SSブログ

「ワールド・オブ・ライズ」(2008年作品)感想 [映画]

リドリー・スコット監督によるアメリカのアクションサスペンス映画。出演はレオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング。

<あらすじ>

フェリスはCIAの現場で働く工作員だった。対してホフマンはアメリカの安全な場所から指示だけ出す男だった。ふたりは仲が悪く対立ばかりしていた。現場を知らないホフマンの指示によって危険を感じたフェリスは、ニザール射殺の際に起きた銃撃戦で瀕死の重傷を負ってしまった。

回復したのち再び任務に戻ったフェリスは、新たな任務のためにヨルダンへ向かったが、そこでもホフマンの指示によって協力者のハニと仲違いしてしまった。看護師アイシャと愛し合うようになったフェリスはCIAの在り方に疑問を感じていたが、自身がテロリストグループに拉致された際に仲違いしたハニが助けてくれたことからアメリカを見限り、ヨルダンで暮らしていく決心を固めた。

<雑感>

とにかく映像が格好いいわ。リドリー・スコットの光の使い方は超一流。よく画面が暗くてイライラする映画ってあるけど、暗い画面にしていることに意味があって、遠くから差し込む光が全体を照らしたときに映し出される絶望の現場なんて演出にいちいち痺れる。

内容はCIAの冷酷なやり口を告発するような脚本だが、その部分に関しては特に何の感想もなくて、ひたすら映像の格好良さを堪能した。別にCIAがどうなろうが知ったこっちゃないからな。そういえば、ドミニオンの管理にCIAが関わっていた話はどうなったのだろう?

☆4.5。もうちょっと脚本が良ければ完璧だったのだが。





DELL P2419H プロフェッショナルシリーズ 23.8インチワイドモニタ

DELL P2419H プロフェッショナルシリーズ 23.8インチワイドモニタ

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Personal Computers






コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。