SSブログ

【THE OUTSIDER FIGHTチャンネル】感想64 [プロレス・格闘技]

チャンネル登録者数2万4800人。まだ増えている。全試合登録するころに復活してくれるといいのだが。

OUTSIDER.jpg


麦わらのユウタVS大井洋一 THE OUTSIDER第29戦

KOで大井の勝利。この放送作家さん、経歴がよくわからない人だけどかなり強い。当時36歳だったが特例で継続参加が認められている。ディフェンスができるので主催者も安心したのだろう。

茂木優樹VS齋藤勇駿 THE OUTSIDER第29戦

三角締めで齋藤の勝利。変則的なだけの選手かと思っていたら、寝技もちゃんと出来た。茂木は決して弱い選手じゃないのに。

MASAYA vs 拓馬 THE OUTSIDER第29戦

TKOでMASAYAの勝利。初参戦で柔道家との触れ込みだが、結構重そうな振り回すパンチで倒す。

RYOTA vs 高森茂之 THE OUTSIDER第30戦

腕ひしぎ十字固めでRYOTAの勝利。30戦ともなると、第1戦のころとがレベルが違う。

久保昌弘VS望月冬也 THE OUTSIDER第30戦

KOで久保の勝利。望月は・・・、コミケにいそう。

雅哉VS殺死 THE OUTSIDER第29戦

チョークスリーパーで雅哉の勝利。殺死はシュートボクシングのアマ大会出場経験のある選手だったが、あっという間に寝かされて何もできず。

黒ひげサンタマンVS大石裕章 THE OUTSIDER第29戦

KOで大石の勝利。あっという間の出来事。軽部をKOしたのも驚いたけど、この試合は早かった。

菱沼郷VS我妻慎太郎 THE OUTSIDER第30戦

レフェリーストップで我妻の勝利。しかし反則しまくって勝っただけ。

下村俊一VS松元仁志 THE OUTSIDER第30戦

判定で松元の勝利。蹴りの正確さでバランスを崩してパンチも当たる好循環で勝利。

雅哉VS大島渓太郎 THE OUTSIDER第30戦

腕十字で大島の勝利。雅哉は突進せずに打って離れてならもっと戦える選手なのに。

黒石高大VS奥木貴之 THE OUTSIDER第30戦

レフェリーストップで奥木の勝利。黒石はもう気持ちが切れてる感じ。

<雑感>

相変わらずキャラの濃い選手と、面白い選手紹介でTHE OUTSIDERは楽しめているのだが、リングス時代からそうだったけれども、リングサイドの1番良い場所が空席になっているのが映像コンテンツとして非常に惜しい。

リングスも、売れば高価な席をわざわざ雑誌記者やスポンサー(多分)などの特別席にして、椅子に名前を書いて貼ってあるのだが、いつも人がいなくて空席になっているんだよね。映像コンテンツとして試合を見たときに、そこ部分が目立っちゃってしらけるんだ。THE OUTSIDERも同じ。

プロレスでもボクシングでもそうだが、リングサイドの熱心なファンのハラハラした顔もまた作品の一部。あれがないだけで、映像コンテンツとしての価値が棄損されていると思う。

試合はどれも面白かった。


ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

  • 作者: ひし美ゆり子
  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2021/02/25
  • メディア: 大型本






セブン セブン セブン アンヌ再び… (小学館文庫)

セブン セブン セブン アンヌ再び… (小学館文庫)

  • 作者: ひし美ゆり子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/10
  • メディア: Kindle版



ウルトラマン青春記 ~フジ隊員の929日~

ウルトラマン青春記 ~フジ隊員の929日~

  • 作者: 桜井浩子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「タイム・チェイサー」(2013年作品)感想 [映画]

リッチー・メタ監督によるカナダのSF映画。出演はハーレイ・ジョエル・オスメント、ジリアン・アンダーソン、ルーファス・シーウェル。

<あらすじ>

ガブリエル・ホワイトには妻のマリカ、息子のエロル、義父のサルがいた。ところが突然彼は失踪してしまう。12年後、サルが教鞭をとる大学に進学したエロルは、サルから父が失踪した原因を聞かされた。ガブリエルはタイムマシンで過去に戻り、すぐに戻る予定だったがトラブルで帰れなくなったのだと。

父の失踪が原因でずっと心を病んでいたエロルと、その原因は自分だと思い悩んでいたマリカが衝突してマリカは自殺。エロルは一家が幸福になる未来を得るために、自分もタイムマシンの研究をすることを決意した。

