SSブログ

【トランプ△】弾劾決議は否決 [政治]

トランプ前大統領の弾劾決議の2回目が行われ、賛成57-反対43で否決された。

記事:http://totalnewsjp.com/2021/02/14/trump-610/

記事:http://totalnewsjp.com/2021/02/14/trump-611/

共和党の裏切り者は7人。内訳はノースカロライナ州のリチャード・バー、ルイジアナ州のビル・キャシディ、メイン州のスーザン・コリンズ、アラスカ州のリサ・ムルコウスキー、ユタ州のミット・ロムニー、ネブラスカ州のベン・サッセ、ペンシルベニア州のパット・トゥーミー。

彼らはブッシュ派の共和党員で、グローバリスト。さらにハニートラップに引っ掛かっていたり買収疑惑のある議員もいる。これらはいまの段階では疑惑だが、弾劾裁判から解放されたトランプのMEGA(Make America Great Again・アメリカを再び偉大に)活動は始まったばかり。

この活動の内容なのだが、世界中で戦争して勝ちまくることを目指しているわけではないのが特徴。彼らは相互不干渉主義(モンロー主義)を目指しており、内政に注力することでアメリカ人の生活の質を上げていこうとしているのだ。だから、日本に核を持て、もっと軍事費を上げて米軍の負担を減らせと迫ってくる。

チャーチルがアメリカをモンロー主義のゆりかごから引きずり出して80年近くになるが、モンロー主義時代のアメリカが最も豊かであったことを思えば、彼らの目指す理想がわかるというもの。

戦後民主主義者ではまるでついていけない新しい世界が始まるのだ。











コメント(0) 

「処刑台の獣たち」(2016年作品)感想 [映画]

マーク・マックィーン監督によるイギリスのクライムアクション映画。出演はクレイグ・フェアブラス、ジェームズ・コスモ、メム・フェルダ。

<あらすじ>

強盗団の狩猟が父親を殺され、預けていた金も奪われる。相手はギャング。妻を逃がし、復讐を決意。すると警官に襲撃されてしまう。裏切り者を炙り出して次々に復讐を果たす。だが所詮は強盗なので、誰もこいつに敬意は払わない。どんどん裏切られ、ひたすら殺して逃げる。

<雑感>

魅力なし。それに尽きる。泥棒とギャング、汚職警官、みんな死ねばいいのにくらいの感想しか湧かない。

☆1.8。クズ同士が殺し合っても何の感慨もない。生まれてこなければよかったじゃん。














コメント(0) 

「ディラン・ドッグ デッド・オブ・ナイト」(2010年作品)感想 [映画]

ケヴィン・マンロー監督によるアメリカのアクションコメディ映画。出演はブランドン・ラウス、サム・ハンティントン、アニタ・ブリエム。

<あらすじ>

私立探偵のディランは、エリザベスから父を殺した犯人を捕まえてほしいと依頼されたが断ってしまう。というのも、犯人がアンデッドだと嗅ぎとったからだ。同じ事務所のマーカスがアンデッドに殺されなければ、彼はその依頼を受けることはなかった。

エリザベスはベリアルハートというものを奪われていた。ディランは手掛かりを求めて狼男のところへ行くが、時すでに遅かった。ヴァンパイアとの抗争でベリアルハートを取り戻すものの、実はベリアルハートはエリザベスの持ち物ではなく、彼女が奪おうとしていたとわかる。

エリザベスはモンスターハンターだった。その力を手に入れるためにベリアルハートを手に入れようとしていたのだ。ディランはエリザベスの目論見を阻止した。

<雑感>

アンデッドの襲撃されて死んだマーカスが、ゾンビになってディランの相棒になるところが唯一面白いところ。ディランはこの世界にモンスターやアンデッドがたくさんいることを知っており、マーカスを巻き込みたくないと彼を相棒にしなかったのだが、マーカスがゾンビになったので相棒にしたのだ。

面白かったのはそこくらいかな。

☆2.0。主人公の雰囲気イケメンさんが全然ダメだし、アクションもダメだし、エリザベスが真犯人だったとわかるところも全然盛り上がらない。演出がダメだってことなんでしょう。














コメント(0) 

