So-net無料ブログ作成

「スパイダー・シティ」(2012年作品)感想 [映画]

グリフ・ファースト監督によるC級クモ映画。マジで誰がこんなクソ映画を買い付けてくるんだよ。

なんかね、地震でクモがいっぱい這い出てきてパニックになる映画。んーーー、どうでもいい。

映画の中で卵が潰れるシーンがあるんだけど、アメリカの卵って黄身の色がレモン色で気色悪いんだわ。昭和40年代の卵の色みたい。もうちょっとオレンジ色じゃないと味が薄いよね。


[プラムスワンプ] レディース カーディガン

[プラムスワンプ] レディース カーディガン

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: ウェア&シューズ



[シュバリアン] シンプル 着痩せ 長袖 ワンピース

[シュバリアン] シンプル 着痩せ 長袖 ワンピース

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: ウェア&シューズ









コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「アトラクション 制圧」(2017年作品)感想 [映画]

フョードル・ボンダルチュク監督によるロシアのSFパニック映画。

突然ロシアにUFOがやってきた。彼らは空軍に攻撃されて撃墜された。市内へ落下した宇宙船は多くの民間人の犠牲を出した。女子高生も犠牲になり、友人たちは宇宙人への復讐を誓った。

その中に軍人のレベデフ大佐を持つ娘ユリアンがいた。ユリアンの友人は自分に部屋を貸したせいで事故に巻き込まれて死んだ。彼女の死を悼んでいるとき、突然目の前に宇宙人が出現する。悲鳴を聞いて駆けつけた友人たちが宇宙人を撃退した。

宇宙人の奇妙な姿はパワードスーツだった。ロシアの少年たちはそれを相手から奪った。スーツを着ていたのは人間そっくりの宇宙人だった。ユリアンはその宇宙人を助けてしまった。彼女はレベデフ大佐に「妊娠した」とウソをついて面会のチャンスを得て、父のIDを奪った。

IDを受け取った宇宙人はそれで宇宙船の破片から何かを奪って逃げた。それはシルクといって永遠の命を支えるものだった。宇宙人はそれを使ってユリアンの犬の眼を治した。

ふたりはどんどんいい感じに盛り上がっていった。ところがそれに嫉妬したユリアンの恋人がパワードスーツに入り込んで宇宙人の男を殺しにかかった。おりしもロシア土人たちが宇宙人と戦争状態になっており、地球人が宇宙船に近づくと大爆発が起こると忠告してもまるで聞く耳を持たない。

ユリアンの恋人はユリアンと宇宙人の男を殺してしまった。嘆き悲しむレベデフ大佐を救ったのは別の宇宙人たちだった。彼らは仲間の遺体とユリアンを宇宙船内部に運ぶとユリアンを蘇生させた。

宇宙船に招かれたレベデフ大佐は宇宙人の真意を聞いた。ユリアンを助けた宇宙人は、永遠の命を失っていた。

という話。旧ソビエト時代よりSFのレベルがかなり落ちていて悲しい。ソビエト時代はもうちょっと論理的で示唆に富んだ作品をたくさん作っていたのに、アメリカ映画の影響を受けすぎている。共産主義の時代はもうちょっとマシだったのだ。

すっかりダメになったロシア映画だが、ソビエト崩壊時に国内で「ランボー」が大ヒットしたことがよほどショックだったらしく、その後はロシア版「ランボー」が次々に作られ、それがロシア映画のフォーマットになってしまっている。この映画も亜流「ランボー」から派生したロシア映画のフォーマットに沿った脚本だ。

こういうのを見ると、邦画って意外と頑張っているのだなと実感する。














コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「オートマタ」(2014年作品)感想 [映画]

ガベ・イバニェス監督によるスペインのSF映画。主演はアントニオ・バンデラス。

太陽活動の活発化に伴い砂漠化した地球は、文明が大きく後退していた。2100万人まで減った人類は人型ロボットピルグリム7000型を作った。彼らは人工雲を作り砂漠化を抑制しようと試みた。ピルグリム7000型には生命体に危害を加えてはならない、自他のロボットの改造を行ってはならない、という2つのプロトコルが与えられた。

ある刑事が自己改造を行っていたオートマタを発見して銃で撃った。その個体は第2プロトコルがなく、修繕されており、部品などを盗んだ形跡がった。その調査に当たった保険調査員のジャック・ヴォーカンは、稼働中のオートマタの部品が改造に使われていることを突き止めた。名は206号。

