SSブログ

「地獄の剣豪 平手造酒」(1954年作品)感想 [映画]

滝沢英輔監督による日本の時代劇映画。出演は辰巳柳太郎、山田五十鈴、島田正吾。

<あらすじ>

千葉周作門下の平手造酒は剣豪として知られていたが、不治の病に侵されて自堕落な生活をするようになった。門下生の剣術大会でも吐血してしまい勝ちを譲った彼だったが、譲られた山部幾之進は納得せず、後日真剣で挑んできた。造酒は彼を斬って捨てたが、道場は破門されてしまった。

生活は乱れに乱れ、吐血して倒れているところを寺に匿われてそのまま用心棒になった彼であったが、お吟が彼に惚れてなにくれとなく世話をしてくれる。それで生きる気力を取り戻したものの、山部幾之進の弟平八郎は兄の敵に彼を狙った。

さらにお吟のかつての夫が出所してきて、平手造酒に妻を返してくれ別れてくれと懇願してきた。お吟はかつての夫とどこかへ行ってしまうのではと恐れた造酒は、お吟の制止も聞かずに男を斬った。腹を立てたお吟は、荷物をまとめて出ていった。

再び酒に溺れるようになった造酒は、捕り物の助っ人に雇われて戦いの中に身を投じた。ところがそこでお吟の居場所を聞いた彼は、心に迷いを生じるが、同門だった近藤が戦いに参加はしたが逃げると聞いて彼のために奮闘する。満身創痍となった彼は、お吟の姿を求めて船着き場を目指した。

何としてもお吟に会おうとふらつく足で彷徨った彼だったが、ついに力尽きて死んだ。お吟はその姿を見て、やはり見たこともない故郷へ戻る決心をした。

<雑感>

お吟役の山田五十鈴の美しさが堪能できる作品。瓜実顔の本当に綺麗な人だった。純和風の美人といえば、山田五十鈴さんだなぁ。このころにはそこそこお歳だったはずだが、やはり美しい。

不治の病に罹ってしまって自暴自棄になった剣豪が、何のために生きるのか探し求めながら、剣豪ゆえに生きることが人の命を奪う矛盾の中で悩み苦しむ物語。お吟の夫に別れて妻を返してくれと懇願されたとき、お吟を失えば生きる意味がない、だからといって人の命を奪えばそれは生きることを諦めていた自分を助けてくれたお吟への裏切りになる。それに気づかずに斬ってしまう剣術家の性が悲しい。

☆5.0。飄々とした演技で芝居に起伏を作った宇野重吉、若さゆえの一途さで別の女の強さを演じた南寿美子、脇役陣の演技も素晴らしい。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。