SSブログ

「006は浮気の番号」(1965年作品)感想 [映画]

近江俊郎監督による日本のコメディ映画。出演は三沢あけみ、勝三四郎、由利徹。

<あらすじ>

製薬会社が薬害事件を起こしてしまった。車内はてんやわんやになり、競馬好きの娘が社長の座についてしまった。山田社長は戦友から不老不死の薬のことを思い出させてもらい、これを作り出すべく六つの壷を合わせて初めて薬が出来るという紙片を信じて東南アジアへ飛んだ。

この薬は成功したが、男性の浮気性を誘発する副作用が見つかって厚生省に禁止されてしまった。

<雑感>

コメディ映画というのは、映画的なコメディの脚本としてよほど練られていない限りまるで面白いと感じなくなる。この作品は当時のノリそのままに作ってあり、クスリともできない。お笑いは時代の中に閉じ込められるものなのだろう。

☆1.0。コメディアンの悪ふざけに辟易する。








Noritake ノリタケ マグカップ 295cc ポートショア ボーンチャイナ T97280/4613

Noritake ノリタケ マグカップ 295cc ポートショア ボーンチャイナ T97280/4613

  • 出版社/メーカー: Noritake
  • メディア: ホーム&キッチン



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。