SSブログ

「ホテル・ムンバイ」(2018年作品)感想 [映画]

アンソニー・マラス監督によるオーストラリア・アメリカ・インドのパニック映画。出演はデヴ・パテル、アーミー・ハマー、ナザニン・ボニアディ。

<あらすじ>

ムンバイのタージマハル・ホテルにイスラム過激派が乱入して爆弾を破裂させ、銃を乱射した。犯人はそのままホテルに立てこもり、宿泊客を無差別に殺していく。ニューデリーからインド軍特殊部隊が派遣されるが、到着まではかなりの時間が掛かりそうだった。宿泊客はパニックに陥った。

ホテルマンたちは絶望的な状況の中で、必死に宿泊客の安全のために働いた。ホテルの内部に精通している彼らはテロリストがいる場所からひとりでも多くの宿泊客を引き離そうとする。ようやく駆けつけたインド軍特殊部隊が犯人たちの掃討を開始。最後のひとりは自爆して果てた。

多大な犠牲者を出したが、ホテルは改修され再オープンにこぎつけた。

<雑感>

2008年に起きたムンバイ同時多発テロを題材にした作品。

まーたイスラムか。あいつらなんであんなに頭が悪いんだろう? オレが読みそうなまとめ記事とかを嫁がツイートして保存してくれているのだが、その中にもイスラム土人が土葬墓地を日本国民の税金で作れとかバカなことを抜かしていた。砂漠に帰れ。

☆4.0。インドにはパキスタンという天敵がいるからな。大変だわ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。