SSブログ

「ヒドゥン・シークレット」(2019年作品)感想 [映画]

マイケル・フェイファー監督によるアメリカのサスペンス映画。出演はパリス・スミス、ヴァネッサ・マーシル、エディ・マクリントック。

<あらすじ>

ベイリーが大学終了が見えてきたので久しぶりに実家へ戻ってみると、シングルマザーの母の家にヒューゴなる怪しげな男が潜り込んでいた。母はヒューゴに夢中で、健康食品販売をしている彼の趣味に会わせまくっていた。しかもヒューゴは父親の形見のパソコンを勝手に使っていた。

どうにも胡散臭い男であったが、父親のパソコンをいじる以外におかしな点はない。しかしベイリーにはそれが許せなかったので反発心を抱いていたところ、彼女のスマートフォンがなくなる事件が起きた。絶対に怪しいと睨んだベイリーは、友人らの協力で男のことを探っていくと、多額の借金があることが分かった。だが、シングルマザーのベイリーの家にそれほどの金はない。

さらに探っていくと、どうやら何者かに殺された父親が持っていた仮想通貨が狙いだとわかった。ヒューゴは父を殺して彼が仮想通貨を所持していることを知っていたが、パスワードがわからずアクセスできないのだった。それでパソコンやスマートフォンを漁っていたと判明した。

正体を現したヒューゴはベイリーを人質にしてパスワードを奪おうとした。ベイリーのボーイフレンドが男を殴って決着がついた。パスワードはみんなが知恵を出し合って探し当てた。一家は金持ちになった。母親は、死んだ夫のことを忘れていたことを恥じた。

<雑感>

アメリカのテレビ映画なので、クオリティは安定している。血が飛び散らないので安心して楽しめる。テレビ映画は常に一定以上のレベルにあるので、外れが少ない。たまに「激突!」みたいな傑作が生まれたりもする。

この作品はそれほど傑作ではないが、夕飯食べながら視聴するには十分なレベルにある。劇場作品のようにパンチが効いていないのは仕方がないところだ。

☆3.5。死んだ旦那さんは、ベイリーが生まれてすぐに将来設計を開始したしっかり者という設定で、そのことを思い出した母娘がパスワードに気づくことになる。優しい脚本である。








I-O DATA モニター 27型 ADSパネル 非光沢 HDMI×1 アナログRGB×1 スピーカー付 3年保証 VESA対応 土日サポート EX-LDH271DB

I-O DATA モニター 27型 ADSパネル 非光沢 HDMI×1 アナログRGB×1 スピーカー付 3年保証 VESA対応 土日サポート EX-LDH271DB

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • 発売日: 2019/10/08
  • メディア: Personal Computers



PHILIPS モニターディスプレイ 271E1D/11 (27インチ/IPS Technology/FHD/5年保証/HDMI/D-Sub/DVI-D/フレームレス)

PHILIPS モニターディスプレイ 271E1D/11 (27インチ/IPS Technology/FHD/5年保証/HDMI/D-Sub/DVI-D/フレームレス)

  • 出版社/メーカー: Philips(フィリップス)
  • 発売日: 2019/07/12
  • メディア: Personal Computers



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ダークネス」(2016年作品)感想 [映画]

グレッグ・マクリーン監督によるアメリカのホラー映画。出演はケヴィン・ベーコン、ラダ・ミッチェル、ルーシー・フライ。

<あらすじ>

家族でグランドキャニオンに出掛けたテイラーたちは、洞窟で見つけた石を家に持ち帰った。すると家には姿は見えないものの何者かの気配がするようになった。ネットで調べるとそれは先住民の呪いで、解くには石を元の場所へ戻さねばならないという。家の中で子供や犬が襲撃される事件が起こったため、一家はホテルへの避難を余儀なくされた。そして霊能者が呼ばれた。

