SSブログ

【RIZIN.28】感想① 朝倉未来 [プロレス・格闘技]

今回は感想記事を分割で書くことにした。①では朝倉未来の試合の感想記事。

CUkyoB0VEAQ_lw_.jpg


クレベル・コイケ vs 朝倉未来

<雑感>

2R三角締めでクレベル・コイケの勝利。

中間距離でまったく自分の形が作れず、カウンター狙いも斎藤戦より中途半端なまま序盤が推移。開始早々これではまずいと冷や汗をかく。あっさりグランドに引きずり込まれて、固められているわけでもないのに動けず、パウンドを打てる形にもなれない。しかも離れ際に手で脚を刈られる。

クレベルが組み付く形にしたときに思い切ってバックステップで逃げる展開になれば違ったのだが、朝倉は組み付いてくるクレベルの脇を差す暴挙。相手の思うツボとなり、2回目は持ち上げられて倒されてしまう。このときも柔道白帯のように脚で膝を押されてコントロールされる。

柔道未経験者は寝技になるとこんなにも脆いのかと愕然としてしまった。ジャケットマッチだったら瞬殺されていた。

朝倉は上になっても押さえ込めるわけじゃないし、たいした攻め手もないのに、打撃も当たらずいいところがないまま1Rが終わった。

ここでオレは朝倉の負けを確信した。

そうはいっても応援したい気持ちがあるので、ラッキーパンチでも当たらないかなと期待したのだが、組まれることを怖れて打撃も効果的に使えなくなった朝倉は2Rも簡単に組まれてしまい、あろうことかまたしても脇の差し合いをしてしまう。

組んで投げるなら脇を差してもいいが、投げることもできないのに勝手に自分から脇を差して首を空けてしまうとはとんだ素人である。脇を差されたクレベルは朝倉に肘を撃ち込み、頭を動かしたところで手前に引き込んで倒し、ほぼ無防備の頸を極めて終了。まるで危なげなかった。

もっと相手を警戒して徹底して距離を作るかと思いきや、中間距離からの打撃がない朝倉は自分から距離を詰めてしまう。朝倉の寝技を警戒しなくていいクレベルの打撃の方が良かったくらいだ。

クレベルにとってはこれほど簡単な相手もいなかっただろう。この試合で朝倉未来の実力の底が割れたといってもいい。彼は柔道、アマレスの経験がなく寝技でどう動いたらいいのかわからず、押さえ込む力もなく、立っても中間距離からではあまりいい攻撃がない。カウンターのバリエーションも少ない。

打撃の破壊力だけだったのだ。しかし朝倉レベルの打撃の選手は海外にはゴロゴロいるし、もっと寝技はできる。彼は海外で活躍できるレベルにはまったくない。

これだけ距離を空けての攻撃手段がないと、脚関節が上手い選手にも転がされて簡単に負けるだろう。本人は海外も視野に入れていたそうだが、諦めた方がいい。絶対に無理だ。フェザー級ではトップ30に入るのもしんどいと思う。ONEでもまったく勝てないだろう。

本人も引退時期を示唆していることから、目標はRIZINのフェザー級ベルトに絞るか、最悪引退を考えなきゃいけないかも。個人的には斎藤、クレベルくらいには勝ってRIZINのベルトを巻いてから引退してほしいが、ここから強くなるには相当やり込まなきゃいけないだろうし、そんな根性もなさそうなので限界かもしれない。





ジェラート専門店 愛を贈るチョコレート ジェラート アイスクリーム 6個セット

ジェラート専門店 愛を贈るチョコレート ジェラート アイスクリーム 6個セット

  • 出版社/メーカー: アヴァンジェラート株式会社
  • メディア:









コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。