SSブログ

「ポーラー・エクスプレス」(2004年作品)感想 [映画]

ロバート・ゼメキス監督によるアメリカのCGアニメ映画。出演はトム・ハンクス、ノーナ・ゲイ、ピーター・スコラリ。

<あらすじ>

サンタクロースを信じられない年齢になった少年は、寝つき際に蒸気機関車の音を聞いた。外に出てみるとそれは北極行きの機関車だった。少年は切符を持っていなかったが、乗るかいと訊ねられたのでそのまま汽車に乗った。記者の中で少年は少女と出会った。

少年は北極に着いた。北極ではサンタクロースに会った。少年はサンタからプレゼントを1番に貰う権利を貰ったが、トナカイの鈴でいいと答えた。目が覚めた時、枕元にはトナカイの鈴が置いてあった。

<雑感>

アメリカ人のクリスマスってよくわからん。なんであんなに賭けているのやら。ハリウッド映画に感化されてキリスト教徒でもないのにクリスマスの飾りつけをする奴らもまるでわからんが。何を考えているんですかねぇ。

☆1.0。アメリカ人の宗教異絡みの作品はどれも面白くない。さらにこのアニメはカリカチュアがまるでないリアル路線。これなら実写で良かったのでは?


mouse パソコン スティックPC MS-NH1-W10 Windows10/2GB/32GB

mouse パソコン スティックPC MS-NH1-W10 Windows10/2GB/32GB

  • 出版社/メーカー: マウスコンピューター
  • 発売日: 2015/08/03
  • メディア: Personal Computers









コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。