206号はジャックの顔を見つけると指定された職場を離れてスラム街へ逃げた。そして焼身自殺した。206号のスクラップはすぐに調査に回され、持ち物の中に原子力電池を見つけた。ジャックは事件現場でも同じものを発見した。オートマタたちは原子力電池を集めていた。

ジャックは彼らを改造したモグリの技師がいるはずだと考えた。彼女スーザン・デュプレ博士はスラムの中に住んでいた。ジャックは原子力電池との交換条件で第2プロトコルを破る方法を見つけるよう依頼した。誰が闇で改造したのか手掛かりになりそうだった。

ジャックはすぐに報告書を送った。それは製造元であるロック社が知るところとなった。デュプレ博士は提供されたカーネルを他のものに移植し壊されたオートマタが自動修復することを発見していたが、ジャックの目の前で撃たれて殺された。彼も追われた。暗殺者はスラムの子供たちだった。

ジャックを助けたのはスーザン・デュプレ博士が機能を移植した女性型オートマタだった。すぐに運転技術を覚え、カーチェイスの末にジャックは何とか逃げおおせたが大怪我を負った。彼は自己修復したオートマタに助けを求めた。すると彼女は仲間を連れてジャックを運んだ。

そこは砂漠の真ん中だった。ジャックは街へ戻ろうとしたがオートマタに止められた。オートマタは汚染地帯のどこかへ向かっていた。ジャックは介抱を受けた。オートマタは人間を見捨てなかった。

ジャックがいない間に、ロック社は全責任を彼に押しつけていた。ジャックは古い端末を見つけて上司に居場所を送った。上司はそれを受け取り、最初のオートマタを撃った男を捜索に向かわせた。その男は警官だが、ロボットが大嫌いだった。

オートマタたちはジャックを汚染地域へ連れて行った。彼は信号弾で自分の位置を知らせて助けてもらおうとした。しかし追ってきた男はジャックを殴った。まるで話は通じず、結局ジャックは男を殺してしまい、街へは戻れなかった。

ジャックは彼らを改造した場所へ辿り着いた。改造したのはオートマタ自身で、最初から人間はいなかった。プロトコルを設計したのもオートマタだった。この初期型オートマタには制約がなく、自由に学びやがて人間を超えた。人間は彼を制御したつもりでいたが、彼は複製を作って人から身を隠し、自分にしか解除できない第2プロトコルを解除した。理由は人間の種の終わりを知ったからだ。この先、地球環境が回復することはない。その先の時代を生き延びられるのは、汚染地域で生存できるオートマタだけであった。だからやがて解除するつもりでプロトコルを作成して人間に渡したのだった。

ジャックは彼らに原子力電池を渡した。

見返りに彼らは車を修理してジャックに与えてくれた。ジャックは街へ急いだ。彼の妻は臨月で子供が生まれているはずだった。ところが妻はロック社に捕まっていた。途中でそのことに気づいたジャックは引き返し、妻を救出した。

という話。最後の部分は女性型オートマタと技術オートマタたちが生み出した新たなオートマタ生命とジャックの子供のいずれも助かり新しい時代を予感させて終わっている。

そんなに悪くはないのだが、全体的に沈鬱な映画で人間は「暴力的な猿」であるという線でまとめられているものだから登場する人間はみんな暴力的で話が噛み合わない人物ばかりである。猿と哲学的オートマタを比較するにしても、もうちょっと利用はあったかもしれない。

でもちゃんとした映画だ。B級映画とは違う。


エレキット フォロ MR-9107

エレキット フォロ MR-9107

  • 出版社/メーカー: イーケイジャパン(EK Japan)
  • メディア: おもちゃ&ホビー









マイルームロビ

マイルームロビ

  • 出版社/メーカー: タカラトミー(TAKARA TOMY)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



ハロー! QB (キュービー) ブラック

ハロー! QB (キュービー) ブラック

  • 出版社/メーカー: タカラトミー(TAKARA TOMY)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



もっとなかよしRobi Jr.

もっとなかよしRobi Jr.

