SSブログ

【トランプ▽】CNN文化大革命を始めようとする [政治]

選挙期間中にプロジェクトベリタスによって社長の盗聴テープが公開されたCNNは、ついに保守系テレビメディアをすべて閉鎖するための活動を開始した。

記事:http://totalnewsjp.com/2021/02/02/cnn/

これはCNNのチーフ特派員ブライアン・ステルターが言い放った妄言。民主主義は様々な意見を出して、それを集約していくものであるが、そもそも様々な意見を出すことすら許さないというのだから、毛沢東主義者の頭はおかしい。

詳細は記事を読んで確認してもらいたいが、意見を集約する過程で、科学的に間違っているもの、哲学的におかしいとされるもの、道徳的に不適切とされるもの、慣習にそぐわないものなどが除外されていくことはある。それは意見集約の過程に起こることで、唯一絶対に正しい答えは誰にもわからないという前提があるからこそ、多様な意見を出すことが求められ、権利となっているのだ。

ブライアン・ステルターは、絶対的に正しい意見なるものがこの世に存在し(彼の場合は毛沢東主義)、それ以外はすべてこの世から消滅させることが正しいとの意見だ。科学的にも哲学的にも道徳的にも過ちを指摘され、慣習にまったくそぐわずに否定されている左翼主義者がついに正体を隠さずこう言いだしたのだ。

CNNの特派員の個人的意見などではない。これは中国共産党が示す未来の姿なのだ。











コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【トランプ△】テキサス、オカマを女子大会から駆逐か? [政治]

バイデン大統領が、精神的に女性であれば肉体的に男性であっても女子スポーツの大会に出場できるように大統領令を出したことに伴い、テキサス州は女性の保護を目的とした州法を成立させるべく準備を開始した。

英文記事:https://rfangle.com/politics/texas-protect-women-sports-biden-transgender/

記事の機械翻訳を後述するが、長いのでその前に雑感を書いておく。

記事にもあるが、アメリカの低所得者層の女性は、スポーツ奨学金で大学へ行くことが多い。それらは女性のために集められた資金であり、女性をサポートするためにスポンサーがお金を払っている。それを「自分の心は女性です」と自称するだけで男性が奪っていけるのは異常な状態なのだ。

女子は心が女性だから女子大会を分けて開催してもらっているわけではない。男子大会と女子大会のカテゴリは、遺伝的な差異によるものである。

女子大会が始まった当初は、男子が女子をサポートする目的があったが、いまでは女性起業家などによる女性が女性のためにお金を出しているケースも多々ある。それをオカマ風情が横取りしていいわけがない。大学へ行くために女性を自称して女性をレスリングで倒して大学へ進学する男性の心も歪む。誰にとってもいいことはひとつもない。不正によって権力を奪った左翼だけが勝手に正しいと言い募っているだけなのだ。常識のないあいつらの価値観に合わせる必要などない。

頑張れ、テキサス!

以下記事の機械翻訳。

テキサスは、バイデンがトランスジェンダーの制限を解除した後、女の子と女性のスポーツを保護しようとしています。

ヴァロリー・スワンソン州議会議員(R-Spring)が最近テキサス州で提出した法案は、トランスジェンダーの女子学生が生物学的女性と競争しないようにすることで、女子スポーツと女子スポーツの公平性を維持しようとしています。バイデン大統領は、宣誓からわずか数時間後に、出生証明書に記載されている性別ではなく、身元を特定した性別に基づいて学生がスポーツに参加できるようにする大統領命令に署名しました。

著者のアビゲイルシュリエは、この大統領命令の他の多くの批評家の中でも、女の子と女性のスポーツは生物学的女性のために予約されるべきであると感じています。連邦政府の資金援助を受けている教育機関は、生物学的に男性のアスリートを女性チーム、女性奨学金などに認めなければなりません」と付け加え、「新しいガラスの天井が女の子の上に置かれたばかりです」と付け加えました。

ツイート情報:https://twitter.com/1966Holl/status/1356553148110786565

多くのアメリカ人が最初の女性副大統領を持つ可能性に焦点を合わせているので、他の人はバイデン政権が女性アスリートに何をしているかに関心があり、その多くは大学に通うために運動奨学金に依存しています。間違いなく、低所得世帯の少女はこの命令の影響を最も受け、高等教育機関への入学を求める恵まれない女性の扉を閉ざす可能性があります。

