SSブログ

【THE OUTSIDER FIGHTチャンネル】感想65 [プロレス・格闘技]

チャンネル登録者数2万5100人。なんで数百人ずつ増えるんだろう? 不思議だ。

OUTSIDER.jpg


樋口武大VS松岡洋平 THE OUTSIDER第30戦

レフェリーストップで樋口の勝利。綺麗な寝技だ。ひとつひとつちゃんと形を作って極めにいってる。チャンピオンの幕が無断で他団体の大会に出場したとかで、トーナメントやり直しの試合だったようだ。

水野誠大 vs GONDAI THE OUTSIDER第30戦

裸締めでGONDAIの勝利。GONDAIはDEEPに出てたな。

安谷屋智弘VS古田博之 THE OUTSIDER第30戦

KOで古谷の勝利。安谷屋はフックの大振りが単調になってしまって合わせられてしまった。

庵野隆馬VS Lip.K.唯暎 THE OUTSIDER第30戦

裸締めでLip.K.唯暎の勝利。庵野は大阪大会をぶち壊して恨まれてるな。試合後大荒れ。

長谷川直輝VS天照シゲナリ THE OUTSIDER第31戦

三角締めで天照の勝利。心なしか神々しい。いろんなキャラがいるなぁ。アニメみたいだ。

麦わらのユウタVS下村俊一 THE OUTSIDER第31戦

レフェリーストップでユウタの勝利。どっちも好きな選手だが、下村はインファイトに持ち込めずに苦戦。ユウタはロングレンジのハイキックが当たって終始先に攻めた。

滝本光成VS星野一麿 THE OUTSIDER第31戦

TKOで滝本の勝利。星野は的確に当てていたのだが、パンチ力が弱くて相手に効いていなかった。

金子翔太VS吉野正岐 THE OUTSIDER第31戦

KOで吉野の勝利。どっちもまだ落ち着きがない感じ。慣れるともっとやれると思う。

<雑感>

今回はカメラの正面が花道になっていて、空席が映っていないイベントだった。

最近朝日昇の動画を観ていて、まぁ佐山先生関連のものだけなんだけど、修斗の客は友達の試合が終わったらみんなメインの試合も観ずに帰っちゃうみたいな話があって、たぶんTHE OUTSIDERなんてその傾向が強かったんだろうなって。やっぱりいい席は高く売って、良い客に座ってもらうに限る。最後まで見てくれるからね。

THE OUTSIDER復活の暁には魅せる演出に磨きが掛かっているといいなー。その方が選手も盛り上がるだろうし。











コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「進撃の巨人 The Final Season」(2021年冬作品)第10話 感想 [アニメ/特撮]

第69話「正論」

fin.jpg


<雑感>

ジークとエレンが接触した。ふたりは何か密談を交わし、何らかの合意を得た。その後、エレンの態度が少しずつ変わり、調査兵団との間に溝が出来ていく。そして単独で島外へ出てしまい、手紙で計画を打ち明け、調査兵団を自分がいる場所へ誘いこんでテロ活動を行った。

それらが時系列バラバラで説明されているようだ。

ジークとエレンが接触したときに「日出国」みたいなのが来て、ミカサが彼らの血を引く王家の人間だと判明。島の資源を独占しようとする彼らの計画にパラディ島が反発。ヒストリアが妊娠。

起きたことは全部分かったが、時系列がよくわからない。ヒストリアが妊娠したのはエレンが島外に出る前なのか後なのか。鉄道を敷いたのは以前の出来事。そのときに確認された友情が、サシャの死で壊れかけている。だがこれは、複線っぽい。エレンはパラディ島の人間全体の幸福、ヒストリアの幸福、ミカサの幸福を追求した結果、ジークと手を組んだはず。

ヒストリアの唐突な妊娠をミスリードや伏線として使うなら、パラディ島の人間を不妊にして子供が作れないようにすれば一応問題は解決する。でもそんなジェノサイドみたいなことはみんな反対。なんだろうなぁ。生まれてくるヒストリアの子とミカサだけ日出国へ逃がすのだろうか?

