SSブログ

「シモーネ・バイルズ 金メダルへの道」(2017年作品)感想 [ドキュメンタリー]

バネッサ・パリーゼ監督による黒人の女性体操選手シモーネ・バイルズを取材したドキュメンタリー。

<雑感>

最後に見たオリンピックは、ロンドンオリンピックの開会式。以降オリンピックは観ていない。だからこの選手のことも知らなかった。体操競技は子供のころからお金を使って習わさなければいけないので、之まで黒人選手は現れなかったが、白人が競技するための施設を黒人が使えるアメリカで、才能のある少女が出現したということなのだろう。

バイデンが女性の大会に男性の出場を認めてしまったせいで、レオタードを履いて股間がモッコリした「心は女の子」なだけの選手が女子から活躍の場を奪っていくのが近未来のアメリカである。

☆3.0。なんかバカすぎていろいろ笑える。この少女は素晴らしい演技をしていたよ。


[グッチ] GUCCI ネックレス 【並行輸入品】 225055-J8400-8106

[グッチ] GUCCI ネックレス 【並行輸入品】 225055-J8400-8106

  • 出版社/メーカー: GUCCI(グッチ)
  • 発売日: 2014/08/22
  • メディア: ジュエリー









コメント(0) 
共通テーマ:映画

「キング・コーン 世界を作る魔法の一粒」(2007年作品)感想 [ドキュメンタリー]

アーロン・ウルフ監督によるアメリカの農業補助金を告発するドキュメンタリー映画。

<あらすじ>

髪の毛にコーンの成分が入っていることを知った研究者ふたりは、それを実際に育ててみる。するとコーンは経費を引くと赤字になると分かった。規模を追求しても必ず赤字になる。コーンは商業穀物として成り立っておらず、完全に補助金頼みだった。

コーンは肥料になっているが、牛を育てる肥料としても良くない。人工甘味料の材料としては甘すぎる。肥満の原因はトウモロコシの甘味料ではないかと彼らは考えた。

こうなった原因は、食料価格を抑制することでエンゲル係数を下げて経済発展につなげるという70年代の政策が発端。以降アメリカのコーン事業は補助金漬けになる。

<雑感>

方針を改正した当の本人のインタビューもあって、農作物価格の下落を抑えるために政府は補助金を使っていた。日本のコメと同じことになっている。いまはコメ農家はコメを作らず金を貰っている。同じようなことだ。

バイオエタノールがときどきブームになるのも、インディーカーの燃料がエタノールなのも、農業の補助金の問題が背景にある。使い道を必死に探しているのだ。それほど穀物は余り、価格が下がっている。明らかに作りすぎているのに、国内事業なので止められない。

コーンを作っているのはアメリカの田舎の州で、共和党の地盤であることが多い。それで都会の民主党員にこうやって補助金の問題をつつかれるのだが、もしアメリカ人がアメリカの農業基盤を捨てて都会に移り住み、田舎に移民が入り込んだらどうなるか。

☆4.0。たちまちそこはあらゆる種類の麻薬原料製造工場になる。プロテスタントの熱心な信者たちだから、補助金頼みとはいえ真面目に農業をやっているのだ。麻薬の製造を始められたらアメリカはあっという間に終わる。


4℃(ヨンドシー) シルバーネックレス 111424121806

4℃(ヨンドシー) シルバーネックレス 111424121806

  • 出版社/メーカー: 4℃(ヨンドシー)
  • メディア: ジュエリー



[ヨンドシー] 4℃ ネックレス 11192-412-1802-00-00

[ヨンドシー] 4℃ ネックレス 11192-412-1802-00-00

  • 出版社/メーカー: 4℃(ヨンドシー)
  • 発売日: 2019/11/01
  • メディア: ジュエリー



4℃(ヨンドシー) エターナルシルバーネックレス 111424121809

4℃(ヨンドシー) エターナルシルバーネックレス 111424121809

  • 出版社/メーカー: 4℃
  • メディア: ジュエリー



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ショックウェーブ」(2020年作品)感想 [ドキュメンタリー]