調べるうちに、父とみられる遺体がタイムトラベルした1946年に発見されていることを突き止めた。さらに時代を経て研究は完成した。父に会うために1946年に向かうと、父はアインシュタインに会おうとしていた。家族の不幸を知らせるエロルだが、その成長した姿を信じてもらえない。

エロルは拳銃で頭を撃ち抜いて自殺した。その行為が父に真実を突き付け、ガブリエルは妻子が待つ未来へと帰っていった。

<雑感>

綺麗にまとまっていて好感が持てる作品。自分も研究者になって、研究者にとって仕事を家族を両立させる難しさを実感したエロルは、父を力づくで止めようとはせず、心を入れ替えてもらうために目の前で拳銃自殺をした。家族を救うためには、いったん研究を中断せねばならない。

仕事と家庭の両立は難しいだろうが、それは家族が全員無事で、その先もおそらく無事だろうとの見通しがあるから仕事を選ぶのであって、母は死にました、父が変わらないのであればぼくも死にますと目の前で死なれてようやく自分の帰宅が家族の命を守るのだと実感できる。

家族が死ぬと心底実感してそれでも仕事を取るほどのバカはそんなにいない。

☆4.0。ハーレイ・ジョエル・オスメントは子役時代からあまり変わっていない。眼が同じだ。


ARTFX STAR WARSマンダロリアン & ザ・チャイルド 1/7スケール PVC製 塗装済み簡易組立キット

ARTFX STAR WARSマンダロリアン & ザ・チャイルド 1/7スケール PVC製 塗装済み簡易組立キット

  • 出版社/メーカー: 壽屋(KOTOBUKIYA)
  • 発売日: 2021/08/31
  • メディア: おもちゃ&ホビー



スター・ウォーズ ブラックシリーズ ダース・ベイダー 6インチアクションフィギュア E9365 正規品

スター・ウォーズ ブラックシリーズ ダース・ベイダー 6インチアクションフィギュア E9365 正規品

  • 出版社/メーカー: ハズブロ(HASBRO)
  • 発売日: 2020/11/07
  • メディア: おもちゃ&ホビー



スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 1/5000スケール プラモデル

スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 1/5000スケール プラモデル

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • 発売日: 2019/08/24
  • メディア: 付属品






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「Alone in the Dark」(2005年作品)感想 [映画]

ウーヴェ・ボル監督によるアメリカのホラー映画。出演はクリスチャン・スレーター、タラ・リード、スティーヴン・ドーフ。

<あらすじ>

超常現象研究家のエドワードは、撃っても死なない人間に遭遇した。何かが起きていると確信したエドワードは、すぐに調査を開始、太古に高度な文明を築きながら突如消えたアビカニ族に辿り着いた。闇の力で封じられたというアビカニ族だったが、別件で調査していた713部隊が彼らを解放してしまい、街は壊滅した。

<雑感>

過去に栄えた高度な文明の話題ならそれに集中していればいいのに、突然よくわからない光と闇の話を持ち出してその謎を解明する713部隊なるものが出てきて突然くだらなくなった。

ゲーム原作らしいのだが、世界観の作り込みが映画とは違うから大抵おかしなことになる。ビジュアル、イメージ先行でも何となく世界観を分かってもらえるゲームと違って、映画はもっと理屈っぽくやらなきゃ納得してもらえない。

☆2.0。予算は潤沢ながら、とんだ駄作だった。


レゴ(LEGO) スター・ウォーズ インペリアル タイ・ファイター(TM) 75300

レゴ(LEGO) スター・ウォーズ インペリアル タイ・ファイター(TM) 75300

  • 出版社/メーカー: レゴ(LEGO)
  • 発売日: 2021/01/22
  • メディア: おもちゃ&ホビー



レゴ(LEGO) スター・ウォーズ モス・アイズリー・カンティーナ(TM) 75290

レゴ(LEGO) スター・ウォーズ モス・アイズリー・カンティーナ(TM) 75290

  • 出版社/メーカー: レゴ(LEGO)
  • 発売日: 2021/01/01
  • メディア: おもちゃ&ホビー



レゴ(LEGO) スター・ウォーズ ルーク・スカイウォーカーの Xウイング・ファイター(TM) 75301

レゴ(LEGO) スター・ウォーズ ルーク・スカイウォーカーの Xウイング・ファイター(TM) 75301

  • 出版社/メーカー: レゴ(LEGO)
  • 発売日: 2021/01/22
  • メディア: おもちゃ&ホビー






コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ダスト・ウォーカー」(2019年作品)感想 [映画]

