SSブログ

「ヘレディタリー 継承」(2018年作品)感想 [映画]

アリ・アスター監督によるアメリカのホラー映画。出演はトニ・コレット、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド。

<あらすじ>

スティーブンの妻のアニーには、夫のスティーブンと息子のピーター、娘のチャーリーがいた。アニーは母を亡くしてから少し精神を病んでしまった。さらに母エミリーの墓が暴かれて死体が盗まれた。スティーブは急いで現場に向かったが犯人はわからなかった。娘のチャーリーには奇行があったので、心配したアニーはピーターに妹をパーティーに連れて行ってくれと頼んだ。

アレルギーを起こしたチャーリーは、搬送された車内から顔を出し、頭が吹き飛んで死んでしまった。相次ぐ悲しみに正気を失ったアニーは、ジョーンという人物に心霊現象の起こし方を教わるようになった。アニーはますます心霊に関心を持つようになり、やがてピーターまでおかしくなってきた。

亡くなった母エミリーの遺品の中に心霊に関するものがあって調べてみると、エミリーはジョーンと付き合っていたようだった。アニーの父はジョーンかもしれなかった。家の屋根裏には首を切り落とされたエミリーの死体があった。アニーとスティーブンは対応を巡って喧嘩になった。アニーはチャーリーのスケッチブックを焼けと言ったがスティーブは警察への連絡を主張した。

スケッチブックを焼くと、スティーブが焼死してしまった。それをピーターが発見した。混乱している母親に追いかけられ、屋根裏へ逃げるとそこには首を括ろうとしている母がいた。咄嗟に窓から飛び降りるとピーターは動かなくなった。そこに悪霊が宿り、ピーターは悪魔ペイモンになった。

<雑感>

アニーはピーターに対して「あんたなんか産みたくなったのに、母に無理矢理産まされた」って口を押さえながら告白する場面があって、そのあたりで大体先が予想できる。しかし、この悪魔になるっていうオチはわからなかった。嫁とふたりできょとんとしたわ。

☆2.8。なんか、「21世紀最高に怖いホラー」との触れ込みだったから嫁と警戒していたのだが、とんだ拍子抜けだった。恐怖演出を頑張っていたのかもしれないが、どのシーンも別に怖くないし、むしろピーターが生まれてきた意味を拒否された場面がつらかったくらいだ。

その生まれてきた意味が、悪魔の王になることと言われても・・・、だから何って。悪魔よりすぐに戦争を引き起こすCIAの方がよほどヤバい集団だろうに。

直近50年で最高のホラー映画なんてウソウソ。21年しかない21世紀限定でも厳しい。





ユーハイム リーベスバウムアソート(LPA33)

ユーハイム リーベスバウムアソート(LPA33)

  • 出版社/メーカー: ユーハイム
  • メディア: その他






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ビューティフル・ネイバー 美しい隣人」(2017年作品)感想 [映画]

スティーヴ・ベーシック監督によるカナダのサスペンス映画。出演はエリザベス・ハーノイス、アンナ・ヴァン・ホフト、ライアン・ウィリアムズ。

<あらすじ>

死産の経験のあるエミリーは、出産を控えて神経質になっていた。そこに隣家のジョンソン宅に同じ妊婦のケリーが引っ越してきた。叔母のジョンソンが亡くなって家を相続したのだという。エミリーは友人のスーザンを伴って挨拶に行った。ケリーはどことなく怪しい雰囲気だった。

ケリーも妊婦だが、彼女は偽装妊娠で、しかも地下に家の持ち主ジョンソン夫人を監禁していた。彼女はエミリーの子供を奪うつもりでいたが、スーザンが邪魔だった。そこで彼女の下着をわざとエミリーの家に置いて夫ピーターとエミリーを喧嘩させ、スーザンも近寄せないようにした。

関係を一方的に断たれたスーザンは、ジョンソン夫人の家政婦を名乗る女性と出会った。彼女は夫人が死んだことを知らなかった。怪しんだスーザンはケリーの家に忍び込んで秘密を知ってしまうが、見つかってしまって撃ち殺されてしまった。

