SSブログ

「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」(1960年作品)感想 [映画]

ロジャー・コーマン監督によるアメリカのホラーコメディ映画。出演はジョナサン・ヘイズ、ジャッキー・ジョーゼフ、ジャック・ニコルソン。

<あらすじ>

シーモア・クレルボーンは植物好きの青年だったがどんくさくて花屋の仕事は上手くいっていない。花屋にはサディストな彼氏がいるオードリーも働いていたが、男のくせに遅刻ばかり。オーナーは閉店を覚悟していた。驚いたオードリーはシーモアが育てている植物を店頭の飾ることを提案。店主はどうせ閉店するのだしと了承した。するとなぜか客足が増え、売り上げはうなぎのぼりになった。

シーモアが育てていた植物は血液を栄養源にしていたため、シーモアは自分の血を吸わせていた。限界が来たために彼はオードリーの付き合っている男を餌にした。そしてオードリーを励まして恋人になった。店主が一連の出来事を見ていて脅かしてきたため、店主も殺して餌にした。

一躍園芸界のスターになったシーモアはメディアに引っ張りだこになる。その間店で急成長していた植物は萎れてしまった。植物はシーモアに餌を要求。シーモアは次々に殺人を犯すことになり、街は連続殺人鬼の噂で大騒ぎになった。警察はシーモアをマーク。そのころまだ彼は植物に餌をねだられていた。

意を決した彼はナイフを持って植物の口の中に踊り込んだ。ずたずたにするつもりが彼もまた食われてしまった。植物は食った人間の顔が浮かび出ていた。

<雑感>

有名B級映画の「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」がアマプラに置いてあったので視聴。いつもながらありがたい。いまはパブリックドメインになっているそうだ。

この作品も文字情報だけはたくさん読んだ作品だが、初見。なかなか面白い映画だった。カルト人気が出るのも頷ける。

☆4.5。見るのを諦めていた映画が家で簡単に見られるようになって嬉しいわ。





Apple Wireless Charging Case for AirPods

Apple Wireless Charging Case for AirPods

  • 出版社/メーカー: Apple(アップル)
  • 発売日: 2019/03/27
  • メディア: エレクトロニクス






コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。