SSブログ

「ザ・スナイパー 孤高の男」(2019年作品)感想 [映画]

J・M・ベリオス監督によるアメリカのアクション映画。出演はスコット・プライアー、ダリン・ヘンソン、エリック・ロバーツ。

<あらすじ>

アフガンで好き勝手殺しまくっていたスナイパーが敵に反撃されて仲間を失い、友人に何か薬を打たれる。友人は肝機能障害を起こして余命3か月。手術しないと死んでしまう。そこで主人公は格闘技の大会に出場して金を稼ぐことにした。しかし最後はどっちも死んでしまう。

<雑感>

アフガンまで出向いて人を殺しまくっていた連中が神よ神よとうるさいこと。全員死ねばいいのでは?

☆0.1。アメリカ人など全員地獄へ堕ちればいいのだ。





シャトレーゼ ダブルシュークリーム 10個入

シャトレーゼ ダブルシュークリーム 10個入

  • 出版社/メーカー: 株式会社シャトレーゼ
  • メディア: その他






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「スリー・ジャッジメント」(2015年作品)感想 [映画]

マーヴィン・ヤング監督によるアメリカのリベンジ映画。出演はチェイス・コールマン、ランス・ヘンリクセン、マーヴィン・ヤング。

<あらすじ>

殺人を犯しながら無罪になった犯罪者と、無念の被害者遺族がそれぞれ3組同時に誘拐されてどこかの部屋に閉じ込められた。犯罪者は椅子に縛られ、ガラス板の向こうに被害者遺族がいる。情報が与えられて裁判が始まった。ところが仕組みがちゃんとしておらず、脱走者が出てしまう。

あとはよくわからない仲間割れやら過去の話。

<雑感>

全然話に統一感がない。何をしたいのか言いたいのかまるで分らない。当初の設定どおりリベンジものにしておけばよかったのに、物語の設定の中で登場人物が勝手に矛盾点を探して動き回る。

☆0.1。こんな映画でも役者はちゃんとしている。





ギフト チーズケーキ パティスリー銀座千疋屋 銀座レアチーズケーキB(10個入)

ギフト チーズケーキ パティスリー銀座千疋屋 銀座レアチーズケーキB(10個入)

  • 出版社/メーカー: パティスリー銀座千疋屋
  • メディア: 食品&飲料






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「サイエンティスト 禁断の実験」(2020年作品)感想 [映画]

デリック・グラナド監督によるアメリカのホラー映画。出演はロブ・ハズペス、クリスティン・キース、アディソン・マクギャリー。

<あらすじ>

美容外科医のスティーブは、妻のダーレン、娘のリリーの3人で仲睦まじく暮らしていた。ところがダーレンが末期癌に侵され余命いくばくもないとわかると彼は妻のために死人を生き返らせる研究に没頭し始めた。研究員で人体実験したところ彼女はゾンビになってしまったが、スティーブは実験が成功したと喜んだ。

何か怪しげな実験をしていると警察が察知してスティーブを追い詰めていく。ダーレンは死んでしまい、スティーブはゾンビ処置を施す。警察はスティーブを押し倒して拳銃を突き付け、はずみで撃ってしまう。死にかけたスティーブだったが、ダーレンがゾンビになってベッドから起き上がるのを見ると満足して死んでいった。

ダーレンは街へ繰り出し、手当たり次第人を噛んでゾンビ菌は世界中に撒き散らされた。

<雑感>

なんだか可哀想。スティーブはいかにも研究職っぽい人物で、モテないタイプ。それが一世一代の勇気を振り絞って告白したのがダーレン。そんな愛妻が末期癌に侵されたら頭がおかしくなってしまうのはやむを得ない。気持ちはわかる。

