SSブログ

「ランボー」(1982年作品)感想 [映画]

テッド・コッチェフ監督によるアメリカのアクション映画。出演はシルヴェスター・スタローン、ブライアン・デネヒー、リチャード・クレンナ。

<あらすじ>

みすぼらしい格好で街をウロウロしていたベトナム帰還兵のジョン・ランボーは、保安官ウィル・ティーズルに捕まり連行された。自分が法律だと豪語する彼は拷問のような取り調べをした。するとベトナムで拷問経験のあるランボーのスイッチが入り、彼はナイフを奪って事務所から逃走した。

ゲリラ戦のプロであるランボーは、追跡体を翻弄、ウィルの喉元にナイフを突きつけ、山ではオレが法律だと言い返した。ベトナム時代の上官が現場に呼ばれ、ランボーへの説得を試みるも、先に違法なことをした保安官が見逃されている現状では投稿できないと拒否されてしまった。

保安官らは軍上官の意見を無視して仲間を庇い、ランボーの殺害を決めてしまう。追い詰められたランボーはロケット弾で坑道ごと吹き飛ばされるが、彼は坑道を奥に進んで生き延び、州兵の軍用トラックと機関銃を奪った。保安官事務所を襲撃して自分を苦しめた保安官に復讐しようとしたところ、軍の上官に説得されて彼はベトナム帰還兵の苦しい現状を聞いてもらい、最後は投稿した。

<雑感>

スタローンのもうひとつの名作を視聴。この作品は高校受験の前に、根を詰めているオレを見かねた父親が金をくれて、息抜きして来いと無理矢理見に行かされた作品。父親は別にこの作品をどう思っていたわけではなく、机の前に座ってぶくぶく太るだけの息子を見かねて外へ出したようだった。

そしてメチャクチャ感動したのだ。当時から反米の気質が合ったオレだが、たしかに戦争に駆り出されて人殺しの技術を叩きこまれた帰還兵たちのその後の人生は悲惨なもので、テレビのニュースなどでも家が買えずにテントを張って生活しているベトナム帰還兵の姿などが報道されていた時代だ。

日本とアメリカの立場の違いはあれ、国のために尽くした人間が不当に扱われていいはずがなく、こういう視点も持った上で批判するなり共感するなりしなければいけないのだなと考えさせられた。80年に当選したレーガンについて注目し始めたきっかけはこの映画である。

「ロッキー」(1976年作品)も「ランボー」も続編は面白くないのだが、物語の主人公にしっかりと感情移入させる脚本といい、それを演じるスタローンの演技力とや存在感といい、決して侮れない名作なのである。

☆5.0。無印でキャラが確立して、続編以降はただ暴れているだけになってしまったのは残念だが、続編がつまらないからといって無印の価値が落ちることはない。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。