石を元の場所に戻して一家は救われた。

<雑感>

邪悪な先住民の呪いですか。白人さまはいつも被害者でございますなぁ。最悪の加害者のくせに。

☆1.8。やっすいCGといい、うすっぺらい設定といい、酷い映画だった。








訳あり 濃厚チーズタルト 1kg

訳あり 濃厚チーズタルト 1kg

  • 出版社/メーカー: 天然生活
  • メディア: その他



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドリームキャッチャー」(2003年作品)感想 [映画]

ローレンス・カスダン監督によるアメリカのホラー映画。出演はモーガン・フリーマン、トーマス・ジェーン、ジェイソン・リー。

<あらすじ>

知的障害のあるダディッツが虐められているのを助けたヘンリー、ジョンジー、ピート、ビーヴァーは、宇宙からやってきた変な生物と戦って倒した。

<雑感>

スティーヴン・キングみたいな話だなと思ったら原作がスティーヴン・キングだったわ。こんなんあれだぞ、締め切り前にアイデアゼロの状態でとりあえず書いてみただけの作品なのになぜ映画化しようと思ったのか。げっぷとおならが止まらなくなる展開に笑ったからか。

☆2.0。アマゾンでやたらと高評価だったが、スティーヴン・キング知ってる自慢でしかなった。大人気作家のことなんか知ってても何の自慢にもならないぞ。








エール・エル ワッフルケーキ 父の日 スイーツギフト 冷凍 10個入り 詰め合わせ

エール・エル ワッフルケーキ 父の日 スイーツギフト 冷凍 10個入り 詰め合わせ

  • 出版社/メーカー: ワッフル・ケーキの店R.L エール・エル
  • メディア: その他



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ダンテズ・ピーク」(1997年作品)感想 [映画]

ロジャー・ドナルドソン監督によるアメリカの火山パニック映画。出演はピアース・ブロスナン、リンダ・ハミルトン、チャールズ・ハラハン。

<あらすじ>

ダンテズ・ピークで火山活動の異常が起こった。有毒ガスが噴き出し、人々は倒れ、木々が枯れていく。地質調査会から派遣されたハリーは避難指示を求めるが、住みよい街に選ばれたばかりの町議会は承服せず、ハリーを責任者から外した。ハリーは町に残って調査を進めることに決めた。

噴火の兆候が出始めたために下山するよう命令を出すが無視され、避難するかどうかの集会も物別れに終わった。そうこうするうちに噴火は始まってしまった。ヘリで逃げるのは危険だと忠告したのに無視され、ヘリはエンジンに火山灰を吸い込んで墜落してしまった。スタッフに避難しろと命じても無視され、すべてハリーの言う通りになったときにはダムが決壊した。

町は火山灰で壊滅した。ハリーを無視し続けた調査隊の一部も生き残り、ハリーもまた命を保った。

<雑感>

主人公が無視されまくる作品。有能を真っ先に切ったことで被害が拡大していき、最後は「住みやすい町」が壊滅して終わる。なんだかちょっと楽しげに見えるのは虚構ゆえの余裕だろうか。

☆4.2。パニック映画ではあるが、パニックになっちゃいけない、専門家はうるさいから無視しよう、みんなで話し合って冷静に判断しようと言ってるうちに取り返しがつかなくなってしまった。





シューアイス チョコ 27g×15個 (nh932279)

シューアイス チョコ 27g×15個 (nh932279)

  • 出版社/メーカー: (販売)鳥益
  • メディア:






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「テッド・バンディ」(2019年作品)感想 [映画]

ジョー・バリンジャ―監督によるアメリカの実話を基にしたサスペンス映画。出演はザック・エフロン、リリー・コリンズ、カヤ・スコデラーリオ。

<あらすじ>

シングルマザーのリズは、テッドという男性と親しくなって関係を結んだ。ところがテッドは誘拐殺人罪で捕まってしまった。リズにはまったく信じられなかった。なぜならそのような人物には見えなかったからだ。彼の容疑は増える一方だったが、リズには裁判で無実を晴らすと話すだけだった。

