SSブログ

「アイズ ワイド シャット」(1999年作品)感想 [映画]

スタンリー・キューブリック監督によるアメリカのサスペンス映画。出演はトム・クルーズ、ニコール・キッドマン、シドニー・ポラック。

<あらすじ>

ビルとアリスは倦怠期の夫婦だった。開業医のビルはモテる男で、妻のアリスは心配でしょうがないが、そんな彼女をナンパする男があった。妻は妻であると信じていたビルは少なからずショックを受ける。そんな折、コカインの過剰摂取で死にかけたまんでぃという女性をビルは助けた。傍らには金持ちの男。彼は有力者であったため、事件を口外するなと告げた。

夫婦間の倦怠はどんどん激しくなり、夫も妻も快楽への誘惑が襲ってくるようになった。ついに口論となって夫婦間に亀裂が入る。妻を愛しているがどうにもならない苦悩に晒されたビルは、仮面パーティーに参加してしまった。しかし秘密のパーティーであったために、部外者の彼は仮面を外して素顔を晒せと言われ、窮地に陥った。

そんな彼をひとりの仮面の女性が救った。後にビルはその女性がマンディだと知った。マンディの死にショックを受けるビルは、まさに平穏さを求めて妻のアリスの元へ舞い戻った。

<雑感>

この映画は劇場で鑑賞したんだけど、途中で何度も寝てしまった。みんな良かった、さすがキューブリックって褒めていたのだが、オレには何がいいのかさっぱりわからなかった。20数年ぶりに鑑賞してみたが、印象は初見時と一緒。映像はいい。でもだからどうなの的な話。

日常(倦怠)⇔非日常(快楽)という構図で、倦怠に悩む妻のアリスと、快楽に走るマンディが対比させてあり、倦怠期の夫婦にそれぞれ欲望が高まってきたときに本当の暴力が主人公のビルを襲い死にかけるものの、彼に命を救われた快楽主義者のマンディに助けられて夫婦ともども日常の中に戻っていき、そのときには倦怠は消えているというものだ。

倦怠も快楽も同様に危険なものだが、その高まりには波があり、暴力から身を守りたいがゆえに快楽を慎んでいることを忘れなければ快楽主義には堕ちないという教訓的なお話である。また日常から倦怠を払拭したければ、日常の中にささやかな非日常が必要であり、非日常の中に身を投じるのであれば、意識して日常に戻る時間を作らなければ倦怠や快楽という危険に晒されることになるとも示されている。

☆3.5。言わんとすることは全部わかるけれども、映画が面白いかと問われればいいやと首を振るしかない作品だった。まぁ映画監督の遺作なんてものは面白くないのが普通であるが。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ラブ・レクチャー セックスの指南書」(2013年作品)感想 [映画]

Mマイケル・マッテオ・ロッシ監督によるアメリカの暴力映画。出演はジョナサン・ベネット、ジョン・ブリデル、イヴ・マウロ。

<あらすじ>

父ちゃんが娘と付き合っている男を殺すために、女は暴力的なセックスを望んでいると教え込む話。

<雑感>

☆0.0。そんなことにはならない! なんちゅう酷い作品だ。





ハーゲンダッツ アイスクリーム アニバーサリーギフトセット

ハーゲンダッツ アイスクリーム アニバーサリーギフトセット

  • 出版社/メーカー: ハーゲンダッツ
  • メディア:



【Amazon.co.jp限定】 【セット商品】ハーゲンダッツ ロングセラーセレクション ×12個

【Amazon.co.jp限定】 【セット商品】ハーゲンダッツ ロングセラーセレクション ×12個

  • 出版社/メーカー: ハーゲンダッツジャパン
  • 発売日: 2021/03/20
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「セックス調査団」(2001年作品)感想 [映画]

アラン・ルドルフ監督によるアメリカのエロティック・コメディ映画。出演はネーヴ・キャンベル、ニック・ノルティ、ダーモット・マローニー。

<あらすじ>

頭の中までファッキン!

