SSブログ

「旅するジーンズと16歳の夏」(2005年作品)感想 [映画]

ケン・クワピス監督によるアメリカの青春映画。出演はアンバー・タンブリン、アレクシス・ブレーデル、アメリカ・フェレーラ。

<あらすじ>

カルメン、リーナ、ティビー、ブリジットは16年来の親友だった。彼女たちはそれぞれの人生に進み、別れようとしている。そんなとき、彼女らは身体のサイズが違うが、なぜか全員にフィットする不思議なジーンズを見つけ、シェアして使うことにした。ひとりひとりジーンズを使用して、別の場所で新たな人生を送る友人に送るのだ。

ジーンズは悩める彼女たちに事実を突きつけ、ときには幸運をもたらした。

<雑感>

恋人がどうこうとか、父親が再婚してどうこうとか、そういう部分のあらすじは割愛。16歳の少女たちが不思議なジーンズの魔法とともにそれぞれ自分の問題に向き合う話で、おそらく子供時代に大人や国家から与えてもらっていた学校内での平等をジーンズで表しているはず。

それぞれ個性はあっても、学生時代のある時期まではみんな同じ扱いを受け大差ないように装わされる。そういうもののメタファーじゃないかな。失われていく繋がりの象徴のようなもの。

☆3.8。青春映画としてよく出来ている印象だったが、おそらく意図的なのだろうがどの少女のエピソードもごくありふれたもの。子供時代との決別を描いた作品だった。





I-O DATA モニター 27型 ADSパネル 非光沢 HDMI×1 アナログRGB×1 スピーカー付 3年保証 VESA対応 土日サポート EX-LDH271DB

I-O DATA モニター 27型 ADSパネル 非光沢 HDMI×1 アナログRGB×1 スピーカー付 3年保証 VESA対応 土日サポート EX-LDH271DB

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • 発売日: 2019/10/08
  • メディア: Personal Computers






コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。