SSブログ

「ブラック・ジャック スペシャル 命をめぐる4つの奇跡」(2003年作品)第4話・最終回 感想 [アニメ/特撮]

原作:手塚治虫、監督:手塚眞、総作画監督:神村幸子、制作:虫プロダクション。

BJS.jpg


#4 ときには真珠のように

ある日、B・Jのもとに石で作った鞘に収められている一本のメスが届けられた。包みにはJ・Hのイニシャル。B・Jはそれが子供の頃の彼を救った恩人、本間丈太郎からのものだと気づき、本間の元を尋ねて行く。そしてB・Jは老衰で横たわる恩人の懺悔を聞き、その死に立ち会うことになる。

本間医師を死なせたくないブラック・ジャックは、手術をすることになった。しかし力及ばず本間は死んでしまった。人間の力は、自然の摂理に比べれば小さな力に過ぎなかったのだ。

<雑感>

この逸話のことはよく覚えている。医者が体の中にメスを残したまま縫合してしまう描写に戦慄したものだ。この話も小学生のときにすべて理解したとはいいがたい。自然の摂理に比べれば人間の力など微力なものだ。老医師はそう悟った。

一方ブラック・ジャックは、たとえそうであったとしても自分は抗うのだと決意を固める。なぜならブラック・ジャックは人間の力(不発弾)によって身体機能を破壊され、人間の力(本間医師の手術)によって失った身体機能を回復させているからだ。

小学生の頃は、老いた医師と若い医師との考え方の違いや対比ばかりを注目していたが、人造人間のように蘇ったブラック・ジャックは、本間医師の境地に辿り着いては救えない命があることを知っている。どんなに自然の摂理に反していようと、救える命は救うのがブラック・ジャックなのだ。

面白いなぁ。もし親が子供に漫画を買い与えるなら、「ブラック・ジャック」以外ありえないな。








【やずや公式】にんにくしじみ 410mg球×62球入り

【やずや公式】にんにくしじみ 410mg球×62球入り

  • 出版社/メーカー: やずや
  • メディア:



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。