SSブログ

「ブラザーズ・ブラッド」(2015年作品)感想 [映画]

ブルーノ・ヘルナンデス監督によるアルゼンチンのクライムアクション映画。主演はダニエル・アラオス。と言われても誰だかわからない。アルゼンチンの俳優でしょう。

どうでもいいけど、登場人物がハゲばっかりなのはなぜ? 善人も悪人もすべてハゲ。若い男の子以外全部ハゲ。アルゼンチンはハゲが多いのだろうか?

ひとりの女性の葬儀が行われていた。女性はマフィアのボス、ビセンテの母であった。そこにホランという人物が姿を現した。ホランはかつてビセンテの片腕として数々の殺しを請け負ってきた凄腕であったが、なぜか忽然と姿を消し警察も行方が分からずにいた。

街へ舞い戻ったホランは、復讐が目的だと告げ、マフィアの幹部から下っ端まで次々に恫喝していく。だがかつての彼を知る者は殺し以前に彼を歓迎しようとする者はまったくいない。兄は彼が組織を去ったのちは死んだと思い込んでいた。それは昔の恋人でさえそうだった。

ホランが復讐を開始し、ビセンテもこれに応じて抗争状態となった。麻薬捜査官はビセンテを追いかけて証拠を掴みかけていたが、ホランのことを話してしまったために上層部からビセンテに情報が漏れてしまった。捜査官である彼女も部下も命の危険に晒された。

裏をかいてビセンテの家に侵入したホランは、兄を父親が残した猟銃で脅し、自動車を運転させてある場所へと連れて行かせた。そこはふたりの父の猟場だった。いつも不機嫌で暴力的だったふたりの父は、ふたりと犬を連れてここを訪れて鳥を撃つのが趣味だった。

ある日、父が狙いを定めているときに、ビセンテが枯れ枝を踏んでしまい、音に驚いた鳥が逃げてしまった。父はビセンテを殴ろうとした。だが思い止まって、犬を殺した。寡黙で威圧的な父親だった。

幼い日のビセンテは、ホランに、この苦しみを終わらせようと耳元で囁いた。そして父から猟銃を預けられていたホランと一緒に引き金を引いた。弾丸は父に命中し、死んだ。ビセンテはホランに、オレのいうことを聴けと命じ、家に帰ると母にはホランが父を殺したと告げ口した。

以来、母はホランを嫌うようになった。ホランは自分でも父を殺したのは自分だと思い込んでいたために、兄の指示に従い右腕としてマフィアで殺しを行った。

ホランは兄を殺そうとしたが、彼の家族への想いは深く、どうしても撃てなかった。ホランは家族写真とともに猟銃を地面に叩きつけた。それを拾ったビセンテは、写真を一瞥して可愛かったなと呟いた次の瞬間にそれは昔のことだと吐き捨て、猟銃を構えた。ホランは泣きながら、銃を撃てば兄貴が死ぬぞと警告した。ビセンテは死ぬのはお前だと引き金を引いた。

猟銃には細工がしてあり、引き金を引くと暴発するようにしてあった。ビセンテの頭は吹っ飛び、即死した。ホランは兄の亡骸にすがって泣いた。

ホランは麻薬取引の証拠を警部に手渡し、再び街を去っていった。

という話。

足を洗ったホランが母親の葬儀までの7年間姿を消して戻ってきたのは、兄弟喧嘩でどちらかが死ぬところを母に見せないための配慮であった。ホランを嫌っていた母だったが、ホランは母を嫌ってはおらず、一家離散の原因を作ったビセンテを恨んでいたのだ。また麻薬取引には手を出さないとの約束を破ったことも頭にきていた。

こんな話で、復讐譚なのだが・・・恨みの根拠がちょっと弱いかなぁ。父を銃で撃ってしまったホランの後悔の重さを前半のどこかで描いていてくれると後半がもっと説得力を持ったはず。

悪知恵の働く兄貴を、純粋な弟が殺す話で、その原因は兄貴が家族を壊したからであった。重々しい雰囲気の割には動機が弱いが、なーに、ウィスキーでも飲んでりゃ細かいことなどわかりゃせん。雰囲気だけは100点、内容を加味すると55点くらいの映画だった。