これはミカサが納得しそうにない。アッカーマン家のリヴァイとミカサは劇中で死ぬことがあってもそのまま信じてはいけなさそうだ。アッカーマン家のふたりと、ヒストリアの子供は作劇上で繋がりがあるはず。エレンとジークの計画や、おそらくは地ならし強硬みたいなエレンの暴走があるだろうから、そこで何かがあるはずなんだよな。

ジークはこのふたつについて情報不足だが、エレンは何か勘づいていて、例えばパラディ島の人間を不妊にして絶滅させるからとジークを安心させて、別の目論見があるとか。んーーー、それだったら、不妊がジークの計画である方が収まりがいいか。エレンはジークの計画に乗ったふりをして、アッカーマン家のふたりにだけ本当の計画を話している。そして協力させている。ふたりは途中で死亡を装って姿をくらます。ヘイトを一身に集めたエレンをパラディ島の人間に殺させる。それで島外の人間の信頼を得る。

不妊させたのでもう巨人の能力は継承しません、獣の巨人は死にました、王家の人間は絶滅しました、始祖の巨人のエレンも死にました、これで世界を安心させるのか? 資源があるから巨人になることがないと分かれば、許されるのかも。

面白い。でも今回は時系列がわかりにくかった。こんなところか。


「進撃の巨人」The Final Season 1(初回限定Blu-ray)(特典なし)

「進撃の巨人」The Final Season 1(初回限定Blu-ray)(特典なし)

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2021/05/19
  • メディア: Blu-ray



「進撃の巨人」The Final Season 2(初回限定Blu-ray)(特典なし)

「進撃の巨人」The Final Season 2(初回限定Blu-ray)(特典なし)

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2021/07/21
  • メディア: Blu-ray



【Amazon.co.jp限定】「進撃の巨人」The Final Season 1(初回限定Blu-ray)(L判ビジュアルシート10枚セット付)

【Amazon.co.jp限定】「進撃の巨人」The Final Season 1(初回限定Blu-ray)(L判ビジュアルシート10枚セット付)

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2021/05/19
  • メディア: Blu-ray



【Amazon.co.jp限定】「進撃の巨人」The Final Season 2(初回限定Blu-ray)(L判ビジュアルシート10枚セット付)

【Amazon.co.jp限定】「進撃の巨人」The Final Season 2(初回限定Blu-ray)(L判ビジュアルシート10枚セット付)

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2021/07/21
  • メディア: Blu-ray



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ロストマネー 偽りの報酬 / Widows」(2018年作品)感想 [映画]

スティーヴ・マックイーン監督によるアメリカ・イギリスのスリラー映画。出演はヴィオラ・デイヴィス、ミシェル・ロドリゲス、エリザベス・デビッキ。

<あらすじ>

200万ドルが奪われる。強奪犯は全員死亡。金は行方不明に。200万ドルを奪われたのは、シカゴ知事選に立候補しているジャマール・マニング。彼は強盗団主犯の妻ヴェロニカに、奪った金を返せと言ってきた。ジャマールの弟は危険人物。途方に暮れていると、夫が遺した500万ドル強奪計画を発見した。

ヴェロニカは強盗団の妻たちを集めて、この計画を実行に移すことを提案。女たちは仕方なく同意して、素人ながら強盗をやることになった。狙いはジャマールの対立候補で前職の息子ジャック・マリガン陣営から金を奪うことだった。計画は艱難辛苦の末に成功したが、実はヴェロニカの夫は生きていた。

すべては選挙のためだった。女たちは男たちに利用されていただけなのだ。ヴェロニカ(黒人)の夫(白人)は、妻を散々利用して金を得て、あわよくば彼女を計画途中で死なせて白人の女と新しい家庭を持つつもりだった。そうと分かった彼女は、夫を撃ち殺して遺体を焼いた。金は図書館建設のために寄付をした。

<雑感>

とてもよくできた映画で、男性の不条理な暴力や支配に怯える女性の立場をちゃんと描いてあった。ただ、邦題があまりに酷くないか? Widowsは寡婦のことで、強盗中に夫が死んだことでヴェロニカが寡婦になること、夫が妻を裏切って去っていき寡婦になること、妻が自分の手で夫を殺して寡婦になることと意味合いが変化するところが重要だと思う。

夫が死んだことでヴェロニカが寡婦になるとき、ヴェロニカにあるのは悲劇だ。夫が妻を裏切って去っていき寡婦になることは屈辱だ。妻が自分の手で夫を殺して寡婦になることは解放だ。悲劇、屈辱、解放。この変化があることで、男性と女性の暴力を介した格差が描かれているはずである。

アイザック・アシモフのミステリに「黒後家蜘蛛の会(ブラック・ウィドワーズ)」がある。これは、毎月1回好事家の男たちが集まって会食をすることで、家で妻が寡婦になっていること、役割が終わったら食われる運命にあるクロゴケグモに男たちをなぞらえた作品で、給仕のヘンリーが毎回探偵役になる楽しい作品だ。

この作品のWidowsも、単なる寡婦ではなく、最後に男を食うブラック・ウィドワーズの意味合いも掛かっている。後家になることの意味合いの変化と、最後に男を食って復讐する意味合い、女性が主導する世界の平穏さへの希求、そんなものが全部Widowsに込められている。

