SSブログ

「007 オクトパシー」(1983年作品)感想 [映画]

ジョン・グレン監督によるイギリス・アメリカのスパイ映画。出演はロジャー・ムーア、モード・アダムス、ルイ ・ジュールダン。

<あらすじ>

エージェント009がレディーの卵を奪い去ったのち英国大使館前で力尽き死んだ。ボンドは卵の調査を命じられた。卵は民芸品だと思われたが、売り手が購入していることを不審に思ったボンドは、発信機付きの卵とすり替えて後をつけた。そこにはソ連タカ派のオルロフ将軍の陰謀が隠されていた。

オルロフ将軍はサーカス団の人間大砲を使って核攻撃を仕掛ける準備を進めていた。009はそのことを知らせようとしていたのだ。ンしいドイツで自動車を奪ったボンドは地元警察と揉めながら慰問のために米軍基地に侵入したサーカス団に追いつき、起爆装置を解除させた。

首謀者カマルはインドにのゲルがボンドらは彼を追い詰め、飛行機を墜落させて彼を葬った。

<雑感>

シリーズ第13作品目。この作品は当時の世界情勢を少しだけ知らないと理解しづらい。ドイツが東西分断状態にあったのは知られているだろうが、実はインドはソビエトと関係が深かったのだ。

中国と対立関係にあるインドがソビエトと繋がっていたのは、当時はまだイスラム教徒の脅威がそれほど問題になっていなかったため、アメリカはパキスタンを支援していた。インドはイギリスの植民地であったが、アメリカの態度が冷たいのでソビエト側につき、武器などを購入したり軍事支援を受けていた。ソビエトと交流を持てば、迂闊に中国が攻めてこられないとの思惑もあった。

☆4.2。個人的には楽しめた作品だが、コメディシーンが行き過ぎたとの理由で一部の人には不評だったようだ。


S&B 噂の名店 南インド風チキンカレー 180g ×5箱

S&B 噂の名店 南インド風チキンカレー 180g ×5箱

  • 出版社/メーカー: エスビー食品
  • 発売日: 2019/02/12
  • メディア: 食品&飲料









コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。