いろんなサイトで☆2~3だが、3.2くらいはあるぞ。


ロイヤルコペンハーゲン(ROYAL COPENHAGEN)フルレース ティーカップ&ソーサー 103-080[並行品]

ロイヤルコペンハーゲン(ROYAL COPENHAGEN)フルレース ティーカップ&ソーサー 103-080[並行品]

  • 出版社/メーカー: ロイヤルコペンハーゲン(ROYAL COPENHAGEN)
  • メディア: ホーム&キッチン



ロイヤルコペンハーゲン ブルーフル-テッド メガ カプチーノ カップ&ソーサー 2-381-086

ロイヤルコペンハーゲン ブルーフル-テッド メガ カプチーノ カップ&ソーサー 2-381-086

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン












「アウトバーン」(2016年作品)感想 [映画]

エラン・クリーヴィー監督によるカーアクション映画。主演はニコラス・ホルト。

マフィアで自動車泥棒をしていたケイシーが、アメリカ人女性のジュリエットと出会って悪事から足を洗おうと決心する。ところがジュリエットは難病で治療には金が掛かる。そこでケイシーは麻薬の強奪に参加することになった。

強奪は成功して金は手に入った。しかしマフィアは激おこで殺しに来る。そこでケイシーはわざと警察に捕まって自分を見逃す代わりに麻薬の隠し場所を教えると持ち掛ける。刑事はこれに乗って最大量の麻薬を押収した英雄となる。ケイシーとジュリエットは金を持って逃げ、協力してくれたマティアスには封筒で多額の現金が送付された。

こんな話だが、なんでケイシーが善人みたいになっているのか不思議。麻薬を強奪して警察に悪人を売り渡したからだろうか。いや、ケイシーは犯罪者だろってキョトンとなる。

白人のカップルなら何をやってもいいと思い込んでるんじゃないかな。


ロイヤルコペンハーゲン プリンセス ティーカップ&ソーサー 104-080[並行輸入品]

ロイヤルコペンハーゲン プリンセス ティーカップ&ソーサー 104-080[並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: Royal Copenhagen(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン ブルーエレメンツ エスプレッソ カップ & ソーサー 100ml 1027468

【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン ブルーエレメンツ エスプレッソ カップ & ソーサー 100ml 1027468

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen) 2381 メガ 092 ティーカップ&ソーサー 化粧箱入り 【並行輸入品】 2381092

ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen) 2381 メガ 092 ティーカップ&ソーサー 化粧箱入り 【並行輸入品】 2381092

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



ロイヤルコペンハーゲン フルレース ティーカップ&ソーサー 103-080 [並行輸入品]

ロイヤルコペンハーゲン フルレース ティーカップ&ソーサー 103-080 [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: Royal Copenhagen(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



「バッド・ウェイヴ」(2017年作品)感想 [映画]

マーク・カレン監督によるアクションコメディ映画。主演はブルース・ウィリス。

ブルース・ウィリスがケツに銃を隠してスケートボードで街を疾走しているところで見る気をなくした。なんか酷い映画に出るようになったんだな。離婚に金がかかりすぎたのでは?


ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド ハーフレース ティーカップ & ソーサー 200ml 1102080【並行輸入品】 1102080

ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド ハーフレース ティーカップ & ソーサー 200ml 1102080【並行輸入品】 1102080

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen) 103 ブルーフルーテッドフルレース 080 ティーカップ&ソーサー 【並行輸入品】 1103080

ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen) 103 ブルーフルーテッドフルレース 080 ティーカップ&ソーサー 【並行輸入品】 1103080

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン) カップ_ソーサー ホワイト 220ml 1128080

ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン) カップ_ソーサー ホワイト 220ml 1128080

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン ブルーフルーテッド プレイン ハイハンドル カップ & ソーサー 240ml 1017176

【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン ブルーフルーテッド プレイン ハイハンドル カップ & ソーサー 240ml 1017176

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



「イーグル・アイ」(2008年作品)感想 [映画]

D・J・カルーソー監督によるSFアクション映画。主演はシャイア・ラブーフ。

テロリストを追いかけていたFBIは、コンピューターによる本人確認で51%という微妙な判定の前に困り果てていた。AIは作戦の中止を勧告。状況的には単なる葬儀への参列にしか見えなかった。