サンドラ・スキベラス監督によるオーストラリアのSFサスペンス映画。出演はジョリーン・アンダーソン、ステフ・ドーソン、タリーナ・ナビード。

<あらすじ>

宇宙からオーストラリアに謎のウイルスが舞い降り、生物に胞子を吸い込ませ、弾けることで次々に拡散していく。何が起こっているのかもわからないまま人々はゾンビ化していき、謎のクリーチャーと化していった。クリーチャーはさらに人を刺すことで仲間を増やしていく。

最終的に感染者はすべて焼き払われて終わる。クリーチャーに。

<雑感>

人間がクリーチャーを倒すわけじゃなくて、人間が集めた感染者をクリーチャーが焼き払う。友達なのかと。まるっきり意味不明な作品だった。

ところがこれがそこそこサスペンス演出がしっかりしていて、正体不明の減少が起こっていることはわかるが、何が起きているのかわからないまま右往左往する人間を姿を描いた点では、かなりちゃんとした映画なのだ。オチは、クリーチャーの研究がしたい、あなたがここに残るなら私も残るわと肩を寄せ合うカップルのアップで終わる。

いや、あのクリーチャーを信用しすぎているだろうと。ウルトラマン扱いかよと。

☆3.2。サスペンス映画としてちゃんと演出すればそれなりに面白くなることを示した形だが、結局何もわからないまま終わるので消化不良になる。














コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ビーチ・シャーク」(2011年作品)感想 [映画]

アトキンス・マーク監督によるアメリカのサメ映画。出演はネメック・コリン、ホーガン・ブルック、エヴィガン・ヴァネッサ・リー。

<あらすじ>

白い砂浜にサメが出現したと騒ぎになった。そんなバカなと思ったら大間違い。砂浜にサメが出現するくらいで驚いてはいけないのだった。神出鬼没な砂浜を泳ぐサメに苦戦する人間たち。だが一計を案じて、砂を溶かして封じ込めることに成功。こうして浜には平和が戻ったのであった。

<雑感>

もはやサメではなく恐竜のような容貌になってしまっているが、砂浜を泳ぎ回るビーチシャークが最後にミンチシャークになって終わる作品。

☆3.0。Z級まではいかないが、かなりの低レベル作品。1番の美人だった警官が身体を半分食われてもなかなか死なないところだけ笑えた。


特撮リボルテック050 サンダーバード ジェットモグラ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

特撮リボルテック050 サンダーバード ジェットモグラ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

  • 出版社/メーカー: 海洋堂(KAIYODO)
  • 発売日: 2014/02/01
  • メディア: おもちゃ&ホビー



特撮リボルテック044 サンダーバード サンダーバード2号 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

特撮リボルテック044 サンダーバード サンダーバード2号 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

  • 出版社/メーカー: 海洋堂(KAIYODO)
  • 発売日: 2013/06/01
  • メディア: おもちゃ&ホビー



青島文化教材社 サンダーバード No.13 電動走行磁力牽引車 1/72スケール プラモデル

青島文化教材社 サンダーバード No.13 電動走行磁力牽引車 1/72スケール プラモデル

  • 出版社/メーカー: 青島文化教材社(AOSHIMA)
  • 発売日: 2014/12/24
  • メディア: おもちゃ&ホビー



AMIE 1/200 サンダーバード2号 スタンド付き 完成品

AMIE 1/200 サンダーバード2号 スタンド付き 完成品

  • 出版社/メーカー: 国際貿易(KOKUSAI BOEKI)
  • 発売日: 2020/07/01
  • メディア: おもちゃ&ホビー



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「パラサイト・クリーチャーズ」(2013年作品)感想 [映画]

マーヴィン・クレン監督によるオーストラリアのSFアクション映画。出演はゲアハート・リーブマン、エディタ・マロヴチッチ、ブリギッテ・クレン。

<あらすじ>

氷河の中に有機物を見つけたアルプス観測員だったが、原因を究明しないまま一夜を明かした。アルプスの観測所で働くヤネクは、愛犬に何らかの異変を感じたがそれが何かわからず観測所へ連れ戻してしまった。すると、巨大な狐のようなものに襲撃された。氷河の場所へ行ってみると、問題の赤い氷河はすでに溶けていたが、近くに巨大なダンゴムシがいた。

氷河の中から見つかった有機物とダンゴムシは同じ遺伝子構造を持っていた。交配新種だろうと嬉しくなった観測員らは、視察に来た大臣にそのことを隠そうとしたが、謎の生物は観測員らを襲い始めた。それらは、力遺伝子情報を読み取りその通りに変化する生物だった。

