SSブログ

「ブラック・ジャック21」(2006年作品)第6話 感想 [アニメ/特撮]

原作:手塚治虫、監督:手塚眞、総作画監督:神村幸子、制作:手塚プロダクション。

BJ21.jpg


episode.6 空飛ぶ病院

イギリスへ渡ったシュタインを追うも、出国許可が下りずに足止めを食うブラック・ジャックだったが、知り合いの西川医師の誘いで、最新の医療機能を持ち白拍子医師が開発したスカイ・ホスピタルという飛行機に案内され、お披露目でイギリスに行くという西川、白拍子と共に搭乗する。

だが、飛行機は離陸して間もなく、テロリスト3人に占拠されてしまった。ブラック・ジャックと乗客は力を合わせてテロリストを排除したが、機長と副機長が重傷を負ってしまい、飛行機は操縦室が中からロックされたまま操縦士を失った。

ピノコが発見した操縦室へのもうひとつの入り方は、機体上部のハッチから侵入するというものだった。危険な作業はブラック・ジャックが行い、彼は中からドアを開いて機長と副機長の容態を知らせた。白拍子は自分が手術を行うとブラック・ジャックを退けたが、最新の設備は電圧が下がったことで使用できなくなった。

激しい揺れのために手術を断念した白拍子は、1億円でブラック・ジャックに手術を依頼。自分が飛行機の操縦をすることになった。ブラック・ジャックは機長の手術を成功させると、機長に指示を出させて白拍子が機体を着陸させた。ブラック・ジャックたちはそのままイギリスを目指して歩き出した。

<雑感>

書くのを忘れていたが、「ブラック・ジャック21」の21とは21世紀のことではなく、不発弾の爆発によって間黒男がバラバラになってしまってから21年後という意味だ。そのとき手術した本間医師の病院から資料が盗まれ、謎の組織がブラック・ジャックの命を狙う。最初の事故もまた黒男の父親と関係があったという話。

いつかの回で登場したドクター・ホワイトの本名は白拍子だったようだ。道化役を演じているが、それなりに腕の立つ医者なのだろう。しかし今回はハイテク機器が機体異常で使用できなくなり、激しい揺れのために彼の手には負えず、ブラック・ジャックに勉強代として1億円払うことになってしまった。

しかし、乗員全員を救ったのは彼の操縦のおかげなのだが。





アメリカ産 天然ヘラチョウザメ キャビア50g瓶入 冷蔵

アメリカ産 天然ヘラチョウザメ キャビア50g瓶入 冷蔵

  • 出版社/メーカー: 男の台所
  • メディア:






コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。