大統領から電話が掛かってきて、状況を話すと、敵がもし追いかけている犯人であった場合、取り逃がすことが最大のリスクになるとの判断で大統領からGOサインが出されてしまった。FBIと軍は無人攻撃機によるミサイルで葬儀の列を吹っ飛ばした。

ジェリーのところに母から電話が掛かってきた。双子の兄イーサンが死んだとの知らせであった。彼は葬儀に参列した。彼は1000ドルの小切手だけ受け取って帰ろうとしたが、ATMの口座には75万ドルも入っており、札が次々に吐き出される事態が起きた。

家に戻ると荷物が山積みになっている。そこに電話があってFBIが来るからすぐに逃げろという。訳が分からずにいると彼は逮捕されてしまった。荷物はテロに使われる材料ばかり。75万ドルを入金したのはシンガポールの会社。間違いだと申し立てても取り合ってくれなかった。

状況は不利だったが、司法長官からなぜか電話をする許可が下りた。母親と話そうとするとまた指示があり、脱走させるから従えという。彼が指示通り行動すると、駅にはレイチェルという女性が迎えに来ていた。彼女も突然の電話の指示で、息子の命と引き換えに行動させられていたのだ。

FBIとのカーチェイスも指示に従えばすり抜けることが出来た。電話で指示をよこす女は人が死のうがお構いなしに、ジュリーとレイチェルにあそこへ行けと一方的な連絡を送ってきた。彼女は国のあらゆるシステムを使い、ふたりを逃がし、操った。ふたりに抗うすべはなかった。

ふたりをホームセンターの監視室へ案内した声の主は、アリアという名の政府の人工知能であった。彼女は米国人のあらゆるデータを監視し、管理していた。彼女は自分の判断の従わなかった大統領とその執行部を国家から排除するためにテロ計画を立て、自分の命令に従わない人間を排除していたのだ。イーサンも彼女に殺されていた。

アリアが犯人だと気づいたFBI並びに軍は、彼女のシステム自体を破壊するしかないと思い至り、彼女の必死の抵抗にも負けずこれを破壊した。アリアのシステムは失われたが、アメリカは諜報活動を辞めるつもりはなかった。

という話。手に汗握る展開で楽しめた。

アリアがテロ集団の大物を特定できないと判断したのに殺してしまったことがきっかけになって、アメリカ国内でテロ事件が頻発する。危機の原因を憲法の条文解釈の間違いでアリアが大統領に求める。そして政権交代を狙って自分でテロを引き起こす。それを国家が食い止める。

なんか釈然としない部分は何だろう? 最初のイスラムの葬儀にミサイルを撃ち込んだ謝罪が一切ないところに違和感があるのかもしれない。劇中で最初の加害者になったのはアメリカだとちゃんと描いているのに、最後は監視社会に頼りすぎたのがいけないみたいな結論になっているのがおかしいと言えばおかしい。

まずは謝れよって。なんで被害者ぶっているんだって。アメリカ人って頭がおかしいよな。愛国気狂いと言われても仕方あるまい。愛国主義という失ってはいけないものを人質にして監視社会は推進するが、技術に頼りすぎるのは良くなってなんだよこの結論は。

そういう酷い部分も多々あるが、映画としては楽しめる。結局思想性において狂ってるってことだろうな。





【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン プリンセス ティー カップ&ソーサー 220ml 1017247

【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン プリンセス ティー カップ&ソーサー 220ml 1017247

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン






ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド メガ ティーカップ & ソーサー 280ml 2381086【並行輸入品】 2381086

ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド メガ ティーカップ & ソーサー 280ml 2381086【並行輸入品】 2381086

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



「スロウ・ウエスト」(2015年作品)感想 [映画]

ジョン・マクリーン監督による西部劇。主演はコディ・スミット=マクフィー。

好きになった小作人の娘を追いかけてきたスコットランドの貴族ジェイ・キャヴェンディッシュは、アメリカ西部へ向かう途中で先住民が追いかけられている現場に遭遇した。追いかけている白人たちはジェイから物を奪おうとしたが、ジェイは通りすがりのサイラス・セレックに助けられた。