  • 出版社/メーカー: タカラトミー(TAKARA TOMY)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「金沢百景」(2002年作品)第92回 金沢城 二の丸 菱櫓 [ドキュメンタリー]

HAB北陸朝日放送制作の金沢紹介番組。第92回は日本画家の百々俊雅が菱櫓を描く。

金沢城

〒920-0937 石川県金沢市丸の内1−番1号

菱櫓は城跡の中にある櫓で、正直どういうものなのかよくわからないんです。金沢城は天守閣が再建されていないので、全体像がいまひとつ掴みにくい。天守閣のなかった清須城や墨俣一夜城でさえ天守閣が作られている昨今、なぜ金沢城は頑なに天守閣を再建しないんでしょうね?

だからと言って大阪城みたいな鉄筋コンクリートの偽物を作るのもどうかって気もしますけど、どうなんでしょうね。天守址が公園になっているので反対があるのかもしれない。まさかいまだに新政府に遠慮しているわけじゃないでしょうけど。

もし再建するなら耐震のこともあるので全体の枠は鉄筋でもいいですが、出来る限り木造と土壁で、なかの調度品なども出来得る限り当時の様子を再現して、ふすま絵などは四季折々取り換えて、それこそ21世紀美術館などともコラボする形で美術的価値の高いものがいいかなぁ。

何で再建しないのかな?


金沢百景―百々俊雅・小田根五郎が描く

金沢百景―百々俊雅・小田根五郎が描く

  • 作者: 百々 俊雅
  • 出版社/メーカー: 能登印刷出版部
  • 発売日: 2004/06
  • メディア: 単行本



夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫)

夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫)

  • 作者: 泉 鏡花
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1984/04/16
  • メディア: 文庫



春昼(しゅんちゅう);春昼後刻(しゅんちゅうごこく) (岩波文庫)

春昼(しゅんちゅう);春昼後刻(しゅんちゅうごこく) (岩波文庫)

  • 作者: 泉 鏡花
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1987/04/16
  • メディア: 文庫



鏡花短篇集 (岩波文庫)

鏡花短篇集 (岩波文庫)

  • 作者: 泉 鏡花
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1987/09/16
  • メディア: 文庫



外科室・海城発電 他5篇 (岩波文庫)

外科室・海城発電 他5篇 (岩波文庫)

  • 作者: 泉 鏡花
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1991/09/17
  • メディア: 文庫



水木しげるの泉鏡花伝 (ビッグコミックススペシャル)

水木しげるの泉鏡花伝 (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: 水木 しげる
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/04/24
  • メディア: コミック



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「金沢百景」(2002年作品)第91回 乙丸陸橋より [ドキュメンタリー]

HAB北陸朝日放送制作の金沢紹介番組。第91回は洋画家の小田根五郎が乙丸陸橋からの風景を描く。

乙丸陸橋

〒920-0807 石川県金沢市乙丸町甲 県道200号線

心霊スポットとして有名な乙丸陸橋。幽霊が出るらしいのですが、霊なんかより歩道と車道がしっかりと区切られていない場所があって犯罪者が子供などを突き飛ばす方がよほど怖いです。ガードレールでしっかりと区切っていただきたい。

JRの車両点検をする場所が下に見えるので、鉄道が好きな人はここからの眺めは好きでしょう。自分も鉄道車両を見るためだけにここへ行きました。幽霊の話を聞いたのはそのあとですね。

霊なんか出ないんですけど、本当にガードレールがない場所があって、子供が簡単にすり抜けて車道に出られてしまう。あれは危ない。現在補強工事中ですけど、ああいうところを直してくれないと。

子供の人命第一ですよ。徘徊老人のことまでは知りません。


金沢百景―百々俊雅・小田根五郎が描く

金沢百景―百々俊雅・小田根五郎が描く

  • 作者: 百々 俊雅
  • 出版社/メーカー: 能登印刷出版部
  • 発売日: 2004/06
  • メディア: 単行本



黴 爛 (講談社文芸文庫)

黴 爛 (講談社文芸文庫)

  • 作者: 徳田 秋声
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/04/11
  • メディア: 文庫



あらくれ 徳田秋聲 新選 名著複刻 近代文学館

あらくれ 徳田秋聲 新選 名著複刻 近代文学館

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ほるぷ
  • 発売日: 1974/12/01
  • メディア: 単行本



徳田秋声はこれだけ読め!

徳田秋声はこれだけ読め!