収監されている間じゅうテッドの容疑は増え続けた。州をまたいでの連続凶悪殺人、被害者は女性ばかりという残忍なものだった。裁判でも有罪となるが、彼は無実を訴え続け、ついにリズは鬱になってしまった。テッドは無実を訴え、裁判所や刑務所から脱獄を繰り返した。最後はフロリダ州警察に女子大生2名の殺人容疑を掛けられて逮捕された。フロリダ州警察は2度と逃がさないと宣言した。

公開裁判となったテッドは、女性ファンを増やし、キャロルという女性に公開プロポーズをするなど劇場型犯罪を楽しんでいた。リズは新しい職場で仕事を始めたが、まだテッドを諦めていなかった。裁判はテッドの死刑と決まった。

リズは警察から提供されたものの開封できなかった資料を見る決心をした。そこには女性の首なし死体の写真があった。リズはその写真を死刑執行前のテッドに見せた。頸をどうしたのか尋ねるとテッドの様子は一変し、弓ノコとガラスに書いた。

ようやく目が覚めたリズは、テッドを忘れることにした。

<雑感>

とんだ災難じゃないか。これはリズを責められない。気づけよたって無理だもんな。犯罪が凶悪であればあるほど日常生活とのギャップが大きくなって「そこまでひどいことをする人では・・・」と思ってしまう。殺している方は殺人欲求を満足させているから日常生活ではスッキリしているし。

テッドはもうこれは・・・、サイコパスってことなのだろう。心理学の専門家でも本当のところ、心の裡はわからないだろうし。これ、わが身に起こったらと考えると、リズみたいになるに決まってるよな。混乱して頭が働かなくなる。

☆4.6。似たような事件を扱った別作品を見た気がするけど、こっちの方が面白かったわ。








栄屋乳業 ASシューアイス バニラ 40ml 15個【冷凍】

栄屋乳業 ASシューアイス バニラ 40ml 15個【冷凍】

  • 出版社/メーカー: 栄屋乳業
  • メディア:



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ヴィジット」(2015年作品)感想 [映画]

M・ナイト・シャマラン監督によるアメリカのホラー映画。出演はオリビア・デヨング、エド・オクセンボールド、キャスリーン・ハーン。

<あらすじ>

シングルマザーのキャスリンのところに両親から孫に会いたいとの連絡があった。子供のベッカとタイラーも会いたいというので子供だけ行かせることにした。優しい祖父母に安心したふたりは楽しく時間を過ごしたが、夜になると家の中は一変した。祖母は吐き散らし、祖父は異常行動を繰り返した。

姉と弟は隠しカメラを設置して祖父母の異常行動を母親に見せた。すると母親は、そのふたりは祖父母ではないという。すぐに迎えに行くと電話で告げて、母親は警察に連絡したが繋がらない。姉弟は昼は普通の人間を装っているふたりに話を合わせながら母が来るのを待っていたが、言ってはいけないと言われていた地下を覗いてみるとそこには本当の祖父母の遺体があった。

正体を現したニセの祖父母に襲撃されたふたりだったが、恐怖を乗り越えなんとかふたりを殺した。そこに警察と母親がやってきた。

<雑感>

映画は演出ひとつなんだと教えてくれる低予算ホラー映画。基本的に子供ふたりと老人ふたり、エキストラレベルの演技でも工夫次第でホラー映画なら作れてしまう。ただし脚本はそれほど凝っていなくて、起こるべきことが起こるだけ。気持ち悪いのは、吐くとか、クソを漏らすとか、そういう生理的な部分を老人にやらせているところ。

☆3.2。老人の朗らかな姿と醜悪な姿を昼と夜に分けて描いただけでもホラー的になるのだなと感心した作品だった。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ランボー 最後の戦場」(2008年作品)感想 [映画]

シルヴェスター・スタローン監督・脚本・主演によるアメリカのアクション映画でシリーズ4作目。出演はシルベスター・スタローン、マシュー・マースデン、グレアム・マクタビッシュ。

<あらすじ>

タイの山奥で蛇を捕まえながら隠遁生活を送っていたランボーのところに、キリスト教系NGO団体がやってきて、隣国ミャンマーまでの道案内を依頼する。ミャンマーは軍事政権によって少数部族に対する人権弾圧が続いており、NGOはその支援のために秘かに入国したがっていたのだ。