ジェイの想い人であるローズとその父ジョンは、賞金の掛かったお尋ね者であった。賞金稼ぎらが2人の行方を追いかけていた。西へ向かって進むうち、ジョンは絶望的にアメリカに馴染まない男だとわかってくる。アメリカは繊細な彼にとって過酷過ぎた。

ローズとジョンは、先住民の家族に匿われていることがわかった。サイラスを用心棒に雇ったジェイはその家を目指すが、用心棒たちもその家を目指し始めていた。

サイラスはまだ子供といっていいジェイに手を焼きながら、自分の仕事を果たしていく。ようやく探し当てた家を前にして、サイラスはジェイを木に縛り付けた。銃は一丁しかなく、ジェイはあまりに使えないとわかっていたからだ。ジェイはサイラスが賞金に目が眩んだと思って罵った。

サイラスはローズが匿われている家に辿り着き、賞金稼ぎが迫っていると告げただけですぐに撃たれて倒れてしまった。

ジェイは気に擦り付けて縄をほどき、ローズの元へと走った。そのころ賞金稼ぎたちも家への攻撃を開始しており、銃弾の中を彼はやみくもに走っていったのだ。ジェイがようやく家に辿り着き、姿を現すと、賞金稼ぎたちと応戦していたローズが誤ってジェイを撃ってしまった。まさかスコットランドにいるはずの彼がアメリカにいるとは思わなかったのだ。

ローズは先住民の援護を受けて最後まで戦い、絶望的な状況だと知って振り返ると、ジェイが倒れているのが見えた。ローズはそこで初めてジェイが自分を追いかけてアメリカへ来てくれたのだと知った。

ローズは弾の込められた銃を瀕死のジェイに手渡した。そこへ最後まで生き残った賞金稼ぎが入ってきた。ジェイはこの男を撃つと、息を引き取った。そこに最初に撃たれて隠れていたサイラスがやって来た。先住民も死に、ローズとサイラスは彼女らの麦畑を相続して所帯を持った。

という話。なんやらわからんやろ? オレも最初は意味が分からなかった。

結局この作品は、アメリカへの移住の過酷さとか野蛮さを描いているのだ。ジェイというのはヨーロッパ的なロマンティストだが、ロマンティストが幸せに生き延びていけるほどアメリカは甘くない。ジェイは当然のごとく死ぬことになる。

ローズはそんな土地に逃げてきて、生き抜くために先住民の男と所帯を持つことも、一見さんであるサイラスと所帯を持つことも厭わない。生き残った者が財産を引き継ぎ、そこで生きていく。アメリカの掟はそれだけだという話なのだ。

サイラスはジェイから話としてロマンティシズムを受け継いだが、彼自身は別にロマンティストでも何でもない。ただ運よく生き残っただけだ。運よく生き残り、農場と家があったので、そこにいた女とセックスして子供を作った。アメリカの伝統なんてそんなものだと言ってるわけだ。

これはなかなか面白い視点である。映像も悪くないし、アマゾンの評価より個人的な評価は高い。☆3.5くらいだろうか。監督のアメリカの歴史に対する冷めた視線が持ち味の作品であった。





ロイヤルコペンハーゲン ホワイトフルーテッド ティーカップ&ソーサー 280ml 2408086 [並行輸入品] 2408086

ロイヤルコペンハーゲン ホワイトフルーテッド ティーカップ&ソーサー 280ml 2408086 [並行輸入品] 2408086

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン ブルーフルーテッド メガ カップ&ソーサー 240ml 1016877

【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン ブルーフルーテッド メガ カップ&ソーサー 240ml 1016877

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



「ウィッチ・アンド・ドラゴン 秘密が見える少女」(2015年作品)感想 [映画]

ケネス・カインツ監督によるダーク・ファンタジー映画。デンマークのファンタジー映画。主演はレベッカ・エミリー・サトラップ。

北欧の小国で領主と妻、息子が殺される事件が起きた。犯人とされたのは鶏の屠殺室で血まみれのナイフを持ったまま眠りこけていた妾が生んだ息子ニコデマスだった。彼の捜索を任されたのは、前王妃の息子ドラカン公であった。

