SSブログ

【アメリカ大統領選挙2020】ルビーの娘が召還される [政治]

ジョージア州フルトン郡の選挙において、選管を帰宅させた深夜にテーブルの下に隠してあった投票用紙を取り出し、同じ投票用紙を何度も機械に読み込ませていたルビー・フリーマンの娘ワンドレア・シェイ・モスがフルトン郡の民事裁判で宣誓証言することになった。

記事:http://totalnewsjp.com/2021/06/07/trump-916/

監視カメラの映像に残っていながらジョージア州務長官ラフェンスペルガーによって見逃されていた彼女が、ついに民事裁判に召還されることになり注目を集めている。なお召還に応じるかどうか、あるいはその日まで生きているかどうかについては不明。友愛される可能性もある。

AFPはこの行為について不正ではないとジョージア州務長官室主任捜査官フランシス・ワトソンの話を引き合いに出してファクト・チェックしたと主張しているが、そもそもルビー・フリーマンが「不正をした」って自分で話してるっちゅうの。

AFP記事抜粋。

ジョージア州務長官室主任捜査官フランシス・ワトソンは12月5日、「私たちの調査とセキュリティ映像全体の検討により、未知の場所から持ち込まれ、テーブルの下に隠された謎の投票用紙はなかったことが明らかになりました。一部から報告されているように。」

問題の投票用紙が詰め込まれていたのは、「従業員がその夜はもう終わったと思って、締め切られ、去る準備ができていた。カウントが夜遅くまで続いたとき、それらのボックスは、中の投票用紙をカウントできるように開けられました。」

ワトソン氏はまた、調査の結果、「オブザーバーとメディアは立ち去るように求められていなかった。あるグループの労働者を見たとき、彼らはただ一人で立ち去りました...また立ち去りました。」

つまり、オブザーバーは監視人に帰ろとは命じていないのに勝手に帰ったというのだ。そんなことが許されるのか?

ジョージア州務長官室主任捜査官フランシス・ワトソンがそもそも怪しい。州務長官が疑われているのに、そいつの監査なんて誰が信じるんだって話。信じて欲しければ、アリゾナ州マリコパ郡のように手作業で詳細な再集計をするんですな。











コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。