そして彼の研究が原因となって、ゾンビパニックが引き起こされる。ゾンビパニックの原因になった事件を描いた、風変わりなゾンビものであった。

☆3.0。なんかもう意味が分かるだけでありがたいっていうか、オチをつけてくれて感謝いたしますってくらい酷い映画が多いなか、そこそこ楽しめた。


芦屋スイーツ 人気のお取り寄せ 天空のチーズケーキ 1箱 誕生日ケーキ ギフト 帰歳暮

芦屋スイーツ 人気のお取り寄せ 天空のチーズケーキ 1箱 誕生日ケーキ ギフト 帰歳暮

  • 出版社/メーカー: スイーツ工房フォチェッタ
  • メディア: その他



資生堂パーラー 春のチーズケーキ(さくら味) 6個入

資生堂パーラー 春のチーズケーキ(さくら味) 6個入

  • 出版社/メーカー: 資生堂パーラー
  • メディア: その他






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ザ・マーメイド セイレーンの呪い」(2019年作品)感想 [映画]

ルイーザ・ウォーレン監督によるアメリカのゾンビホラー映画。出演はトム・ヘンドリック、レベッカ・フィンチ、ケイト・ラッシュ。

<あらすじ>

カップル失踪事件を取材中のジェイクは、地元の漁師から海の魔物の仕業だと教えられた。それ以上のことがわからず困惑しているところにチンパンでニガーな恋人がスキンヘッドと浮気している現場を見てしまう。アホらしくなって、ひとり海に佇んでいると・・・。

人魚のゾンビ出現! \(^o^)/

美人だったので、彼はゾンビを助けてしまう。美人とはいえなにせゾンビなので、被害者続出。地元漁師の話では、大昔その漁村に特殊能力を持つ女の子の集団が出来て、彼女らを恐れた地元の男たちが捕まえレイプして手足を切り落として海に投げ捨てたのだという。もっとも強い力を持つ女性が、死んだ仲間が永遠に生きるよう呪文を唱えた。それが事に発端だという。

人魚のゾンビは元は人間だったのだ。何はともあれ、世に絶望していたジェイクは、ゾンビに促されるまま海に入って自殺した。

<雑感>

/(^o^)\ナンテコッタイ また訳が分からないぞ。

黒人の彼女に浮気されたジェイクはもうその時点で死人のようになっていたので最後に死ぬのはいいけれども、なんかさー、助けた人魚のリーダーと恋人になるとかさ、ドラマを盛り上げて死んでくれよって。アウアウアーなゾンビが海を指さして「ほら、死ね」ってやってるわけよ。それで「はい、死にます」ってジェイクは死んでいくんだな。

高橋留美子ならそんなことはしないぞ。

☆1.0。ジェイクの愛でゾンビが人間に戻るとか、何か展開はなかったのかね。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「アパートメント1303号室」(2012年作品)感想 [映画]

ミシェル・タヴェルナ監督によるアメリカ・カナダのホラー映画。出演はリカルド・ダリン、アルベルト・アンマン、アルトゥーロ・プイグ。

<あらすじ>

ジャネットは飲んだくれの母から独立してアパートで暮らし始めた。彼女はそこで飛び降り自殺があったことを知らず生活を始めたが、住人はおかしい人間ばかりで怪奇現象も起こる。気味悪がって実家へ帰りたかったが、母親のララは泥酔しており、やめた方がいいと言われてしまった。

そこで知り合いのマークを呼んで部屋に泊まってもらった。翌朝マークがいないのでシャワールームに入るとそこには少女の姿が。少女はジャネットを持ち上げて窓の外に放り投げた。そのころマークは1階のコンビニにいたが、彼の真後ろにジャネットは落ちてきて死んだ。

ジャネットの姉のララが妹の事件に興味を持って同じアパートに住むことになったが、いきなりジャネットの姿が見えたり怪奇現象が起こりまくる。ジャネットは姉を浴槽に沈めようとしたり、マークを怯えさせたりするが、目的がよくわからない。ララはジョン刑事に事件を相談した。するとその部屋では3年間に4人が自殺しているのだという。もうひとりジェニファーという女性の霊が出現している。

結局マークはジェニファーに襲われて死亡。アパートの変態管理人と子供がララを殺そうとする。そこに酒浸りに母親がやってきてジェニファーに突き飛ばされる。そのときララはナイフを持っていたのでぐさりと刺さって死んでしまう。ジョン警部はララを逮捕した。

<雑感>

??? なんぞ、これ? 原作は日本人らしいが、まるで意味が分からず。行動原理がメチャクチャじゃないのか? なぜこうなった?