ヤネクらは研究所を逃げ延びたが、その新種の生物はすでに世界に蔓延しようとしていた。

<雑感>

「遊星からの物体X」(1982年作品)みたいな作品。SFXの技術はおそらく当時のものを使っており、CG全盛の時代でも特撮技術はリアルな映像を作り出す上で貴重なものだと再認識させてくれる映画だった。

内容はちょっとバタバタしすぎており、サスペンスに乏しい。クリーチャーの不気味さは十分表現されていただけに惜しい作品だった。外部から大臣がやってくることが、脚本として生かされていなかった。

☆3.6。それでも、こうした血まみれな特撮映像は、独特の不気味さがある。


海洋堂 リボルテック サンダーバード2号 Second Edition 約210mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア RR-001

海洋堂 リボルテック サンダーバード2号 Second Edition 約210mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア RR-001

  • 出版社/メーカー: 海洋堂(KAIYODO)
  • 発売日: 2015/12/25
  • メディア: おもちゃ&ホビー



サンダーバード サウンドビークル サンダーバード2号+サンダーバード4号

サンダーバード サウンドビークル サンダーバード2号+サンダーバード4号

  • 出版社/メーカー: タカラトミー(TAKARA TOMY)
  • 発売日: 2015/10/02
  • メディア: おもちゃ&ホビー



サンダーバード DX サンダーバード2号&サンダーバード4号

サンダーバード DX サンダーバード2号&サンダーバード4号

  • 出版社/メーカー: タカラトミー(TAKARA TOMY)
  • 発売日: 2015/10/02
  • メディア: おもちゃ&ホビー



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ハイテンション」(2003年作品)感想 [映画]

アレクサンドル・アジャ監督によるスプラッター・ホラー映画。主演はセシル・ドゥ・フランス。ハイテンションなホラーってどんなやねんと興味を持って視聴。

<あらすじ>

マリーとアレックスは友人で、アレックスの帰省にマリーはついていき泊めてもらうことになった。夜中にトラックの男が家を訪ねてきたのでセックス中だった主人が玄関に出てみるとサクッと殺されてしまった。トラックの男は犬もサクッと殺し、そのまま家の中に侵入してきた。

異変に気付いた妻が階下へ降りてみると、彼女もサクッと殺されてしまい、子供もサクッと殺された。

犯人があまりにサクサク殺すのでパニックになったマリーとアレックスは必死に逃げようとしたが、アレックスは運悪く捕まってしまい、男のトラックの荷台に放り投げられてしまった。マリーは彼女を助けようとするが男は荷台に鍵を掛けて発進させてしまった。

マリーとアレックスを乗せたトラックはガソリンスタンドで給油をするために停まった。マリーはその隙に荷台から逃げ出し、店の中へ入って警察を呼ぶように店員に頼んだ。すぐに男も店の中へ入ってきたが、男は店員もサクッと殺してしまった。

マリーは警察に連絡した。だが土地勘がなく、場所を上手く伝えられない。トラックの特徴もよくわからず、あきらめた彼女は殺された店員の銃を手に、車も拝借してトラックの後を追いかけた。

トラックの男はマリーのフォードを先に行かせると、猛スピードで追突してきた。車が横転したマリーは外に出て男と戦った。彼女は野球のバットで男を殴り続け、最後は窒息死させた。

そのころガソリンスタンドには警察がやって来ていた。警察は店員の死体を確認した後、店の防犯ビデオを再生した。そこに映っていたのは店員を殺害するマリーの姿であった。

トラックの男を殺したマリーは、満面の笑顔でアレックスを助けにやって来た。アレックスはマリーに恐怖して怯え続けた。マリーは彼女の拘束を解いた。するとマリーは憤怒の表情で包丁を手にマリーの腹を刺した。アレックスはそのまま森の中へ逃げた。

腹を刺された男はトラックからチェーンソーを持ち出してアレックスを追いかけた。トラックの男とはマリーの幻想が生み出したものだったのだ。腹を刺されて怒った男=マリーはチェーンソーを手にアレックスを追いかけた。

アレックスは通りすがりのアウディの男に助けを求めた。だがアウディはハンドル操作を誤って事故を起こし、エンジンが掛からなかった。アウディーの男は運転席に座ったままチェーンソーで殺された。後部座席に座っていたアレックスは血みどろになり、バールを持ち出して車外へ逃げた。