すっかり意気消沈したエミリーは、医者に相談。ケリーに世話になっており信頼していますと答えると、そんな人物は診察していないという。写真で確認してもらうと、その人物、つまりケリーはブリジッド・ミラーが本名で、子宮癌で妊娠できなくなったと知った。

医者は患者のプライバシーのこともあって詳しくは教えてくれなかったが、実はブリジッドが病んでいたとき、病院はエミリーを診察していてブリジッドを後回しにしたのだった。それが原因で妊娠できなくなったと思い込んだ彼女はエミリーの子供は当然自分のものだと思い込んで引っ越してきた。

最後はエミリーにスコップで殴られて死亡。生まれた子はスーザンと名付けられた。

<雑感>

原題は「My Baby Gone」エミリーのお腹の赤ちゃんが無事に出産されるかどうかをタイトルで示してハラハラさせながら、実はケリーの赤ちゃんがすでに去っていたとオチをつけている。上手くまとまった内容なのに、いつものように邦題で台無しにしてしまっている。

隣人が美人かどうかなんて内容に一切関係ない。むしろピーターはスーザンとの浮気を疑われて放り出されるので、「美人の隣人」はまるであらぬ方向に想像させてしまうからまるっきりおかしい。

☆3.0。テレビドラマとしては上出来。それより邦題の酷さにただただガッカリする。





柳月 三方六 バームクーヘン 3個セット

柳月 三方六 バームクーヘン 3個セット

  • 出版社/メーカー: 柳月
  • メディア: その他






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ブラッド・イン・ザ・ウォーター」(2009年作品)感想 [映画]

ベンジャミン・カミングス,・オーソン・カミングス共同監督によるアメリカのサスペンス映画。出演は アレックス・ラッセル、ウィラ・ホランド、ミゲル・ゴメス。

<あらすじ>

フリードグッドは友人パーシーとともに大学時代に麻薬売買で儲けていた。しかしパーシーがドジを踏んで車の所有者であった彼が捕まった。フリードグッドは友人のことを警察に喋らずに自分だけが服役。出所後にパーシーと寝取られたベロニカがいる豪邸へとやってきた。

前科がついて大学も放校されたフリードグッドは、ふたりに麻薬取引を持ち掛ける。もちろん彼はパーシーを深く恨んでおり、パーシーも復讐されるのではと気が気ではない。先手を打ってパーシーは彼を殺そうとし、失敗するとベロニカがフリードグッドを撃ち殺した。

彼らは逃げようとしたが、警察が来た。はじめはウソをついていたが次第にウソは暴かれていき、麻薬取引を手伝ったパーシーは報酬はいらないとフリードグッドを追い払おうとしたが、彼に渡していたのは細工された札束であった。途中で気づいたフリードグッドが金を取りに戻ったところを殺害。

警察はそれを聞くと、金の在処を聞いた。彼はマフィアだったのだ。金を奪った彼は、ふたりを生かして今後も利用することにした。

<雑感>

という内容が時系列バラバラで描かれている。パーシーとベロニカが生き残っているので、ストレスマックス。こいつらが死んでくれないと物足らない。一応は夢溢れる彼らの未来が裏社会との繋がりができたことで潰える内容なのだが、とんだクソカップルなのでマジで死んでほしかった。

☆2.5。時系列バラバラにしなければすぐにオチがわかってしまう内容で、必要に駆られて時系列をいじくってあるわけだが、それがまた集中力を途切れさせる変な編集で最後まで視聴するのがつらい作品であった。


治一郎のバウムクーヘン 4センチ

治一郎のバウムクーヘン 4センチ

  • 出版社/メーカー: 治一郎
  • メディア: その他






治一郎 バウムクーヘン カット10個入

治一郎 バウムクーヘン カット10個入

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: その他






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「フローズン・ブレイク」(2019年作品)感想 [映画]

ティグラン・サハキャン監督によるロシアのパニック映画。出演はイリーナ・アントネンコ、アンドレイ・ナジモフ、イングリット・オレリンスカヤ。

<あらすじ>

ロシアの5人の若者が新年を山頂で祝おうとロープウェイを予約した。遅れてしまったのでトラブルになったが、ロシア人らしく恫喝して動かしてもらった。だが、管理人がロープに巻き込まれて死亡。ゴンドラは途中で止まってしまった。頼みはただひとり乗らなかったキリル。彼は自力で山頂へ。