「ゲッタウェイ スーパースネーク」(2013年作品)感想 [映画]

コートニー・ソロモン監督によるアメリカのアクション映画。出演はイーサン・ホーク、セレーナ・ゴメス、ジョン・ヴォイト。

<あらすじ>

元プロレーサーのブレントの妻が誘拐された。返してほしければ電話の指示通りに車で走れという。スーパーカーが置いてあるのでそれで走ると、街は混乱して警察に追われることになった。ハッカーの女と知り合ったブレントは、彼女とともに状況の打開を図るが、電話の声は発電所へ行けという。

しかしそこでも何も起きず、ただ走っているだけ。ミッションをクリアすると男から電話があり、レーサーとしての君のファンだから復帰してくれと頼まれた。

<雑感>

カーアクション特化型映画。内容は何もなく、カーアクションとサスペンス演出だけで物語は進行する。

☆3.2。こういうものなのだろうが、相手の目的は何かと考えながら視聴していたので、騙された気分になった。


ヒロコ ウルトラの女神誕生物語

ヒロコ ウルトラの女神誕生物語

  • 作者: 桜井浩子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: Kindle版



ウルトラマン青春記 ~フジ隊員の929日~

ウルトラマン青春記 ~フジ隊員の929日~

  • 作者: 桜井浩子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: Kindle版



ウルトラマン創世記

ウルトラマン創世記

  • 作者: 桜井浩子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: Kindle版



アンヌへの手紙。―ひし美ゆり子写真集

アンヌへの手紙。―ひし美ゆり子写真集

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/02/14
  • メディア: 単行本



コメント(0) 

「スパイ・アプリケーション」(2012年作品)感想 [映画]

ヨルグ・イーレ監督によるアメリカのアクション映画。出演はジョン・シェパード、ジーナ・ブッシュ、ブレントン・デュープレッシー、クレイトン・マイヤーズ。

<あらすじ>

スマホをハッキングするアプリを違法に開発したふたりの男。そのひとりマイクは気になる女の子のネットストーカーを始めてしまう。その子にはヤバそうな元カレが。そこでハッキングしながら彼女を守ろうと試みる。しかし、男は元カレではなく、彼女の名前も偽名だった。

女は大統領候補の不倫相手が産んだ子供。そのことを議員に話したが相手にされずに、父を貶めようと画策している。一方で父はこの突然姿を現した娘を疎ましく、大統領になるための妨げだと考え、あわよくば殺して口封じをしようと考えていた。男は議員に雇われた人間だった。

女は何とかして父に自分を認めさせようと、ふたりの男と一緒にアプリでハッキングをする。そして議員の不倫や、殺害などをマスコミに暴露。

<雑感>

ハッキングアプリで何でもかんでも解決できてしまうところがなんともお粗末だった。それに女の動機も曖昧なまま。不倫していた母は議員を愛していたのだから母の名誉のためにも父に自分を認めさせたいというような動機じゃなくて、単なる復讐になってしまっている。

認知されないから議員のスキャンダルをぶちまけて恥をかかし、落選させようとするのはなんか無理がある気がしたなぁ。

☆2.8。政治が絡んでいるのに政治的意図が一切ない展開には違和感しかなかった。


ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

  • 作者: ひし美ゆり子
  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2021/02/25
  • メディア: 大型本



セブン セブン セブン アンヌ再び… (小学館文庫)

セブン セブン セブン アンヌ再び… (小学館文庫)

  • 作者: ひし美ゆり子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/10
  • メディア: Kindle版






万華鏡の女 女優ひし美ゆり子 (ちくま文庫)

万華鏡の女 女優ひし美ゆり子 (ちくま文庫)

  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2020/05/29
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 

「ファイトクラブ・レディズ」(2016年作品)感想 [映画]

ミゲル・ファーラー監督によるアメリカのアクション映画。出演はエイミー・ジョンストン、ドルフ・ラングレン、コートニー・パーム。

<あらすじ>

伝説の格闘家のベッカは、堅気の生活を送っていたがバカな男をぶちのめした動画が拡散して妹のケイトから連絡を受けることになった。ケイトはマフィアに借金があり、金を返すために格闘技の大会で勝ちたいのだという。足を洗ったつもりだったので断っていたベッカだったが、結局受けることになった。