バイデンの命令は、この決定の基礎としてタイトルIXを使用しながら、「すべての人は敬意と尊厳をもって扱われ、誰であるか、誰を愛するかに関係なく、恐れることなく生きることができるべきである」と述べています。ただし、タイトルIXは、連邦政府の資金提供を受けている学校の女性と少女に対する差別からの保護を提供します。バイデンの命令の反対者は、それが本質的に両性の間に存在する生理学的差異に部分的に基づいて生物学的女性を差別していると主張している。科学に基づくと、女性と女児は、体力、体力、スピードに関して不利な立場にあります。

大統領命令の支持者は、それが公民権法のタイトルVIIに沿っていると感じています。ヒューマン・ライツ・キャンペーンは、バイデンの決定に対する支持をツイートし、「大統領命令は、公民権法のタイトルVIIの下で性的指向と性同一性差別が禁止されているという2020年6月の最高裁判所の決定を施行する」と述べた。フォローアップのツイートで、組織は「私たちはこれらの勝利を祝い、全国の州レベルで追加の保護を拡大する差別禁止法のために戦うために私たちの同盟国と協力することを楽しみにしています」と述べました。

家族調査評議会のトニー・パーキンス会長などの大統領命令の反対派は、次のように述べています。「悲しいことに、バイデン政権は生物学的現実への攻撃をさらに進めることを計画しており、学校に女子スポーツを廃止するよう命令することが期待されています。男の子と女の子に同じシャワーと更衣室を使用するように強制し、学校の旅行で一緒に寝かせるかもしれません。」パーキンス氏は、「科学の党であると主張する党は、現実を否定する初日に政策を進めている」と付け加えた。

他のいくつかの州は、女性のスポーツを少女と女性のために公正に保つことを試みる法案を提出しました。アイダホ州は昨年「女子スポーツ法の公平性」を可決し、モンタナ州の法案である「女子スポーツ法を救う」は、数日中に州の上院で提出される予定です。アメリカ自由人権協会によると、合計9つの追加州で同様の法案が係属中です。他の州議会は、バイデン政権の命令に応じてまもなく新しい法案を提出することが期待されています。

以上。











コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【トランプ▽】米共和党大分裂! [政治]

ロイター通信は、元ブッシュ大統領のスタッフだった共和党員が、共和党を離党して無所属などで活動を開始したと発表した。

ヤフーのロイター引用記事:https://news.yahoo.com/exclusive-dozens-former-bush-officials-111446506.html

ブッシュ政権のテロリズム金融情報局の次官であったジミー・グルレは「私が知っていた共和党はもはや存在しない。私はそれをトランプのカルトと呼ぶだろう」と現在の共和党を批判している。

今回離党したのはブッシュ政権時のスタッフがほとんどで、ロイターはそれを「まともな共和党員」であるとか、「穏健派」と呼んでトランプを批判している。

ブッシュ政権時に通信局で6年間働いたクリストファー・パーセルによると、60人から70人が党を去り、その数は日ごとに増えているという。ロイターはさも嬉しそうに、そして暗黒妄想全開でトランプ支持者をQアノン信者と罵っている。古い時代のロイターを知っているオレなどは、この狂いっぷりに背筋が凍る思いがするが。

ロイターの偏った見方を横に置いてこの顛末を解説すると、CIA長官だったブッシュ父は、がっつり反トランプ陣営、つまりDS側の人間なのだ。ロイターはブッシュスタッフが陰謀論に嫌気がさして共和党を離れたと書いているが、CIAと関係が深いスタッフが、今回の騒動によって共和党からパージされているのである。

共和党は元来「アメリカ優先主義」で「一国平和主義」の政党である。それを変えたのがレーガンだった。レーガンのスタッフだったのがブッシュ父。彼の代になって、共和党の中にCIA関連スタッフが大量に潜り込んだ。これらがトランプによってパージされたのである。名前の出ているスタッフが、金融情報局とか通信局の肩書を持っているのは、CIAの協力者であるためだ。

アメリカ共和党は、レーガン時代以降続いていた覇権主義的平和主義から脱却して、元の共和党に戻ろうとしている。トランプが目指しているのは、欧州戦線に参加する前のアメリカであった。過剰な軍事力は削減方向にあったので、DS(軍産複合体など)には嫌われていた。