男=マリーはアレックスを追いかけた。だがアレックスにバールで身体を突かれるとマリーの意識が戻って「あなたは私のもの」と口にしながら意識を失った。

<雑感>

という話。確かにテンションが高い。サクサク殺していく。でもこれ、マリーの動機を推察すると結構悲しい話になるのだ。

マリーは気狂いで、心の中に殺人鬼を飼っていたという話なのだが、マリーはアレックスの友人だったのか、それともたまたま殺人のために訪問した家にアレックスがいただけなのかは不明。でもトラックがあるので、普通に解釈したら彼女は突然の訪問者。

トラックのおっさんは中年の作業員風なので、マリーは底辺労働者で家族もおらず、女子大生のようなものに憧れがあった。でもおっさんがやる仕事しか自分にはできず、鬱屈していた。彼女はおっさんの姿となって殺人を犯し、社会への激情を発散していた。

その日も幸せな家庭を破壊してやろうと家に押しかけたところ、自分と同じ年くらいの女がいた。ここでマリーは自分は彼女の親友で彼女の家に泊まりに来ただけだと思い込んでしまった。でもすでに家族は殺してしまっている。でもそれは底辺労働者がやったことであって、女子大生の自分は何もやっていない。自分は底辺労働者からこの娘を守らなきゃいけないと使命感を持ち、トラックで連れ去るおっさんとトラックに隠れて彼女のそばにいる自分を同時に演じた。

ガソリンスタンドで給油をしたところ、血まみれであることを店員に怪しまれ、サクッと殺した。でも女子大生のマリーはこんなことはしない。まだ彼女はトラックの男とマリーを同時に演じて、トラックの男=自分を殺して葬り去り、アレックスのところへ戻った。しかし彼女は女子大生で彼女の友人のつもりになっていたマリーを否定した。彼女に存在を否定されて、幻想のおっさんが生き返った。だが意識を失う寸前、また彼女は美しい妄想の世界へ戻った。

こういう話なのである。だからマリーとアレックスは同級生でも何でもない。マリーは最初からトラック運転手の底辺労働者なのだ。その証拠は彼女の短い髪形と服装。あれはヨーロッパでは女だてらにトラック運転手をやっている労働者階級の典型的な衣装と髪型なのだ。

☆5.0。冒頭のマリーとアレックスのドライブシーンで、なぜ女子大生が労働者の格好をしているのだろうと疑問に思うと、比較的早く謎が解ける。


好色元禄マル秘物語 [DVD]

好色元禄マル秘物語 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日: 2011/11/01
  • メディア: DVD



おんな牢秘図 [DVD]

おんな牢秘図 [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2015/02/27
  • メディア: DVD



四畳半色の濡衣 [DVD]

四畳半色の濡衣 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日: 2015/11/11
  • メディア: DVD



日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ 妹 HDリマスター版 [DVD]

日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ 妹 HDリマスター版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2012/09/04
  • メディア: DVD




共通テーマ:映画

「BEYOND BLOOD」(2018年作品)感想 [ドキュメンタリー]

小林真里監督による日本のドキュメンタリー映画。出演はアレクサンドル・アジャ、ベアトリス・ダル、パスカル・ロジェ。

<あらすじ>

アレクサンドル・アジャ監督の「ハイテンション」(2003年作品)から始まるニューウェイヴ・オブ・フレンチホラー・ムーブメントを当事者へのインタビューで解説する映画。

<雑感>

インタビューばっかりでほとんど映像なし。技術的な解説もなし。

だが、フランス人がアメリカ的なホラーを否定して自分たちの感性に合わせたホラーを作ろう、フランスの金で、フランスの役者で、フランスの観客に向けてホラーを作ろうとした熱意に溢れた素晴らしい作品だった。

ドキュメンタリーの中で、日本語で言うところの「テンプレ」を、フランス人はフォーミュラと呼んでいたが、意味するところはまったく一緒である。「英語で(彼は英語で応えていた)テンプレってフォーミュラなんだね」と嫁となんか納得し合った。

☆4.5。勉強になった映画だったが、もうちょっと権利関係に切り込んで実際の映像があれば良かったのに。


サンダーバード完全写真資料集成

サンダーバード完全写真資料集成

  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2019/05/27
  • メディア: 大型本



大図解 サンダーバード テクニカル マニュアル

大図解 サンダーバード テクニカル マニュアル

  • 出版社/メーカー: マール社
  • 発売日: 2013/09/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



小松崎茂サンダーバード画集

小松崎茂サンダーバード画集

  • 出版社/メーカー: オークラ出版
  • 発売日: 2002/07/01
  • メディア: 大型本



サンダーバード・スーパーメカニック・モデリング

サンダーバード・スーパーメカニック・モデリング

  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2011/06/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「人狼村 史上最悪の田舎」(2011年作品)感想 [映画]