気乗りしないランボーだったが、仕方なく彼らをボートでミャンマーへ送り届けることにする。ところが彼らはミャンマーの将軍に捕まってしまった。ランボーもまた彼ら軍事政権の兵士たちが少数部族を虐殺した現場に遭遇し、あまりの酷さに怒りを覚えた。

行方不明になったNGOを救出するために傭兵団が組織され、またしてもランボーが彼らを送り届けることになる。傭兵団はイキり倒してミャンマーに乗り込むものの、カレン族という部族が虐殺されている現場に遭遇してビビり、急に今後のことで揉め始める。そこにランボーがさっそうと登場して殺されそうになった傭兵団を助けた。

ランボーという力強い兄貴に励まされ、傭兵団は活動を再開。NGOを救出して無事に(あまり無事じゃないが)ミャンマーから脱出して物語は終わる。

<雑感>

ラストシーンでランボーが故郷に帰るシーンがあって、おそらくこれはベトナム帰還兵であったランボーがアメリカという国家を赦し、軍人であった時代を胸にしまって、幼少期から現在までの自分の歴史を繋げるくらいの意味合いだと解釈した。

「ランボー」はベトナム帰還兵が、アメリカに自分の居場所がないと悩んでその戦闘スキルで多くの事件を起こしてしまうという内容がそもそもの発端なので、2と3についてはまあ横に置いといて、1の心情に決着をつけたというのがオレの感想だった。そんなに悪くはない。

社会派ドラマであったのにアクションシーンの格好良さからすっかりキャラ化してしまった「ランボー」だが、公開当時、ベトナム帰還兵の惨めな退役後の生活は社会問題になっており、多くの左派映画人が逃げていた題材を真正面から扱った無印の功績は大きい。

その後80年代のアメリカ再起動によってちょっと方向はズレてしまったが、こうして故郷の土を踏むランボーは感慨深いものがある。

☆4.2。オレは結構気に入ったかな。








業務用シューアイス バニラ 27gx15個

業務用シューアイス バニラ 27gx15個

  • 出版社/メーカー: 東商マート
  • メディア: その他



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ランボー3 怒りのアフガン」(1988年作品)感想 [映画]

ピーター・マクドナルド監督によるアメリカのアクション映画。出演はシルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ、マーク・ド・ジョング。

<あらすじ>

タイに残ったランボーを、再びトラウトマン大佐が訪ねてきた。アフガニスタンで200万人の市民がソ連兵の犠牲になっているので力を貸してほしいという。戦争に倦んでいたランボーはその申し出を断るが、大佐の調査隊が行方不明になったと聞いて自ら救出に向かう決心をした。

現地で案内役と武器を手に入れたランボーは、単身大佐たちの救出に向かった。知らせを聞いたソビエトのザイセン大佐は、ランボーとトラウトマン大佐を一緒に処刑することを思いついた。だが無双状態のランボーは現地に多くの仲間を作りながらどんどんザイセン大佐を追い詰めていく。そしてついに基地内に潜入した。

トラウトマン大佐を助けようとしたところそれは罠だった。ナイフを投げて撃退したが、倒された敵が銃の引き金を引いてしまったために基地内の人間が集まってきてしまった。いったん逃げることにしたランボーは、下水に逃げ込んで再び救出に赴いた。

無事に大佐と捕虜を助けたランボーは、八面六臂の大活躍で敵の戦闘機を奪い、最後はザイセン大佐の乗った戦闘機を撃墜させた。

<雑感>

さらに3年後のこと、就活の準備をどうするか調べていくうちにだんだん鬱になってきたオレは、とりあえずランボーでも見てスッキリするかと映画館へと向かった。もうこのころになるとランボーはギャグ映画扱いになっていて、ランボーが暴れていればそれでいいという風潮だった。