☆1.0。そんな悪い映画じゃないはずなのに「いや、そこでそうはならないだろ?」ってシーンばかりで感情移入できないものだからまるで怖くない。日本人の感性とアメリカ人の感性が合わなかったのだろうか?


【チーズガーデン】御用邸チーズケーキ

【チーズガーデン】御用邸チーズケーキ

  • 出版社/メーカー: チーズガーデン
  • メディア: その他












コメント(0) 
共通テーマ:映画

「エクスポーズ 暗闇の迷宮」(2016年作品)感想 [映画]

デクラン・デイル監督によるアメリカのスリラー映画。出演はキアヌ・リーブス、アナ・デ・アルマス、ミラ・ソルヴィノ。

<あらすじ>

スコッティ警部は相棒のジョーイを地下鉄で殺された。彼はハーレムで何か調べ物をした後に殺されていた。続いて情報屋のウォルシュも殺された。どうやらジョーイは麻薬の売人からピンハネしていたらしく、それが知れると遺族が年金をもらえなくなるからと上司に釘を刺されて彼は調査を開始した。

ジョーイが撮影したクラブから出てくる若者の写真を当たるものの、誰もまともに話してくれなかった。ジョーイはレイプ魔で、だれからも嫌われていた。スコッティは、事件現場にあった指輪にイザベラの名前があるのを見つけて、当人を割り出した。

イザベラは、ジョーイが殺された日に地下鉄の構内で宙を浮くキリストを見たと話している人物だった。しかし、戦地に赴いた夫を待つ敬虔な妻であるイザベラは、その日、ジョーイにレイプされていたのだ。そして護身用のナイフで彼を刺し、線路に投げ入れた。

敬虔な彼女は現実を受け入れられず、キリストの物語を作っていたのだ。

<雑感>

キアヌ・リーブス活躍せず。事件は何も解決せず。何だったんだ? 唖然としたわ。

イザベラってのも、敬虔な女性ってことになっているが、クラブに出入りして遊んでいるし、そんな敬虔にも見えないし、殺されたジョーイがクソだってだけの映画だった。

これって、アメリカの左翼が警察を憎むだけのないようじゃないの? こうした作品で洗脳された連中がBLMなんかをやっている気がする。ハリウッドは何年も前からBLMの準備を整えてきたのではなかろうか。と、勘繰らねば納得できないほど内容が薄い。キアヌ起用の意味は?

☆1.0。そこそこちゃんとした映画がテレビドラマ以下の内容とは驚く。





ルタオ LeTAO ドゥーブルフロマージュ

ルタオ LeTAO ドゥーブルフロマージュ

  • 出版社/メーカー: 株式会社ケイシイシイ
  • メディア: その他



資生堂パーラー チーズケーキ6個入

資生堂パーラー チーズケーキ6個入

  • 出版社/メーカー: 資生堂パーラー
  • メディア:



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ボーイフレンド・シークレット」(2018年作品)感想 [映画]

リサ・フランス監督によるアメリカのミステリ映画。出演はケリー・サリヴァン、マイアラ・ウォルシュ、ジョーダン・スミス。

<あらすじ>

インテリアデザイナーのメリッサ・デイビスは、ジョン・アンダーソン宅の内装を提案して受け入れられた。食事に誘われた彼女は、優男の彼に惹かれ、ふたりは付き合うようになった。ところがジョンには悪い噂があった。彼は逮捕されるべき人間だと告発する女性がいたのだ。

会社の同僚がメリッサに協力して、ジョンを調べ始めた。大学で働くという彼を調べたところ、彼の経歴と名前は違っていた。同僚は大学潜入したところをジョンそっくりの人物に襲撃されて、車ごと崖下に落とされた。緊急手術することになった彼の元にメリッサが駆け付けた。

メリッサの同僚はかろうじて命を取り留めた。警察からジョンそっくりの教授に家族がいると聞いたメリッサは、その家へ向かい妻と直接話した。そこへジョンが戻ってきて修羅場となり、殺されそうになったメリッサが逆に撃ち返して事件は幕切れとなった。