それが「ロストマネー 偽りの報酬」? 全然世界観を表していないんですけど。こりゃどうなんですかね? 作品はかなり良くできたA級作品なのに、邦題で、つまり日本の配給会社が作品をB級に突き落としてしまうなんてあっていいのかと。

「Widows」は☆4.5。「ロストマネー 偽りの報酬」は☆2.0。同じ映画でもこれくらい差があるよ。

邦画界、終わってる。





熊本もっこすラーメン 123g×10個

熊本もっこすラーメン 123g×10個

  • 出版社/メーカー: 五木食品
  • メディア: 食品&飲料






アイランド食品 箱入ラーメン博多だるま 3食

アイランド食品 箱入ラーメン博多だるま 3食

  • 出版社/メーカー: アイランド食品
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ロスト・フロア」(2013年作品)感想 [映画]

パチ・アメスクア監督によるスペイン・アルゼンチンのサスペンス映画。出演はリカルド・ダリン、ベレン・ルエダ、オズバルド・サントロ。

<あらすじ>

弁護士のセバスチャンは、子供たちを学校に送迎する際に、マンションの1階まで競争することになった。セバスチャンはエレベーターで降り、子供たちを待ち構えていたが一向に降りてこない。そのまま行方不明になったのだ。いろいろ聞いて回ったり、住民である警視に相談しても行方はわからない。

2時間後、犯人から電話が掛かり、身代金10万ドルを要求された。金を作り、受け渡し場所で少年に託した。子供たちは無事。だが話はそうではなかった。

子供たちは警視の部屋にいたのだ。そして金を受け取ったのは妻であった。妻は子供を連れてスペインへ行くという。離婚届にサインをさせられた。すべてが彼女の狂言だった。ところが子供たちは事実に気づいて、母と別れて父親の元に残った。

<雑感>

おいおい、そんなオチかよ。マンションの住人全員が妻の協力者だった。そんなことってあるのか? そこまで嫌われる弁護士の夫って一体?

離婚協議をしても、有能な弁護士である夫には敵わないからと狂言誘拐で10万ドルゲット。夫の仕事が忙しいことを調べた上で子供たちを連れて逃亡しようとしたら、夫は仕事を投げ打って空港に駆けつけてきた。子供たちは母親について行かず、彼女だけが逃げるように飛行機に乗る。

しかもこの夫、なぜか皆に嫌われまくっている。最後の最後に子供たちだけが彼を好いてくれたというところに涙すればいいのだろうか。話は単純だしありがちなトリックだったが、犯人(妻)の動機が驚きだったのと、映画の趣旨ってものに驚いたわ。

☆3.0。楽しむポイントをことごとくズラしてきており、そこが意外性に繋がっているものの、意外過ぎてポカンとしたままどこをどう楽しんでいいのかわからなくなる不思議な映画だった。








北海道繁盛店対決ラーメン 12食 HTR-30

北海道繁盛店対決ラーメン 12食 HTR-30

  • 出版社/メーカー: アピデ
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「マキシマム・ソルジャー」(2013年作品)感想 [映画]

ピーター・ハイアムズ監督によるカナダのアクションスリラー映画。出演はジャン=クロード・ヴァン・ダム、トム・エヴェレット・スコット、オーランド・ジョーンズ。

<あらすじ>

ヘロインの密輸飛行機がアメリカとカナダの国境にある湖に落下。そこで国境警備の仕事をしていた元海軍のヘンリー・テイラーは、ザンダーに率いられた悪党どもとの戦いを余儀なくされた。

ランボーバリのトラップの数々で敵を翻弄した彼は、悪漢どもを皆殺しにした。

<雑感>

白人男性が暴力で相手を支配する数多作られたテンプレ映画のひとつ。何ひとつ目新しいことはなく、設定から何から「ランボー」(1982年作品)のまんま。しかもスタローンほど魅力的じゃない。

「ランボー」はベトナム帰還兵の窮状を訴える社会的な意義もあって評価されたのだが、こちらのランボーもどきさんは、飼っていたガチョウだか何だかを祖母に食われて菜食主義者になったとか意味が分からん。もう「ランボー」を作れる時代じゃなくなっているのだろう。

☆1.0。それなのに作ってるんだもんなぁ。ネタ切れなら白旗を上げなさい。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「バッド・ダディ 史上最悪のツアーガイド」(2011年作品)感想 [映画]