<雑感>

☆0.0。アマゾンの星が4つもついていたから見たけど、バカみたいな内容だった。





江崎グリコ ジャイアントコーン 140ml×20個

江崎グリコ ジャイアントコーン 140ml×20個

  • 出版社/メーカー: 江崎グリコ
  • メディア: 食品&飲料






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「エヴァの告白」(2013年作品)感想 [映画]

ジェームズ・グレイ監督によるアメリカ・フランスのドラマ映画。出演はマリオン・コティヤール、ホアキン・フェニックス、ジェレミー・レナー。

<あらすじ>

移民するためにポーランドからアメリカへやってきたエヴァとマグダだったが、マグダが肺炎を患って隔離されてしまった。強制送還されそうになった彼女らを助けたのは劇場支配人のブルーノだった。彼はエヴァにお針子の仕事を与え、さらにマグダを引き取って治療させてもいいと言ったが、実は下心があってのことだった。

彼女はストリップ小屋の支配人のブルーノを嫌悪して、本来引き取ってくれるはずだった叔母の元へ向かうが、叔父によって通報された。妹の治療費も稼がねばならず、エヴァは娼婦になった。劇場はストリップの代わりにマジシャンのオーランドを雇うようになった。エヴァは彼に気に入られた。

オーランドは妹を救ってもっと西へ行こうとエヴァを誘った。そして弾を抜いた拳銃でブルーノを脅かして妹を救出するはずが、恐怖したブルーノにナイフで殺されてしまった。警官はオーランド殺しの剣でエヴァを尋問しようとしたが、ブルーノが彼女を助けた。ブルーノは警官に金を巻き上げられて文無しになっていた。妹と面会するには金が要る。そこで叔母に金を出してもらった。

ブルーノはいままでのことを謝罪して、エヴァとマグダをカリフォルニア行きの船に乗せた。

<雑感>

女たちを使って金儲けしてきたブルーノが、宗教的な感覚の中で最後に善いことをしようとする映画なのだが、エヴァが主人公なので肝心の部分がぼんやりしている。エヴァも頑なに妹にこだわったり、やたらと男にモテたり、キャラがよくわからない。美少女という設定ではない。エヴァは悪人というわけでもない。要するにどんな人間なのかハッキリとしない。

☆2.6。賞を狙って制作したものの、アメリカ人的感性の宗教感覚が世間的に通用しなかったみたいな映画。金が掛かっている割にはそれを感じさせないチープさもある。














コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ポラロイド」(2017年作品)感想 [映画]

ラース・クレヴバーグ監督によるアメリカのスリラー映画。出演はキャサリン・プレスコット、タイラー・ヤング、サマンサ・ローガン。

<あらすじ>

女子高生バードは、店番をしてもらった代わりに古いポラロイドカメラを貰った。カメラが好きだったので喜んで撮影していると、写した人物たちが次々に死んでいった。どうやら一緒に写っていた影が関係しているらしかった。しかも影は他の人物のところに移動してその人物も殺した。

自分は写っていないと思っていたところ、古道具屋で謎の影に襲撃されてしまった。よく見るとガラスに撮影した自分も写っていた。写真を燃やそうとしたところ、火が燃え移った人物の身体に実際に火がついてしまった。調べてみると、40年前の監禁事件が関係しているとわかった。偶然写ってしまった人間も死んでしまう怖ろしいカメラだった。

監禁事件の犯人ローランドはその場で射殺されていたが、彼が犯行に及んだ原因はポラロイド写真を使った彼の娘へのイジメだった。呪いを解くには、監禁事件唯一の生き残りペンブローク保安官を殺さなければならない。彼のところへ行き殺害を行おうとしたところ、顛末を話してくれたローランドの妻がウソをついており、実際はローランドが娘に性的虐待をしていたのだとわかった。

すると写真の中からローランドが出現した。ローランドは保安官を殺した。バードが彼を写真に撮り、火をつけて燃やすとローランドも燃えた。

<雑感>

画面が暗すぎるのが難点だが、そんなに悪くなかった。写真から出てきたローランドがハゲの貞子みたいになっているのはマイナスだったかなぁ。怖さを削いでしまった。

☆3.2。ローランドがちょっと残念だっただけで、スリラー映画としてちゃんと作ってあった。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「フェイク・ガール 偽りの少女」(2018年作品)感想 [映画]

ベン・メイヤーソン監督によるアメリカのサスペンス映画。出演はシドニー・スウィーニー、シドニー・スウィーニー、エイプリル・ボウルビー。

<あらすじ>

遊び人のサマンサは朝帰りを咎められて施設を追い出された。わずかな支援金は出たが困窮するのは目に見えていたので、ルームメイトのダニカが母親に捨てられたけど生きているという話を聞いてダニカの母に会いに行った。するとダニカの母は不妊治療に失敗したばかり。サマンサをダニカと思い込んで受け入れることにした。

ダニカに成りすましたサマンサは、邪魔者には嫌がらせをするなどして母とその夫から遠ざけようとする。いろいろ工作してウソを見抜かれそうな人物は殺した。そんなとき、本物のダニカがメールのやり取りで偶然名乗り出てきた。ダニカは元ルームメイトでサマンサのことを何でも知っていたので、彼女が暴行容疑で指名手配中であることも教えてしまった。

通報を受けて捜査に来た警官も殺し、サマンサは逃げた。そして本物のダニカが施設の園長の協力で母親に電話した。母は真実を知ってしまった。急いで家に帰ると警官が死んでいる。慌てた彼女は施設に向かった。そこで本物のダニカに会って話を聞くつもりが、先にサマンサがやってきていた。サマンサはダニカの喉元にナイフをあてがい殺そうとしている。母は必死に説得してサマンサを自首させた。

<雑感>

女の子が男を殺すときに階段を使うのは向こうの作品では定番のようだ。この作品でも後ろからドンと突いて殺している。頸筋をトンと叩いて失神させる表現のように、お決まりの表現になっているのだろう。腹パンとか、あんな感じか。

サマンサは統合失調症という設定で、頭おかしい系は全部この病気にしてしまっている。本当にこの表現で正しいのかって疑問を最近持ち始めている。

☆3.4。追い詰められ過ぎて逆にサマンサに同情してしまう内容。ダニカは降ってわいたような幸運で、その母も何の迷いもなく新しいダニカを受け入れていて、なんだかなぁって。











コメント(0) 

「パーフェクト・ストーカー」(2016年作品)感想 [映画]

カーティス・ジェームス・クロフォード監督によるカナダのスリラー映画。出演はダニエル・サヴレ、ジェファーソン・ブラウン、クリスタ・モリン。

<あらすじ>

白人女のグレースはバカすぎて夫に精神科受診を勧められて激怒、殺害してしまう。引っ越し先でロバートというイケメン大学教授と知り合った彼女は一目惚れして彼の恋人を殺害。捜査していた刑事も殺害。ロバートの信用を得ていろいろ工作するものの安易な者ばかりなのでロバートにもバレてしまった。

警察の捜査はロバートのところにも及び、グレースは気が気ではない。そこで乳を武器にファッキンで何とかしようとするが、ロバートは様々な情報からグレースが犯人だと考えるようになった。しかしそれを悟られると自分も危ない。刑事はグレースという名前も偽名だと話していた。

そこで彼は、グレースの罪を匂わせながら証拠を一緒に処分すればふたりに絆は深まると持ち掛けた。グレースは難なく引っ掛かって罪を認めたが、愛情表現をしようと抱き着いてきたグレースをロバートは抱き返せなかった。これでグレースがロバートのウソを見抜いてしまった。

ふたりは殺し合うことになるが、拳銃を奪ったロバートが彼女を撃った。

<雑感>

なぜタイトルが「パーフェクト・ストーカー」なのかよくわからんかった。グレースはやることなすことバレバレで、ロバートの方が遥かに優秀。撃退する側はパーフェクトだったけどなぁ。

☆2.8。乳に騙されなかったロバートの活躍が光る作品だった。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「グリーンブック」(2018年作品)感想 [映画]

ピーター・ファレリー監督によるアメリカの伝記コメディ映画。出演はヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ。

<あらすじ>

高級クラブでバウンサーをやっているトニーは、クラブが改装している間の仕事を探していた。友人から黒人のピアニストのドクター・シャーリーが南部を周る間のドライバー兼バウンサーを探していると知らされたトニーはすぐに面接を受けて雇われることになった。南部は黒人差別が色濃く残る地域であった。