今回のブッシュ時代のスタッフ離脱は、レーガン・ブッシュと続いた、ハーバードピンクに侵食された共和党からの脱却であり、原点回帰なのだ。

ちなみに「ハーバードピンク」とは、ハーバード大学にいる共産主義者ほどではない左翼や、中道を装っている左翼のことである。ハーバードピンクでGoogle検索をいくらしても、本来の意味には辿り着けない。

サジェストがロンダリングされているからだ。

本を読まず手軽に「ソースは?」などとほざいているバカは、ハーバードピンクの本来の意味を知ることもできないのが現代社会だ。


いなば食品 タイ・インドシリーズ 115g 12個セット

いなば食品 タイ・インドシリーズ 115g 12個セット

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • 発売日: 2020/05/13
  • メディア: 食品&飲料



いなば インド黒カレー 115g×24個

いなば インド黒カレー 115g×24個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料



いなば カレー8缶(セット)

いなば カレー8缶(セット)

  • 出版社/メーカー: いなば
  • メディア: その他



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【トランプ△】EO13848発令 [政治]

なかなかネタが尽きないというのか、尽きさせないというのか、アメリカ大統領選挙の不正を巡って新情報があったようだ。それはトランプが2018年9月に発令した大統領令13848が発行したとのニュースだ。

もえるあじあ:https://www.moeruasia.net/archives/49676172.html

バイデンはトランプの大統領令をすべて上書きして失効させたとの話があったはずだが、一部の人間の間で取り消されていないとの情報が流れている。発令されたのか失効したのか、公式文書を読む限りは失効されていないようなのだが、正式にどうなのかは確認が取れていない。

EO13848は米国の選挙で外国からの干渉が発生した場合に特定の制裁を課すもので、関係者の全資産を差し押さえ、身柄を拘束することができる。それが2021年2月1日に発令されたというのだ。

大統領令によると、

①選挙不正発生から45日以内に不正発生を確認・証明する。(11月3日に不正発生。45日後の12月18日に不正を確認)

②45日以内に報告書の作成と提出(12月22日にラドクリフレポートが提出される)

③12月18日から45日以内に資産の凍結開始

これが2月1日だったというのだ。確かに株価はかなり下げていたが、2月1日は220ドルほど戻している。そんなものが発令されていたらもっと大騒ぎになっている気もする。

それに合わせてロスチャイルド卿が資産を全売却しているとか、様々な憶測が飛び交っている。なんで一般人がロスチャイルド卿の資産のことを知っているんだって話だが、都市伝説とか陰謀論の類と考えて、楽しむネタくらいにはなるのだろう。

「もし本当だったら面白い」これくらいの気持ちがちょうどいいだろう。


いなば バターチキンカレー 115g×24個

いなば バターチキンカレー 115g×24個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料



いなば チキンとタイカレー グリーン 125g×24個

いなば チキンとタイカレー グリーン 125g×24個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料



いなば タイカレー4缶アソート

いなば タイカレー4缶アソート

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: その他



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「まく子」(2019年作品)感想 [映画]

鶴岡慧子監督による児童文学原作のドラマ映画。出演は山﨑光、新音、須藤理彩。

<あらすじ>

慧は温泉街に家がある小学生だった。彼は女の子を怖がり、大人の男を嫌っていた。そんなとき、転校生のコズエがやってくる。大人びた彼女のことも、慧は好きになれなかった。しかし彼女は他の生徒たちとはちょっと違っていた。どこか子供じみたところがあり、大人の雰囲気がしない。

徐々にコズエに惹かれていく慧。そして彼女から自分は宇宙人だと告げられて困惑する。死の意味を知りに地球にやってきたのだという。その意味が分からないまま祭りの日になり、なぜかコズエの家が放火される。慧はその夜に精通を迎える。そしてコズエの代わりに別の転校生がやってきた。

<雑感>

これは良作だった。初潮を迎えて身体が先に変化する女性と、遅れて精通する男のわずかな時間的な差が生み出す心の問題と、温泉街の小さな集落に異文化がやってきて変化を起こす様子などを、象徴的な意味合いを持たせて巧みに描いている。映画もなかなかの良作。

☆4.8。嫁によると、男に髭が生えてくると女は男を怖がるようになるんだとか。小学生のときに先に大人の身体になる女を不思議な目で男が見ていることには気づかなかったそうだ。

