SSブログ

「ブラック・ジャック21」(2006年作品)第2話 感想 [アニメ/特撮]

原作:手塚治虫、監督:手塚眞、総作画監督:神村幸子、制作:手塚プロダクション。

BJ21.jpg


episode.2 BJ父親との再会

ブラック・ジャックを黒男と呼ぶ男から留守電に仕事の依頼が入り、男が待つ高級ホテルの一室へと向かう。行動は紅蜥蜴という美女に監視されていた。ホテルで待っていた電話の主は、ブラック・ジャックの父親の影三だった。

その影三が診察を依頼したのは、ブラック・ジャックと母親と別れた後に再婚した妻の蓮花。影三は顔にひどい火傷を負った蓮花を世界一の美女にして欲しいと依頼する。ブラック・ジャックは100万ドルで手術を引き受け、蓮花を世界一の美女にした。それはブラック・ジャックの母、影三の元妻の顔であった。

その後家に帰ったブラック・ジャックは、紅蜥蜴が仕掛けた爆発物に吹き飛ばされた。

<雑感>

episode.1と全然繋がってなくて草。続きものじゃなかったのか?

ということで別のことを書くが、劇中で「ブラック=黒、ジャック=男(男の子の名前)だから黒男がブラック・ジャックになった」と説明されている。もちろんそうなのだが、外科医であることから「黒い切り裂きジャック」という意味もある。

ブラック・ジャックがなぜ影のある人物で、黒男などという変な名前になっているかというと、ボリス・カーノフが演じたフランケンシュタインを連想される意味もある。全身バラバラになり、手術によって各パーツを繋ぎ合わせて新しく作られた生命であることから、フランケンシュタインなのだ。フランケンシュタインが怪物の名ではなく博士の名であることはここでは問わない。

思えば「鉄腕アトム」のトビオも、のちにアトムになって空を飛ぶからトビオ。フランケンシュタインのように陰のある怖ろしい男だから黒男。手塚はこんな感じで元の名前を付ける漫画家だった。

ピノコはもちろん「フランケンシュタインの花嫁」だ。フランケンシュタインが作り上げた人工生命体であるためだ。名前の由来からピノキオとゼペット爺さんの関係だと思っている人が多いようだが、ピノキオは天馬博士とアトム(できたばかりのころはトビオ)の関係であって、ピノコはフランケンシュタインの花嫁なのである。


チオビタドリンク 100ml×50本 [指定医薬部外品]

チオビタドリンク 100ml×50本 [指定医薬部外品]

  • 出版社/メーカー: 大鵬薬品工業
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒 120日分

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒 120日分

  • 出版社/メーカー: 大塚製薬
  • 発売日: 2011/06/06
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品






コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。