ところが自体は思わぬ方向へ進む。マフィアは金を普通に返されるのが嫌で妹をボロボロにしたのだ。姉は妹の復讐のために敵のアジトに乗り込み、組織を壊滅させた。そして刑務所に入っていた父の出所を待ち。もう一度人生をやり直すことにした。

<雑感>

ドルフ・ラングレンが父親役で、刑務所に入っている。娘に忠告するが、娘は父親譲りの頑固者でやると決めたら最後までやり抜く。そんな娘を心配しながら、頼もしくも思う父。これも父娘ものと言えるのだろう。どっちも前科持ちだが。

アメリカ人、刑務所入りすぎ。

☆2.6。ドルフ・ラングレンはもうボロボロ。全然動けていない。でも名前と顔は売れているので、脇役としての需要はなくならないようだ。

アクションは最低レベル。普通の女優さんなのか、まるで動けていない。














コメント(0) 

「ドライブ・ハード」(2014年作品)感想 [映画]

ブライアン・トレンチャード=スミス監督によるカナダのアクション映画。出演はジョン・キューザック、トーマス・ジェーン、イエッセ・スペンス。

<あらすじ>

自動車教習所の教官を勤めていた元レーサーのピーターは、ケラーという男に騙されて銀行強盗の逃走ドライバーにさせられてしまった。逃走劇の果てに何とか生き延びたピーターは、娘にドライビングテクニックの伝授をせがまれた。

<雑感>

父娘の繋がりを描いてあるわけじゃなくて、才能がある男性でも稼ぎが悪いと家で尊敬されない愚痴のオンパレードで、これもアメリカのいまのリアルなのかもしれないが、なんだか感情移入できない設定だった。嫁に無視されている男はこれが好きなのか?

☆2.8。基本的設定がその祖もそんなに格好良くないし、カーアクションもそれなり。





アイリスオーヤマ 防災グッズ 非常用持出袋 シルバー 防災 用品 災害グッズ BMF-440

アイリスオーヤマ 防災グッズ 非常用持出袋 シルバー 防災 用品 災害グッズ BMF-440

  • 出版社/メーカー: アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • メディア: ホーム&キッチン



非常用大型持ち出しリュック 5-508 931957

非常用大型持ち出しリュック 5-508 931957

  • 出版社/メーカー: Kishida sangyo
  • メディア: ホーム&キッチン






コメント(0) 

「オーバードライヴ」(2013年作品)感想 [映画]

リック・ローマン・ウォー監督によるアメリカの実話を基にしたアクション映画。出演はドウェイン・ジョンソン、スーザン・サランドン、ジョン・バーンサル。

<あらすじ>

ジョン・マシューズは元嫁から息子が麻薬取引の容疑で逮捕されたことを聞いて駆けつけた。すると彼は麻薬を預かっていたが、預けた人物が司法取引で彼が密売人だとウソをついたのだった。息子は他人に擦り付けることができず、罪を被ろうとしていた。そこで父は自分が代わりに捜査に協力すると申し出た。

彼は自分の従業員に麻薬ルートを吐かせて、その取引現場を密告して息子の減刑を勝ち取ろうとした。だがその人物はもっと大きなヤマがあると匂わせた。警察はそれに釣られて逮捕せずに泳がせることにした。ヤマとはメキシコへの現金輸送。その役目をジョンが任されてしまった。

現金の確保と敵のボスであるエル・トポの身柄が確保できれば息子を釈放するとの約束を勝ち取ったジョンは、この危険な計画に参加することを決めた。麻薬の話を聞き出したダニエルは家族を逃がし行方をくらませていたが、突然現れて約束の金を譲られた。

エル・トポを確保して金も抑えたことで、ジョンは目的を達成して証人保護プログラムで守られることになった。

<雑感>

もっとマッチョなドウェイン・ジョンソンのアクション映画。普通の父親があんなマッチョだったら笑うわ。これもアメリカ人の理想のひとつなんだろう。あまりに治安が悪くなりすぎて感覚が狂ってきているんだな。10万ドルの金を譲り合うところなども、アメリカ的には理想なのだろう。