なかなかいい映画でしたよ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「リングサイド・ストーリー」(2017年作品)感想 [映画]

武正晴監督による日本のコメディ映画。出演は佐藤江梨子、瑛太、有薗芳記。

<あらすじ>

売れない俳優が嫁をプロレス関係で働かせるが、逆に浮気を疑い始め、仕事の邪魔をする。そしてK-1の選手と試合をする羽目になって、簡単に負けるもなぜか吹っ切れ、仕事を選ばず働く俳優に戻った。

<雑感>

☆0.3。何もめでたくねぇし、面白くもねぇ。


マジックスパイススープカレースペシャルメニュー 307g

マジックスパイススープカレースペシャルメニュー 307g

  • 出版社/メーカー: 明治
  • メディア: 食品&飲料






モランボン ごろごろ野菜で作る スープカレー用スープ 750g ×10袋

モランボン ごろごろ野菜で作る スープカレー用スープ 750g ×10袋

  • 出版社/メーカー: モランボン
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ミスミソウ」(2017年作品)感想 [映画]

内藤瑛亮監督による日本のサスペンス映画。出演は山田杏奈、清水尋也、大谷凜香。

<あらすじ>

イジメを受けていた女があろうことか両親まで殺され、復讐のためにクラスメイトを殺害していく。主犯格の男と女はただの鬼畜だったのこいつらも殺して、自分の力尽きて死んだ。

<雑感>

☆0.0。バカじゃないの? 邦画関係者全員バカチョンじゃないの? これで原作があるというのだから呆れるしかない。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「罪の余白」(2015年作品)感想 [映画]

大塚祐吉監督による日本のミステリ映画。出演は内野聖陽、吉本美憂、吉田美佳子、谷村美月。

<あらすじ>

クソ女がクラスの女をイジメ抜いて4階から転落させ死なせる。男でひとつで育てた親が事件の真相を調べ始めるが、バカの警察は自殺と断定。クラスの他の女子生徒はイジメ殺したことを知っているから真相を話そうとするがクソ女だけは平然と暮らし、証拠隠滅を図る。

最後には男親も同じように殺しかけるが、なんとその親が刑務所に入る。

<雑感>

作者と脚本家はバカじゃないの? 知恵遅れなのか心が腐ってるのか。しかもそれを映画にしようと言い出したプロデューサーとか遺伝子レベルで腐ってるわ。

☆0.0。低能が書き、低能が作った映画。


いなば 三ツ星グルメバターチキンカレー (150g×3袋入) ×3個

いなば 三ツ星グルメバターチキンカレー (150g×3袋入) ×3個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • 発売日: 2019/03/18
  • メディア: 食品&飲料



宮島醤油 からだシフト 糖質コントロール グリーンカレー 150g ×5

宮島醤油 からだシフト 糖質コントロール グリーンカレー 150g ×5

  • 出版社/メーカー: 宮島醤油
  • メディア: 食品&飲料



[Amazonブランド]Happy Belly ビーフカレー 中辛 180g×15個

[Amazonブランド]Happy Belly ビーフカレー 中辛 180g×15個

  • 出版社/メーカー: ヤマモリ
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ガチンコ 喧嘩上等」(2010年作品)感想 [映画]

広瀬陽監督による日本のいろいろパクッてる映画。出演は久保田悠来、桃瀬美咲、渡辺大輔。

<雑感>

もはやあほらしいのであらすじ割愛。在日の金本の下でなんかイキってる男が喧嘩だ、走り屋だとその道の連中が好きそうな題材で学芸会をやっているだけ。

☆0.3。OVAみたいな。時代もTHE OUTSIDERの時代だし。


いなば チキンとグリーンカレースパイシー 125g ×24個

いなば チキンとグリーンカレースパイシー 125g ×24個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料






いなば とりたれ味 65g×24個

いなば とりたれ味 65g×24個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料



イナバ食品 いなば カレー缶詰セット 16缶 お試しセット

イナバ食品 いなば カレー缶詰セット 16缶 お試しセット

  • 出版社/メーカー: 広島屋
  • メディア: その他



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「やわらかい生活」(2005年作品)感想 [映画]

