も出てくる。確実に女性が自分たちの首を絞めているのが現代社会だ。

ネットって極端なことを言って注目を浴びれば称賛される幼稚な媒体だし、しょうがないけどね。オレはもう嫁以外の女は死にかけててもまたいで通ることにしている。

☆3.0。いや、さすがに死にかけていれば通報まではする。嫁は守るよ。目下の敵はアナグマ。








高儀 EARTH MAN infini-Link 18V充電式2WAYグラストリマー GGT-180LiC

高儀 EARTH MAN infini-Link 18V充電式2WAYグラストリマー GGT-180LiC

  • 出版社/メーカー: 髙儀(Takagi)
  • メディア: Tools & Hardware



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「しあわせはどこに」(1956年作品)感想 [映画]

西河克己監督による日本のドラマ映画。出演は葉山良二、芦川いづみ、山根寿子。

<あらすじ>

橋爪淳子は孤児で伯父に引き取られていたが、何度も強姦されそうになっていた。ようやく就職する年齢になって面接を受けてみると孤児ゆえにダメだと言われる。社長に気に入られ秘書として働き始めるが、今度は会社幹部に強姦されそうになったが、同僚に助けられた。

伯母から死んだと思われていた母が生きていると聞かされた彼女は、幸せを求めて会いに行ってみた。だが怖くて名乗り出ることはできなかった。

社長宅に戻ってみると誘拐されて今度は社長に強姦されそうになった。強姦魔の社長は女中のキクに殺された。この社長には何人も強姦されていたので、諸悪の根源が死んだとみんなで喜び合った。

<雑感>

結局どこにも幸せはなかったようだ。

いつも思うのだが、なんでこういう邦画の一般的な監督は強姦など酷いことばかり描くのだろう。黒澤明は理想を描くことで現実が理想とかけ離れていることを描き、嘆いていた。観客はそんな黒澤の姿勢に共感して評価してきた。理想なき現実には何もないのと一緒だ。

☆3.0。この映画の中では松尾という人物が正義感のある人間として描かれているのだが、正義感があるとかないとかそういうことでは対比にならないんだよな。





RS PRO 弓のこ のこぎり 7894587

RS PRO 弓のこ のこぎり 7894587

  • 出版社/メーカー: RS PRO
  • メディア:









SAMURAI (サムライ) 折込鋸携帯ケース BOX#3 全長 180mm 三冨D

SAMURAI (サムライ) 折込鋸携帯ケース BOX#3 全長 180mm 三冨D

  • 出版社/メーカー: 神沢精工株式会社
  • メディア: その他



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「かげきしょうじょ!!」(2021年夏作品)第2話 感想 [アニメ/特撮]

監督:米田和弘、原作:斉木久美子、キャラクターデザイン:岸田隆宏。

kageki.jpg


第2話「銀橋を目指す者」

入学が決まった予科生たちの学校生活が始まった。彼女らは本科生に指導され、朝の清掃活動から始めることになった。それぞれが個別に先輩について担当の場所の清掃内容を教わる。渡辺さらさの担当は高卒で紅華歌劇音楽学校に入学してきた中山リサだった。

授業の前に劇場を見学させてもらえることになった予科生たちは、舞台裏を見学しながら挨拶を行っていたが、渡辺さらさだけ舞台に上がってしまい、驚いた舞台監督らは彼女にライトを当ててしまった。

<雑感>

第2話も最高に面白かった。夏アニメはおそらくこれが1番じゃないかな。まだ韋駄天があるけど、オリンピック関連は全部失敗しそうな気がする。無観客じゃ盛り上がりようがない。始まるのも遅いし、あれはもうアカンかも。

こういう作品は別に荒れこそ小細工する必要なんかなくて、歌劇音楽学校の入学から卒業まで手順を負って描くべきことを描いていれば面白くなる。あとはどれだけキャラが立つか。立たせることが出来るか。第2話は予科生も本科生も大体どんな人間か説明してあったし、さらさの舞台への憧れも綺麗に描けていた。こんな感じでやってくれればいいんだよ。

少女漫画はこうでなきゃいけない。底辺向け少女漫画なんかいらん。親に大事に育てられた女の子だけが少女漫画を読めばいい。


「かげきしょうじょ!!」公式ガイドブック オンステージ! (花とゆめコミックススペシャル)

「かげきしょうじょ!!」公式ガイドブック オンステージ! (花とゆめコミックススペシャル)

  • 作者: 斉木久美子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2021/07/05
  • メディア: Kindle版



かげきしょうじょ!! 1-10巻 新品セット

かげきしょうじょ!! 1-10巻 新品セット

  • 作者: 斉木久美子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • メディア: セット買い












コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

本日のツイカス 2021/07/11大谷33号!グエンがまた! [日記]


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感