☆4.0。いわゆるハリウッド映画のテンプレ的な父子の話で、強い父が家族を守る姿に感情移入することができれば楽しめる。








角利 防炎協会認定 リュック型非常持出袋

角利 防炎協会認定 リュック型非常持出袋

  • 出版社/メーカー: 角利産業(Kakuri Sangyo)
  • メディア: ホーム&キッチン



大明 大型非常持出袋450x355x200日本防炎協会認定品 7242011

大明 大型非常持出袋450x355x200日本防炎協会認定品 7242011

  • 出版社/メーカー: 大明企画
  • メディア: Tools & Hardware



コメント(0) 

「メカニック」(2011年作品)感想 [映画]

サイモン・ウェスト監督によるアメリカのアクション映画。出演はジェイソン・ステイサム、ベン・フォスター、ドナルド・サザーランド。

<あらすじ>

殺し屋のアーサーは、依頼主の要求で仲間のハリーを殺した。そして息子のスティーブンの面倒を見ていたものの、彼に父殺しが自分だと知られてしまった。スティーブンはアーサーに復讐して、アーサーを侮辱した。ところがこれが罠で、スティーブンもまたアーサーに殺されてしまった。

<雑感>

ジェイソン・ステイサムはあまり好きじゃなくて(表情がない。演技が棒)、ちょこちょこしか見ていないのだが、この作品もいつものイキり散らかす感じでそれほど好きになれず。

ガソリンスタンドを吹き飛ばすわ、家を一軒まるごと吹き飛ばすわ、そういう大掛かりな部分は楽しめた。

☆4.0。ジェイソン・ステイサムありきの映画なんだろうけど、なんでみんな彼が好きなんだろう? オレにはさっぱりわからないんだな。アクション映画としてのレベルは高い。











コメント(0) 

【トランプ△】バイデンのすっごい動画 [政治]

ボケているとされている割に飛行機のタラップを段飛ばしで駆け上がったりする謎の男バイデン大統領。そのバイデンのなんだかすっごい動画があるのでご紹介。

ゴムマスクがズレてる動画:https://twitter.com/1966Holl/status/1360430449000996864

鼻がねぇ、ズレてるんだよ。

耳の穴がないバイデン:https://twitter.com/N_businessnet/status/1311894821020213253

男がおあんなになるゴムマスク動画:https://twitter.com/Mushroommillio3/status/1360754437136900099

この動画の説明文の、いついつ入れ替わったという話は根拠がないので信じないでください。こんなことができるよと紹介しただけです。

ゴムマスクは3000円くらいで買えるんだって。バイデンの特注品でもそれほど高くないでしょ?

他にもあったんだけど、東北で大きな地震が起こって、アクセス集中が原因になりツイッターで検索できなくなっちゃった。

耳がない奴は写真だから加工かもしれないけど、鼻があれはおかしいでしょ? 飛行機のトラップを登るバイデンの映像も、ヨレヨレの老人のものと、メチャクチャ元気なものとあるんだよ。

陰謀論っぽいから無視していた情報なんだけど、なんだかねぇ。選挙期間中のボケ老人とはまるで別人のバイデンがいる。





ウルトラマンオーブ完全超全集

ウルトラマンオーブ完全超全集

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: Kindle版



ウルトラマン青春記 ~フジ隊員の929日~

ウルトラマン青春記 ~フジ隊員の929日~

  • 作者: 桜井浩子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 

【トランプ△】共和党員の70%がトランプ新党に参加か [政治]

CBSが行った世論調査によると、共和党員のうち70%がトランプ新党が出た場合に参加を検討していることがわかった。

記事:https://www.theepochtimes.com/70-percent-of-republicans-would-consider-joining-trump-led-third-party-poll-finds_3693713.html?utm_source=newsnoe&utm_medium=email&utm_campaign=breaking-2021-02-11-3

機械翻訳を載せるが、長いのでその前に雑感を書いておく。

トランプが新党を作ればそれに参加する人間が少なくとも半数以上になる可能性は他のメディアでも指摘されている。こうなることは大統領選挙期間中に分かっており、共和党が一枚岩であれば、民主党が穏健派と革新派で分裂していたことだろう。勝っても分裂気味なのだから当然だ。

