SSブログ

「ピエロがお前を嘲笑う」(2014年作品)感想 [映画]

バラン・ボー・オダー監督によるドイツの犯罪サスペンス映画。出演はトム・シリング、エリアス・ムバレク、ヴォータン・ヴィルケ・メーリング。

<あらすじ>

ベンヤミンは自首した。ハッカーである彼は欧州サイバー犯罪センター捜査責任者ハンナを指名して自供を始めた。彼は生い立ちから話し始めた。ハッカーの才能があった彼はハッカー集団CLAYを結成して悪戯を開始した。しかし子供ばかりであったために相手にされなかった。そこに付け込んで大物ハッカーMRXが接触して仕事を与えた。これが重大犯罪の最初だった。

MRXと危ない取引をしてしまったことで再重要指名手配犯となった彼らCLAYは、欧州サイバー犯罪センターに追われることになった。子供ばかりで大きなことをしてしまったベンヤミンは行いを悔い、MRXの正体を暴くことで証人保護プログラムを受けられないかと考え、MRXの情報を盗んで自首してきたのだった。

話を聞いたハンナは申し出を受け入れたが、ベンヤミンに遺伝性の多重人格障害があると分かり、証人保護プログラムは取り消された。CLAYの仲間たちのこともベンヤミンの妄想だとされたからだ。MRXは捕まり、ハンナは大手柄を立てた。ハンナは自分の権限でベンヤミンを逃がした。だがこれは、ベンヤミンの計画だった。

CLAYの仲間たちは実在した。彼は最初からこうなると見込んでいたのだ。

<雑感>

そうはならんやろと突っ込みたくなる話だった。どうもスーパーハッカーの話は胡散臭い。トリックを売りにしている割には出来事も単純だし、やってることも小さい。ハッカーの仲間のキャラも薄い。キャラが立ってないのが一番の難点だったかな。

☆3.2。それに最後の部分は別にああいうまとめ方でなくても、つまりトリックで解放させなくてもいくらでも展開は作れる。変に刑法を持ち出して展開を狭めた感じがするけどな。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。