SSブログ

「堀部安兵衛」(1936年作品)感想 [映画]

益田晴夫監督による日本の時代劇映画。出演は黒川彌太郎、横山運平、実川延一郎。

<あらすじ>

高田馬場で菅野六郎左衛門が決闘の挑んでいた。話を聞きつけた同情の同門堀部安兵衛は助太刀をしようと必死に走った。駆けつけた時にはすでに菅野は絶命しており、安兵衛は怒りに任せて敵の道場生をバッタバッタと斬り伏せた。これが江戸中の評判となり、彼の長屋に祝い酒が運ばれた。

酔い潰れた彼のところに堀部彌兵衛がやってきて、美人と評判の娘の婿にと願い出た。安兵衛は堅苦しいことが嫌いなので断りを入れたが、どうしてもとすがるので姓を変えないならばと無理難題を押し付けたところそれを呑むというので仕方なく婿入りを承知した。酔い潰れたまま屋敷に運ばれた情けない姿を見た彌兵衛の娘八重は情けなさのあまり泣き出してしまった。

殿中でも同じ有様だったので彌兵衛は深く悔やみ、自刃して果てようとした。安兵衛はそれを止め遺書を改めるとそこには自分への想いがつづられていた。深く反省した彼は、約束を違って堀部安兵衛を名のることにした。名を変えたのちは真面目に職責に励み、藩の信用も得ていった。そこに主君浅野内匠頭が松の廊下にて吉良上野介を斬りつける事件が起きた。この一件で藩は改易を命じられ、浅野内匠頭は切腹を命じられた。

江戸へ戻った堀部安兵衛は、町人に扮して吉良上野介の動向を探った。やがて大石内蔵助も江戸に入り、雪のある日、ついに仇討ちは決行された。

<雑感>

戦前の時代劇映画はなかなか残っていないのでこれも貴重な作品。堀部安兵衛は高田馬場の決闘シーンをクライマックスにするパターンと、吉良邸討ち入りをクライマックスにするパターンがあるが、この作品は後者。後者の場合冒頭に高田馬場の決闘シーンが来るので派手な内容になる。

飲んだくれのクズのような長屋の浪人が、堀部彌兵衛の情愛に触れて一人前の人間になり、主君の仇討ちに大きな役割を果たすまでの成長物語である。高田馬場の決闘をクライマックスにする場合は、剣豪として完成された酒好きの人物として描かれる。

☆5.0。トーキーが始まったばかりの頃なので、映画の科白をどのように脚本に落とし込むか試行錯誤しているさまがよくわかる。


ロイヤルクラウンダービー イマリジャパン コーヒーC/S [並行輸入品]

ロイヤルクラウンダービー イマリジャパン コーヒーC/S [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: ロイヤルクラウンダービー
  • メディア: ホーム&キッチン



ロイヤルクラウンダービー (ROYAL CROWN DERBY) ロイヤルアントワネット シュガー[L] [並行輸入品]

ロイヤルクラウンダービー (ROYAL CROWN DERBY) ロイヤルアントワネット シュガー[L] [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: ロイヤルクラウンダービー (ROYAL CROWN DERBY)
  • メディア: ホーム&キッチン



ロイヤルクラウンダービー (ROYAL CROWN DERBY) ロイヤルアントワネット プレート 20cm [並行輸入品]

ロイヤルクラウンダービー (ROYAL CROWN DERBY) ロイヤルアントワネット プレート 20cm [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: ロイヤルクラウンダービー (ROYAL CROWN DERBY)
  • メディア: ホーム&キッチン



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。