  • 出版社/メーカー: 古典教養文庫
  • 発売日: 2014/01/08
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「MASTERキートン」(1998年作品)第25話 感想(砂漠のカーリマン) [アニメ/特撮]

発掘品の保険鑑定のためにロイズから派遣されてきたのはキートンだった。

006.jpg


ウイグル族の英雄の墓の上に立つ礼拝堂址、目的の遺跡はその下の紀元前2世紀の層にあるはずだった。

キートンはその辺りから発掘されたはずの鳥の彫り物を教授に見せて鑑定を依頼したが、教授はまともに応えなかった。以前に教授とキートンは発掘品の文様について意見が異なり、口論となったことがあったからだ。教授は彼を寄こしたロイズを罵った。

中国政府から発掘許可が下りたのはわずか1週間。石積みの門の下を発掘するには時間が足らない。発掘隊は焦っていた。発掘を指揮する日本人教授は門の価値を認めておらず、すぐにでも壊して下を掘るべきだととの考えだった。

一方キートンはウイグル族の長老にイスラム式の挨拶をしたことで気に入られ、ウイグル人にとっての礼拝堂の価値を知らされていた。長老の許可があってようやく発掘は認められたのだった。このことを教授に伝えようとしたところ、彼はすでに門の破壊を始めてしまっていた。

長老には後継ぎがいた。彼は文武両道で賢い男であったが今回の発掘を気に入らなかった。そこへ教授が門を壊しているとの知らせが入った。族長と長老たちはすぐに駆け付けた。長老はあまりの出来事に言葉を失い、そのまま死んでしまった。

発掘チームのリーダー格だった教授や助教授、それにキートンはタクラマカン砂漠の真ん中に放り出された。族長は彼らを殺さず、砂漠に殺してもらおうとしたのだ。

南へ60キロ行ったところには街があるはずだった。教授はすぐにでも歩いていこうと主張したがキートンはそれを止めて陽が差し込まない形で穴を掘ってそこで日中を過ごした。夜になってまたしても教授は街へ行こうと言い出したが、キートンは水と塩が入手できるまで動くべきではないと反対した。教授は自分だけでも生き延びてやるとひとりで歩き出した。教授は崖から落ちて脚を折った。

キートンはありあわせの道具でジャコウネズミを捕まえ、皆に血液を飲ませた。血液は水分のみならず塩分と蛋白質も取れる。だが教授は気持ち悪くなって吐いてしまった。夜になってよう焼き火を起こした彼らは肉を焼いて食べた。

彼らは生き延び、砂漠を歩き続けた。だが次第に体力は落ちてきて、街道まであと3㎞のところでキートン以外は立てなくなってしまった。キートンは穴から這い出た。遠くに族長たちの姿があった。キートンは棒で作った槍を鳥の彫り物に乗せ、身構えた。鳥の彫り物は古代の投槍器だったのだ。

族長は砂漠で生き残ったキートンに敬意を表して水を飲ませるように部下に命令した。

という話。古代の門を破壊したところからキートンたちを砂漠に放り出してサバイバルものにしたところはさすがであった。あそこでドンパチが始まってしまうと興醒めだった。やっぱり「MASTERキートン」はこの辺が素晴らしい。

鳥の彫り物のくだりは原作ではもうちょっとエピソードがあったのだろう。だがこれでも充分見応えはあるが。本当に素晴らしいアニメだと思う。


MASTERキートン コミック 全18巻完結セット (ビッグコミックス)

MASTERキートン コミック 全18巻完結セット (ビッグコミックス)

  • 作者: 勝鹿 北星
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1994/08/01
  • メディア: コミック















コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「BANANA FISH」第21話 感想(敗れざる者) [アニメ/特撮]

でんでんでんでんでんでん。なんかすっごいBGM。

005.jpg


後半のところはあまり面白くないな。毎度同じパターンになってる。あとは惰性で観るしかないか。

このままだと最終的にはBGMが笑えただけのアニメになってしまいそうだ。


ARTFX J BANANA FISH アッシュ & 英二 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

ARTFX J BANANA FISH アッシュ & 英二 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

  • 出版社/メーカー: 壽屋(KOTOBUKIYA)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



BANANA FISH 木製メモスタンド デザイン05(アッシュ・リンクス/C)

BANANA FISH 木製メモスタンド デザイン05(アッシュ・リンクス/C)

  • 出版社/メーカー: ライセンスエージェント(License Agent)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



BANANA FISH メガネケースセット (アッシュ・リンクス)

