SSブログ

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(2011年作品)感想 [映画]

スティーブン・ダルドリー監督によるアメリカのヒューマンドラマ映画。出演はトム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン。

<あらすじ>

トーマスはアスペルガー症候群の息子オスカーと宝探しゲームをやっていた。息子に社会との接点を経験させるためであった。トーマスはニューヨークに第6区が存在することを息子に話し、それを証明させようとした。ところが彼は、アメリカ同時多発テロ事件で死んでしまう。父親がいなくなったことで、オスカーは捜査を断念した。

あるときクローゼットの中から謎の鍵を見つけた。幻の第6区に関するものと確信したオスカーは、ブラックという名の人物を捜索することになった。何人も訪ね歩いたが手掛かりはなかった。あるときオスカーは、肩をすくめる仕草が父そっくりな人物と出会い、彼が祖父ではないかと思うようになる。しばらく一緒に捜索したが何も手掛かりはなく、やがて彼もオスカーの元を去った。

新しい手掛かりを発見したオスカーは、最初に尋ねたものの葬儀で忙しく話せなかったアビー・ブラックの家に行き、手掛かりを掴んだ。だがその捜索も徒労に終わり、しかもすべての捜索に母親が先回りしていたと知った。

オスカーは知り合った人々に感謝の手紙を書き、祖父にも家に戻るよう話した。第6区の手掛かりは、子供のころ父とよく遊んでいたブランコから見つかった。

<雑感>

父親のトーマスは、アスペルガーの子供を社会に馴染ませるために多くの工夫をした謎を残して、本当は一緒に探検しようと思っていた。それが不意にできなくなり、子供は自力で多くの謎に挑んでいく。こんな展開なら謎解きを期待してしまうが、ところがそうはならず、子供が多くの人間と知り合う部分に焦点があたっていく。そのせいでモヤモヤしたものが残ってしまう。

しょせんは親が子供に仕掛けたゲームで、母親の監視下にあるわけだからそんなものなのはわかるけれども、凝った謎解きの仕掛けと結末に乖離がありすぎた。

人間と触れ合い、事件の被害者のことを慮るのはいいとしても、それなら父親が自分に何をさせたかったかオスカーが気づくことにもっと力点を置くべきじゃなかったかなと思う。様々な9.11の被害者を紹介するとの意図はわかるが、焦点がぼやけた感じは否めなかった。

☆3.6。それに、9.11には怪しい部分が数多くあり、ビンラディンも遺体を回収しながら海に流すなどよくわからないことをやっている。ビルの倒壊もおかしい。アメリカへの不信感が根っこにあるので、感動できないってことも大きかった。








【Amazon.co.jp限定】 【セット商品】ハーゲンダッツ ロングセラーセレクション ×12個

【Amazon.co.jp限定】 【セット商品】ハーゲンダッツ ロングセラーセレクション ×12個

  • 出版社/メーカー: ハーゲンダッツジャパン
  • 発売日: 2021/03/20
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。