フアン・マルティネス・モレノ監督によるスペインのホラーコメディ映画。出演はゴルカ・オチョア、カルロス・アレセス、セクン・デ・ラ・ローサ。

<あらすじ>

子供が出来なかったマリーニョ侯爵夫人は、旅芸人一座の男と寝て子を授かったが、親が発覚するのを恐れて一座を皆殺しにした。無理矢理性交させられた男の妻は伯爵夫人は、生まれた子が10歳になったら狼男になるよう呪いをかけた。

呪いを解くには、100年後にマリーニョ侯爵夫人の血を引く男の子を狼男に食わせるしかない。それがちょうどトマスだった。トマスは村人に拉致されて、狼男が封印されている洞窟へ落された。トマスは村人に指を切り落とされてしまった。その指を狼男に食わせた。しかしすでに遅かった。

第2の呪いが発動して、村人が全員人狼に変わってしまった。トマスは必死に逃げ、警官と一緒に倒していった。彼の仲間は人狼にはならなかったが、満月が来るとどうなるかわからない。そこでトマスが彼らを縛って様子を見ていたが、彼らは変身しなかったがトマスが人狼になってしまった。

<雑感>

コメディだったわ。狼男というよりゴリラだし。

☆2.9。スペイン語がわかるとひょっとしたら面白いのかも?


ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

  • 作者: ひし美ゆり子
  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2021/02/25
  • メディア: 大型本



アンヌへの手紙。―ひし美ゆり子写真集

アンヌへの手紙。―ひし美ゆり子写真集

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/02/13
  • メディア: 単行本



隊員服を脱いだ私

隊員服を脱いだ私

  • 作者: ひし美 ゆり子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/02/13
  • メディア: 単行本



ひし美ゆり子写真集 All of Anne : plus(オール・オブ・アンヌ:プラス)

ひし美ゆり子写真集 All of Anne : plus(オール・オブ・アンヌ:プラス)

  • 作者: ひし美ゆり子
  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2013/02/23
  • メディア: 大型本



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「道化死てるぜ!」(2012年作品)感想 [映画]

コナー・マクマホン監督によるアメリカのホラー映画。出演はロス・ノーブル、トミー・ナイト、シェイン・マレー・コーコラン、ジェマ=リア・デヴェロー。

<あらすじ>

母親は子供たちを喜ばせようと、誕生パーティーに道化師を呼んだ。彼の名はスティッチーズ。禿面に赤鼻をつけた乱暴な男だった。ところがまるで面白くない。子供たちはブーイング。乱暴なくせに面白くないので子供たちは彼にいたずらを仕掛けた。すると彼は台所の包丁が刺さって死んでしまった。

警察はこれを事故として処理。だが、スティッチーズは道化師たちの呪術によって墓場から甦ったのだった。

高校生になった子供たちの元へ戻ってきたスティッチーズは、復讐を開始。頭を吹き飛ばすわ、脳を抉り出すわ、腸を引きずり出すわのスプラッター三昧。しかし最後は殺された時と同じいたずらを仕掛けられて、彼は冥界へと戻っていった。

<雑感>

邦題が酷い。スプラッターの割には怖くない。かといってギャグは寒い。子供向けホラーなんだろうか。そのあたりのことはちょっとわからない。

☆2.6。ジェマ=リア・デヴェローがヒロインなのも微妙。デブの脳みそがかなり小さかったのが面白いところだろうか。


ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

  • 作者: ひし美ゆり子
  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2021/02/25
  • メディア: 大型本



隊員服を脱いだ私

隊員服を脱いだ私

  • 作者: ひし美 ゆり子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/02/13
  • メディア: 単行本



ひし美ゆり子写真集 YURIKO 1967-73 <新装版>

ひし美ゆり子写真集 YURIKO 1967-73 <新装版>

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2006/09/25
  • メディア: 大型本



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「恐怖ノ黒洋館」(2012年作品)感想 [映画]

ロドリゴ・グディニョ監督によるアメリカの自伝的ホラー映画。出演はアーロン・プール、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ジュリアン・リッチングス。

<あらすじ>

新興宗教の教祖だった母が死んだ。レオンは実家に戻って遺品の整理を始めた。実家は宗教関連の骨董品でいっぱいだった。小さなマリア像の中に鍵を発見したレオンは、開かずの扉を開けて中へ入ってみた。そこにも母の日用品の数々と宗教関連の品物がある。