廣木隆一監督による日本のドラマ映画。出演は寺島しのぶ、豊川悦司、松岡俊介。

<あらすじ>

ババアが孤独になる話。

<雑感>

これも酷い話だった。ババアの周囲にいる男がババアに何の影響も及ぼさない話で、だからどうしたって怒りだけがこみあげてくる内容だった。

☆0.0。語るべきことが何もないのなら物を書かなきゃいいんだ。


いなば 三ツ星グルメグリーンカレー (150g×3袋入) ×3個

いなば 三ツ星グルメグリーンカレー (150g×3袋入) ×3個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • 発売日: 2019/03/18
  • メディア: 食品&飲料



いなば 完熟トマトカレー 165g×24個

いなば 完熟トマトカレー 165g×24個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料



いなば 深煮込みバターチキンカレー 165g ×24個

いなば 深煮込みバターチキンカレー 165g ×24個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • 発売日: 2019/03/08
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「結婚詐欺師」(2007年作品)感想 [映画]

金子修介監督による日本の刑事ドラマ映画。出演は内村光良、加藤雅也、鶴田真由。

<あらすじ>

結婚詐欺師で女を騙し続ける橋口雄一郎という男がいた。被害者のひとりが、呑気にも彼氏がいなくなったと警察に連絡した。それで橋口の犯行がバレるのだが、女性は被害者になったつもりはない。元カノさえ標的にされた刑事は怒り心頭で自殺女性の件で逮捕状を取って身柄を確保した。

橋口は自分は幸せのコーディネーターだから悪いことはしていないと開き直ったが、一方でほっとした表情も見せた。

<雑感>

出たよ、色がくすんでる系映画。なんでこんなに色が汚いんだろうってくらいくすんでいる。ドブみたいな色だ。美しいものを撮ろうとか、良い写真を撮ろうとかしないのかね?

若干女をバカにしたような内容で、いや結局最後に男もバカにしているので、全方位に喧嘩を売っている作品だった。

☆0.2。個人的には内容よりも画面の汚さに耐えられなかった。


[Amazonブランド]SOLIMO シーチキン マイルド 70g ×12缶

[Amazonブランド]SOLIMO シーチキン マイルド 70g ×12缶

  • 出版社/メーカー: はごろもフーズ
  • メディア: 食品&飲料



いなば バターチキンカレー 115g

いなば バターチキンカレー 115g

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • 発売日: 2017/05/09
  • メディア: 食品&飲料



いなば チキンとタイカレーイエロー 125g

いなば チキンとタイカレーイエロー 125g

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • 発売日: 2016/05/30
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ダウト 嘘つきオトコは誰?」(2019年作品)感想 [映画]

永江二朗監督による日本のなんだかよくわからない映画。出演は堀田茜、稲葉友、西銘駿。

<あらすじ>

何をやっているのかわからないし、興味も持てないまま時間だけが過ぎていく。

<雑感>

☆0.0。こういう映画を作っておきながら、アニメだけ作品リストから除外したキネマ旬報は赦されんな。


いなば インド赤カレー 115g×24個

いなば インド赤カレー 115g×24個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料



いなば食品 チキンとグリーンカレー スパイシー 125g

いなば食品 チキンとグリーンカレー スパイシー 125g

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • 発売日: 2020/05/13
  • メディア: 食品&飲料



いなば 深煮込みカレー 165g×24個

いなば 深煮込みカレー 165g×24個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「リバーズ・エッジ」(2018年作品)感想 [映画]

行定勲監督による日本の青春映画。出演は二階堂ふみ、吉沢亮、上杉柊平。

<あらすじ>

イジメと麻薬とセックスが高校生を蝕んでいる話。

<雑感>

色彩は綺麗だったのだが、内容がウチの夫婦には合わなさ過ぎた。

☆1.5。どんな青春を送ってるんだよ。70年代よりひどいじゃねーか。


いなば チキンとタイカレー グリーン 125g

いなば チキンとタイカレー グリーン 125g

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • 発売日: 2016/11/15
  • メディア: 食品&飲料



いなば食品 チキンとインドカレー黒カレー 170g ×6個

いなば食品 チキンとインドカレー黒カレー 170g ×6個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料



いなば食品 チキンとタイカレーグリーン 170g ×6個

いなば食品 チキンとタイカレーグリーン 170g ×6個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「東京公園」(2011年作品)感想 [映画]