Adam Harvey監督によるレバノンのベイルートで起こった大爆発事件に関するドキュメンタリー。

<雑感>

これ、ツイッターの情報で最初に知ったのだが、テレビはそのころ「アベガー、サクラガー、モリカケガー」ってやってたんだよな。しかも全然映像の調達が出ていなかったそうだ。テレビが四苦八苦していたころ、ツイッターにはさまざまな角度から撮影された映像がタイムラインに流れてきていた。

火災があった倉庫には2700トンの硝酸アンモニウムが保管されていた。日がそれらに引火して大爆発を起こした。危険物を管理しなければいけない当局は危険物の存在は知っていたが、それをどうするかについて政治判断することはなく、上層部に情報が届くこともなかった。

ほぼ人災といっていい。

日本で「アベガー、サクラガー、モリカケガー」をやっていたと書いたが、あいつらが政権を持てば、こうした事件は必ず起こる。福島第一原発の事故がまさにそうである。少量の放射性物質のベントを怖がって決断せず、総理に話を上げたら「オレが到着するまで待て」と命令した挙句爆発したのだ。

所長の判断でベントする、総理がすぐにベントをさせる、それらの決断をしていれば原子炉建屋が爆発することはなかった。

☆2.5。そうしたことがレポートされているのだが、爆発映像に乏しかったので評価は低め。後付けで批判しても始まらない。自分らは何一つ警告していなかったんだから。





4℃(ヨンドシー) エターナルシルバーネックレス 111424121809

4℃(ヨンドシー) エターナルシルバーネックレス 111424121809

  • 出版社/メーカー: 4℃
  • メディア: ジュエリー



4℃(ヨンドシー) シルバーネックレス 111424121806

4℃(ヨンドシー) シルバーネックレス 111424121806

  • 出版社/メーカー: 4℃(ヨンドシー)
  • メディア: ジュエリー



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「カルト スクーター 240」(2006年作品)感想 [ドキュメンタリー]

ビッグスクーターブームのときの映像作品。

<雑感>

カスタムされたビッグスクーターを紹介するだけの作品。一時期やたらと増えたけど今ではすっかり廃れた印象。お股ガバガバで大排気量(といっても中型中心)のバイクは危ないですなぁ。

☆1.0。昔のヤンキーたち大集合的な内容。














コメント(0) 
共通テーマ:映画

「あまくない砂糖の話」(2014年作品)感想 [ドキュメンタリー]

デイモン・ガモーア監督によるオーストラリアのドキュメンタリー映画。

<あらすじ>

頭の悪そうなオージーがわざと砂糖を大量摂取するドキュメンタリー。運動せずに摂取カロリーは控えめにしたけど太って無気力になったみたいな話。

<雑感>

栄養バランスが崩れただけ。なんの実験にもなっていない。塩分にしても糖分にしても、その人物のライフスタイルによって必要なものが違うに決まってる。炎天下で肉体労働をする作業員は大漁の塩分接種が必要だし、棋士はご飯をたくさん食べて糖を補給する。

この実験で「砂糖は身体に悪い」と思ってしまう人間は、まず自分の頭の悪さが1番身体に悪いということを自覚すべきだ。それを自覚できないからバカなのだろうが。

☆0.1。ドキュメンタリーの質が低すぎる。世界はバカばっかりだ。


【正規輸入品】 ウェッジウッド ワンダーラスト ミッドナイト クレーン ティーカップ&ソーサー 180ml

【正規輸入品】 ウェッジウッド ワンダーラスト ミッドナイト クレーン ティーカップ&ソーサー 180ml

  • 出版社/メーカー: ウェッジウッド(Wedgwood)
  • メディア: ホーム&キッチン



【正規輸入品】 ウェッジウッド ワンダーラスト ジャスミン ブルーム ティーカップ&ソーサー 180ml

【正規輸入品】 ウェッジウッド ワンダーラスト ジャスミン ブルーム ティーカップ&ソーサー 180ml

  • 出版社/メーカー: ウェッジウッド(Wedgwood)
  • メディア: ホーム&キッチン






【正規輸入品】 ウェッジウッド ワンダーラスト クリムゾン ジュエル スモールボール

【正規輸入品】 ウェッジウッド ワンダーラスト クリムゾン ジュエル スモールボール

  • 出版社/メーカー: ウェッジウッド(Wedgwood)
  • メディア: ホーム&キッチン



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「シャークウォーター 滅びゆく捕食者」(2018年作品)感想 [ドキュメンタリー]