魔女の娘ディナは真実が見えるので、ニコデマスが犯人なのかどうか調べさせられた。すると彼は領主の若い奥方を誘惑するなど恥ずべき行為は多かったが殺してはいなかった。そう告げると、城の使者は彼女を殺そうとし、殺せないとなると牢屋へ放り込んだ。

ニコデマスとディナはともに逃げることにした。ふたりはマーグスの屋敷へ向かった。マーグスは前領主の血を引くのは唯一ニコデマスだけだと知る人物であった。

城からお触れが出され、ふたりは追われる身になった。ふたりが隠れていたマーグス先生の屋敷は放火され、ディナは煙を逃れて外へ出てしまい捕まった。ニコデマスは炎が舞い上がる屋敷から最後まで姿を現さなかった。マーグスとディナは騎士長に捕まってしまった。

ふたりを匿っていたマーグスは責任を感じて煙幕を使ってディナを逃がした。人ごみに紛れたディナは少女ローサと出会い、彼女を空腹から助けたことから今度は彼女に助けを求めた。ローサはディナを男装させた。男装したディナは、薬学者のペトリ夫人を探すことにした。

ドラカン公は魔女を怖れていなかった。ディナの母は捕らえられ、処刑されようとしていた。母が処刑されると知ったディナは動揺し、不審がられて捕まってしまった。初めは男装のために気づかれなかったが、つい能力を使って騎士長の心の中を見てしまったために魔女の娘だとバレた。

ドラコン公は娘も処刑すると決めた。だが心の中を覗かれた騎士長は、魔女を殺すと民衆が動揺するから自分に殺害させてくれとドラコン公に頼んだ。ドラコン公の母は民衆の支持も必要だとそれを了承し、ドラコン公も母の決定に従った。

ディナは解放されたと信じ込まされた上で処刑される手はずになっていた。だが事の善悪が判る騎士長は彼女を逃がそうとした。ディナは逃がすだけではダメだ、自分たちを助けろと迫った。騎士長はディナとローサをペトリ夫人の元へ連れて行った。そこにはニコデマスが匿われていた。

騎士長はニコデマスが真の後継者で、前王の殺害はドラカンの仕業だと知っていた。騎士長はニコデマスに忠誠を誓った。だが戦力差は歴然であった。あとはディナがドラカンの瞳をのぞき込み、真実を暴くしかなかった。

魔女を処刑する日を待ち、ディナは姿を現してドラカンの不実を訴えた。だがドラカンは前王を殺したことを恥じてはいなかった。彼女の眼を見ても屈せず、魔女の処刑を強行しようとした。血に飢えた民衆もそれを支持した。

醜い民衆ひとりひとりの眼を、ディナは見つめた。彼女に心を見透かされた民衆は己の姿を恥じた。そして真実に背くドラカンへその怒りは向けられた。怒ったドラカンはドラゴンを引きずり出して魔女を殺そうとした。騎士長とその仲間が救援に入った。騎士のひとりがドラゴンを殺した。それはニコデマスその人であった。

ニコデマスとドラカンは戦った。ニコデマスは追いつめながら、ドラカンを殺せなかった。妾の子である自分には王になることはふさわしくなく、前王もそれをよくわかっていたからであった。妾の子であり唯一の血統者ニコデマスは国が乱れる源であった。

ニコデマスはディナの家族、騎士長、マーグス、ペトリらと海へ逃れた。彼らはマーグスの導きで山岳民族のところへ辿り着き、大いなる歓待を受けた。

という話。デンマーク映画だけどメチャクチャレベルが高くて見入ってしまった。

ヨーロッパ映画らしく陰影に富んだ色彩が美しい。脚本も見事で、冒頭の領主殺しのところ以外あまり血を見せるシーンはない。子供向けによく考えられている。

ドラゴンはいわゆる西洋風のドラゴンではなくコモドドラゴンみたいな爬虫類だが、このCGも素晴らしかった。頭の悪い老人が「シージーガー」と喚き散らす日本ではCGはいつまでたっても進歩しない。この作品のドラゴンのCGは実写映像によく馴染んでいて、爬虫類っぽい皮膚感までよく表現されていた。