青山真治監督による日本のドラマ映画。出演は三浦春馬、榮倉奈々、小西真奈美。

<あらすじ>

写真家志望の光司は、幽霊と暮らし、公園で写真を撮っていた。彼は男に呼び止められ、ある女性を尾行し、彼女と娘の写真を撮って携帯に送ってくれと頼また。怪しい話だったが、バイトがてら引き受けることにした。

彼には姉がいたが、連れ子であるため血は繋がっていなかった。ふたりは惹かれ合い、キスをするが、それがきっかけで姉弟の感情が勝ると気づいてしまった。

写真を依頼した女性は、光司の母に似ていた。バイトを断ると話すとそれは困ると引き留められたが、彼女の夫も妻の浮気を心配していたので、写真は彼に任せることにした。

そうした話を幽霊にすると、その友人の幽霊も本当の気持ちに気づいたという。彼は恋人の女性を光司に任せたかったが、嫉妬の気持ちがあって言い出せなかったのだという。彼は成仏し、そこに幽霊の恋人だった女性がやってきて、光司に本当の気持ちを訴えた。

<雑感>

そしてふたりは同居を始める。脚本もいいが、三浦春馬の透明感で作品が成り立っているところもある。こういう演技ではどうしようもない存在感が役者の魅力のひとつではある。演技するばかりが役者じゃない。

光司を巡る人間関係は少しだけこじれていたが、ちょっとしたきっかけで関係性は整理され、みんな自分の本当の気持ちに気づいていく展開。なかなか巧みだしわかりやすく整理されている脚本の勝利。

☆4.4。もうちょっと高得点でもいいくらいだが、この青味がかった画面作りが好きじゃない。人間の顔色が病人みたいに見える。もっと明るい色の三浦春馬が見たかった。邦画のこの青色って何なんだろうな。キタノ・ブルーリスペクトなんだろうか?


【Amazon.co.jp限定】 ヤマモリ タイカレー&ガパオごはん 全10品セット

【Amazon.co.jp限定】 ヤマモリ タイカレー&ガパオごはん 全10品セット

  • 出版社/メーカー: ヤマモリ
  • メディア: 食品&飲料



いなば食品 バターチキンカレー 170g ×6個

いなば食品 バターチキンカレー 170g ×6個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料



いなば食品 甘口カレー 170g ×6個

いなば食品 甘口カレー 170g ×6個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「箱入り息子の恋」(2013年作品)感想 [映画]

市井昌秀監督による日本の恋愛ドラマ映画。出演は星野源、夏帆、平泉成。

<あらすじ>

市役所で働く天雫健太郎は女性経験がなく、結婚するつもりもなかった。雨の日、目の見えない女性今井奈穂子と出会い傘を貸した彼は、次第に彼女に惹かれていくようになる。息子を心配する両親は、彼にお見合いをさせることになった。相手は奈穂子と決まった。

ところが彼女の両親はこの結婚に大反対。見合いの席で健太郎をバカにして、両親の間が不仲になる。一方で若いふたりは惹かれ合い、逢引きを繰り返し、やがて健太郎は告白した。それを受け入れる奈穂子。反対する両親。散々な嫌がらせの果てに、いったんふたりは距離を置くことになった。

ふたりは互いのことを忘れてはいなかった。奈穂子の気持ちを知った健太郎は彼女の家に押しかけ、ふたりは結ばれる。両親は怒ったものの、健太郎の気持ちは揺るがず、奈穂子の決意も固かった。ふたりは結婚することになり、天雫家の子育ては終わった。

<雑感>

星野源はちゃぶ台が似合うな。どんな部屋のインテリアにも合う顔ってなかなかない。汎用性が高いんだな。岡本信人みたいなものだと思っていたのだが、もっと汎用性が高そうだ。

☆4.8。これは良かった。平泉成のお父さんが良かった。


イナバ食品 いなば カレー缶詰セット 24缶 セット

イナバ食品 いなば カレー缶詰セット 24缶 セット

  • 出版社/メーカー: 広島屋
  • メディア:



いなば チキンとタイカレーイエロー 115g×24個

いなば チキンとタイカレーイエロー 115g×24個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料



いなば チキンとタイカレーグリーン 115g×24個

いなば チキンとタイカレーグリーン 115g×24個

  • 出版社/メーカー: いなば食品
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画