SSブログ

「めぐり逢わせのお弁当」(2013年作品)感想 [映画]

リテーシュ・バトラ監督によるインドの恋愛映画。出演はイルファーン・カーン、ニムラト・カウル、ナワーズッディーン・シッディーキー。

<あらすじ>

ムンバイで暮らすイラは、夫ラジーヴとの冷え切った関係を修復するため毎日弁当を作っていた。弁当は配送屋に託され夫に元へ行く。ところが誤配が起きてしまい、イラの弁当は陰気なサラリーマンのサージャンのところへ届けられた。サージャンは引退目前の中年で、いつもは弁当屋に頼んでいる。いつもと違う美味しい弁当に彼は貪りついた。

弁当箱はイラの元へ戻された。綺麗になった弁当箱に気を良くした彼女は、夫に何が美味しかったか尋ねた。するとカリフラワーだという。そんなものは入れていない。一方サージャンも弁当屋に立ち寄って興の弁当は美味しかったと礼を言った。弁当屋は明日もカリフラワーを入れてやろうと思った。こうして弁当は入れ違いで届くようになった。

イラは夫の態度からおかしいと気づいて、弁当に誤配の可能性に言及した手紙を添えた。サージャンも「塩辛かった」と返事を書いて、ふたりは文通するようになった。イラは気分が明るくなり、サージャンのことは誰にも話さなくなった。サージャンも前ほど他人に当たることはなくなった。妻に先立たれてから世を儚んで厭世的気分になっていた彼は、他人との接点を作るようになった。

夫の冷たい態度が変わらないイラは、サージャンに会いたいと申し出た。性格が明るくなり、ムンバイで仕事を続ける気になっていたサージャンもその申し出を受けるが、自分の加齢臭があることに気づき、周囲も自分を老人扱いしていると我に返り、約束の場所へは行かず、謝罪の手紙を弁当箱に添えた。夢を見させてもらったことへの礼が書かれていた。

サージャンはムンバイを離れた。イラは弁当屋に会社の場所を聞いて行ってみた。机には別の男がいたが、彼はサージャンのところへイラを案内してくれた。ところがサージャンは引っ越しを思いとどまって元の場所へ帰っていたのですれ違いになった。この行動で吹っ切れたイラは、娘を連れて家を出た。彼女は届くかどうかわからない手書きを郵便局に託し、別の場所へ逃げた。

彼女はいつか弁当の奇蹟のようにふたりは巡り合えると信じていた。

<雑感>

オレが好きなタイプのインド映画はこういう作品。なんか、階層が上の方の連中がイキって踊ってる作品は全然面白くない。「スタンリーのお弁当箱」(2011年作品)とか「ピザ! / PIZZA」(2017年作品)みたいな人情ものが面白いんだ。

この作品も、冷たい夫に嫁いでしまったイラと、妻を亡くして生きがいを失ったサージャンが文通を通じて本来の自分を取り戻し、ともに勇気を持とうと決心するところで終わる。イラとサージャンはごく普通の容姿で、特別な人間ではない。そんな人たちにも人生は特別な瞬間を与えてくれるものだと希望のある内容になっている。

やはり同じ金を払うならこういう映画を観たいものだ。邦画のレイプされましたー、虐められましたー、そんなのはもうウンザリ。

☆5.0。冒頭部分のイラは、自分に自信がなくて弱々しい感じ。サージャンは逆に偉ぶってる感じ。そんなふたりが心の変化とともに表情まで変わってくるところが本当に素敵な作品だった。

ちなみにインドの弁当の誤配率は600万分の1なのだそうだ。数学に強いせいか、クレームがうるさいせいか、こういうところは効率がいい。あの国は宗教で損しているよな。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。