どこの国の映画であろうと、吹き替えをしてしまえば一緒だ。こういう作品に世界マーケットの活路を見出していかないとな。














「コードネームU.N.C.L.E.」(2015年作品)感想 [映画]

ガイ・リッチー監督によるスパイ映画。「0011ナポレオン・ソロ」(1964年作品)のリメイクと言われてもオリジナルを観たことない。主演はヘンリー・カヴィル。

スタイリッシュな作品にしたかったはずだが、音楽が全然ダメで、爽快感がない。無音の中でスカした白人主人公をが気取っているさまが滑稽であった。音楽って重要なのね。「スパイ大作戦」のリメイク「ミッション:インポッシブル」は当時の音楽を採用して大ヒットシリーズになったのに。

一応、起伏もあれば裏切りもあり、どんでん返しもある。定石通りの進行だけども、主人公が余裕がスカすたびに脱力してしまう。

1960年代のファッションを再現しており、凝っている作品なのになんでこんなに冴えないのか。

一言でいえば魅力がない、そういう作品でした。無駄に入り組んでいるのであらすじは割愛。














「ウィンター・ウォー 厳寒の攻防戦 オリジナル完全版」(1989年作品)感想 [映画]

ペッカ・パリッカ監督による戦争映画。1939年、第2次世界大戦勃発のどさくさに紛れてソビエト連邦がフィンランドに領土割譲を要求。フィンランドはこれを拒否してソビエトと戦争状態になった。そしてのちに冬戦争と呼ばれる戦いへと至った。これはその冬戦争をフィンランド側から描いた作品である。

長尺作品なので日本では短縮版が公開され、VHSは分割で発売された。これはフィンランドのみで公開された、さらに長いオリジナル完全版である。長い。とにかく長いし、寒そう。

リアリティを追求した作品なので起承転結があってところどころ盛り上がるようなアメリカ映画とは全然違う。ひたすらソビエトの猛攻をフィンランドが食い止めるだけである。極寒の中、波状攻撃を仕掛けてくるソビエト人を撃ち殺す。戦うたびに戦力は削られ、若者が戦地に送り込まれて補充される。そしてまたソビエト人が押し寄せてくる。食い止める。これを根気よく繰り返すだけなのだ。

人口と戦力に勝るソビエトを小国フィンランドが身体を張って食い止める。何人死人が出ようが関係ない。祖国のためにソビエトと戦い、敵の侵攻を食い止める。敵が撤退したからといって追いかけて殲滅する気力はフィンランドにはない。ただただ極寒の中での消耗戦に耐え忍ぶ。それだけだ。これが真に迫っていて最後まで飽きずに視聴させてくれる。

だがこの戦争は数に勝るソビエトが押し続け、全土掌握には失敗したが、重要な工業地帯の割譲を受けることで講和へと至った。小国フィンランドがソビエトの侵攻をある程度食い止めたことで、ソビエト軍の弱体化が明らかとなり、ナチスドイツはソビエト侵攻を決断した。

この作品は前線の過酷な状況を描いているので、政治的な流れについてはそれほど詳しくない。だが祖国のためにやるときはやったフィンランドの事実上の勝利であった。





[ライラ] チェック フード付き 長袖 パーカー レディース

[ライラ] チェック フード付き 長袖 パーカー レディース

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: ウェア&シューズ









「キッズ・リベンジ / The Aggression scale」(2012年作品)感想 [映画]

スティーヴン・C・ミラー監督によるアクション映画。主演はファビアン・テリース。

殺人罪に問われているマフィアのボスが保釈された。ボスは横領された金を探しすために手下を集めていた。金さえ取り戻せれば、シマは手下のものになる。関わった人間は全員殺せとの指令が下った。

金を盗んだのはビル。彼は盗んだ金で郊外に大邸宅を買い、恋人のマギーと堅気の生活を送るつもりでいた。ビルにはオーエンという息子がおり、マギーにはローレンという娘がいて、互いに連れ子がいる再婚同士だった。彼らはここで新しい生活を送るつもりでいた。

娘のローレンは母親がよく知らない男と結婚するのを快く思っていなかった。彼女は元の家に帰りたがったが、母親の説得に応じて郊外の家で一夜を明かすことになった。オーエンは口数が少ない子供で、何を考えているのかわからなかった。

