SSブログ

「続 雷電」(1959年作品)感想 [映画]

中川信夫監督による日本の伝記映画。出演は宇津井健、北沢典子、坂東好太郎。

<あらすじ>

太郎吉とおきんは心中の覚悟を決めるが、大田蜀山人に諭されて思いとどまり、改めて立派な相撲取りになるまでふたりは会わないと固く決意した。

谷風部屋に戻った太郎吉は、白根山という名を貰って稽古に打ち込んだ。場所に出場すると連戦連勝。蜀山人に連れられて男装してまで相撲観戦したおきんだったが、彼の錦絵を買い求めようとしたところ前の女にすべて買われてしまい悔しい思いをした。その女は町娘のお八重といい、酔った侍に追いかけられていたところを太郎吉に助けられて惚れたのだった。

おきんに執着する本多は、嫌がらせをして谷風部屋の相撲取りを場所に出させないようにした。仕方なく巡業に出た一行はそこでも勝手な興行にいちゃもんをつけるヤクザに言い掛かりをつけられ、それを太郎吉が投げ飛ばして撃退した。太郎吉に救われた谷風親方は、実は未練を断つため江戸を離れたおきんが誘拐されたことを告げた。そのころおきんは大岩の屋敷に匿われていた。

しかし、太郎吉に操を立てるためにどうしても手籠めにされたくないおきんは自力で逃げ出していた。太郎吉は本多の差し金で出場禁止になっていたが、蜀山人が本多を煽って禁止が解け出場できるようになったが、手を貸してくれた上州屋が娘のお八重に太郎吉をと申し出たことがお八重を狙っていた本多の家臣の深部の耳に入り、激怒した深部はお八重を手籠めにしようとした。

お八重は反撃して深部を刺し殺した。現場に駆けつけた父の上州屋は責任を取って自害した。お八重は松平出雲守に預けられた。松平出雲守は災難の多い太郎吉に、白根山からの改名を提案した。そのとき稲妻が光り、それにちなんで雷電と名付けられた。本場所に出場した雷電はまたしても連戦連勝、そしてついに本多お抱えの大関小野川との対戦。激戦の末に見事勝利を収めた。

出雲守は喜び、お八重との祝言を命じた。雷電はおきんと祝言を上げるつもりだったので断った。そのころおきんも蜀山人の元へ舞い戻っていた。蜀山人はおきんに対して雷電のことを考えて身を引けと申しつけられるが、雷電のために操を立てたおきんは承知せず、どうしても会わせてくれと必死に願った。これに折れた谷風親方も承知して、ふたりは面会した。

そこで雷電は、もう相撲取りはやめて田舎に帰るからそこで一緒になろうとおきんに伝えた。するとおきんはそれを嬉しいと思いながらもこのままではいけないと雷電を突き放し、自らは身を引いた。雷電は出雲守の言いつけ通りお八重と結婚して故郷に錦を飾ったが、おきんのことを問われると返す言葉がなかった。おきんはずっと彼を見守り続けていた。

<雑感>

これは良い映画だった。やっぱり人情噺っていいよな。史上最強力士として名高い雷電爲右衞門の伝記映画で、おきんという女性を登場させることでドラマを盛り上げている。性格は誠実だったといい、猫が大好きだったとか。2メートル近い巨漢の雷電が、猫とじゃれ合っている姿を想像するだけでほっこりする。

劇中に登場する本多は、幕閣の本多忠顕のことで、出雲松平家と仲が悪かったことからずっと雷電に嫌がらせをしていた人物。雷電が生涯藩のいざこざに悩まされたのは、本多忠顕のせいである。結局死ぬまで政治との関係で苦労することになる。

☆5.0。脚色されている部分が多いが、人情噺としてよく出来ており、あれほど惹かれ合ったおきんとの別離のシーンは泣ける。公開当時はさぞ評判を呼んだことだろう。文句なく面白い。











mouse パソコン スティックPC MS-NH1-W10 Windows10/2GB/32GB

mouse パソコン スティックPC MS-NH1-W10 Windows10/2GB/32GB

  • 出版社/メーカー: マウスコンピューター
  • 発売日: 2015/08/03
  • メディア: Personal Computers



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「雷電」(1959年作品)感想 [映画]