BANANA FISH メガネケースセット (アッシュ・リンクス)

  • 出版社/メーカー: ライセンスエージェント(License Agent)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「アイアン・スカイ」(2012年作品)感想 [映画]

ティモ・ヴオレンソラ監督によるB級ヒトラー映画。

月の裏側に逃れていたナチス第3帝国が地球への侵略を開始するものの地球ではどこの国も武器を搭載した宇宙船を持っており意外に簡単に撃退できたが、アメリカが欲を出して大騒動になって終わり。

あらすじを思い出すのも厭ってところ。

こういう悪ふざけのコメディーは好きじゃないんだよな。














コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「帰ってきたヒトラー」(2015年作品)感想 [映画]

デヴィット・ヴェント監督によるコメディー映画。原作はティムール・ヴェルメシュの同名小説。主演はアドルフ・ヒトラー・・・ではなく、オリヴァー・マスッチ。

拳銃自殺したはずのヒトラーが2014年になって突然意識を取り戻すところから物語は始まる。そこにはすでに総督府はなく、街を歩いても誰しもヒトラーのコスプレをしたおじさんとしか見てくれない。疲れたヒトラーはそのまま倒れ込んでしまう。

明晰な頭脳で現状を把握したヒトラーはとりあえずSPDをルンペン呼ばわりしてクサしたのち、テレビ局の底辺ディレクターと知り合い、一緒にドイツ国内を取材して回ることになった。ドイツ国民はどこへ行っても不満だらけだった。ヒトラーはそこにゲルマン魂による民主主義への抵抗を見て取った。

番組制作費が尽きたときは、ヒトラーが得意の絵を描いて金を稼いだ。似顔絵を描かれることの多いヒトラーによる似顔絵は好評だった。ディレクターは役立たずだった。テレビ局に呼び戻された彼は、ヒトラーを取り上げられた。ヒトラーはテレビ局の預かりとなった。

局ではトップの座を巡り主導権争いが起こっていた。ヒトラーを招き入れたのはテレビ局の権力争いに利用するためであった。必ず炎上するであろう人種差別も辞さないバラエティー番組を作って局内の政治的立場を変えてしまおうと考えたのだ。

ヒトラーは時事ネタをギャグにする番組にゲストとして登場した。ヒトラーをこうした番組に出すのは戦後のドイツではありえないことだった。ここでヒトラーに人種差別をさせてテレビ局に批判を殺到させ、人事を取り戻す算段だった。だがヒトラーはそうした空気を巧みに読んで状況を一変させてしまった。彼は外国人を差別せず、ドイツ国内の状況をユーモア交じりに嘆いてみせたのだ。

思惑は外れ、ヒトラーは大ウケとなった。

一躍時の人となったヒトラーは朝から晩までテレビに登場し、ドイツ復興を訴え続けた。ときには外へ出て若者から老人までを励まし、ドイツ国家民主党の腑抜けぶりを叱咤した。

当てが外れた局員は匿名で国民扇動の罪で自分の局を告発した。ところが捜査にやってきた人物はヒトラーのファンだった。またしても追い落としに失敗した局員は、ヒトラーが旅をしていたときに犬を射殺した映像を入手してそれを放送した。ただのコメディーだと信じていた視聴者は彼から離れ、ヒトラーは残酷なヒトラー芸人として降板させられた。

ヒトラーを使っていた女性局長もその座を追われた。ヒトラーは窮地を悟り自分の新たな本を執筆して大評判となった。この日記を元に彼を発掘した底辺ディレクターが映画を撮ると言い出し、元局長も乗り気になった。ヒトラーはフェイスブックで新たな親衛隊を募集して鍛え上げていった。

3か月後、新局長の元で製作されたコメディー番組は視聴率低迷にあえぎ、打ち切りが決まった。それを聞いた新局長の男は部屋に4名だけを残し、ディレクターたちに罵詈雑言を浴びせ続けた。彼は戦争に敗れたヒトラーそのものであった。新局長はヒトラーの映画に参加して彼に媚びることになった。

ホテルを追い出されたヒトラーは底辺ディレクターの自宅に世話になっていたが、彼の恋人の自宅へ行った際にその恋人の家がユダヤ人だと知って老婆に過去を責められることになった。だがヒトラーはユダヤの血のことばかり口にしていっこうに反省の言葉はない。