ロブ・スチュワート監督によるアメリカのサメの密猟を扱ったドキュメンタリー映画。

<雑感>

この映像作品は捏造です。見るに値しない。そもそも字幕がついていないので、英会話のところしかわからない。

世界的にサメが激減していて、それは密猟が原因だと告発する内容なのですが、大手資本による大規模な漁が原因であって、密漁は関係ない。密漁したサメを日本の漁船が買い付けているかのように見せかけているけれども、あの日本の船はマグロ漁船でサメは積載されていない。

しかもアングルでさも日本の漁船にサメが積まれているように撮影している。つまり、映像を作っている人間は現場にいて、日本の漁船は無関係だと知っていながらウソをついているわけです。

環境保護団体なるものがいかに白痴的なウソ吐きの集団であるか自白する内容にしかなっておらず、これはドキュメンタリーとは言えません。

☆0.0。まるで無価値な作品でした。





[グッチ] GUCCI ネックレス 【並行輸入品】 295710-J8400

[グッチ] GUCCI ネックレス 【並行輸入品】 295710-J8400

  • 出版社/メーカー: GUCCI(グッチ)
  • メディア: ジュエリー



[ヴィヴィアンウエストウッド] Vivienne Westwood PETITE オーブ ネックレス【並行輸入】専用BOX・紙袋付き 63020098/W004

[ヴィヴィアンウエストウッド] Vivienne Westwood PETITE オーブ ネックレス【並行輸入】専用BOX・紙袋付き 63020098/W004

  • 出版社/メーカー: Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)
  • 発売日: 2016/12/10
  • メディア: ジュエリー



コメント(0) 
共通テーマ:映画

「9.11 ジョージ・W・ブッシュ 空白の9時間」(2019年作品)感想 [ドキュメンタリー]

ジャロン・バーマン監督による9.11を扱ったアメリカのドキュメンタリー映画。

<雑感>

ヒストリーチャンネルのドキュメンタリーで、ジョージ・W・ブッシュ元大統領も出演して証言している。なかなか豪華だが一方で胡散臭い映像作品。

事件当時、ブッシュ大統領がどこにいるのかわからず、国民を不安にさせ、それをメディアが憤ってみせる事態が起こっていた。この作品は、姿が見えなかったブッシュ大統領の身に何が起こっていたのかを詳細に検証したもの。

作品を視聴してもらえばわかるが、飛行機が世界貿易センタービルに突っ込んだとき、まずはパイロットの病気や心神喪失が疑われ、外国からの攻撃とは思われなかった。ブッシュは小学校を訪問していたので、そのままスケジュールをこなしている。

事故なのか事件なのか確定ができない中で、ブッシュ大統領はホワイトハウスへの早期帰還を求める。だが、航空機を使ったテロの可能性があったために、エアフォースワンが安全なのかどうかシークレットサービスは判断しかねている。機体を念入りに調査する必要もある。

通信障害が起きており、安定した通話回線の確保すらできない。ブッシュは苛立ちを押さえながら、ホワイトハウスへの帰還を果たすべく前進していく。だが、安全を確保しながらの行軍は難しい。情報が整理されてきて、どうやらパイロットの不調ではなくテロ行為だと分かってくる。そこで軍の地下施設に入り、そこから指揮を執ることになった。

そんな経緯が関係者の証言によって詳細に語られている。ヒストリーチャンネルにしては比較的まともなドキュメンタリーであったのではないか。

アメリカを標的にしたテロ行為だった場合、敵は大将の頭を取りにくる。ブッシュが死ぬようなことがあってはいけないし、エアフォースワンが撃墜されるようなことがあってもいけない。国の威信のためにギリギリの決断の連続であるのだが、決断をする判断材料が情報の混乱によって不確実であったことが9時間の空白ができた原因であった。これはやむを得ないことであろう。

☆4.0。CIA陰謀説、DS黒幕説などに突っ込んでいる人間には物足らない内容だろうが、公式見解に近い情報を知りたい人にはなかなか良いドキュメンタリーであった。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

「チェルノブイリを追って: アポカリプス後の探索 (Stalking Chernobyl)」(2020年作品)感想 [ドキュメンタリー]

