SSブログ

【纐纈のYouTube道場】朝倉海の体重が一瞬で変わる! [プロレス・格闘技]

unnamed.jpg


朝倉海の体重が一瞬で変わる!本人も驚いた呼吸とイメージの力

<雑感>

立ち技における重心がイメージによって大きく変わることを実感してもらう回。実際に纐纈氏の指導で初心者が緊張した試合においてどれくらい重心の位置が変わってしまっているかを体験してもらっているのだが、動画を観ていて柔道時代に指導してもらった内容を思い出していた。

脚をちょっと引っ掛けられただけで投げられてしまう人はそもそもこの話にあるように重心が高い。だから下丹田に意識を集中させて重心を落とし、脚を引っ掛けられても軽くいなし、強く引っ張られても動かず、押されず相手をコントロールする。

その説明をした直後に柔道の先生は、寝技のときも意識は下丹田に置けと教えてくれた。寝たら重心は関係ないのでは? と一瞬思ったのだが、実は寝て重心が変わる人間は相手を押さえ込む力が出ない。相手をコントロールできない。押さえ込む圧力が不足するのだ。だから簡単に返されてしまう。

押さえ込まれそうになったときも、「重心」の位置が高いと、脚が上手く使えない。寝た状態で上半身や下半身を上手く使える人は、下丹田に「重心」がある。

総合を始めたときに知ったことだが、柔道やアマレス経験のない人は、寝技のときに重心が高くなってしまい、スタンドになっても元に戻らなかったりする。寝技で待て(ブレイク)が掛かって立った直後に足を引っかけにいくのは、寝ている間に重心の位置が変わっている場合が多いから。意外に簡単に脚がカクっと折れて投げられたりする。あれは寝ている間に重心の位置が高くなっているのだ。

だから、「重心」という言葉を使っているが、「重心」ではなく別の言葉が適当かもしれない。

ガードポジションで下になったときに全然脚を動かせない人はそもそも「重心」が下丹田にない。高田延彦がデカイ身体をしていながら全然重量感がなかったのは、そもそも重心の位置が喉の辺りにあるから。過去の試合を観ればわかるが、高田は押さえ込む力も異様に弱い。

あれは立っても寝ても「重心」がどこにあるかで重みや圧力が変わるからではないのかと動画を観ていて思い出していた。動画内で「骨盤の位置にボーリングの玉が入っているイメージ」と説明されていたのだが、寝ているときも一緒だ。骨盤の辺りに意識を置いて、立っているときと同じように押したり引いたりする。

腕十字を取るときも意識は骨盤の辺りにある。股がガバガバな選手は、「重心」「意識」が下丹田にない。

レスリングの選手は下丹田の辺りをクラッチしてリフトする。相手の重さを消すにはそこをクラッチするしかないからだ。下丹田を相手に制御されないように、カメ(赤ちゃんの態勢)になって防ぐ。

だから寝技の方が説明としてはわかりやすかったかもしれない。纐纈氏は空手の選手なので、前に出る圧力が大きく変わることを改めて説明したくて今回の動画になったのだろう。朝倉海選手は元々重心が低くて投げにくい選手だ。だが特に下丹田付近を防御もしていない。朝倉兄弟がレスリング系の選手に制圧されそうな気配を感じていたのは、柔道やレスリングの経験がなく、寝たときの重心が心もとなく見えたからかもしれない。

そんなことを思い出しながら勉強させていただいた。





ヨシカワ ホットサンドメーカー あつあつ シングル フッ素加工 ガス火専用 SJ1681

ヨシカワ ホットサンドメーカー あつあつ シングル フッ素加工 ガス火専用 SJ1681

  • 出版社/メーカー: ヨシカワ(Yoshikawa)
  • メディア: ホーム&キッチン






コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。