中川信夫監督による日本の伝記映画。出演は宇津井健、北沢典子、坂東好太郎。

<あらすじ>

相撲の稽古に打ち込む太郎吉は、浅間山の噴火の際におきんという娘を助けた。おきんは女郎屋に売られた女で、ヤクザに追いかけられているところをまた助けたところ、おきんは太郎吉の嫁になりたいと申し出た。しかし天明の飢饉の際に父親が一揆に加担したことから相撲取りの夢が破れた太郎吉にそんな余裕はない。

おきんは江戸に奉公に出されることになり、その前に太郎吉に対して相撲取りになって親孝行をしなさいと諭された。やる気になった太郎吉は、一人前になるまでおきんには会わないと禁を立て稽古に打ち込んでいたが、相撲部屋の騒動に巻き込まれて谷風部屋へ移籍すると、おきんが主人の愛人にさせられそうになっていると知り、彼女を連れて駆け落ちした。

<雑感>

何と江戸時代の関取雷電の伝記映画。こんな作品があったとは知らなかった。雷電役は宇津井健。おきんは貧乏農民の娘だが気量が良くて男が放っておかない。つらいことばかりあってようやく巡り合った運命の男雷電に惚れて妻になると誓うが、器量の良さが仇となってなかなか人生が上手くいかない。

そして駆け落ちすることになり、一緒に死のうなどと雷電に持ちかけている。心の優しい雷電はそれもいいかなと思っているところで終わってしまう。

☆5.0。続編があるのだが、そちらもかなり興味深かった。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「かあちゃん」(1961年作品)感想 [映画]

中川信夫監督による日本のドラマ映画。出演は伊藤雄之助、望月優子、二木てるみ。

<あらすじ>

年越しの金がない由五郎の妻お雪は、夫が大怪我をしたことにして得意先から借金をして何とか正月を迎えた。由五郎は娘が作ったお雪の顔をモデルにした面を見つけて、こんなものがあるからうちは貧乏なんだと捨てようとする。お雪はそれを先生に預かってもらった。

由五郎があまりにバカなので、あるときお雪は家を飛び出してしまった。バカの由五郎は仕方なく母と娘を連れて夜逃げした。

<雑感>

ふたりの娘が不憫なだけだった。これはお雪の顔を模した面が家からなくなって、当のお雪の顔が見えなくなる話なのだが、由五郎は探すでなく、ただ困って結局は逃げる。なんだかなって。人の好い由五郎が世渡りが下手なだけみたいにしてあって納得がいかない。バカなんだよ。

☆1.6。人情噺でももうちょっといい感じにしてくれないと。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「亡霊怪猫屋敷」(1958年作品)感想 [映画]

中川信夫監督による日本の怪談映画。出演は和田桂之助、北沢典子、中村龍三郎。

<あらすじ>

大学教授の夜久住助は、停電した研究室で6年前のことを思い出していた。郷里で開業医をやっていたころ、住み着いた家は幽霊屋敷だと評判で、たしかに老婆のお化けが出た。聞くと化け猫の怨霊だという。和尚に教えてもらった江戸時代の話を聞くうちに研究室の外で足音が聞こえた。不気味な気分になり身構えていると不意に停電が直り、やってきたのは妻だったと知った。

<雑感>

大学の教授が怪談話をするだけ。現代部分が白黒で、江戸時代の部分がカラー映像という珍しい作品。江戸時代のカラー映像部分の色彩が綺麗で感心する。やはり昔の映画人は、映画は絵だとよくわかっている。芝居はそこそこでも映像が美しいので楽しめた。

☆3.6。時代劇はなんか雰囲気があっていいよな。なんでそう感じるのか自分でもわからない。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「女吸血鬼」(1959年作品)感想 [映画]

中川信夫監督による日本のホラー映画。出演は天知茂、和田桂之助、三原葉子。

<あらすじ>

松村伊都子の誕生会の席上に、20年前に失踪した母美和子が当時と変わらぬ美しい姿のまま出現した。彼女が話すには、天草四郎時貞の遺児勝姫に憧れる画家の竹中が、勝姫の子孫である美和子を狙って誘拐したのだという。美和子は幽閉され、裸婦像のモデルにさせられていた。そして逃げてきたのだ。

彼女を追いかけて竹中がやってきた。彼の正体は吸血鬼で、美和子と伊都子を誘拐して逃げた。伊都子の婚約者大木民夫は、捜索隊とともに竹中のアジトの洞窟を突き止めた。しかしそのときすでに美和子は蝋人形にされていた。

