SSブログ

「ヘンリー&メーガン ロイヤルファミリーへの道」(2019年作品)感想 [映画]

メンハジ・フーダ監督によるカナダの英国王室映画。出演はティファニー・スミス、チャーリー・フィールド、チャールズ・ショーネシー。

<あらすじ>

英国王室に嫁いだメーガンの立場を慮った作品。

<雑感>

大変だとは思うが、メーガンはどうかね。☆2.0。伝統に馴染めない女性や男性をその世界に入れることに反対だわ。馴染めないに決まっている。





小田飛鳥写真集『一期一会』

小田飛鳥写真集『一期一会』

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/09/18
  • メディア: 大型本



乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01

乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01

  • 作者: 乃木坂46
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/06/26
  • メディア: 大型本



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「パピヨン」(2019年作品)感想 [映画]

マイケル・ノアー監督によるアメリカ、セルビア、モンテネグロ、マルタの文芸映画。出演はチャーリー・ハナム、ラミ・マレック、イヴ・ヒューソン。

<あらすじ>

ギアナで収監されていたアンリは、体内に金を隠し持つルイの護衛を買って出て、流刑地からの脱獄を目論んだ。何度も失敗して独房に入れられた彼らだったが、ルイは結局流刑地に残り、アンリだけ逃げて回顧録をフランスで出版した。

<雑感>

スティーブ・マックイーンとダフティン・ホフマンの作品のリメイク版。なんか友情みたいな話になっていてガッカリだった。囚人同士の繋がりしかなく、流刑地にまったく馴染めなかったアンリとそこが居場所になってしまったドガの性格の違いが重要じゃないのかな。

☆2.8。友情じゃないのでは?


『凛として 橘花凛写真集』

『凛として 橘花凛写真集』

  • 作者: 西條 彰仁
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2017/01/21
  • メディア: 大型本



白石麻衣 乃木坂46卒業記念メモリアルマガジン

白石麻衣 乃木坂46卒業記念メモリアルマガジン

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/10/21
  • メディア: 大型本



田中理恵写真集 美彩

田中理恵写真集 美彩

  • 出版社/メーカー: コスミック出版
  • 発売日: 2019/12/23
  • メディア: 大型本



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「祝宴!シェフ」(2013年作品)感想 [映画]

チェン・ユーシュン監督による台湾のコメディ映画。出演はリン・メイシウ、トニー・ヤン、キミ・シア。

<あらすじ>

宴席料理界の神と呼ばれた男を父に持つシャオワンだが、本人は料理が下手で台北でモデルをしていた。恋人の借金の保証人になって金が必要になって実家に戻ると、母が細々と料理屋をやっていて、父が遺した財産は全部見せにつぎ込んでしまっていた。

父の思い出の料理が食べたいという老夫婦と、宴席料理のコンテスト出場で金を得ようとしたシャオワンは、自称料理ドクターのルーハイが味方に付いてくれた。優勝間違いなしと意気込むシャオワンのところに、召喚獣を名乗る追っかけがやってきて、彼らとともにコンテストに出場して、関係者として老夫婦も招いた。

しかし料理ドクターは真っ赤な偽物。頼りは父の遺してくれたレシピノートだけ。料理が下手なシャオワンでは勝ち目はないと思われた。しかし相手の失態などもあって、準優勝になった。借金のことはさておき、母娘は台南で弁当屋を始めた。

<雑感>

美食の国台湾がどーのこーのとの触れ込みだったので、もっとすごい料理がたくさん見られると思ったのにそうでもなかった。最後の料理もトマトの卵炒めだし。んー、もっとガッツリ料理の話の方が良かった。台湾の俳優に詳しくないので、主演の女性が有名なのかどうかもわからない。

☆3.2。召喚獣とかいうアイドル(シャオワンはモデル)の追っかけがそのまんま日本のオタクだった。


モーニング娘。'21 牧野真莉愛 写真集 『 真莉愛 二十歳 』

モーニング娘。'21 牧野真莉愛 写真集 『 真莉愛 二十歳 』

  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2021/02/02
  • メディア: 大型本



大原優乃2nd写真集『吐息』

大原優乃2nd写真集『吐息』

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/10/11
  • メディア: 大型本



北向珠夕ファースト写真集『恋夕』

北向珠夕ファースト写真集『恋夕』

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/12/04
  • メディア: 大型本



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「神は死んだのか」(2014年作品)感想 [映画]