無印の悲壮感漂う被害者ランボーはそこにはなく、アメリカンマッチョヒーローとしてのランボーがただ暴れ回っているだけだった。

でもそれがいいのだ。映画は作家映画とキャラ映画がある。作家映画は、監督や脚本家、あるいはカメラマン、特技監督など中心となる人物のこだわりの結晶であるが、キャラ映画は文字通りキャラクターが動くだけの作品である。キャラ映画に難しい思想性を求めてはいけないし、作家映画に売れることを求めてはいけない。

作家映画が映画の価値を高め、キャラ映画が稼ぐ。この両輪あってこその映画業界である。キャラ映画が金を稼ぐのだから、作家はいらないとする昨今の風潮は間違っている。それは映画の価値を毀損するだけである。映画はあくまで作家映画が価値の中心にあるべきで、キャラ映画は高まった映画の価値に乗っかって金儲けをするのだ。映画の価値が落ちると、金儲けも難しくなる。

宮崎駿が作家性と売れることを同時に成し遂げてしまったために、作家性のある映画人のハードルがかなり高くなっているが、彼らは本来赤字にならなければそれでいいのだ。そんなことより、あの演出はすごかっただの、あの映像は凄かっただの評判になり、後々に語り継がれればそれでいいのだ。

作家性に優れたアニメ監督や脚本家が、金のことばかり質問されて辟易しなければいけない現状は腐りきっている。しかもキャラ映画の興行成績が上だから映画としての価値も上とするバカが後を絶たない。どうしてこんなにバカばかりになったものかと驚いてばかりだ。脳味噌腐ってるのかと。

☆3.0。ランボーはキャラ映画になってしまった。しかし、ランボーのキャラが売れたおかげで、「バットマン」の復活もあったのだ。80年代のアメリカは、キャラ映画が復活して作家映画も売れまくった黄金時代だった。


パナソニック リビング扇風機 なめらか気流7枚羽根 リモコン付 ベージュ F-CU324-C

パナソニック リビング扇風機 なめらか気流7枚羽根 リモコン付 ベージュ F-CU324-C

  • 出版社/メーカー: パナソニック
  • 発売日: 2021/04/20
  • メディア: -






アイリスオーヤマ 扇風機 タワーファン スリム 左右自動首振り パワフル送風 風量3段階 上下ルーバー メカ式 ホワイト TWF-D82T

アイリスオーヤマ 扇風機 タワーファン スリム 左右自動首振り パワフル送風 風量3段階 上下ルーバー メカ式 ホワイト TWF-D82T

  • 出版社/メーカー: アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • 発売日: 2018/04/13
  • メディア: ホーム&キッチン



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ランボー 怒りの脱出」(1985年作品)感想 [映画]

ジョージ・P・コスマトス監督によるアメリカのアクション映画。出演はシルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ、チャールズ・ネイピア。

<あらすじ>

有罪判決を受けて収監中のランボーの元に軍の上官がやってきて、ベトナムの捕虜収容所に潜入していまだに拘束されている捕虜の証拠を持ち帰ったら恩赦を与えると告げた。かつての仲間がいまだに捕まっていることにショックを受けたランボーは任務を承諾した。彼はCIAから写真を撮るだけだと釘を刺され、現地に送られた。ところがパラシュート落下に失敗して装備品を失てしまった。

現地の案内人とジャングルを彷徨っていた彼だったが、ソ連人に捕まって拷問を受けてしまう。助けてくれた案内人はベトナムゲリラに殺されてしまった。怒り狂ったランボーはゲリラを掃討してしまう。その後捕虜収容所に乗り込んだ彼は、捕虜を全員救出してタイへと向かった。

追いかけてきたソ連軍のヘリと交戦になった彼は着弾して不時着したように見せかけてソ連のヘリを撃墜した。

こうして恩赦を勝ち取ったランボーだったが、グリーンベレーへの復帰を打診されても断り、ベトナム帰還兵の窮状を改めて訴えて去っていった。

<雑感>

無印公開から3年後の夏、大学受験の勉強でフラフラになっていた夏のこと、またしても親父から息抜き指令があり、金を貰って見に行った作品がこれだ。そういえば高校受験のときもランボーだったななどと思い出しながら期待して椅子に座っていたのに、まぁ酷い作品だった。