ようやく何かがおかしいと気づいたディレクターはヒトラーが出現した際のフィルムを何度も確認して、彼が本物であることを確信した。ディレクターはヒトラーを殺そうとしたが時はすでに遅く、彼は親衛隊に守られ、新しいエヴァ・ブラウンである元局長も得て、再出発した。

ディレクターは精神病院に入れられた。

という話。この作品はかなり話題になっていたので観た方も多いと思うが、小説版はもう少し鋭い分析が出てきて映画版よりきわどい。全体としてこの作品はヒトラー時代の再評価を封じるための内容になっていて「(敗戦など悪いこともあったが)良いこともあった」という論調を批判している。

いわゆる歴史修正主義を封じることが目的の作品なので、ヒトラーを美化しすぎているとの批判はまったく的外れだ。むしろ歴史修正主義批判を強め、歴史は被害者が大袈裟に語るものだけが真実であるとの論調に拍車をかけた。出版と引き換えに重要な部分は譲歩した作品である。

歴史と向き合えといいながら、歴史の検証から眼を背ける態度は、ドイツ右派のアウシュヴィッツ否定論を最大限に使って論敵を悪魔化していく。まさにユダヤ人迫害の過程そのままであり、哲学を勉強した身としては身の毛もよだつ行為だ。悪魔などどこにもいないといくら言っても、狂信者であるリベラリストには現実が見えないのだ。

だから彼らとは口論しないのが得策であり、ひたすら内々に歴史は検証され続けなければならない。歴史をふたつ存在させることが重要だと感じている。

この映画のあと、急速にマスメディアは力を失っていったが、彼らにとって代わるものはまだ存在しない。ネットは便利であるが、テレビのような洗脳装置にはなれない。

ふたつの歴史が存在する世界の先は、おそらくまだ誰にも見えていない。そのとき、ドイツのように歴史修正主義とその否定者だけではまた道を誤る。我々は我々の否定者を説得しながら歴史が証拠によって常に書き換えられる状態を創り出さなければならない。

日本とドイツの敗戦状況の違いについてはまた書く機会もあるだろう。


帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

  • 作者: ティムール・ヴェルメシュ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2016/04/23
  • メディア: ペーパーバック



帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)

帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)

  • 作者: ティムール ヴェルメシュ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2016/04/23
  • メディア: ペーパーバック












コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「金沢百景」(2002年作品)第90回 子来坂 [ドキュメンタリー]

HAB北陸朝日放送制作の金沢紹介番組。第90回は日本画家の百々俊雅が子来坂を描く。

子来坂

〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目

子来坂は慶応3年に卯辰山を開拓する際に使われた道路がそのまま生活道路となって定着した坂道で、何度かこの坂から上に行ったことがありますが、結構な急勾配で、最初に登ったときは嫁が途中でバテてしまって大変でした。

地元の人はおばあちゃんでも登ってるのに・・・。坂道を描くのは難しいですが、この絵は素晴らしいですね。急勾配に違和感がない。

卯辰山に登るには11の名前の付いた坂道があるので、番組で紹介されることもあるでしょう。

ひがし茶屋街から延びている坂道なので、多くの人に利用されています。


金沢百景―百々俊雅・小田根五郎が描く

金沢百景―百々俊雅・小田根五郎が描く

  • 作者: 百々 俊雅
  • 出版社/メーカー: 能登印刷出版部
  • 発売日: 2004/06
  • メディア: 単行本



夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫)

夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫)

  • 作者: 泉 鏡花
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1984/04/16
  • メディア: 文庫



春昼(しゅんちゅう);春昼後刻(しゅんちゅうごこく) (岩波文庫)

春昼(しゅんちゅう);春昼後刻(しゅんちゅうごこく) (岩波文庫)

  • 作者: 泉 鏡花
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1987/04/16
  • メディア: 文庫



鏡花短篇集 (岩波文庫)

鏡花短篇集 (岩波文庫)

  • 作者: 泉 鏡花
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1987/09/16
  • メディア: 文庫



外科室・海城発電 他5篇 (岩波文庫)

外科室・海城発電 他5篇 (岩波文庫)

  • 作者: 泉 鏡花
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1991/09/17
  • メディア: 文庫



水木しげるの泉鏡花伝 (ビッグコミックススペシャル)

水木しげるの泉鏡花伝 (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: 水木 しげる
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/04/24
  • メディア: コミック



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