SSブログ

「劇場版 GのレコンギスタIII 宇宙からの遺産」(2021年作品)感想 [映画]

富野由悠季監督による日本のアニメ映画。

greco3.jpg


<雑感>

配信がないから劇場に行ったのだが、客がウチらだけだったわ。貸し切り状態といえば聞こえはいいが、もうこんな寂しい思いはしたくない。次は配信してください。嫌ですあんなの。

内容はテレビと一緒で、宇宙へ上がるメガファウナ、ヘルメスの薔薇の設計図を得たアースノイドと科学力は進んでいるが平和ボケのスペースノイドとの戦争を見るためにクラウンに乗り込んだクンパ大佐、さらにクンパ大佐を補佐するために宇宙へ上がったマスク。グシオン総監の計画を盗み自分の子供を使って戦争参加するアメリア。権威にしがみつくスコード教、クーデターでトワサンガを奪ったレコンギスタ派のドレッド家、無派閥のトワサンガ守備隊、旧王政派のレジスタンスが入り乱れて戦う展開。

地球サイドは、キャピタル・アーミーがマスクのスペースガランデン。アメリアがクリムのサラマンドラ。海賊部隊であるメガファウナ。入り乱れているけれども、彼らは基本的には一致して宇宙からの脅威であるトワサンガ勢と敵対している。ザンクト・ポルトからは何の脅威も感じずに拍子抜けしていたところに突如ドレッド艦隊が襲ってくるのだ。

アースノイドとスペースノイドは、ザンクト・ポルトのスコード教大聖堂で会合を持つが、話し合いは紛糾する。それを見学していたアイーダは大人たちの扮装に疑問を感じ、海賊部隊という自由な立場を使って真実を見るためにトワサンガ行きを決断する。

そしてそこで待つ残酷な現実。アイーダに恋心を抱いていたベルリは、彼女が姉であることを知り懊悩する。アイーダは恋人を殺した男が生き別れた弟と知り、どうやったら彼を許せるかと悩む。故郷に近づくにつれて脳が正常になっていくラライヤは、何とレジスタンス、旧王政派の人間だったとわかる。そしてG-セルフと呼んでいた機体に込められた真実。

劇場版に通底しているシリアスな雰囲気が続いており、映画そのものはかなりおもしろかった。この映画を突然見てもわけがわからないだろうが、劇場版の過去作の知識があればついていける作りになっている。シリーズを通じて描写が丁寧になり、明るい雰囲気は抑制されている印象だ。

会議が紛糾したアースノイドとスペースノイドは結局このあと決裂して戦争状態になるのだが、その様子はめがふぁいながビーナス・グロゥブに行ってしまうので描かれることはない。

ラライヤの酸素欠乏症が治っていく様子は、故郷に近づくにつれて改善しているのだとわかるように修正されていたはずだ。されてたよな? ラライヤはトワサンガから地球に落とされて、チュチュミィになっていたのだ。チュチュミィの水槽が汚れていくのは、地球の環境破壊の象徴である。

レジスタンスから託された彼女の役割は、宇宙世紀的なことを続けていると地球がまた汚染されるぞとの警告することだったのだが、それを告げないうちに酸素欠乏症になってしまった。それでも必死に伝えようと頑張った行為がチュチュミィに注目させることだった。

感想としては、やっぱり元のアイデアが面白いから、どうやってもつまらなくはならない。テレビシリーズは、努めて明るくしたことで感情の変遷が分かりにくくなっていたが、劇場版ではシリアスな雰囲気を通底させることで分かりにくさを一掃している。

これで良かったのだろうが、オレはテレビの明るい雰囲気は好きだよ。悲しさは心に秘めて、努めて明るく笑っていたのに、どいつもこいつもわからんわからん言いやがって。そもそもそういう奴は金払ってまで映画は見てないんだよ。だから、見ない人に合わせて修正しているのがもどかしいんだね。

☆5.0。人に勧めるなら劇場版になろうが、個人的にはテレビシリーズの唐突な展開が好きだなぁ。劇場版がシリアスすぎて、テレビ版のあの屈託のない明るさが懐かしく感じてきた。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。