<雑感>

ジョンというのは女たらしで、何人もの女を騙していた。妻もそのひとりだったが、彼女は15年連れ添っているうちに「夫はいろんな女に言い寄られて困っている」とウソを吹き込まれていた。それでこじれたが、最後に夫が本性を現したので夫に不利な証言もした。こんな感じ。

結局同一人物だったわけで、これは別人のパターンの方がより複雑化して面白かった気がする。でもテレビドラマ映画だし、こんなものかもしれない。最後はメリッサが同僚と結ばれてハッピーエンド。

☆3.0。2時間もののミステリとしては上出来。





コンディトライ神戸 神戸 バニラフロマージュ チーズケーキ

コンディトライ神戸 神戸 バニラフロマージュ チーズケーキ

  • 出版社/メーカー: コンディトライ神戸
  • メディア: その他



クリオロ CRIOLLO【公式】幻のチーズケーキ(長方形)約2~3名用 贈り物 プレゼント ギフト

クリオロ CRIOLLO【公式】幻のチーズケーキ(長方形)約2~3名用 贈り物 プレゼント ギフト

  • 出版社/メーカー: エコール・クリオロ株式会社
  • メディア: その他



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「モンブラン殺人事件 / memoire de glace」(2006年作品)感想 [映画]

ピエール=アントワーヌ・イロ監督によるフランスのミステリ映画。出演はヤニス・バラバン、リュドミラ・ミカエル、ナタリア・ドンシェーヴァ。

<あらすじ>

モンブランの氷河の中からベルトラン・サンティーニの遺体が発見された。知らせを受けたル・ケレック刑事は調査を開始。するとベルトランは家族に手紙を送っており、家族は息子をずっとオーストラリアで生活しているものと思っていたのだ。ベルトランが死んだのは20歳前後。生きていれば35歳。この15年間彼はどこで何をしていたのか? 手紙を送っていたのは誰なのか?

残された手紙から宝石強盗との関連が見つかり、そちらと合わせて調査していく。浮かび上がったのは通称ポペーと呼ばれる凶悪犯だった。ポペーとベルトランはジャンヌという女性に恋していたとわかる。聞き取りを続けるうちに、村の人間のベルロランに対する複雑な感情が浮かび上がってきた。

ケレック刑事は徐々に自分の上司が何か隠していると感じるようになった。ポペーは明らかに宝石強盗に関わっているはずだったが、関係者は口を閉ざし、それはどうも上司の顔色を窺っているからなのだ。捜査が進む一方、関係者はその上司によって次々に殺されていった。

宝石強盗は自白によってケレックの上司が関与していたと判明。しかし、ベルトランの死因はまだ15歳だったジャンヌが妊娠したことで両親に咎められたことが原因であった。彼を追い込んだのは父であり、それを気に病んだ彼は偽のメールや手紙で妻を欺いてきたのだった。

<雑感>

刑事もののミステリであった。宝石強盗とベルトランの死は薄い接点しかなかったが、ベルトランの父を庇うためにみんなでついたウソが結果として宝石強盗の事件も隠蔽することになり、ベルトランの遺体発見が過去の強盗事件を再浮上させて、真犯人が証拠隠滅を図ろうとしたところを御用。

フランスのテレビドラマ映画で、動画と音声に若干のずれがある。字幕は白のままだと読めない場面があるので、黄色に変更した方がいいはずだ。

☆3.0。アマゾンの評価はやたらと低いが、字幕は画面右上の吹き出しをクリックして変更できる。雪山の場面が多いので、白のままだと確かに読めない。低評価の原因はほぼそれ。





キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタン アンティーク 暖色 LEDランタン キャンプライト ベビーピンク M-1324

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタン アンティーク 暖色 LEDランタン キャンプライト ベビーピンク M-1324

  • 出版社/メーカー: キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
  • 発売日: 2012/02/01
  • メディア: スポーツ用品



スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー ブラック GS-600BK

スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー ブラック GS-600BK

  • 出版社/メーカー: スノーピーク(snow peak)
  • 発売日: 2019/07/13
  • メディア: スポーツ用品






コメント(0) 
共通テーマ:映画