翌日の朝、ボスの手下は早速襲撃してきた。玄関に対応に出たマギーがまず殺された。ビルも殴られ、金の在処を吐けと迫られた。ビルは命がけのウソをついて時間を稼いだ。その隙にオーエンがローレンとともに森の中へ逃げた。

手下たちは机の上にあったオーエンの性格分析票を目にした。オーエンには高い攻撃性があり、問題児だった。ビルは彼を医者から救い出すために金を使ったようだった。

オーエンは様々な道具を武器に変え、敵を殺していった。彼は戦争オタクでもあり、サバイバル術に長けていた。ボスの手下はすべて殺され、ボスもまたトレーラーハウスの中で殺された。

という話。「ホームアローン」をリアルにしたような作品で、可愛げというものがない。アメリカの映画業界も酷い作品を作るものだ。気狂いのオーエンが主人公とはねぇ。

見どころは一応オーエンが仕掛けるトラップ。しかしユーモアの欠片もないトラップばかりで、リアル志向なので失敗も多い。何がしたいのかと。

そもそも子供にライフルを持たせて人殺しさせる映画なんて子供に見せられないよ。











NARUMI(ナルミ) カップ ソーサー ミラノ コーヒー ブルー 200cc 日本製 9682-2264

NARUMI(ナルミ) カップ ソーサー ミラノ コーヒー ブルー 200cc 日本製 9682-2264

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン



「バレッツ」(2010年作品)感想 [映画]

リシャール・ベリ監督によるアクション映画。主演はジャン・レノ。

家族と一緒に幸せに暮らしていた初老の男がある日突然覆面の男たちに襲撃されて22発も身体に銃弾を撃ち込まれた。犯人グループは逃げ、初老の男は病院に担ぎ込まれ死は確実だろうと思われた。ところが初老の男は生き残った。

彼の名はシャルリ。マルセイユを牛耳る元マフィアのボスという過去があった。

彼は自分を襲撃した男が親友のザッキアと知って驚いた。ザッキアには十分な収入を分け与えた上で引退していたからだ。シャルリの仲間たちは復讐を考えた。しかし引退したシャルリはこれを宥めた。ところがザッキアたちは今度はシャルリの息子を誘拐した。

息子を救出するために、シャルリはやむを得ず復讐することになった。ザッキアたちの不満は、シャルリが麻薬の売買を禁じたことだった。結局戦いは双方の抗争の様相となり、シャルリは彼らの仲間をひとりまたひとりと殺していった。

最後にシャルリは実行犯ではなく犯行を指示したマルティンを撃つが、弾は急所を外し、おあいこだといって別れた。

ザックリこんな話。ヤクザの抗争ものなので本当はもっと複雑だ。ヤクザに興味がないので簡単にまとめた。

ジャン・レノ演じるシャルリの独特の道徳観を理解するかしないかで評価が分かれそう。シャルリは悪いことはするのだが、殺しと麻薬以外でしのぎを行い、警察のご厄介にならずにみんなを幸せにしようとしていた。

ザッキアなどはこれについていけず、麻薬を扱えばもっと儲かるじゃんという意見。警察はシャルリのやり方なら許容するが、麻薬の取引をされると大変だと心配している。こんな状況下の話。

マフィアにも道徳ってあるんだなって並々な感想しか浮かんでこなかったわ。


NARUMI(ナルミ) マグカップ フローラルパラダイス ピンク 290cc 51070-2773P

NARUMI(ナルミ) マグカップ フローラルパラダイス ピンク 290cc 51070-2773P

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン



NARUMI(ナルミ) マグカップ レッドフラワー 300cc 電子レンジ温め対応 日本製 41374-6152

NARUMI(ナルミ) マグカップ レッドフラワー 300cc 電子レンジ温め対応 日本製 41374-6152

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン



NARUMI(ナルミ) マグカップ キツネピンク 280cc 電子レンジ温め対応 日本製 41384-6257

NARUMI(ナルミ) マグカップ キツネピンク 280cc 電子レンジ温め対応 日本製 41384-6257

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン