SSブログ

「霊魂の不滅」(1921年作品)感想 [映画]

ヴィクトル・シェストレム監督によるスウェーデンのスピリチュアルサイコホラー映画。出演はヴィクトル・シェストレム、ヒルダ・ボルグストレム、トーレ・スヴェンボルグ。

<あらすじ>

アル中のダヴィッド・ホルムは、大晦日に死んだ人間は1年間死神の助手をしなければならないという幻の馬車の噂に怯えた。ところが運悪く彼は大晦日に喧嘩で死んでしまった。彼は死の馬車を見た。そこには1年前の大晦日に死んだ親友のゲラーがいた。ゲラーはダヴィッドをなじった。

ダヴィッドは1年間の贖罪の旅に出た。多くの人が死んだ。彼は霊魂を集めた。彼は家族に不幸があるのを知って祈った。そして、生前はアル中で迷惑ばかり描けていた家族を救った。

<雑感>

多分。救ったのかどうかはわからない。生き返ってはいない。サイレント映画で、字幕が機械翻訳なので細かい部分がわからないのだ。ダヴィッドが後悔している様子は役者の演技で分かる。

サイレント時代の作品は、カメラが固定されていて1枚の絵の中で1シーンが描かれる構成なので、どのカットも美しく決まっている。カメラが移動するようになって、絵画的要素が意図的に排除されていった。それが作品にスピード感や臨場感をもたらした一方で、美しさが消えたのは否めない。

美しい構図、おさまりの良い構図というのはあるもので、意図的にサイレント時代の構図重視の絵作りをしている監督もいる。黒澤明なども構図が素晴らしい。サイレント時代の映画を観て感心するのは主に構図である。チャップリンも構図の中に動きがある。

☆5.0。カメラワークばかりを意識して動きを追求するのもいいが、写真の美しさには必ず構図というものが関与している。現代映画は構図をおろそかにしすぎている気がする。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「グレイスカイ」(2010年作品)感想 [映画]

カイ・ブラックウッド監督によるアメリカのSF映画。出演はマイケル・コルナッキア、ティーラ・ブラウン、マリー・デル・マルコ。

<あらすじ>

隕石堕ちてくる。確認に出掛ける。身体を乗っ取られて戻ってくる。みんな乗っ取られる。

<雑感>

☆0.1。中国に乗っ取られることを心配しろよ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「2001年 神話の創造」(2001年作品)感想 [ドキュメンタリー]

ポール・ジョイス監督によるアメリカの映画「2001年宇宙の旅」を称えるドキュメンタリー映画。出演はジェイムズ・キャメロン、アーサー・C・クラーク。

<雑感>

ほとんどインタビューばっかりで、キューブリックに対する称賛に次ぐ称賛。そりゃ凄い映画だけども、たくさんの人の称賛ではなくて映画のことを話してほしかったわ。

☆2.0。映画の映像もほとんどなし。技術解説とか、作品の世界観とか、時代的なこととか、まとまりのないドキュメンタリーでガッカリでしたよ。














コメント(0) 
共通テーマ:映画

「金星怪獣の襲撃 新・原始惑星への旅」(1968年作品)感想 [映画]

ピーター・ボグダノヴィッチ監督によるアメリカのSF映画。出演はマミー・ヴァン・ドーレン、メアリー・マー、ペイジ・リー。

<あらすじ>

人類が金星に到達した。エアカーに乗って探検した。金髪美女軍団に嫌われた。退散。

<雑感>

ソビエト製のSF映画「火を噴く惑星」を製作のロジャー・コーマンが買い取って水着美女の金星人を追加したのが本作。原型は全く残っていない。新たに作品を作るよりソビエトからフィルム原版を買い取る方が安かったらしい。

元の「火を噴く惑星」の部分が映像として面白いので何となく最後まで見てしまうが、これほど原版をぐちゃぐちゃにできたのは逆にすごい。原作は☆4.0くらいはある良い映画なのに。

☆1.0。珍品映画コレクターには外せない逸品かもしれない。





[グリマー] 長袖 4.4オンス ドライ UV ジップ パーカー 00338-AMZ メンズ ダークグレー L (日本サイズL相当)

[グリマー] 長袖 4.4オンス ドライ UV ジップ パーカー 00338-AMZ メンズ ダークグレー L (日本サイズL相当)

  • 出版社/メーカー: glimmer(グリマー)
  • 発売日: 2016/03/11
  • メディア: ウェア&シューズ






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「宇宙のデッドライン / 未来からの脱出 / BEYOND THE TIME BARRIER」(1960年作品)感想 [映画]

エドガー・G・ウルマー監督によるアメリカのSF映画。出演はロバート・クラーク、ダーレン・トンプキンス,、アリアンヌ・アーデン。

<あらすじ>

新型超音速機のテスト飛行で亜宇宙に飛び立ったアリソン中佐は帰還してみると、空軍基地はなぜか荒廃していた、彼は2024年の未来に来てしまったのだ。1970年に発生した疫病で人類は聴覚と生殖能力を失っていた。人類は提督を指名して地下で暮らし、生殖能力があるのはテレパス少女のトレーネとアリソン中佐だけだった。

疫病の感染者の一部がミュータントとなって、彼らと対立していた。ミュータントは地下に閉じ込められている。人類のうちクルーズとボウマン教授がミュータントに味方していた。彼らはアリソンの飛行機があれば過去に戻って疫病蔓延を食い止めることができると考えた。アリソンもその考えに傾いた。

人類に裏切り者が出てミュータントを解放した。その隙にクルーズとボウマン教授がやってきてアリソンとトレーネを救出した。しかし彼らは敵に見つかって殺されてしまった。アリソンは独りで飛行機に乗って過去へ向かった。

基地に到着してみると、彼は老人になっていた。誰も彼の話を信じなかったが、クルーズとボウマン教授は実在の人物で、まだ学生だと分かった。政府は中佐の話を検討してみることになった。

<雑感>

三角形と逆三角形をモチーフにした美術が素晴らしくて思わず見入ってしまう。感染症で人類が絶滅した世界では、生殖機能を失うか聴力を失ってテレパシーを持つかになっており、子供はずっと生まれていない。ミュータントは地下に封じ込めているが、このままでは絶滅する。

そんな緊迫感が素晴らしい作品だ。主要な女優がふたりいるのだがどちらも美しい。

☆4.0。美術はその世界観を物語る重要な装置だ。昨今はそれらがおざなりにされすぎじゃないか。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「宇宙からの少年 / 宇宙から来たティーンエイジャー / TEENAGERS FROM OUTER SPACE」(1959年作品)感想 [映画]

トム・グラフ監督によるアメリカのSF映画。出演はデビッド・ラブ、ドーン・ベンダー、ブライアン・グラント。

<あらすじ>

地球に5人の異星人がやってきた。名はトール、デレク、モレル、ソウル。それに船長。

彼らの任務は、地球を彼らの食料となるガーゴンの飼育地にするためだった。重要な任務なのにすぐに仲間割れをする4人。彼らの惑星には愛がない。しかしデレクだけは本で愛があることを知っている。一方のトールは愛を知らないからすぐに殺してしまう。情け容赦は一切ない。

船長は地球には窒素が多すぎるのでガーゴンの飼育には適さないと考えた。このときにデレクが脱走。トールが彼を殺そうとするが、指導者の息子だからと船長に制止された。意外にもガーゴンは元気になったので船長は地球を飼育地にすることに決めた。ガーゴンを洞窟へ連れていく。

脱走したデレクは、トールが殺した犬の飼い主のところへ行って同居を願い出て快諾された。彼は犬を殺したことを告白した。その高専中を説明しているとき、トンプソン教授を訪ねるという話になった。一方彼を追ってトールたちもやってきた。トールは逆らう人間を殺していった。

教授のところへ先回りしたトールは、シンプソン教授を殺した。トールの存在に気がついたデレクは、世話になっている女性ベティを祖父の元へ帰させた。トールは散弾銃で撃たれていったん逃亡する。銃で脅した医師に手当てを受けた彼は治るなり看護師を脅して逃亡。

やけくそなトールはガーゴンが一夜で巨大化することを説明。中へ入った男は死亡。デレクが銃でガーゴンを倒す。彼は仲間の元へ戻る決心をしてトールに投降した。宇宙船が戻ってきた。そこには惑星の指導者でデレクの父もいたが、デレクは愛を知らない母星に絶望しており、宇宙船もろとも自爆して全員を殺してしまった。

<雑感>

ベティが可愛いだけの作品だった。宇宙船が到着するなりいきなり仲間割れしていて、何が起こったのか全然わからないのだが、宇宙人たちは親を知らずに育てられることで冷酷な性格にさせられているのだ。デレクは何かの書物で親のことを知り、愛情に興味を持っていた。それでトールとの間にかなりの温度差がある。

最後は、親の顔を知らせずに子供を育てている司令官の父親(これも地球で知っただけで親の実感に乏しい)に絶望して自爆。悲しいお話なのだ。

劇中で名前が出てくるガーゴンはザリガニ。実際のザリガニが合成で巨大化されているだけ。日本の着ぐるみ怪獣の偉大さがよくわかるチャチさであった。

☆2.0。親を知らずに育てる文化なのに、司令官が息子に愛情たっぷりなことに違和感。まぁそんなことはどうでも良くなるくらいのB級っぷりではあるが。


ディーゼルメカニックギフトパワード愛国心が強いアメリカ国旗 パーカー

ディーゼルメカニックギフトパワード愛国心が強いアメリカ国旗 パーカー

  • 出版社/メーカー: ディーゼルメカニックギフト
  • メディア: ウェア&シューズ









コメント(0) 
共通テーマ:映画

「宇宙怪獣 / X星から来た吸血獣 / Night of the Blood Beast」(1958年作品)感想 [映画]

バーナード・L・コワルスキー監督によるアメリカのSF映画。出演はマイケル・エメット、アンジェラ・グリーン、ジョン・ベアー。

<あらすじ>

宇宙船が墜落して乗務員が死んだ。宇宙船からは何かがもぞもぞ這い出すがその姿は見えない。死体を調べたところ、心臓は止まっているが細胞は死んでいない。研究所には何者かが忍び込んで死体を宙づりにした。細胞が生きていた乗務員は蘇生。すべての乗務員には三日月状の傷かあった。

研究所に侵入したのは地球外生命体だと判明。研究所の職員は地球外生命体の抹殺を決めるが、蘇生した乗務員はなぜかそれに反対する。殺された博士は頭が吹っ飛んでおり、どうやら人間の肉体に寄生して外に出てくるのだと推測できた。それでも地球外生命体との戦いを拒否する乗務員。彼はそれが自分の意思なのかどうかわからなくなってきた。

乗務員は単独で宇宙人と接触。宇宙人は博士の脳を取り込んで地球人の言葉や考え方を理解したのだという。研究所のメンバーと接触した宇宙人は、自分たちの惑星が知性の使い方を誤ったために自滅して滅びたのだと告白した。そして地球にやってきて地球の周囲を周回していたが、ようやく地球に降りることができたと言った。そしてもうすぐ我々の仲間が生まれると宣言した。

それは蘇生した乗務員の体内にいた。やはり彼は操られていたのだ。彼は宇宙人を拒否して、新しい生命体が誕生する前に自殺した。宇宙人は研究所の人間によって焼き殺された。

<雑感>

「エイリアン」の元ネタになったことで有名な本作。しかし本作自体が「遊星よりの物体X」(1951年作品)の影響を受けたクリーチャーもの。まぁ変な生物が体内を食い破って出てくる怖ろしいイメージを連綿と追い求めているのだろう。確かに演出として怖いしね。

タイトルが「宇宙怪獣」になっているのは、この作品が短縮版だからだと思う。「X星から来た吸血獣」は80分ほど、本作は65分しかない。短縮版が作られた経緯などは不明。この当時は日本の映画をアメリカ人が勝手に編集したり、またその逆があったりしたのだ。ドライブインシアターは通常の映画より時間が短くしてあったはずだから、それかもしれない。

この作品では宇宙人が身体を食い破って出現するシーンはない。生まれる前に宇宙船の生き残りのジョンが自殺してしまうからだ。宇宙人は「話せばわかる。君らはまだ準備が出来ていないだけだ。もっと多くの宇宙船が地球に降りてくる」と友好的なのか敵対的なのかわからない言葉を吐いて死んでいく。

☆3.9。短縮版だがかなり楽しめた。どれだけちゃちでも宇宙人が出てくると面白い。全身タイツのキャットウーマンよりくちばしと詰めのあるクリーチャーだよな。





(ユナイテッドアスレ)UnitedAthle 10.0オンス スウェット フルジップ パーカ(裏パイル) 521301 002 ブラック XL

(ユナイテッドアスレ)UnitedAthle 10.0オンス スウェット フルジップ パーカ(裏パイル) 521301 002 ブラック XL

  • 出版社/メーカー: United Athle(ユナイテッドアスレ)
  • 発売日: 2014/10/17
  • メディア: ウェア&シューズ






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「月のキャットウーマン」(1953年作品)感想 [映画]

アーサー・ヒルトン監督によるアメリカのSF映画。出演はソニー・タフツ、ヴィクター・ジョリイ、マリー・ウィンザー。

<あらすじ>

人類は初めて月面へ到達した。調査チームのグレンジャー隊長らは月面に洞窟を発見。そこには水も空気もあった。奥へ進むと月人間キャットウーマンらがいた。彼女らはかつては男がいたが絶滅したのだという。女たちに歓待されて浮かれる隊員たち。ところがその隙にロケットが奪われそうになった。

意外にあっさり皆殺しにしてしまい、隊員たちは地球への帰路に就いた。

<雑感>

最後はもう少し盛り上げることはできなかったのか。

人類が月に到達する前の話なので、内容としてはこんなものなのだろう。いまでも月にかつて文明があったみたいな話をする人もいるくらいだから、50年代の人類のレベルなんてこんなものだろう。

キャットウーマンたちがもっと賢かったらどうするつもりなんだと。しょせんは女で賢くもなく力も弱いとの侮りが根底にあるのは間違いない。こんなことをやっているからフェミニズムなどが起こるのだ。

☆2.0。でもあれだ、点数以上にこうしたほとんどお目に掛かれない(DVDが出ていたらしい)古いSF映画が気楽に視聴できることが嬉しい。ありがとう、アマゾン。











コメント(0) 
共通テーマ:映画