SSブログ

【RIZIN.28】感想② 朝倉海 [プロレス・格闘技]

朝倉海 vs 渡部修斗

CUkyoB0VEAQ_lw_.jpg


<雑感>

1RTKOで朝倉海の勝利。

昨日のRIZINの試合はいろいろ衝撃的だったのだが、この試合も驚きだった。まず朝倉海があまりにも簡単に距離を縮められてタックルに入られていたこと。渡部修斗としてはそうするしかなくて散々練習もしたのだろうが、世界を狙うと公言している朝倉海があの程度のディフェンス能力しかないことにガッカリした。

あれでは柔術出身の選手には歯が立たないよ。下から密着して攻撃するより隙間を作って何をしたい渡部修斗だからディフェンスできたが、あれが全盛期の今成だったら一瞬で膝十字を取られて靭帯が切れていただろ。腿を抱え込むところまでタックルできたなら横に回って倒すチャンスがあるもんな。

寝技が出来ないのに、あの態勢まで簡単に潜り込まれて、あれじゃ世界なんて全然無理。まだこんな段階かとガッカリした。もっと上達しているのかと。堀口恭二にだって全然勝てないよ。いまのレベルなら井上直樹に勝つのも厳しいと思う。

ガードポジションでパウンドが打てたのも、脚を使った技が上手くない渡部修斗が、腕を入れる隙間を作ろうとするからで、オレだったら左脚を海の右脚の上に置いて、右手で左脚を抑えながら右脚を頸に掛けてパウンドを打てなくする。そこまで形を作れば後は何でもできるし、攻められもしない。柔術の選手はみんな当たり前にやってることなんだからその対策は当然やってると思っていた。

全然ダメだった。試合は海が勝ったが、ここまであからさまに弱点のある選手では、海外どころかこのトーナメントの優勝も厳しいとみた。

これあれじゃないか、トライフォース赤坂って科学的な分析とか戦術担当とかいないのかも。仲良しクラブから世界へ行こうなんてよもや思っていないよね? そこまでバカじゃないよね?

試合の感想は、「渡部修斗善戦」だったかな。もっと全然ダメかと思っていたので思い切ったタックルが痛快だったよ。海の弱点をさらけ出してくれた点も評価できる。

逆にあんな勝ち方しかできなかったのに、朝倉海が満面の笑顔だったのが気に掛かる。

優勝候補は井上直樹じゃないか。RIZINはスターが欲しいなら井上を一般に売り込んでほしい。でもこれがまた下手糞なんだな。前田日明は幻想を作るのが上手いが、いまのRIZINのスタッフは悪ふざけばっかりでウンザリだぜ。

追記。

そういえば大沢ケンジが「海の引き出しも開けられなかった」って話していたけど、そんなことない。渡部修斗はよくやったよ。ガードポジションで密着したり、がぶって押さえ込んだり、脚絡みで何かやるスキルがあればチャンスがあった。チョークが得意なのかな。惜しい場面もあったよ。











コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。