スティーブン・ヘレク監督によるアメリカのコメディ映画。出演はポール・レヴェック(トリプルH)、アリエル・ウィンター、ケヴィン・コリガン。

<あらすじ>

前科者のレイは出所して家族の元へ戻ったが、すぐに帰れと言われてしまった。心を入れ替えて家族のために尽くしたかったので、学校に押しかけて観ても結果は同じ。娘にも強く拒否されてしまった。しかしトラブル解決に手を貸したことで、修学旅行の添乗員を頼まれて引き受けることにした。

以前の仲間であった悪い連中から仕事を頼まれた彼はこれを断った。すると連中は修学旅行に絡んできたので、レイはこれを撃退した。

<雑感>

元プロレスラー主演のハートフルコメディなので、WWEが金を出している作品かもしれない。前科者の父親が娘と仲直りする作品だ。

☆1.0。白人がイキってるだけに見えてしまう。巨漢の男を主演にする内容じゃなかったかも。


ラーメン 九州ご当地ラーメン 食べ比べセット 5食入

ラーメン 九州ご当地ラーメン 食べ比べセット 5食入

  • 出版社/メーカー: 朝ごはん本舗
  • メディア:









コメント(0) 
共通テーマ:映画

「Alone in the Dark 2」(2008年作品)感想 [映画]

マイケル・ローシュ、ピーター・シェラー共同監督によるアメリカのアクションスリラー映画。出演はリック・ユーン、レイチェル・スペクター、ランス・ヘンリクセン。

<あらすじ>

「Alone in the Dark」(2005年作品)の続編。713部隊は壊滅。生き残りが集まって戦っている。

<雑感>

☆1.0。微妙だった1作目の続編だけあって、B級もいいところ。1作目は予算だけはありそうだったが、これはそれも尽きたらしい。














コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ナイトスクール」(2018年作品)感想 [映画]

マルコム・D・リー監督によるアメリカのコメディ映画。出演はケヴィン・ハート、ティファニー・ハディッシュ、ロブ・リグル。

<あらすじ>

学校に馴染めず高校を中退したテディ・ウォーカーは、金持ちを偽ってセレブな女性と付き合っていた。BBQ店を譲ると言われて有頂天になった彼は彼女に求婚。ところが店は爆発してしまい目論見は外れた。金融の仕事には高卒資格が必要だった。そこで彼は高校の夜間に通うことになった。

そこで判明したのが、テディの学習障害。黒人教師のキャリーは必死に彼をサポートした。そこへ金持ちの恋人が出現。正直に話すと呆れられて女は逃げていった。勉強する意義を見失ったテディであったが、キャリーに説得されて私見に何度もトライして、無事に高校を卒業した。

<雑感>

いけ好かん女はなぜかテディと仲直りしてしまう。最後の最後がちょっとガッカリだったかな。仲直りなんかしなくてもよかったのに。

☆3.5。学習障害というか、単にIQが低いだけでは・・・? 一番面白かったのは、翻訳して字幕を作った人がヒックマン朋子だったところかな。ベンジャミン伊藤みたい。





男性好みの名店ご当地ラーメン詰め合わせセット 10種類20食

男性好みの名店ご当地ラーメン詰め合わせセット 10種類20食

  • 出版社/メーカー: アイランド食品
  • メディア:






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「デイブは宇宙船 / Meet Dave」(2008年作品)感想 [映画]

ブライアン・ロビンス監督によるアメリカのコメディ映画。出演はエディ・マーフィ、エリザベス・バンクス、ガブリエル・ユニオン。

<あらすじ>

ヒト型宇宙船に乗って塩を集めるために地球へやってきたエイリアンたちは、塩を収集するのに必要なオーブを探し求めるが、それは小さな隕石として所有者が変わっていた。ヒト型宇宙船を操縦しながら探し求め、ついに海水の吸い上げ作業に取り掛かった。

宇宙船のエネルギーが残り少なくなり、このまま帰ろうとしたとき、スタンガンで攻撃されてこれが充電となり宇宙船は復活。最後は脱出艇(脚)を切り離して、エイリアンは逃げていった。

<雑感>

日本未公開作品で、アメリカでの評判も散々だった映画。しかしこれはそれほど悪くはない。エディ・マーフィの傲慢な性格が知れ渡り、人気が落ちていただけだ。もっと若手の黒人俳優が演じていれば、もっとヒットしたかもしれない。

☆4.0。時代と合わなくなってきた部分もある。2000年以降はもっとイキり散らかした映画が増えて、90年代風のコメディはウケが悪くなっていた。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「星の王子ニューヨークへ行く」(1988年作品)感想 [映画]