Iara Lee監督によるチェルノブイリ原発事故のその後を扱ったウクライナのドキュメンタリー映画。

<雑感>

避難地域に指定された原発近くはいまでも立ち入り禁止区域になっている。しかし、放射線量はガイガーカウンターで計測できるので、一般人が不法に侵入して探検するスポットになっている。ストーカーと呼ばれるその行為は、個人が行うツアーで、まるでディズニーランドのようなものと紹介されていた。

放射線を異常に怖がるショウジョウバエのような左翼たちにはお気に召さない映像作品かもしれないが、好事家のオレにはこうしたことをする人間の気持ちはよくわかる。野生動物の楽園になっているとか、旧ソビエト時代の街並みがそのまま残っているとか、広大な廃墟であるというだけでそこは魅力的な場所に見えてしまうのだ。好事家ってそんなものだ。

ストーカー行為を行うのは主に若者で、アーティストや近所のバカといった連中。最初期のストーカーは旧ソビエト連邦の若者が多かったが、現在ではEUの人間が多いそうだ。

事故後に癌患者が増えたのは、いまでは急性放射線傷害ではなく重度のストレスが原因だと判明している。心配された白血病患者の急増や、子供のリンパ節の癌なども思ったほど多くはなかった。よほど強烈なホットスポット(原子炉建屋から吹き飛んできた破片など)に近寄らない限り安全だ。

チェルノブイリ原発事故は原子炉が吹っ飛んで原子炉建屋が破壊された事故であったため、かなりの量の放射性物質が撒き散らされた。それらが付着した食物などは普通に食べられたが、特段の影響はなかった。日本にもイタリアの乾燥パスタなどが輸入されていたが、何ともない。

福島第一原発事故は、水素爆発によって原子炉建屋が吹っ飛んで原子炉が壊れた事故なので、さらに影響は少ない。放射性物質の性質上自然に減衰するのを待つしかないので、影響が長期に及んでいるだけなのだ。

放射線の恐怖を煽ってくれないと不安になる特殊な人間以外はそこそこ楽しめるドキュメンタリーであった。オレだったらもっと明るい雰囲気にするけれども。

☆3.0。まぁ、たいしたことないんだよ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

【トランプ△】コロラド州ウェルド郡が州を離脱か? [政治]

保守系と革新系の対立が激化して収拾がつかなくなっているアメリカで、気になる動きがあったようなので記事にしておく。

コロラド州ウェルド郡は、コロラド州から離脱してワイオミング州に編入されたがっている。コロラド州は民主党が強く、今回の大統領選挙もバイデンが圧勝している。

記事:http://totalnewsjp.com/2021/01/30/trump-556/

選挙結果:https://graphics.reuters.com/USA-ELECTION/RESULTS-LIVE-US/dgkvljawovb/

対してワイオミング州は共和党の牙城で、トランプが70%の票を獲得して圧勝した地域。北部のウェルド郡の住民は、こちらに移りたいと願っている。

「コロラド州は、ウェルド郡の3つの主要な経済的推進力、中小企業、農業、石油とガスと戦争状態にあります」

エリー市長のジェニファー・キャロルは声明の中で次のように述べている。

「ウェルド郡の有権者がワイオミングに脱退したい場合は、所得税、個人資産税、企業の州所得税、退職所得税、ガス税、石油とガスの分離税、水など、多くの考慮事項があります。いくつか例を挙げる権利。ウェルド郡の住民が投票の質問を承認する場合、コロラド州議会がそれを承認する必要があり、ワイオミング州議会がそれを承認する必要があり、コロラド州の有権者と議会の両方がそれを承認する必要がある可能性があります」

コロラド州議会は承認しそうにないので実現は難しそうだが、どうなるかという問題より、都会の住民の感性、つまり自然エネルギーと電気自動車が走る未来は、地方の人間にはそれほど好ましくないかもしれないのだ。

都会の人間の理想を押し付けられて今よりさらに貧しく負担が増える社会より、地域に根差した価値観で生きていった方が幸せだと考える人間は多い。カナダなど革新系の考えが多いが、寒冷地域なので電気自動車の普及など誰も望んでいない。寒冷地での自動車の故障は命取りになるからだ。

こういった問題は、テキサスの今後の動きにも関連してくるので、情報だけはチェックしておきたい。アメリカの分断は決定的で修復不可能なのだ。














コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感