竹中は吸血鬼だった。彼は伊都子を奪い返されると激怒して乱闘になったが、月の光を浴びて死んでしまった。彼の地下屋敷は大爆発を起こした。

<雑感>

吸血鬼って月の明かりでも死ぬんか? 太陽光じゃないんか? 昼も夜もダメじゃん。そんな奴すぐ死ぬやろ。恐れるに足らず。それにだな、日本人なのにドラキュラ男爵っぽい服装になって、神をオールバックにするのはなぜなんだ? 全然似合っていない。

☆2.6。新東宝の映画はプライム特典でしか見ていないからありがたいけれども、日活と比べると1枚劣るよな。スターがあまりいない。この映画の主役天地茂もイマイチ。


アイリスオーヤマ モニター 液晶ディスプレイ 23.6インチ ゲーミングモニター 液晶モニター ブラック ILD-A23FHD-B

アイリスオーヤマ モニター 液晶ディスプレイ 23.6インチ ゲーミングモニター 液晶モニター ブラック ILD-A23FHD-B

  • 出版社/メーカー: アイリスオーヤマ
  • 発売日: 2020/07/23
  • メディア: Personal Computers






JN-V6500UHDR [4K 65インチ液晶ディスプレイ UHD PCモニター]

JN-V6500UHDR [4K 65インチ液晶ディスプレイ UHD PCモニター]

  • 出版社/メーカー: JAPANNEXT
  • メディア: エレクトロニクス



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「女死刑囚の脱獄」(1960年作品)感想 [映画]

中川信夫監督による日本のサスペンス映画。出演は高倉みゆき、寺島達夫、和田桂之助。

<あらすじ>

資産家の今井有通は製菓会社の次男島明夫と娘京子の縁談を進めていた。ところが娘に男がいると聞いて激怒した直後に死んだ。遺体からは青酸カリが検出された。京子の化粧水の瓶に青酸カリが入っていたことから彼女は捕まり死刑判決を受けた。

京子の恋人赤尾は刑務所を訪ね、真犯人は島明夫だと告げた。怒った京子は脱獄して明夫のところへ怒鳴り込んだ。ところが彼は犯人ではなかった。明夫は京子のためにかいがいしく彼女を助けた。結局ふたりは警察に捕まってしまうが、京子と明夫の態度に考えを改めた警察は再調査して、赤尾のもうひとりの恋人である京子の義理の母美鳥と義妹の美奈子を洗った。

今井有通の再婚相手である美鳥は、京子の恋人赤尾を誘惑して寝取った。彼女の娘美奈子も赤尾を好きになっていると知ると娘をけしかけて京子に罪を擦り付ける形で夫を殺害したのだった。ふたりは捕まり、京子は釈放された。京子は明夫に謝罪すると、結婚して再出発することにした。

<雑感>

古い映画って構成などは単純だけど、ちゃんと起承転結があって安心して観ていられる。70年代にはこうしたものを破壊したのだが、お決まりの約束を壊す作業で面白いのは最初だけで、壊すことが当たり前になると途端につまらなくなる。しかも元に戻そうにも、元通りにはならない。

70年代は音楽なんかでもそういうことが起きて、やたらと評価が高いけれども、映画として本当に面白いのはちゃんとドラマのルールや法則に則っている作品なんだよな。

☆3.6。母子家庭の母娘がふたりして肉体を使い男を捕まえる定番の流れも、差別云々は置いといて実際にそういうことは多いのだし、ドラマの中で使っていくべきだよな。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「シライサン」(2020年作品)感想 [映画]

安達寛高監督による日本のホラー映画。出演は飯豊まりえ、稲葉友、忍成修吾。

<あらすじ>

春男の弟和人が心臓発作を起こした後に眼球が破裂して死んだ。死の直前に何かに怯えた様子で電話を掛けてきたことから春男は死の原因を調べ始めた。するとSNSで繋がっていた女性も同様の死に方をしたとわかった。ふたりの共通の友人富田詠子に事情を聴くと、彼女も怯えた様子で「和人と香奈は目玉の大きな女に殺された」と話してくれた。