アメリカの保守主義はレーガン大統領のときに覇権的傾向を強め、本来のキリスト教的価値観に基づく内向的平和主義から大きく逸脱した。これはレーガン政権の中にハーバードピンクがかなり紛れ込んでいたことによるもの。

ハーバードピンクとは、赤(共産主義者)ほどではないがピンクに染まった状態の若者のことで、80年代にソビエト崩壊を目の当たりにしつつあった彼らはこぞって共産主義を捨てて共和党民主党双方に潜り込んだ。民主党のサンダースなどはそうした人物で元々共産主義者。

共和党はパパブッシュがCIA時代に何かの情報を得たらしく、レーガン・ブッシュ親子のラインは、元共産主義者のスタッフによるグローバル化推進支持者になっている。

トランプはこれらの流れから本来の内向的平和主義に戻そうとしていた人物で、世界で戦争を起こして利権を得てきた何らかの集団(DSとか軍産複合体と呼ばれる)と犬猿の仲なのだ。共和党の3分の1はそうした関係者だというのがこの世論調査で分かる。

以下記事の機械翻訳。

CBSニュースの世論調査によると、共和党員の70%が彼の新党への参加を考えている。

2月5日から2月8日までの間に実施された調査に参加した共和党員の33%は、トランプ主導の離脱党に参加すると述べた。別の37%は「多分」彼らは新しい党に加わるだろうと言い、残りの30%は彼らが共和党にとどまると言った。

世論調査は、ロンドンを拠点とするオンライン世論調査会社であるYouGovによって、米国に住む2,508人の成人を対象に、プラス/マイナス2.3ポイントの許容誤差で実施されました。サンプルは、米国国勢調査局のAmerican Community Surveyに基づいて、性別、年齢、人種、教育、および2020年の大統領投票と登録状況に基づいて重み付けされました。

さらに、共和党と特定された回答者の46%は、党がトランプに忠実であり続けることが「非常に重要」であると考えており、27%は「やや重要」であると述べています。15%がトランプに対する共和党の忠誠心は「それほど重要ではない」と述べ、12%はそれがまったく重要ではないと述べた。

トランプに対する2回目の弾劾努力に対する共和党の支持に関しては、共和党の71%が、党員が前大統領の弾劾または有罪判決に賛成票を投じることは「不誠実」であると答えた。

世論調査はまた、民主党と共和党の間の敵意を浮き彫りにし、後者は前者を政敵ではなく敵と見なす可能性がやや高い。共和党員の57%は、民主党員が勝利すれば「人生または生き方全体が脅かされる可能性がある」と信じて、民主党員を「敵」と表現しました。43%が、民主党員は「政治的反対」であると述べています。つまり、民主党員が勝利した場合、共和党員は「彼らが望む政策を取得できない」ということです。

対照的に、民主党員の41%は共和党員を敵と表現し、59%は共和党員を政治的反対と表現しました。

今月初め、Hill-HarrisXの世論調査では、共和党の64%が、トランプ率いる「MAGA党」または「愛国者党」に参加するか、参加する可能性があると述べたと報告されました。回答者の36%は、共和党にとどまる可能性が高いと述べた。

「トランプが共和党から分裂して自分の政党を作るとしたら、世論調査は彼が共和党を3位に落として、国内で2番目に大きな政党を作る可能性があることを示唆している」とハリスXのCEO兼最高経営責任者であるDritanNeshoは語った。

以上。


万華鏡の女 女優ひし美ゆり子 (ちくま文庫)

万華鏡の女 女優ひし美ゆり子 (ちくま文庫)

  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2020/05/29
  • メディア: Kindle版



ウルトラマン創世記

ウルトラマン創世記

  • 作者: 桜井浩子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: Kindle版



ヒロコ ウルトラの女神誕生物語

ヒロコ ウルトラの女神誕生物語

  • 作者: 桜井浩子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: Kindle版



YURIKO 1967‐73―ひし美ゆり子写真集

YURIKO 1967‐73―ひし美ゆり子写真集

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • 発売日: 2021/02/13
  • メディア: 大型本



コメント(0)