SSブログ

「カクトウ便 第3便 そして世界の終わり」(2007年作品)感想 [映画]

宇田川大吾監督による日本のアクション映画。出演は次原かな、甲斐麻美、AKIRA。

<あらすじ>

レイという女が裏の運び屋に就職したいとやってくる。厳しい訓練を乗り越え、採用される。

<雑感>

アクション復活。それで多少持ち直すものの主人公のグラビアアイドルがまるで動けない。第1話の激しいアクションは何だったんだってくらいダメダメになった。2よりはマシだが。

☆1.0。アクションをやるなら志穂美悦子みたいなのを発掘してくれ。


女優志穂美悦子

女優志穂美悦子

  • 出版社/メーカー: 芳賀書店
  • 発売日: 2021/07/27
  • メディア: 単行本



戦う女たち――日本映画の女性アクション

戦う女たち――日本映画の女性アクション

  • 出版社/メーカー: 作品社
  • 発売日: 2009/08/08
  • メディア: 単行本



復刻版 昭和の劇

復刻版 昭和の劇

  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2021/04/10
  • メディア: 単行本



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。