SSブログ

「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」(2013年作品)感想 [映画]

アレクサンダー・ペイン監督によるアメリカのコメディ映画。出演はブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ。

<あらすじ>

当選詐欺のグループがウッドロウを騙そうとしていた。老人であるウッドロウは、息子のデイビッドがいくらそれを詐欺だと教えても理解せず、当選金を受け取るためにリンカーン州へ行こうとする。デイビッドは父を守るために仕事を休んで一緒にリンカーン州へ向かうことにした。

デイビッドはなんとか父を止めようと、ひとまずネブラスカ州の伯父のところへ身を寄せた。ウッドロウは当選金のことを身内に話してしまう。親戚や共同経営者は金のことで色めき立ち、金を返せ、金を貸してくれ、金を分けてくれと金の話ばかり始める。ウンザリしたデイビッドは父を連れてリンカーン州へ向けて旅立った。

途中で父が当選金を知らせる手紙を奪われた。父は必死に探そうとするが、文面を読めば嘘であることは明らかだった。父が侮辱されて怒ったデイビッドは男を殴った。それでもウッドロウはリンカーン州を目指した。彼がろくでもないつまらない人生を送ってきたことはすでに明らかになっていた。だkらこそ彼は当選金で子供たちに何か残してやりたいと願っていたのだ。

ウッドロウは当選金でトラックと農機具を買って子供たちに残してやろうと思っていた。しかし手紙の住所へ行ってみるとやはりその話はウソだった。ガッカリする父に、デイビッドはトラックを買ってあげた。嬉しくなって運転するウッドロウ。新車のトラックに乗る姿を見た親戚たちはみんな驚いた。

<雑感>

よくある当選金詐欺の話で親子の人生を描いた秀作映画だった。息子に何かしてやりたいとの父の気持ちを組んだ息子が親孝行する内容である。この映画の場合は当選したと勝手にウッドロウが思い込むだけなのだが、似たような詐欺はたくさんありそうだ。

こういう形で親子の絆を描く脚本はなかなかないはずだ。良いとか悪いとかの価値観を一切排除して、実は大したことなくても息子を想う父に何か恩返しがしたい息子の気持ちが絶妙のシチュエーションで形にしてあった。

☆4.6。残念なのはそれほど綺麗じゃない白黒映像になっている点。素晴らしい脚本だけにもうちょっと映像に凝って欲しかったかな。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。