SSブログ

「ウェディング・アゲイン」(2018年作品)感想 [映画]

W・D・ホーガン監督によるアメリカの恋愛映画。出演はニコル・ゲイル・アンダーソン、パーカー・ヤング、マリア・カナルス=バレッラ。

<あらすじ>

ウェディングプランナーをしているアビーは、花嫁が結婚式を気に入らなかったときにやり直しをするサービスをやっていた。そこに従妹のエミリーから依頼が来た。海外から戻ってきた夫ともう一度しっかり結婚式を挙げたいというのだ。もちろんアビーは引き受けた。

そこで元カレのピーターと再会したところ古い話をたくさんされて彼女はウンザリした。しかもドレスの丈が合わないなどトラブル続き。実は送り先を間違えていたのだ。そこでアビーは自分のウェディングドレスを従妹に貸すことにした。

そして最後はやけぼっくいに火がつく。

<雑感>

☆1.8。微妙なビジュアルの男女の恋愛の話がこれほどつらいとは思わなんだ。「お前が主役かよ」みたいな。男もバカ面だし。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。