ジョン・ランディス監督によるアメリカのコメディ映画。出演はエディ・マーフィ、シャーリー・ヘドリー、アーセニオ・ホール、マッジ・シンクレア。

<あらすじ>

アフリカのザムンダ王国の王子アキームは、親に結婚相手を決められるのが嫌でニューヨークの安アパートで暮らし始めた。そこで出会った女性リサと惹かれ合った彼だったが、許嫁を捨てることを許さない王に見つかってアフリカへ連れ戻されてしまう。

王妃は息子を気遣い、王に慣習を変えるように頼んだ。結婚式当日、浮かない顔で花嫁のベールを上げると、立っていたのはリサだった。

<雑感>

この作品は、エディ・マーフィがもし成功したら絶対にやりたいと思っていた会心の企画らしい。それは、白人の裕福なアメリカ人のホームコメディを、黒人だけで成し遂げるという企画だった。これが大変なヒット作となり、アメリカのホームコメディに出演する黒人のテンプレートを劇的に変えたそうだ。と、ニューヨークポストの記事で読んだことがある。

オレの英語力はこのころがピークだったな・・・。

☆4.0。日本語で言うところのテンプレートは、フランスではフォーミュラというらしいが、英語ではなんだろう? 「ハリウッド映画のフォーミュラ」なんて表現は聞いたことないし。





全国ご当地ラーメン バラエティセットA (乾麺1食×8種類) 640g

全国ご当地ラーメン バラエティセットA (乾麺1食×8種類) 640g

  • 出版社/メーカー: クックランド
  • メディア: 食品&飲料






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「48時間Part2 / 帰ってきたふたり」(1990年作品)感想 [映画]

ウォルター・ヒル監督によるアメリカのアクションコメディ映画。出演はエディ・マーフィ、ニック・ノルティ、ブライオン・ジェームズ。

<あらすじ>

7年前に倒した脱獄犯の弟が復讐するためにやってきた。ふたたびコンビを組んだふたりは、弟のチェリーを返り討ちにした。

<雑感>

まぁ有名な話なんであらすじは簡単にしてある。ネタバレしておくと、アイスマンはキーホーだ。

実はこのころのエディ・マーフィのインタビューを、CUTかHで読んだのだが、まぁ傲慢なこと。確かに出る映画がすべて全米NO1になるような状態だったから、いい気になるのもやむを得ないのかもしれないが、それにしてもかつての共演者であるニック・ノルティのことをバカにしまくる。

1作目で共演したときに、ニック・ノルティがエディ・マーフィを見下すような発言を何度かしたらしいんだね。それで8年後に共演したときにも同じように接してきたことが気に入らなかったらしく、なんで売れっ子のオレがあんたみたいな万年B級の役者にへりくだらなきゃいけないんだって口にしてしまって、現場の雰囲気は最悪だったそうだ。

☆4.0。映画は面白いけれども、そういう裏の話を聞いてしまってから、エディ・マーフィのことは好きではなくなった。表裏のある人間は好かれないよ。


マルタイ まるごと九州を食す 7袋入14人前

マルタイ まるごと九州を食す 7袋入14人前

  • 出版社/メーカー: マルタイ
  • メディア: 食品&飲料






インスタント麺(袋麺)24種セット

インスタント麺(袋麺)24種セット

  • 出版社/メーカー: ノーブランド品
  • メディア:



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「48時間」(1982年作品)感想 [映画]

ウォルター・ヒル監督によるアメリカのアクションコメディ映画。出演はエディ・マーフィ、ニック・ノルティ、フランク・マクレー。

<あらすじ>

脱走犯がかつて入手した50万ドルを巡って警察とかつての仲間と争う話。

<雑感>

懐かしい。これは劇場には行ってないはずだが、テレビで何度も見た。エディ・マーフィの出世作のひとつで、当時はまだニック・ノルティの方が映画でのキャリアは上だった。まだエディ・マーフィはコメディアン扱いだったんじゃないかな。

エディ・マーフィが映画で成功した秘訣は、コメディアン時代以上のことをやらなかったからだろう。彼はコメディアンとして何かを演じて笑いを取っていた。その延長線上で演技をしており、必要以上、能力以上のことはやっていない。やろうとした作品は失敗してるんじゃないかな。

☆4.0。個人的な感想は懐かしいの一言に尽きる。


ニュータッチ 凄麺 12種セット

ニュータッチ 凄麺 12種セット

  • 出版社/メーカー: ヤマダイ
  • メディア:



マルタイ 九州 ご当地 棒ラーメン シリーズ 2食 8種 詰め合わせ

マルタイ 九州 ご当地 棒ラーメン シリーズ 2食 8種 詰め合わせ

  • 出版社/メーカー: マルタイ
  • メディア: その他






コメント(0) 
共通テーマ:映画