ハロルド・クロンク監督によるアメリカの宗教映画。出演はシェーン・ハーパー、ケヴィン・ソルボ、デビッド・ホワイト。

<あらすじ>

唯物論者のラディソン教授に神はいないと書けと命令されたクリスチャンのジョシュは、神の存在証明をみんなの前で行うことになった。ラディソン教授が唯物論者になった理由は、祈ったのに母の病気を救ってくれなかったから。ジョシュは「あなたは神を憎んでいる。何故存在しないものを憎めるのか」と問いかけ、討論に勝利した。

唯物論者のラディソン教授は、ひき逃げに遭って、牧師に看取られながら死んでいった。

<雑感>

これは酷い。神の存在を信じない人間に次々に不幸を与えて最後に殺すだけかい。なんて傲慢な神学論なんだ。それに、神を憎んだから神がいるという存在証明にはならない。ラディソン教授が神への憎しみを失ったらそこで振出しに戻るじゃないか。

☆0.6。酷い宗教観。アメリカ大陸に神がいたとしたら、こんな不敬な映画を撮ってるやつらが裁かれているはずだ。彼らが何の罰も受けていないのなら、神はいないということだ。神の存在を信じたいのなら、不敬極まる自分の罰を受け入れよ。


川崎あや引退写真集『ジャパニーズ グラビア』 YJ PHOTO BOOK

川崎あや引退写真集『ジャパニーズ グラビア』 YJ PHOTO BOOK

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2020/01/23
  • メディア: Kindle版



石田桃香 ファースト写真集『MOMOKA』

石田桃香 ファースト写真集『MOMOKA』

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/02/12
  • メディア: 大型本



RIONファースト写真集『my home』

RIONファースト写真集『my home』

  • 出版社/メーカー: ジーオーティー
  • 発売日: 2019/02/22
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ジュゼップ」(2020年作品)感想 [映画]

オーレル監督によるフランス・スペイン・ベルギーのアニメ映画。

<あらすじ>

スペイン内戦で敗れた共産主義者たちは、フランス国境へと逃れた。フランスの憲兵は彼ら難民を嫌っていた。フランス政府もまた彼らを嫌っていた。難民たちは国境付近の強制収容所に押し込められた。憲兵はそこでスペインの画家と知り合った。立場上厚意にはできないが、できる限りのことをした。

紙と鉛筆を貰った彼は、強制収容所の中の絵を描き溜めた。戦後になり、フランスで画家として生計を立てるようになった彼は、そのときに描いた絵を画集にした。

<雑感>

ジョセップ・バルトリの実体験を基に、彼を微力ながら助けた元憲兵が昔の記憶を辿りながら語る形式のアニメになっている。元憲兵は病院に死にかけており、見舞いに訪れた孫にフランスが行った過去の過ちを諭すように、ジョセップ・バルトリの画集を託す。

孫ははじめこそ興味を示さなかったが、やがておじいちゃんの記憶を大事なものとして受け取る。こうした祖父から孫へ過去の物語を託す話は泣ける。オレも父方母方双方の祖父から多くの話を聞いて育った。

☆5.0。ジョセップ・バルトリの絵を紹介してイメージに近いものを動かすことがこの作品の目的なので、いわゆる日本のアニメーションをイメージするとあまりの違いに驚くかもしれない。しかし、アニメのアートワークって本来自由なもので、型にはまりすぎている日本のアニメの方が問題があるのだ。


桃月なしこ1st写真集 未完 (YOUNG MAGAZINE SPECIAL EDITION)

桃月なしこ1st写真集 未完 (YOUNG MAGAZINE SPECIAL EDITION)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/11/11
  • メディア: 大型本



『BONNIE 葉月あや写真集』

『BONNIE 葉月あや写真集』

  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2019/12/11
  • メディア: 大型本



RIONファースト写真集『my home』

RIONファースト写真集『my home』

  • 出版社/メーカー: ジーオーティー
  • 発売日: 2019/02/22
  • メディア: Kindle版



石田桃香 ファースト写真集『MOMOKA』

石田桃香 ファースト写真集『MOMOKA』

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/02/12
  • メディア: 大型本



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ジャスト・キッズ」(2019年作品)感想 [映画]

クリストフ・ブラン監督によるフランス・スイスのヒューマンドラマ映画。出演はケイシー・モッテ・クライン、アナマリア・バルトロメイ、アンジェリーナ・ヴォレス。

<あらすじ>

ジャック、リザ、マティスの母が死んだ。ギャンブル好きの父も死んだ。残された子供たちは長男が面倒を見ることになった。彼は高校を中退して働いていた。

しかし、ジャックもまだ子供だった。悪い仲間もいれば、悪いこともする。妹と弟のことは愛しているが、仲間とはなかなか手が切れるものではない。預けられた大金を元手に競馬で増やそうとして失敗した彼は、その仲間たちからこっぴどい仕返しを受けた。