母はあらゆる形でレオンに呼びかけていたのだ。しかし、レオンは超常現象をすべて否定する。直接聞こえてくる母の声にも首を振った。骨董品を全部売ることにした彼は、そのまま家を出ていった。窓には寂しそうな母の顔があった。

<雑感>

おかしな宗教に嵌って教祖的な立場にある女性と、それを恐怖して実家から逃げ出した息子。母は息子を愛していたが、息子は母についていけなかった。最後に再び相まみえようと霊的な試みをやってきたが、息子は全部拒否して逃げるように去っていった。

うーん・・・。母子の不仲は悲劇だが、宗教的な雰囲気だけでホラーっぽくしてある感じだ。

☆2.8。主人公の独り芝居。途中でビデオ映像に人物が映ったり、母親の死体があったり、最後に警官が屋敷にやってきたりするだけで、ほぼ独り芝居だ。力作なのかもしれないが、母子が不和なまま終わるのはなんだか可哀想な気がして高評価にはできなかった。


平凡パンチ傑作選 The Vintage Eros ヴィンテージ・エロス Vol.1

平凡パンチ傑作選 The Vintage Eros ヴィンテージ・エロス Vol.1

  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2015/07/31
  • メディア: 単行本



YURIKO 1967‐73―ひし美ゆり子写真集

YURIKO 1967‐73―ひし美ゆり子写真集

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • 発売日: 2021/02/13
  • メディア: 大型本



アンヌ今昔物語 ウルトラセブンよ永遠に…

アンヌ今昔物語 ウルトラセブンよ永遠に…

  • 作者: ひし美ゆり子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/10
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ゴーストランドの惨劇」(2019年作品)感想 [映画]

パスカル・ロジェ監督によるフランス・カナダのホラー映画。出演はクリスタル・リード、アナスタシア・フィリップス、エミリア・ジョーンズ。

<あらすじ>

独りで2人の姉妹ヴェラとベスを育てているポリーンは、引っ越した先で男と女装した男の暴漢に襲撃され、子供を守るために彼らを殺してしまった。それから16年。妹のベスは小説家になって夫と子供と幸せに暮らしていた。そこにヴェラから助けを求める電話が入った。

慌てて実家へ向かうと、そこには変わらぬ母と変わり果てた姉の姿があった。母はヴぇ巣の話を鵜呑みにするなと忠告していなくなり、ヴェラの周囲では不可思議な現象が頻発していた。ベスは、何者かの声を聴いた。それは、姉は遊びつくしたから次はお前だとの宣言だった。

気を失って目が覚めると、自分もヴェラと同じようにボロボロの姿になっていた。彼女はあの暴漢に襲撃された日から現実逃避をしていただけなのだ。地獄はずっとこの家で続いていた。母が暴漢を殺したのではなく、暴漢が母を殺して姉妹を監禁していたのだ。

隙をついて逃げ出したベスとヴェラ。警官に保護されるものの、その警官は女装した暴漢に殺されてしまい、また連れ戻されてしまった。あまりのつらさから、またベラは夢の世界へ現実逃避してしまった。パーティーの華やかな席上に佇むベス。しかし窓の外にはヴェラの姿が見える。

彼女を救い出すために、ベスは現実に舞い戻り、強姦しようとする男に抵抗するが叶わない。だがふたりの暴漢は、助けに来た警官によって射殺された。母の亡霊は、2階の窓から下を指さし、タイプライターでこのことを小説に書くように告げた。

<雑感>

これも微妙な評価だったのだが、素晴らしい作品だったよ。どういう傾向なのかわからないが、アマゾンはホラーに厳しいのかな? ホラーを見慣れた人にはもしかしたら物足らないのかも。

何が悲惨だって、監禁された姉妹がボロボロに殴られて顔が腫れ上がっているところ。ベスが小説家として成功しているのは16年後だが、16年間ずっと監禁されていたわけではなくて、それ自体はさほど長くはない。現実逃避していた世界で、16年後の自分を想像していただけであり、16年後には幸せになっているとの暗示だ。

☆4.1。映像も綺麗だしいうことなし。ただ、クソのような白人の男ふたりに少女が痛めつけられているのを見るのは結構つらいものがある。


ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

  • 作者: ひし美ゆり子
  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2021/02/25
  • メディア: 大型本



ウルトラマン創世記

ウルトラマン創世記

  • 作者: 桜井浩子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: Kindle版



万華鏡の女 女優ひし美ゆり子 (ちくま文庫)

万華鏡の女 女優ひし美ゆり子 (ちくま文庫)

  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2020/05/29
  • メディア: Kindle版



