SSブログ

「ジゴロ・イン・ニューヨーク」(2013年作品)感想 [映画]

ジョン・タトゥーロ監督によるアメリカのコメディ映画。出演はジョン・タトゥーロ、ウディ・アレン、ヴァネッサ・パラディ。

<あらすじ>

書店をたたむことになったマレーは、友人のフィオラヴァンテを誘ってジゴロとポン引きになって稼ぐことを提案した。金に困っていたフィオラヴァンテは試しに女医相手にやってみたところ案外うまくいったので、ふたりはジゴロのヴァージル・ハワードとポン引きのダン・ボンゴになって本格的に商売を開始した。

ラヴィの未亡人アヴィガルはふたりの顧客だったが、彼女の幼馴染で警官のドヴィが心配してマレーをラビ審議会に告発した。アヴィガルは確かに顧客であったが、話をするだけでやましいことは何もなかったためにマレーはお咎めなしになった。アヴィガルはドヴィとの結婚を決めた。

アヴィガルを本気で好きになり始めていたフィオラヴァンテは失意のあまりニューヨークを離れようとマレーに相談したが、そこに女が現れてマレーは上手くフィオラヴァンテを売り込んだ。フィオラヴァンテはジゴロの商売から離れることはできなかった。

<雑感>

ウディ・アレンが完全におじいちゃんになってる。彼の監督作品ではなくて、ポン引き役での出演の身だが、いかにもウディ・アレンが好みそうなシチュエーションだった。

フィオラヴァンテのジゴロは、女性をテクニックでメロメロにするのとはちょっと違って、生来持っている真面目で優しい気質によって、現代女性が抱えている心の空虚さを埋めてくれるタイプだ。だから話をするだけのアヴィガルも彼の顧客になった。そういうところが他のファッキン映画とは違っている部分。

☆4.5。現代女性に対して、快楽を求めているけれども本当に不足しているのは誠実さじゃないのと訴えている作品なのだが、イキリ立った現代女性に伝わるのかどうか微妙なところだ。


ソニー 43V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-43X80J 4Kチューナー 内蔵 Google TV Dolby Atmos対応 (2021年モデル)

ソニー 43V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-43X80J 4Kチューナー 内蔵 Google TV Dolby Atmos対応 (2021年モデル)

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • 発売日: 2021/05/20
  • メディア: エレクトロニクス



ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1

ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • 発売日: 2020/06/19
  • メディア: Camera






コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。