こうともなると多少知恵もついていたので、ベトナム戦争は中盤以降中国共産党の指揮下にあったことを知っていたので、そもそもソビエト兵が捕虜収容所にいないとか、ソビエトの装備であっても運用しているのは中国人のはずだとか、物語の根幹にかかわる部分に疑問を持ってしまい、終始腕組みをしたまま不機嫌な時間を過ごした。

映画はキャラクターを立たせて感情移入させようとする。ところがそれに成功してしまうとキャラが独り歩きをして、続編以降はキャラクターを脚本の中で動かしているだけの駄作になりがちなのだ。そのパターンに見事当てはまってしまったのが本作であった。

☆3.2。それでもまだベトナム要素があっただけマシだとはこのときオレは気づかなかったのだ。


日立 扇風機 リモコン付 風量4段階 8枚羽根 やさしい微風(うちわ風) 減灯&消音 HEF-130R

日立 扇風機 リモコン付 風量4段階 8枚羽根 やさしい微風(うちわ風) 減灯&消音 HEF-130R

  • 出版社/メーカー: 日立(HITACHI)
  • 発売日: 2018/04/11
  • メディア: ホーム&キッチン









コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ランボー」(1982年作品)感想 [映画]

テッド・コッチェフ監督によるアメリカのアクション映画。出演はシルヴェスター・スタローン、ブライアン・デネヒー、リチャード・クレンナ。

<あらすじ>

みすぼらしい格好で街をウロウロしていたベトナム帰還兵のジョン・ランボーは、保安官ウィル・ティーズルに捕まり連行された。自分が法律だと豪語する彼は拷問のような取り調べをした。するとベトナムで拷問経験のあるランボーのスイッチが入り、彼はナイフを奪って事務所から逃走した。

ゲリラ戦のプロであるランボーは、追跡体を翻弄、ウィルの喉元にナイフを突きつけ、山ではオレが法律だと言い返した。ベトナム時代の上官が現場に呼ばれ、ランボーへの説得を試みるも、先に違法なことをした保安官が見逃されている現状では投稿できないと拒否されてしまった。

保安官らは軍上官の意見を無視して仲間を庇い、ランボーの殺害を決めてしまう。追い詰められたランボーはロケット弾で坑道ごと吹き飛ばされるが、彼は坑道を奥に進んで生き延び、州兵の軍用トラックと機関銃を奪った。保安官事務所を襲撃して自分を苦しめた保安官に復讐しようとしたところ、軍の上官に説得されて彼はベトナム帰還兵の苦しい現状を聞いてもらい、最後は投稿した。

<雑感>

スタローンのもうひとつの名作を視聴。この作品は高校受験の前に、根を詰めているオレを見かねた父親が金をくれて、息抜きして来いと無理矢理見に行かされた作品。父親は別にこの作品をどう思っていたわけではなく、机の前に座ってぶくぶく太るだけの息子を見かねて外へ出したようだった。

そしてメチャクチャ感動したのだ。当時から反米の気質が合ったオレだが、たしかに戦争に駆り出されて人殺しの技術を叩きこまれた帰還兵たちのその後の人生は悲惨なもので、テレビのニュースなどでも家が買えずにテントを張って生活しているベトナム帰還兵の姿などが報道されていた時代だ。

日本とアメリカの立場の違いはあれ、国のために尽くした人間が不当に扱われていいはずがなく、こういう視点も持った上で批判するなり共感するなりしなければいけないのだなと考えさせられた。80年に当選したレーガンについて注目し始めたきっかけはこの映画である。

「ロッキー」(1976年作品)も「ランボー」も続編は面白くないのだが、物語の主人公にしっかりと感情移入させる脚本といい、それを演じるスタローンの演技力とや存在感といい、決して侮れない名作なのである。

☆5.0。無印でキャラが確立して、続編以降はただ暴れているだけになってしまったのは残念だが、続編がつまらないからといって無印の価値が落ちることはない。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

本日のツイカス 2021/06/12教師の性犯罪止まらず [日記]


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感