ヒロコ ウルトラの女神誕生物語

ヒロコ ウルトラの女神誕生物語

  • 作者: 桜井浩子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「トビラ 魔の入り口」(2019年作品)感想 [映画]

ビリー・チェイス・ゴーフォース監督によるアメリカのホラー映画。出演はデヴィッド・リース・スネル、ジェニファー・ピアス・マタス、ジョン・マイケル・フィッシャー。

<あらすじ>

息子ケインが学校で問題を起こしてしまって落ち込んでいた。両親は彼を励まそうとキャンプに出掛けた。そこで打ち捨てられた扉を発見する。家の扉に使えそうだと、一家はそれを持ち帰った。だがそれは、子供を食らう扉だったのだ。ケインはその中に入ってしまって出て来られなくなった。

扉の中にはケイン以外の別の子供の姿が。気づいた母親は夫に相談して、謎の黒人霊媒師の助言もあっり、扉を元の場所へ戻した。そこに祭壇を設置して、ウィジャボードにお伺いを立てたところ、門番の名はエンプーサと分かった。

エンプーサと話し合いの席を持った両親は、ケインだけが持った特別な能力と釣り合う何かの提示を求められた。悩んだ両親だったが、ケインを取り戻すにはそれを提示するしかない。両親は霊媒師立ち合いの下で悪魔と契約を交わし、ついにケインを取り戻した。

両親は、子供を食らう扉を学校に設置した。

<雑感>

アマゾンで評価が低かったのであまり期待せずに視聴したのだが、これがなかなかの当たり作品だった。スプラッター系ではないし、恐怖演出もそれほどないのだが、子供だけが生きがいの両親が変な扉を拾ってきたばかりに最愛の息子を奪われてどうしようもなくなる追い詰められ方がいい。

こういうホラーもたまにはいいものだ。殺せばいいってものじゃない。

結局両親は、我が子可愛さから、我が子に対して厳しい学校に復讐をする形でケインを救い出す。両親はそれによって多くの子供が犠牲になることを気に病んでいるにしても、学校がケインについてやいのやいのと文句を言ってきていたことがラストシーンに効いている。

☆3.9。低予算映画で、恐怖演出も少ないし、手話を使う霊媒師も胡散臭いが、これは見て損がない作品。汚い場面がないので、食事しながらでもいける。


ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

  • 作者: ひし美ゆり子
  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2021/02/25
  • メディア: 大型本



セブン セブン セブン アンヌ再び… (小学館文庫)

セブン セブン セブン アンヌ再び… (小学館文庫)

  • 作者: ひし美ゆり子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/10
  • メディア: Kindle版






コメント(0) 
共通テーマ:映画

【トランプ△】カリフォルニア知事リコールが成立しそう [政治]

現在リコールの署名活動が行われているカリフォルニア。3月17日が署名活動の期限になっているが、すでに140万筆が集まり、リコールに必要な150万筆まであとわずか、リコールの主催者は期限までに200万筆を目指すという。

記事:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN060PI0W1A200C2000000/

ニューサム知事は民主党の知事で、地元経済は破綻、電力会社は倒産、浮浪者激増、コロナ死者爆増のカリフォルニアにあって、セレブ気取りで意識高い発言を連発して庶民の反発を買っている。さらに地元名物山火事で家を失った人間が多数おり、彼らの救済もままならない状況で、地球温暖化阻止のために電気自動車導入などわけのわからないことをほざいている人物だ。

なんでこのニュースがトランプに関係あるかというと、民主党知事の州はBLM運動などで多額の経済損失を負っており、とてもじゃないがバイデンに投票するような地域でないに関わらず、どこもバイデンが圧勝しているのだ。そうした州などで、本当に大統領選挙はあれでよかったのかと疑問視する風潮が大きくなっている。

ジュリアーニなどは、選挙はトランプが圧勝していたと発言している。それをマスコミが「陰謀論」とレッテルを張って大衆を騙そうとしているが、それがこうした活動を通じて通用しなくなるかもしれない。いわば、外堀のようなものじゃないかと思ったわけだ。それで記事にすることにした。


ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

ひし美ゆり子写真集 All of Anne:2021

  • 作者: ひし美ゆり子
  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2021/02/25
  • メディア: 大型本



セブン セブン セブン アンヌ再び… (小学館文庫)

セブン セブン セブン アンヌ再び… (小学館文庫)

  • 作者: ひし美ゆり子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/10
  • メディア: Kindle版






ウルトラマン創世記

ウルトラマン創世記

  • 作者: 桜井浩子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感