旅行中に怪談話として「シライサン」の名を知った者は死ぬと聞いたことがあり、直後に富田詠子は自殺を図っている。関係者が続々と亡くなっており、旅館を尋ねたところ間宮というライターがそのことを調べていた。しかし彼はシライサンについて疑心暗鬼であったために、妻に知っているか電話で尋ねた。妻は知らず、襲撃もされなかった。民俗学の伝承では、目を逸らせると死ぬのだという。

間宮はシライサンはひとりだから、拡散して大勢が知れば襲撃される確率が下がるのではと考えて妻に拡散を頼んだが、本人が襲撃されてしまう。シライサンから目を逸らしてはいけない。しかし娘が死ぬ音を聞いた彼はつい振り返ってしまった。そして死んだ。春男はシライサンのことは拡散してはいけないと悟り、黙っていることにした。

<雑感>

マジかよ白井さん、サイテーだな。

なんか、民俗学が絡んでいるんだけど、その部分の肉付けが弱くて、あってもなくてもいい感じ。シライサンは眉を落とした現代風の顔立ちで、衣装も現代風。民俗学の昔話に出てきているのにその衣装かよみたいな。名前を知っている人にだけ見え、目を逸らせると死んでしまう設定なのだが、結構背中を向けて逃げ回っているし、設定が中途半端で生かされていない。

☆3.0。シライサンはひとりだから大勢の人が知れば襲撃される確率が下がると考えた間宮の教養のなさに笑ってしまった。最終的には全員死ぬだろ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「天地明察」(2012年作品)感想 [映画]

滝田洋二郎監督による日本の時代劇映画。出演は岡田准一、宮崎あおい、中井貴一。

<あらすじ>

会津藩お抱えの棋士安井算哲は、まだ地動説さえ唱えられていない時代、星の観察や算学に没頭している変わった男であった。彼は江戸において関孝和と出会った。半月後から日本各地で北極星の位置を確認せよ(北極出地)との幕府の命令を受けた彼は、関に自分が考えた算術の問題を託して旅に出た。

北極星の観測で才能を発揮した安井の前で月食が起こった。まるで予測できなかった観測班は驚き原因を追究していった。すると、800年前に唐から伝わった日本の宣明暦では、日数にずれが生じるのだとわかった。改暦の必要性を訴えるものの、公家が利権独占のために反対するので天皇は首を縦に振らない。

学問に理解のある水戸光圀の命によって改暦に向けた動きが始まると、何と彼らの仲間が殺されてしまった。改暦の責任者に推挙された安井算哲は、歴のずれが2日になると報告した。難航する新暦づくりに頭を悩ませた彼は、関を頼った。すると彼は快く使えそうな資料を提供してくれた。結婚も果たし、意気軒高な安井は、様々な妨害を撥ね退け、大和暦を完成させた。

朝廷に大和歴を持ち込んだ彼は、次の日食を言い当て、新暦は無事に採用された。そして彼は幕府の初代初代天文方になった。

<雑感>

これは良い映画だったよ。役者も最高にいい。時代劇は面白いのが多いね。岡田准一はこういうのは嵌るね。時代劇で本領を発揮できる役者は良い役者。現代劇しかできないのはダメだね。

江戸時代の生きた知の巨人たちたちが古い因習にまみれた旧暦を排して新暦に移行する話で、こうしたことがあったから明治維新で柔軟に西洋の暦に合わせて変えることができたのだろう。安井算哲は2代目で、のちに改名して渋川春海になっている。家名を継いでいるのでちょっと経歴がわかりにくい。

自分の記憶によると、日本で最初に時差に気づいた人間だったはず。この当時の日本は水戸光圀の影響で素晴らしい学者が多く活躍した時代だった。

☆5.0。棋士としての戦歴も凄いらしいが、碁のことはさっぱりわからないのであらすじにも反映させていない。とにかく岡田准一がいい味出している。結局は使いどころなんだなぁ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「レイクサイドマーダーケース」(2004年作品)感想 [映画]

青山真治監督による日本のミステリ映画。出演は役所広司、薬師丸ひろ子、柄本明。

<あらすじ>

広告代理店勤務の並木俊介と妻の美菜子は娘舞華の中学受験を控えていた。夫婦仲は悪く別居中。夫にはカメラマンの高階英里子という愛人がおり、妻はそれに気づきながらも子供の受験のために我慢していた。彼らは受験の面接合宿に他の家族とともにやってきた。娘の中学受験に反対の俊介は乗り気ではない。そこに愛人の英里子がやってくる。彼女は舞華が目指す中学の出身だった。

