SSブログ

「バイバイマン」(2017年作品)感想 [映画]

ステイシー・タイトル監督によるアメリカのホラー映画。出演はダグラス・スミス、ダグ・ジョーンズ、キャリー=アン・モス。

<あらすじ>

エリオットとその恋人サシャ、親友のジョンの3人は、大学へ通うために共同で家を借りた。ところがその家では謎のポルターガイスト現象が相次いだ。部屋の引き出しには「考えるな。言うな」「“バイバイマン”という名前を口にしてはならない」のメッセージが書かれていた。

キムを招いて冗談半分で降霊術をやったところ、キムが「考えるな。言うな」と叫び出した。バイバイマンの名前を出したところ、彼らの身に何かが起こった。以降彼らは幻聴と幻覚に悩まされるようになった。ジョンはサシャと肉体関係になり、3人の関係はどんどんおかしくなっていった。

エリオットが調べたところ、事の起こりは1969年、ラリーという人物が同じようなことを口走って人々を殺したのだという。そうこうするうちにキムが死んだ。彼女のルームメイトも殺された。またキムは3人を殺害するために斧まで用意していたという。3人は震えあがった。

エリオットはラリーの妻のレッドモンと接触。彼女はかろうじて名前を知らなかったために難を逃れたのだという。その名前を知って考えることでバイバイマンは力を得る。ヤバイと感じたエリオットは急遽借家へ急ぐが、途中でバイバイマンの名を知るワトキンスを撥ねて殺した。戻るとサシャとジョンが殺し合っていたのでサシャを撃ち殺した。エリオットも自殺した。

唯一生き残ったジョンは、刑事に何かを呟こうとした。

<雑感>

バイバイキンならぬバイバイマン。アリスという名のエリオットの姪が出てくるのだが、彼女は名前を知らないままこの屋敷から立ち去ることができた。一方でエリオットの無罪を証明した有能なショー刑事は瀕死のジョンが何かを放そうとしているところに聞き耳を立て「これは重要な情報よ。わたしに話してちょうだい」などともったいつけてバイバイマンの名前を聞き出した。

映像作品としてよく出来てはいるのだが、設定が田舎の子供が小さいころに親から聞かされる会談程度の話だったのでちょっとガッカリ。ポリコレまみれになっていて、エリオットの彼女のサシャは黒人のジョンとファッキンな関係になってしまう。ポリコレになって世の中おかしいよ。

☆3.0。それほど怖くない作品を映像と演出で極限まで怖くした感じ。だってバイバイマンだもんな。怖さを追求するにも限度がある。





キャプテンスタッグ ラフォーレ ベンチインテーブルセット UC-5

キャプテンスタッグ ラフォーレ ベンチインテーブルセット UC-5

  • 出版社/メーカー: キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
  • 発売日: 2014/06/01
  • メディア: スポーツ用品






コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。