契約ではすべての公演にドクター・シャーリーを出演させなければ給料は出ないとされていた。舞台袖で彼の演奏を見て驚くトニー。ドクター・シャーリーは浮世離れしており、ファストフードを食べたことがなく、マナーにうるさかった。教養があり、ろくに字が書けないトニーに手紙の書き方を教えた。それでも黒人というだけでバーでは殴られた。

トニーは彼に感嘆することになった。そしてよく観察してみると、黒人は白人と同じトイレを使わせてもらえない。黒人スタッフのトイレは屋外にあった。ドクター・シャーリーはトイレのためだけのホテルに戻った。それでも彼は白人とにこやかに話をする。トニーにはそれが理解できなかった。

白人警官に職務質問をされた際は、トニーがイタリア系であることをからかわれ警官を殴って留置所へ入れられた。するとドクター・シャーリーは彼の友人である司法長官のボビー・ケネディに電話をして釈放してもらった。

最後のコンサートの前に、白人用のレストランへの入店を断られたドクター・シャーリーはそこでトラブルを起こした。自分を入店させないとコンサートはやらないと言い張るドクター・シャーリーとともに、トニーは黒人専用のレストランに入った。ドクター・シャーリーはそこでピアノを弾いた。結局ふたりは最後のコンサートをやらなかった。

トニーは自分の家のささやかなパーティーにドクター・シャーリーを招待した。いったんは固辞した彼だが、思い直してやってきた。そしてふたりはずっと友人のまま生涯を過ごした。

<雑感>

ポリコレまみれのハリウッドの最近の作品の中では比較的よく出来た内容だった。これはピアニストのドクター・シャーリーの伝記であるためで、彼の人柄がよかったために良い作品になったのであって、これがもしBLM運動のきっかけになったジョージ・フロイドだったらこうはいかない。どちらが悪いんだかわからなくなる。

オレは元々こういう映画が好きで内容も高く評価してきたのに、昨今のクソのような世相のおかげですっかり嫌気が差している。そんな心の状態でも面白く拝見できたのはひとえに人格者のドクター・シャーリーを描いたからであって、偽札を使う人物だったらこうはいかない。

偽札を使ったのが本当なのかどうかわからないという意見があるそうだが、警察発表だけでなくマスコミの取材でもそうだったぞ。

ブロンクス育ちの白人と、超絶技法でクラッシックファンを唸らせた黒人との交流のお話だった。

☆4.0。BLM運動はなぜあれほど酷い有様になったのか。共産主義者が絡んでいるからなんだな。








今治産タオルケット かろやかカロケット シングルサイズ (スカイグレー)

今治産タオルケット かろやかカロケット シングルサイズ (スカイグレー)

  • 出版社/メーカー: タオルショップ ブルーム
  • メディア:



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「キングダム 第3シリーズ」(2021年春夏作品)第9話 感想 [アニメ/特撮]

第9話「蒙武の檄」

kd.jpg


<あらすじ>

函谷関を攻める合従軍はあえて凡戦を繰り返し、機を見て一気に総攻撃をかける算段であった。14日後、李牧はその日をようやく決めた。

楚軍と対峙していた蒙武は全軍に檄を発し、敵将汗明を自ら討ち取ると宣言、これによって自軍の兵を奮い立たせた。壁の三千人を突撃させた蒙武はしばらく動かず、楚軍が五千人の援軍を送ったところで敵本陣に斜陣掛けを仕掛けた。思いがけない戦術に色めき立った楚軍であったが、兵力差は歴然としており、慌てることなく対処することになった。

楚国第二軍を率いる媧燐は、前方に騰軍が控えながら慌てず、戦車で煙幕を張りながら進み、戦場に象を投入した。

<雑感>

ようやく本番か。なかなか進まない。しばらくは楚国と蒙武軍の戦いになるのか、それともあっさり終わるのか。まさか蒙武が檄を飛ばすだけで一話使うとは。


キングダム 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者: 原泰久
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/06/22
  • メディア: Kindle版



キングダム コミック 全60冊セット

キングダム コミック 全60冊セット

  • 作者: 原 泰久
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2020/12/18
  • メディア: コミック






キングダム ブルーレイ&DVDセット プレミアム・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]

キングダム ブルーレイ&DVDセット プレミアム・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2019/11/06
  • メディア: Blu-ray



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

本日のツイカス 2021/06/01朝日新聞の報道犯罪 [日記]


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感