ところが、妻の美菜子が脅迫してきた英里子を殺害した。夫は自主を勧めるが、もし発覚すれば娘の受験は失敗、それどころか他の家族も受験で落とされてしまう。自分の浮気が原因でこうなった俊介は否応なしに事件の隠蔽に手を貸すことになった。遺体は湖に捨てたが、俊介はイニシャル入りのライターを落としてしまい、見張り役の関谷は吸っていた煙草の吸殻を誰かに回収された。

医者の藤間が事件隠蔽の指揮を執った。英里子が妻を脅していたことが信じられない俊介は、彼女のバッグから中学の裏口入学を斡旋する津久見の資料を発見した。俊介は津久見のことを知った英里子が妻に会いに来たのではないかと推理するが全員に否定されてしまった。だが彼は、英里子の遺体の爪に泥が挟まっていたことを話した。事件は別の場所で起き、最初から隠蔽工作として事件が作られている。

藤間は観念して俊介に本当のことを話した。津久見は試験問題を漏洩していた。それに気づいた英里子が彼を脅した。津久見が約束の場所へ向かうと、彼女はすでに死んでいた。慌てた彼は藤間に相談した。そこに夫の浮気を疑う美菜子がやってきた。通報しようとするが、遺体の周辺には子供の足跡がある。合宿に参加している子供たちのものだ。親たちは事件の隠蔽を決めた。

俊介は子供が英里子を殺す動機がないことから事件を疑った。津久見はそんな彼を叱責した。事件さえ隠蔽されれば、自分にはいろいろやれることがあると意味深な発言をして彼は去っていった。俊介は妻と娘のことを考え、彼らに加担して子供のために生きる決心をした。

<雑感>

なんか、最後に美菜子に予知能力があるみたいな話をしていて、そんなものがあるならこうはならんやろと突っ込みたい気持ちでいっぱいになった。演出もおかしなものが多くて、どうもイマイチ。でもちゃんと物語としてはできていた。いや・・・、結局犯人は曖昧なままだし、ミステリとしてはイマイチかな。

おそらく中学受験に血眼になっている親は、本当に子供の未来を案じている良い親なのだろうかと疑問を呈することが主題のようだ。そこは十分に伝わってきた。

何を描きたいのかはっきりとわかり、問題意識もしっかりとある。その点でよく出来た小説じゃないかな。ミステリは全体に雰囲気づくりであろうし、子供が英里子を殺すことには動機がないわけじゃない。彼女がいると自分たちは中学受験に失敗する可能性が高い。親の期待に応えられなくなる。さらに、友人になった舞華に父親を取り返すという意味もある。

☆4.2。すべては俊介の浮気のせいだな。妻役の薬師丸ひろ子さんが美しい。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「黒い暴動」(2016年作品)感想 [映画]

宇賀那健一監督による日本のドラマ映画。出演は馬場ふみか、柳英里紗、平松可奈子。

<あらすじ>

ガングロにしていたバカ女が適当に生きて30歳になる話。

<雑感>

☆0.0。何もない。理想もなければ向上心もない。こんなつまらない人間を映画の題材にするからつまらない映画ばかりになる。

つまり、こんな人間に価値を見い出している時点でこの監督はダメだってことだな。


I-O DATA モニター ディスプレイ 31.5型 広視野角ADSパネル HDMI×2 DisplayPort 3年保証 VESA対応 土日サポート EX-LD321DB

I-O DATA モニター ディスプレイ 31.5型 広視野角ADSパネル HDMI×2 DisplayPort 3年保証 VESA対応 土日サポート EX-LD321DB

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • 発売日: 2018/11/14
  • メディア: Personal Computers



I-O DATA 4K モニター 43インチ 4K(60Hz) PS4 Pro HDR ADS HDMI×3 DP×1 リモコン付 3年保証 土日サポート EX-LD4K432DB

I-O DATA 4K モニター 43インチ 4K(60Hz) PS4 Pro HDR ADS HDMI×3 DP×1 リモコン付 3年保証 土日サポート EX-LD4K432DB

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • 発売日: 2019/03/07
  • メディア: Personal Computers






コメント(0) 
共通テーマ:映画

本日のツイカス 2021/06/09立憲本多平直 [日記]


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感