妹と弟は彼を心配して駆けつけてきてくれた。

<雑感>

3人の兄弟がそれぞれ自分が置かれた状況を受け入れてその生活に慣れようとしていく話で、中でも親代わりをして兄弟の面倒を見ることになったジャックの苦しい心の裡をよく描いていた。

ワル仲間たちの無軌道ぶりに調子を合わせながらでしか自分の居場所は確保できない。それが本来のジャックの立場で、そこにいる限り彼は仲間から外れていく存在ではない。しかし、大人として妹弟の面倒を見なければいけなくなると、ワル仲間に合わせて生きるわけにはいかない。

金さえあれば孤立は怖くないが、肝心の金はない。預かった金を競馬で増やせれば、孤立を恐れずに済む。その考えが甘く、彼は殴られ、現実を思い知らされる。一方で、金を使い込んだことで仲間と縁が切れて、孤立と自由を手に入れることができた。

☆4.0。どこの国にもつらい現実に直面している人はいる。国家が助けなければいけないのは自国民であって、他国から逃げてくる難民ではないのだ。フランス政府は移民に甘すぎる。


大島由香里 ファースト写真集『モノローグ』

大島由香里 ファースト写真集『モノローグ』

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/02/22
  • メディア: 大型本



小澤美奈瀬写真集『Challenge!』

小澤美奈瀬写真集『Challenge!』

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/03/05
  • メディア: 大型本



メロディー雛マークス1st.写真集 雛 (アイドルコレクション)

メロディー雛マークス1st.写真集 雛 (アイドルコレクション)

  • 作者: メロディー雛マークス
  • 出版社/メーカー: エスデジタル
  • 発売日: 2020/11/13
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「進撃の巨人 The Final Season」(2021年冬作品)第11話 感想 [アニメ/特撮]

第70話「偽り者」

fin.jpg


<雑感>

日出国が飛行船を提供した部分が過去の回想で、他は現在の話ということでいいのだろうか。先週もそうだったが、原作を読まずに見ている層にはわかりづらい構成だった。ファルコとガビが脱走してマーレ訛りのエルディア人に匿われ、マーレの洗脳教育が揺らいでいる様子から、何かありそう。

エルディア人と一緒に彼らを解放する戦いに身を投じるとは思えないので、エレンと調査兵団が袂を分かつことがあれば、調査兵団と活動を共にする可能性もある。

その調査兵団はエレンとジークを別々に隔離しながら、「エレンの暴走」の真意を探っている状態。エレンとジークの間で何らかの合意があって、飛行船のシーンになったはずだが、その合意の場面はまだ映像になっていないはず。それが4年前なのか、時系列が整理されていないのでわかりづらい。

反マーレ派義勇兵がジークの考えを伝えているはずで、それに調査兵団が乗った形になっているのだろうが、そのときに聞いたジークの作戦からエレンが逸脱して、一部の調査兵団のメンバーがエレンに同調してしまっているとの解釈でいいのだろうか。

監督が変わってわかりづらくなったなぁ。原作を読んでいればどうということはないのだろうが。

マーレに潜入したエレンが飛行船に回収されたときにリヴァイに蹴られているので、そのときにはすでに暴走や作戦からの逸脱があったはずだが、肝心の作戦(エレンとジークの間の合意)がわからないから、何がどう逸脱してミカサからも避けられているのかまだわからない。

賛同者の若者たちは、地ならしでエルディア人を救うみたいな話に希望を見い出しているように見受けられたので、彼らはエレンが壁の中の巨人を蘇らせて世界を滅ぼし、エルディア人を救うしか自分たちが生き残るすべはないと覚悟を決めているようだった。

では、最初のジークとエレンの間にあったはずの合意はいつなされたのか、エレンはいつ翻意してジークの作戦を逸脱したのか、反マーレ義勇兵はどちらに関与しているのか、この辺りをスッキリさせたいのだが、この構成のまま続いていくとスッキリしないまま終わってしまいそうである。


進撃の巨人 調査兵団 レインポンチョ/MOSS

進撃の巨人 調査兵団 レインポンチョ/MOSS

  • 出版社/メーカー: コスパ(COSPA)
  • 発売日: 2021/01/31
  • メディア: おもちゃ&ホビー









進撃の巨人 調査兵団エンブレム M 51ジャケットモス XLサイズ

進撃の巨人 調査兵団エンブレム M 51ジャケットモス XLサイズ

  • 出版社/メーカー: コスパ(COSPA)
  • 発売日: 2019/02/15
  • メディア: おもちゃ&ホビー






コメント(2) 
共通テーマ:アニメ