SSブログ

【纐纈のYouTube道場】久保優太のカウンター技術! [プロレス・格闘技]

unnamed.jpg


久保優太のカウンター技術!前田日明さんが認めた天才の思考を公開

<雑感>

前田日明ネットワークのコラボ企画。空手家の纐纈氏がキックで数々のタイトルを持つ久保優太にカウンター技術を教わる企画でした。

空手の世界チャンピオンって昔はすごく怖くて、我が道を行く人ばっかりだったのに、時代は変わったんだなと実感させられる今日この頃。今回も纐纈氏が持ち前の好奇心を発揮して、基本から教えてもらっている。この基本のディフェンス技術やカウンター技術の解説が技術の復習にちょうどいい動画だった。

基本動作として身体に叩き込む動きなのだが、上手い選手は相手を崩して自分は基本の繰り返しで戦っていたのだなと痛感させられる。強い選手も弱い選手も基本の練習は同じなのに、試合中に視線を移動させられたり、上体を動かされたり、数センチ前に誘い出されたりしてしまう。それが「崩れ」になって、あとは強い選手に基本動作でバシバシ蹴られ殴られていたのだなと。

崩れない上位選手同士の試合での崩し合いになると、かなり高度な駆け引きがあったり、あるいはパワー合戦になったり、玉砕覚悟になったり・・・まぁその場合は普通に玉砕するのだが、こうした基本動作の解説は試合を観る上でも役に立つと思う。キックの選手の返しのキックやパンチが距離感で打つパターンが決まっていたとは知らなかった。寝技の練習ばかりやっていたからなぁ。

不意に思い出したのだが、修斗創設者の佐山先生は、総合格闘技のごくごく最初期に、「総合はロングフックを多用することになる」と明言して書籍でも指摘している。この動画の中で「①距離で外す」とあるが、キックの選手が距離で外すような遠いところからパンチをぶん回して当てに行くのだ。これも「そんなもの当たるわけがない」とバカにされたものだが、実際試合が多く組まれるようになるとロングフックは当たり前のように使われ当たるようになった。

スーパーマンパンチをやり出した人のことはよく知らないのだが、あれも総合ならではのパンチ技術で、ストレートを遠い距離から当てるためのものだ。山本キッドがホイス・グレイシーをKOしたのはまさに佐山先生が総合では有効と指摘していたロングフックだった。

キックの選手はそもそも間合いを外して当たらない距離に逃げる。でも総合の試合では逃げた距離にいてもタックルが来るから若干目線が下を向いている。そこにフックを当てに行くわけだ。久保氏の解説を聞きながら、思い出されるのは佐山先生の指導のことばかりだったよ。キックの選手に総合の技術で勝つにはどうしたらいいのかよほど研究していないと出てこない発想がたくさんあった。

【格闘技】極真世界王者・纐纈卓真先生に身体操作を教えて貰った結果【極真空手】

これはコラボになった久保氏の方の動画になるのだが、こちらは纐纈氏が指導する形になっている。これがまた面白くて、おそらく纐纈氏の方があらかじめやることを決めて動画撮影に臨んでいるのだろうが、まさに体術の研究成果が展開されている。吃驚するくらい面白い。

日本の武道の面白さは体術を研究するところにあって、基本的に社会が平和なので、身体の使い方の研究に行きがちなのだと思っている。柔道をやっていたときも、大外刈りで踏み込んだときの足の指の開き方だとか、足の裏のどの部分で踏ん張ると強い軸が作れるとか、引退した選手は体術の研究の方に進んでいく。これが本当に面白いんだね。

合気道なんてその集大成みたいなところがあって、強いか弱いかよりも、何を発見したか、何を体得したか、オレの負けでいいから教えてくれみたいな。

接近戦に特化した極真空手ならではの面白い体術の話でした。久保氏の相方の女性も面白くてアクセントになってます。

【朝倉未来】遂に実現!朝倉未来コラボ!!久保優太、まさかの総合格闘技に転身!?

なぜロングフックになるかはこの動画を見ると一目瞭然。











コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。