酒を飲んで陽気な一夜を明かしたもののゴンドラはそのまま。ロープで降りてみるとそこは崖の間で降りるのは不可能。1人がロープを切られて転落。協力するということを知らないロシア人は仲間割れを起こしてさらに1人死亡。男が暴れてさらに窮地に陥る。

キリルはようやく仲間を連絡が取れないことを怪しんで現場へ急行。唯一の生き残りカーチャは恋人のキリルに助けられて九死に一生を得た。

<雑感>

なんで極限状態で喧嘩するんだよ。そこは仲良くやらないとマズイってわかりそうなものなのに。ロシア人、頭おかしい。仲良くして救援を求めることだけに専念すれば助かっていた案件だった。

☆2.2。パニック映画はわかるのだが、唐突に繰り広げられる暴力にウンザリした作品だった。





ギフト パティスリー銀座千疋屋 銀座フルーツクーヘンB(16個入)

ギフト パティスリー銀座千疋屋 銀座フルーツクーヘンB(16個入)

  • 出版社/メーカー: パティスリー銀座千疋屋
  • メディア: 食品&飲料



治一郎のバウムクーヘン 4センチ

治一郎のバウムクーヘン 4センチ

  • 出版社/メーカー: 治一郎
  • メディア: その他



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「CO2」(2010年作品)感想 [映画]

ジョン・デピュー監督によるアメリカのパニック映画。出演はグレース・シン・イム、ジャレッド・スター、ケイト・ベイリー。

<あらすじ>

地震が起きた。何かがおかしい。車のエンジンが掛からない。眩暈がする。地震でガスが噴き出して辺りが二酸化炭素だらけになって酸素がなくなってしまった。酸素がなければエンジンが掛からない。でも酸素ボンベがある。ボンベを頼りに山を下りて街へ。みんな倒れている。ボンベを持っている人間だけが生き残っていた。

みんな逃げるんだ。でも撃たれて死んじゃった。

<雑感>

またしてもアマゾンの謎映画。嫁に選んでもらっているのだが、大体月の真ん中くらいになると低評価作品ばかり見るようになる。いつか謎映画が尽きたら他の動画配信サービスに移行しようと話しているのだが、アマゾンもそこは負けじと謎映画を追加してくる。

今月は謎映画も尽き掛けており、吹き替え版にも手を出している。この作品も字幕版は現在利用不可になっており、吹き替え版のみ。なかなか息苦しい作品である。

地震で二酸化炭素が地中から吹き出し、調査中の男女と謎の東洋人が逃げるのだが、最後はアメリカ人らしく銃で撃たれて死ぬ。酸素がなくなってみんなヨレヨレなのに、銃撃だけは忘れないアメリカ人魂に乾杯である。

☆2.2。謎の東洋人の頬骨が気になって仕方ない作品であった。


ユーハイム リーベスバウム(LP11)

ユーハイム リーベスバウム(LP11)

  • 出版社/メーカー: ユーハイム
  • メディア: その他



キハチバームクーヘンM

キハチバームクーヘンM

  • 出版社/メーカー: 株式会社サザビーリーグ
  • メディア: その他



ギフト パティスリー銀座千疋屋 銀座フルーツクーヘンA (8個入)

ギフト パティスリー銀座千疋屋 銀座フルーツクーヘンA (8個入)

  • 出版社/メーカー: パティスリー銀座千疋屋
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「エルフ物語 ゴス・アズールの化身」(2013年作品)感想 [映画]

ジョン・ライド監督によるアメリカのファンタジー映画。出演はダニエル・チャクラン、リチャード・マクウィリアムス、ポール・D・ハント。

<あらすじ>

邪悪なオークに復讐したエルフは、左腕に刻印を記されてしまった。騎士団のケルタスは、北の地にシャドウが集結している理由を探していた。彼はシャドウが、死の神ゴス・アズールを復活させるために器を運ばせていると聞き出した。

エルフはオークを倒した報奨金を求めたが、刻印の割増金を要求したところ刻印はシャドウの手下のあかしだからと報酬を没収された上に牢に押し込められてしまった。牢にはシャドウの使いマゴット・ガルブローがおた。マゴットはエルフを仲間だと思い、自分の代わりに金貨を持って新月の夜までにギャレットの十字路で神聖なる器と交換してきてほしいと頼んだ。

