SSブログ

「インスマスを覆う影」(1992年作品)感想 [映画]

ハワード・フィリップス・ラヴクラフトのホラー小説「インスマスを覆う影」のテレビドラマ作品。

<あらすじ>

カメラマンとしての自分の才能に見切りをつけた平田拓喜司は、勤め人として働くことになり出版社の面接を受けた。そこで写真家藤宮伊衛門の名前を聞いた彼は帰路書店で彼の写真集を見て、蔭洲升という地名を記憶することになった。そして浜に半魚人となった人間が打ち上げられた記事に蔭洲升とあるのを発見して、さっそく取材許可を貰った。

ローカル線を乗り継いで現地の駅に降りたものの、蔭洲升行きのバスは彼を乗せずに走り去った。バスには謎の美女。話しかけてきた老人は、入院中の彼の母のことを訊いてきた。白タクで蔭洲升に着いた彼は取材を開始するが、腹ごなししようにも煮魚が動き出し、民宿は廃業していた。彼は離れに泊めてもらうことにした。

翌日郷土館に立ち寄った拓喜司は、藤宮伊衛門の写真について教えてもらい、バスの中にいた美女藤宮佳代の話も聞いた。館長は彼女のことを「後家のようなもの」と例えた。拓喜司は堤防で佳代と出会い、なぜがキスをされた。佳代は「あなたが来るのはわかっていた」と告げた。

宿に戻ると取材フィルムが盗まれていた。警察は取り合ってくれない。浜ではおかしな儀式が行われていた。郷土館の館長が、海に住む者との契りのおかげで大量が約束されたことに由来するという。佳代に魅入られた拓喜司は、彼女を抱いたが、村の人間が覗き見していた。

気味が悪くなった彼は、蔭洲升を離れようと決心した。そこへ魚のような歯になった男が襲い掛かってきた。その不気味な姿に彼は殴り、蹴り、踏みつけた。彼の暴力をたまたま目にしたことで、白タクの秦野珠美は拓喜司を駅まで送迎することを拒否した。外には魚人間がうようよ歩き回っていた。

郷土館へと逃げ込んだ拓喜司は、そこに先ほどの男の死体と自分の写真を発見した。館長は殺された男は藤宮伊衛門で、平田拓喜司はその息子だという。しかも母親は佳代だというのだ。驚いた拓喜司は、自分の母が入院しているはずの病院へ連絡した。すると、平田姓の人物は入院していないと返答された。同じころ、白タクの珠美もまた半魚人に襲撃され、佳代と同じ赤い指輪を嵌められた。

平田拓喜司は出版社を辞めた。彼は取材の原稿とフィルムを編集長に託した。そこには半魚人になった拓喜司の写真が添えられていた。

<雑感>

インスマスって「魔界水滸伝」に出てこなかったっけ? あれも元ネタがあったって聞いたことがあるから、ハワード・フィリップス・ラヴクラフト原作のこの作品から着想を得たのかもしれない。「魔界水滸伝」の主人公もトップ屋だったし。むしろ「魔界水滸伝」の影響でこのドラマが出来た可能性もある。

ホラーではあるが、日本伝統の「怪奇ドラマ」に映像が落とし込んであって、懐かしい昭和テイストとも相まって楽しめる作品になっている。

主演は佐野史郎。藤宮佳代、秦野珠美役の女優さんは、顔は知っているのだが名前が出てこない。80年代に主に活躍していた人ですよ。ファッションも80年代。全体的にとても懐かしい雰囲気に満ちている。

佳代は赤い石の指輪をしており、それを珠美が付けることから、彼女が新しい時代の佳代になるとわかる。その珠美の車で拓喜司は蔭洲升に帰る。拓喜司はすでに半魚人インスマスになっており、写真家としての彼は仮の姿のようなもので、父である藤宮伊衛門と同じような立場になったと示唆されてドラマは終わる。

☆5.0。30年も前の作品なので人を選ぶだろうが、「怪奇大作戦」ファンのオレには問題なかった。


怪奇大作戦 Blu-ray BOX

怪奇大作戦 Blu-ray BOX

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日: 2019/03/06
  • メディア: Blu-ray



怪奇大作戦 DVD-BOX 下巻

怪奇大作戦 DVD-BOX 下巻

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日: 2012/11/21
  • メディア: DVD



「怪奇大作戦」の挑戦

「怪奇大作戦」の挑戦

  • 作者: 白石 雅彦
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2019/03/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



エンターテインメントアーカイブ 怪奇大作戦 (NEKO MOOK)

エンターテインメントアーカイブ 怪奇大作戦 (NEKO MOOK)

  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2019/03/23
  • メディア: ムック



怪奇大作戦大全

怪奇大作戦大全

  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2021/04/24
  • メディア: 単行本



コメント(2) 
共通テーマ:映画

コメント 2

tehi

まさかの☆5.0!ホラー作品を続けて観られている所だったので丁度いいかなと思いましたが気に入られたようで良かったです。
by tehi (2021-04-25 12:03) 

ダグラム

tehiさんへ

ビデオカメラの映像なのが残念でしたね。ホラーはやっぱりフィルムか、最近の陰影に差がつくカラリングじゃないと。「魔界水滸伝」ファンなのでインスマスが懐かしかったです。

by ダグラム (2021-04-25 12:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。