金貨は流血の石の南にある木の洞にあるという。洞の場所を尋ねるとそこはシャドウなら誰でも知っている土地であったため、仲間ではないと見抜かれてエルフは殺されかけた。しかし逆にマゴットを殺してしまった。エルフはケルタスに助けられて一緒に洞を目指した。

だが器は奪われてしまい、死の神ゴス・アズール復活の儀式は始まってしまった。一行は刻印を記されたエルフを使ってそれを阻止した。エルフは深く傷ついたが、オークの呪いが解けただけで彼女は復活した。

<雑感>

「仮面ライダー」レベルのコスプレ映画なのだが、作りたいものがはっきりしていてこれはこれで好感が持てる内容だった。昨今の面白くもおかしくもないハリウッド大作よりこういう作品の方がいい。

☆3.5。エルフが相手をメッタ刺しにするシーンが何だか笑えて好きだった。エルフって乱暴なキャラなのか?


DUNGEONS&DRAGONS ダークエルフ物語外伝 ネヴァーウィンター物語

DUNGEONS&DRAGONS ダークエルフ物語外伝 ネヴァーウィンター物語

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/12/17
  • メディア: コミック












コメント(0) 
共通テーマ:映画

「メガ・シャークVSグレート・タイタン」(2015年作品)感想 [映画]

クリストファー・レイ監督によるアメリカのサメ映画。出演はイリアナ・ダグラス、エイミー・ライダー、パトリック・ボーショー。

<あらすじ>

違法操業していたロシアのトロール船がメガ・シャークの稚魚を捕獲してしまった。稚魚が急速に成長してトロール船ごと吹き飛ばしてしまう。そのころロシアでは旧ソ連時代の最終決戦兵器グレートタイタンが誤って起動。その巨大な姿を現した。両者は各都市を破壊しながら徐々に近づいてきた。

米軍が右往左往するなかついに両者が激突。グレートタイタンの操縦装置を手に入れた男がメガシャークをも操り、これで終わりかと思われた矢先、男は世界征服の野望があると判明する。各都市を破壊しすると宣言した。米軍は人工衛星兵器で対抗を模索。だがグレートタイタンがメガシャークをブン投げて人工衛星を破壊して作戦は失敗した。

落下の際、メガシャークをコントロールしていた装置が外れてメガシャークが覚醒。グレートタイタンが道連れに自爆して果てた。

<雑感>

内容は凄いのに、肝心のメガシャークとグレートタイタンの出番が少なすぎる。怪獣映画に何を求められているかわかってない。CGもこのレベルなら着ぐるみの方が迫力ある。個人的には着ぐるみで見たかった作品かな。

人間ドラマが長すぎて戦いのシーンが少ないのも不満が残る点。もっとじっくり世界各都市を攻撃してほしかったわ。

☆3.0。不満も多いが、普通サイズのサメより巨大なサメの方に可能性を感じた映画だった。ちなみにグレートタイタンはそのまんま超大型巨人だったわ。





進撃の巨人 超大型巨人タイプ マスク コスチューム用小物 フリーサイズ

進撃の巨人 超大型巨人タイプ マスク コスチューム用小物 フリーサイズ

  • 出版社/メーカー: ノーブランド品
  • メディア: おもちゃ&ホビー



進撃の巨人 MEGAワールドコレクタブルフィギュア vol.1 超大型巨人

進撃の巨人 MEGAワールドコレクタブルフィギュア vol.1 超大型巨人

  • 出版社/メーカー: バンプレスト
  • メディア: おもちゃ&ホビー



進撃の巨人 超大型巨人ムキムキソフビフィギュア(未使用品)

進撃の巨人 超大型巨人ムキムキソフビフィギュア(未使用品)

  • 出版社/メーカー: ノーブランド品
  • メディア:



進撃の巨人 超大型巨人 コスプレ マスク

進撃の巨人 超大型巨人 コスプレ マスク

  • 出版社/メーカー:
  • メディア:



コメント(0) 
共通テーマ:映画